■掲示板に戻る■

★★ 新・雑談するスレッド ★★

1 名前: たてき 投稿日:2001/06/18(月) 23:38
 雑談するスレッドがせっけん・洗剤の話題スレッドに変わってしまったので、
こちらに新・雑談用スレッドを立てます。

2 名前: たてき 投稿日:2001/06/19(火) 17:50
 いつの間にか農薬ネットのアクセス数が10万を越えましたね。
当初は1万を目標にしてスタートしましたから、10万という数字は考えてもいませんでした。
名実共に日本最大の農薬関連HPと言っても良いんじゃないでしょうか?

 しかし、最近、農薬関連のHPもどんどん立ち上がっていますし、内容も充実してきています。
さらなる発展を期して農薬ネットの運営方針変更も視野に入れています。

3 名前: さり 投稿日:2001/06/19(火) 19:35
貢献してるかも。最近掲示板ROMだけで1日10回以上アクセスしてます。

4 名前: たてき 投稿日:2001/06/20(水) 23:49
 ありがとうございます。さりさんが来てくれるようになってから華やぎました>ここ。
常連のたぬきさんも復活カキコしてくれましたし、当掲示板の特徴の一つである社長軍団の書き込みも
活発です。
 そこに2ちゃん効果で人が増えたので一気に良いムードです。うれしいわ。
農薬掲示板開設以来3年。やっとです。
 やっぱ、3月にJBBSに掲示板を変更したのが大きいかな。見やすいもん。

5 名前: さり 投稿日:2001/06/23(土) 11:14
ここへきて新スレが急激に増えましたね。農薬に関するQ&Aコーナーって感じになってますね。いやぁ、いろいろ勉強になります。このスレはたてきさんと私がサシで語るスレ(笑)? だれか乱入してよ。

6 名前: たてき 投稿日:2001/06/23(土) 21:33
" まぁ、2人でマッタリ行きましょう(^。^)
ここが忙しくなってきたので2ちゃんとか行くヒマが無くなってきて残念です。
メルマガの発行も遅れてるし(^_^;)

 洸樹くんの子育てられ日記というコンテンツを毎日更新しないといけないので、
これまた労力が・・・おかげで「さるさる日記」というサイトの子育て部門で、
常時ベスト10入りする人気ページに育ってきましたよ。
http://www2.diary.ne.jp/user/92852/ "

7 名前: さり 投稿日:2001/06/30(土) 10:07
掲示板10@`000ヒット! 私、昨晩から狙ってたのですが、朝起きたら越えてました。残念(;;)。

8 名前: たてき 投稿日:2001/06/30(土) 15:38
 今日はあさっぱらから草野球に参加してました、なんと6時間もやったので
クタクタですわ。

 最近、掲示板のアクセスがなぜか爆発的に増えているので(^_^;) あっというまに
10000ヒットしましたね。凄いことです。まぁ、お客さんがたくさん来てくれるのは
素直にうれしいです。

9 名前: さり 投稿日:2001/06/30(土) 16:43
うーむ。いい休日ですね。草野球ですか。私は休日出勤で、会社から発言しています。管理者にはIPが分かると言うことは、私の会社名もバレバレということですか(冷汗)?責任ある発言をせねば・・・。

なんかやっぱり、たてきさんと私がサシで語るスレになっていますね(笑)。

10 名前: Dada 投稿日:2001/06/30(土) 20:34
こんばんは、カウンターをここ三日ほど回しまくった、ひとりです。

たてきさん、楽しい方ですね。
好きです。こんなおおらかな方にネットで会えるなんて思ってもいませんでした。
いろいろお聞きしてみたい(もちろん農薬のこと)事などあるのですけど、
まずは、アマゾンから「石けん100の知識」が届いて、読んでからにしますね。
            ↑ 間違ってるような気がする。。。ごめんなさい。

ところで、カウンターこわれてませんか?

11 名前: たてき 投稿日:2001/06/30(土) 22:51
 カウンターたまに壊れますね。でも、カウント自体は正常に行われているようです。

 あと、IPの件ですが、私はIPが見れます。しかし、ごあんしんください。
IPをみてもどこのサーバーからアクセスしているか見られるだけで、個人情報は
一切わかりませんから。

 ただし、さりさんみたいに会社のサーバーからアクセスしますと(^_^;) どこの
会社の人かは用意にわかります。大学や政府機関でも同様。さりさんがどこの会社
の人かはすぐにわかりました(^_^;)スンマソ

12 名前: さり 投稿日:2001/07/01(日) 08:52
あ、やっぱバレバレでしたか。お世話になっております(仕事モード)。いえいえ、ここでは単なる1個人として発言しております。

ところで、洸樹くんの子育てられ日記は愉しく拝読しています。日記の更新が活発で、たてきさんの精力的なネット活動に驚嘆しています。おっと、日記の執筆者は洸樹くん自身でしたっけ(笑)。

うーむ。私も何かのHP作ろうかな…。

13 名前: 投稿日:2001/07/10(火) 22:03
新スレを作るほどの話題ではないのでここを利用させていただきます。
一時期EM菌なるものが流行ってた時期がありました。いまだにやってるところもあると最近聞いたのですが、どういうかたがやっておられるのでしょう?
なんか宗教団体もからんでるとも聞きましたが、、
まあ、EMに関して、雑談として面白い話があればお聞かせ願えればと思います。

14 名前: 投稿日:2001/07/10(火) 22:04
何もsageにする必要もなかった(^^;

15 名前: 名無しです 投稿日:2001/07/11(水) 23:58
EM菌は世界救世教という宗教団体が積極的に使っています。
でも、もともとEM菌を研究していたのは琉球大学農学部の比嘉教授で、
現在も世界救世教と琉球大学の比嘉教授はベッタリ仲良しです。
あっちこっちにEM研究所というところがありますが、
そこの従事者のほとんどの人達は世界救世教の信者の方々です。

農法以外にEMを使った商品が沢山あります。
京セラではセラミックにEMを練り込んだというものも有りました。(確か)
ハンドクリームなんかも有ります。

窓さん、ナゼEMに興味があるのですか?怪しいからですか?
農業としてのEMの効果は私は知りません。そこはたてきさんが詳しいと思います。
それ以外の事でしたら少々知っていますので、
まだ興味があるようでしたらレスしてください。(どなたでもどうぞ)

ところでたてきさん、EMって土壌が凍る北海道なんかでも使用出来るんですか?

あの方のROMだけしてようと思ったら、ここでEMの話題なんて…因果だ

16 名前: 名無しです 投稿日:2001/07/12(木) 00:01
sageで書いちゃった。
窓さんのために上げときます。 age

17 名前: 投稿日:2001/07/12(木) 22:54
ありがとうございます。
なぜ興味があるかですが、ずばり「怪しい」からです。(笑
EMそのものの農業への効果はあるんでしょうが、EMのしぼり水?を飲むと体にいいとか、おっしゃったようなセラミックに焼くとか、「おいおい、ほんまけ?」と言いたくなることがあるからです。
妻の職場でもEMのことを話す人がいたそうです。
なんていうか「トンデモ」の香りがぷんぷんするので、、、
ただ流行りはちょっと前ですよね。

18 名前: yn-nak 投稿日:2001/07/25(水) 23:33
EM自身は、救世教さんの中でも、割れてるみたいです。信者さんではないですが、有機JAS関係でちょっと
お世話になりましたので。

19 名前: HUMI 投稿日:2001/08/27(月) 00:58
20000以上の参加者おめでとうございます。

20 名前: いんせ 投稿日:2001/08/27(月) 09:23
(*'∇')/゚・:*【祝20@`000】*:・゚\('∇'*)

21 名前: たてき 投稿日:2001/08/28(火) 01:25
あれま、なにげに20000越えてる・・・・
HUMIさん、いんせさん、ありがとうございます。
おふたかたの活躍があったればこその20000アクセス。ありがとうございます。

22 名前: たてき 投稿日:2001/08/29(水) 00:04
 なぜ、こんなにアクセスが伸びてるのかと思えば、どうも2ちゃんなどに
リンク貼られてるみたいですね。

 お客さんはみんな大歓迎です。清濁あわせ飲むのが私の身上ですから。

23 名前: いんせ 投稿日:2001/08/29(水) 16:38
テスト
<(_ _)>

24 名前: TJ 投稿日:2001/09/04(火) 22:24
アクセス数が伸びるのは結構なことですが、一つ気になることがあります。
「教えて下さい」などで回答があったらそれでよかったのか、あるいは
不十分なのか感想を寄せてほしいと思います。回答者は資料を漁り、貴重な
時間を割いてレスポンスしています。無責任な回答はできませんので。
苦労して回答しても返事が全くないとがっかりしてしまいます。この掲示板
を充実させるためにも大事なマナーと思います。

25 名前: いんせ 投稿日:2001/09/06(木) 09:52
">>24
 確かに、その後どうなったのかは気になりますね。
 特に、間違いや勘違いなレスを書き込みをした場合、本人(いんせ)はすぐには気づきませんから。
 後から気づいても、返事がなければ訂正や追加する気が起こりませんので。。。貴重な時間(?)はパチンコへと消えていきます。 "

26 名前: HUMI 投稿日:2001/09/06(木) 23:48
確かにグリホサ−トは劣っていますし、あるモノを混入すれば同じで使えると言われましたが、面倒なんです。


よって使用を止めました、販売促進でビ−ル券が頂けるのでケ−スで買った事がありましたが、ラウンドにしていますし、5Lが発売されてからは他を使用する気にもなりません。

27 名前: HUMI 投稿日:2001/09/06(木) 23:49
すいません、26はジェネリックに関しての答えでした。

28 名前: たてき 投稿日:2001/09/06(木) 23:53
いんせさん、TJさん、こんばんは。
この問題はネットの掲示板などではどこでも起こっているんですよね。
まぁ、質問した方にはお礼とか言って欲しいというのはあります。

 しかし、答える義務もない訳なので、いやなら答えなければいいという言い返され方を
する場合もあります。

 私、もう何年もこんなことやってますが、お礼がなくても見てる人は見てますから、
結局自分のためになって返って来るってこと実感してます。情けは人のためならず、
結局は自分の肥やしになるということで、ここは一つまったりと行っていただければとおもいます。

29 名前: yn-nak 投稿日:2001/09/12(水) 00:37
久しぶり、お邪魔しました。
ところで、HNなんですが、"名無し"さんや"名無しです"さんが多いんですが、それぞれ
同一の方なんでしょうか?
HNって何でもいいんですから、少なくともこのBBSでの固有の名前でカキコして貰いた
いなと思ってます。違う板で、似た様なHNでも同じ人かどうか判りませんし、カキコの
内容も別板の内容を踏まえたものでいいのかどうか不明なんで。

30 名前: SN 投稿日:2001/09/14(金) 12:21
何気なくアクセスしたら「22222」人目のキリ番ゲットでした。

31 名前: gorigori 投稿日:2001/09/15(土) 03:44
この板で、HN書き忘れると”名無しです”と勝手につけられてしまいます。
ですので、同一の方ではありませんよ。ただのHNつけわすれです。
また、HNはIPアドレスから同一人物かどうかわかりますが、串を刺すと
かくせます。>yn-nak

32 名前: たてき 投稿日:2001/09/15(土) 23:43
出張から帰ってきました。月火は東京、水は農薬学会と東京書籍の原稿書き、木金土は労働組合の仕事・・・これを本業と平行させて行いますので忙しかったです。
では、色々なスレッドにレス書いていきますのでよろしく

33 名前: たてき 投稿日:2001/09/15(土) 23:48
">>29
 お久しぶりです。
 この掲示板ではハンドル名を省略することが可能です。
その場合は「名無しさん」と表示されるように私が設定しています。

 ハンドル名さらにはメールアドレスを書かないと参加できない掲示板も
多々ありますが、ここは私の方針によりそれらのことをしていません。
完全無記名だと書き込みのハードルが低く、書きやすいし本音が出やすい点を
買っています。
 一方で、無責任、煽り、中傷など問題点も多いのですが、「清濁併せのむ」のが
私のインターネットとの関わり方の根本なので、この方針でこの先もいきます。

 その点はよろしくお願いします。

 ただし、断っておきますと管理者である私は書き込みがどこからなされたかわかります。
それ個人情報などがわかることはないのでご安心願いますが、どの書き込みとどの書き込みが
同一人物なのかといったことはわかります。 "

34 名前: カール 投稿日:2001/09/21(金) 17:51
“HB101”と言うサンプルがあるのですが、
「飲んでも安心、天然植物活力剤」と書いてあります。飲んでも安心って……

これは一体何なのか不思議に思っているのですが
ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

もし良いものだったら積極的に使いたいと思っています。
まあ、猫の額ほどの庭にですが(笑)

35 名前: yn-nak 投稿日:2001/09/24(月) 14:12
">>33
たてきさんのお考えは、以前にも拝見しましたが、そういう意味ではなく、
resをつける側の人間にとって、"どこまで書くべきだろうか"、"あの板のカキコを
参照して・・・と書くべきか"などと思ってしまうのは私だけ? "

36 名前: たてき 投稿日:2001/09/24(月) 15:02
">>35
 それについてはケースバイケースで良いと思います。
でも、私としては、ここでやってもらった方が、この掲示板が盛り上がって良いですが(^.^)

 しっかし、例えば>>34のHB101については2ちゃんねるなどに多くのスレッドがありますので、
そちらに誘導してあげるのもいいかなって思います。

 そういうわけで、HB101については
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=engei&key=994898463&ls=100
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=engei&key=999225391&ls=100

 HB101に関してはなにやら非常に胡散臭いし、その経営母体などにも黒いものを
感じるので、ここではやりたくないですね。やっちゃうと管理者個人(つまり私)が
痛い目に遭いそうな予感が・・・・ "

37 名前: カール 投稿日:2001/09/25(火) 15:57
みなさん有難うございます。
皆さんに迷惑をかけるわけにはいかないので2ch見てみます。
なんだか曰くがありそうで調べるのが楽しみです。
yu−nakさんのレスの隠れた意味がわかるのかどうかも楽しみです。

たてきさんの意見って以前何かに書かれたのですか?
もし過去ログがあるのでしたら誘導をしていただけると有難いのですが…

38 名前: yn-nak 投稿日:2001/09/25(火) 22:18
"横レスか?
>>37 新になる前の雑談スレッドだったなー?
たてきさんのresが最適。

すいません、ハンドルが・・・。よく"yu"とされるのと、"読めない"という
身内批判から、ここ以外ではハンドルは変えてますでのいいんですけど。 "

39 名前: たてき 投稿日:2001/09/26(水) 00:20
">>37
私も2ちゃんには「名無しさん」などで、参加してますよ。
この掲示板ではHB101についてやったことは無いんじゃないかな?

 各農業関係マスコミにHB101は肯定的に捕らえている記事を見かけますが、
マスコミの特性上、スポンサー様の悪口は書きません。 "

40 名前: HUMI 投稿日:2001/09/26(水) 01:04
使用者として、HB101は不思議なものです。

送料なしで買えるのは無論、どこで買っても同じ値段?。さらに、高価、宣伝、不思議としか言えません。

私も使用しましたが、効果については言いたくないです。

土壌改良材同様、登録の無いモノについては使うのをためらった方が良いかも?。

41 名前: NT 投稿日:2001/09/26(水) 11:25
私もHB101を使ったことがあります。
HUMIさんが効果について言いたくないという気持ちがわかる気がするので、
私が書いてしまっていいのか、ためらいつつ書いてしまうと、効くときが
ありました。
HB101は檜の抽出物が入っているので、ある種のチオールの殺菌効果
があるのではないかと想像します。
テストのために鉢物の花にかけたのですが、根腐れせず、元気になるようでした。
でも、これなら普通の殺菌剤を使った方が安いし、効果は確実だし、
毒性試験も行われているので、安全性も保証されているし、
あまり高い代価を払ってまでHBを使うメリットは感じませんでした。

42 名前: カール 投稿日:2001/09/26(水) 11:51
"たてきさん2chの誘導有難うございます。
yn-nakさん申し訳ありません、HN間違えてしまって。
それとよく見ると>>33へのレスなのに勝手に私宛と勘違いしておりました。
どうりで?だと思った。重ね重ね失礼しました。
久々に“雑談スレ”を見てきました。懐かしかった(笑)
あらためてたてきさんは本当にレスつけが上手だと感心しました。
(後腐れなくここから退去した事が何よりの証明です。)

HB101の件ですが、お金を払って使うか使わないかの結論は出ました。
それとは別に、興味本位と言えばなんですが、HB101の事はもう少し知りたいです。
たてきさんに迷惑をかけては何なのですが、
もし差し支えない程度に何かあったら教えて下さい。
(本当は差し支えある事も知りたいのですが…)

消費者は「高価=良いもの」と思いがちですが、
そこを上手く捕らえた商品かもしれないですね。(そう思うのは私だけ?) "

43 名前: たてき 投稿日:2001/09/26(水) 23:00
">>42
 最後の2行、その通りの理解で良いんじゃないでしょうか。 "

44 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/03(水) 21:26
ちょっと低調気味なんでのカキコ。(つなぎ)
農薬ネットトップにある、"気になる成分表示100の知識"の重版なんですが、
内容の改訂ってされてるの?
元手前味噌ですが、化粧品関係は全面的に表示変更されたし、JAS法も変わったし、
品表法も変更があったのでは?(発刊以降)

45 名前: HUMI 投稿日:2001/10/04(木) 00:52
ところで、狂牛病の件です。

農薬メ−カ−も原体に使用しているんですか?

あったら大変、化粧品メ−カ−薬品メ−カ−は大打撃のはずです。

46 名前: NT 投稿日:2001/10/04(木) 09:40
> 農薬メーカーも原体に使用しているんですか?
現在登録されている農薬には使用されていません。
というか、そんなの農薬にしても効かないでしょう!(ハハ)
注油駆除法とかに使えるかな?
冗談はさておき、化粧品メーカーは困ってるところもあるでしょうね。

47 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/04(木) 15:51
">>45>>46
化粧品原料で、困っていると思われるのはプラセンタエキス位じゃないかな?
既に、EUでBSEが発生した2年前の段階で、動物からの誘導品については世界的に
対策されてますので、抽出物以外は問題ありません。
プラセンタについても、牛以外のものにされるような記事もみましたが・・・。
それよりも、肉骨粉はレンダラーが副産物として作っていますが、ここが操業を
やめると、国内の牛脂、豚脂の回収に影響がでます。国内の回収油(いわゆる2号油)
は、こうした業者などに頼っています。この回収油は、再度脂肪酸などに加工される
という、一連の連鎖を形成していますが、これが切れると、バイオディーゼルの利用が
進んでいない日本では、回収油の蓄積、回収脂肪酸を利用しているゴム業界などに影響
がでそうです。 "

48 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/04(木) 16:03
"47の続き
47のカキコは、私が会社を辞めた時点(2000/5)の情報+αを元にしています。
あと、問題がありそうなのはゼラチンなどでしょうか。他の供給源は豚位ですが
、臭気や食味での差が出そうですので。

>>46農薬メーカーも原体に使用しているんですか?
横レスになりますが、間接的に使用していることになると思います。
長鎖のアルキル基源は動植物油脂が原料にされている場合がほとんどですから。
ただ、行程上プリオンが残るとは考えにくいと思います。 "

49 名前: たてき 投稿日:2001/10/04(木) 18:33
 なんか薬のカプセルが牛ゼラチンからできてるそうで、心配の声が挙がっているとか。。
もしものことがあれば、薬品会社の損失は甚大なものになりますが・・・
大丈夫だと思いますけどね

50 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/04(木) 22:31
十分な加熱乾燥/加圧ができるところでは、ゼラチンも問題ないのでは?
それより、市販の家庭用の方が・・・。最盛期は過ぎているものの、ゼリー
なんかの冷菓系では、かなり危険な感じがしますが。メーカーサイドでの
検証はされてると思いますけど。

たてきさん、ところで44のRESは?(暗に催促)

51 名前: HUMI 投稿日:2001/10/05(金) 00:22
農薬ではないのですが、ほとんどの肥料に肉骨粉か魚粉が使用されています。

その両方が配合されている物が使用禁止となりました。

有機肥料栽培を止めて化成肥料にしなさいと普及場からのファックスです(農水省を含め)。

なにを信用すればいいのか分からなくなってしまいました。

農薬メ−カ−にいく以前の段階で(原体以前の中間生成物)として牛を含める動物性蛋白はかなり使用されているとおもいました。

52 名前: NT 投稿日:2001/10/05(金) 11:14
">>47、48 yn-nakさん、ありがとうございました。勉強になります。

>>51 HUMIさん、大変ですね。

> 有機肥料栽培を止めて化成肥料にしなさいと普及場からのファックスです(農水省を含め)。

仮に肥料に異常プリオンが含まれていたとしても問題ないと思うのですが、
(肥料のことはよくわかってません。シロウト判断です。すみません。)
過剰反応ですよね。風評を防ぐための暫定措置ということなのでしょうか。 "

53 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/05(金) 20:27
">>51
肉骨粉の件:配合系の肥料の場合そうかもしれません。単品をブレンドされるのが良いかと・・・。
農薬の件:"おそらく"ですが、タンパク質が農薬原体の原料にはなってないと思いますが。
タンパク質を修飾するのは、酵素反応でない限りかなり難しいです。切り刻むのは
簡単ですが。
47@`48について追加すると、現在では長鎖のアルキル基源としても動物性のものが使われる
ことは減っています。植物性のものの方が価格が安定していますし、ほとんどの用途は植物性の
もので問題ないので。また、化粧品を含む家庭用品は、臭気(動物臭)による問題と、イメージから、
LAS、AOSなどを除けば、ほぼ全て植物系になっています。動物系油脂を原料としているのは、
主に、繊維油剤切削油剤向けかな?(これは確信なし) "

54 名前: たてき 投稿日:2001/10/06(土) 11:11
 問題の肉骨粉ですが、焼却廃棄するのはもったいない。
肥料に転用するのがもっとも有効で安全だと思いますね。
プリオンが植物を通じて人体にはいることがあるのかどうかですが、
常識的に考えるならないでしょうね。
 しかし、そのデータはないので断言もできないところが痛しかゆし。

55 名前: たてき 投稿日:2001/10/06(土) 11:13
">>50
 成分表示100の知識に関しては、化粧品などの表示が変わる前に出してしまおうという
意志がありました。
 現在は表示基準が変わっちゃったので書き直さなければいけないところがあります。
しかし、今のところ増刷の予定はなく先のことになりそうです。
ちなみにこの本は7000部ぐらいかな?この手の本にしては大変売れている方です。 "

56 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/06(土) 13:25
">>54
植物経由では???ですが、飼料、肥料として使用する場合の吸入による影響はどうなんでしょう?
焼却は、施設の問題もありますが、ちょっと臭気の面でもきついものがあるかと思いますね。 "

57 名前: たてき 投稿日:2001/10/06(土) 15:31
">>56
 吸入まで考えるとわからないですね。感染経路すらまだまだ未確定な病気ですし
わからないことが多すぎですね。
 感染率の関係になってくると思うんですが、それもまだよくわかってないようですね。

 今日の新聞では肉骨粉をセメント処理工場で高温焼却処分すると同時に、
カルシウム分をセメントに転化することが認められたとあります。
セメント工場は産業廃棄物の中でも最も処理しにくいものの行き着く先。
そこまでやる必要があるのか疑問を感じますね。 "

58 名前: TJ 投稿日:2001/10/06(土) 23:55
狂牛病事件に対する日本政府の「呆れた対応」について、最近のネイチャー誌
に書かれています。水俣病、薬害エイズ、牛硬膜に次いで4番目で何れも先進国
とはとても思えない対応振りと酷評されています。肉骨粉を肥料に使うのはや
めた方がよいでしょう。散布者の口からプリオンが入ればやがて脳に達します。
セメント製造に使うのはよく思い付いたと感心しています。ところで、千葉県
で発病した牛の感染源は分かっていませんが、肉骨粉は絶対に使っていないと
いう飼い主の言葉が正しいとすればどうして感染したのでしょうね。もしかし
たら魚粉かもしれません。養殖魚の餌に肉骨粉が使われていないことを祈りま
す。

59 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/07(日) 00:53
昨日、魚粕が届いた。鰯なので大丈夫だろう。
再来週、蹄角粉が来るはず。こっちはまずいかな?
蒸製骨粉(原材料書いてなかった。鶏だったらいいなぁ)は既に散布済み。(蒸製って、低圧蒸気を通してるだけ?だったらまずかったか?)
こんなのいっぱい吸い込んでますよ。蹄角粉は臭いのでマスクしてますけど。

60 名前: たてき 投稿日:2001/10/08(月) 00:31
"http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=engei&key=1002204353&ls=100

こんなスレがありましたよ "

61 名前: 61 投稿日:2001/10/08(月) 03:02
>58
>>散布者の口からプリオンが入ればやがて脳に達します。
(農水省のあたふたぶりには同様の感想を持ちますが…)
英国で一番問題になった時期でも、人間の患者は3桁をこえませんでした。
病気の牛を無防備に食べてもこれほどの患者しかでなかったのですから、
肉骨粉散布中での取り込みで発病する、と考えるのは、
かなりな心配性なのではないかと思いますが…

こういう言い方は、たぶんに危険性を煽る言い方ではないでしょうか?

62 名前: TJ 投稿日:2001/10/08(月) 16:03
危険性を煽る意図は全くありません。しかし、英国を中心に大勢の方が亡く
なったいうことは大変なことだと思います。狂牛病に関しては、分からない
ことが余りにも多すぎます。いくら注意しても注意しすぎるということはな
いように思います。

63 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/08(月) 21:14
私も、TJと同様、危険性を煽動するつもりはないですが、前の、たてきさんのres、
TJさんのカキコも含めて、感染ルートや感染に至る経路が不明である以上、最低限
の自衛策を講ずるべきかと思い、59の(ちょっと、ふざけた書き方をしてますが)
カキコをしました。
また、感染から発祥までの潜伏期間が長い(2〜8年といわれてるようですね)のも対
策を遅らせる要因ではないかと思います。英国での罹患数は、現在までのものであっ
て、潜伏期間を考えると最低数とみた方がいいんじゃないでしょうか。

64 名前: あぼーん 投稿日:1999/01/01(金) 00:00
あぼーん

65 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/08(月) 21:22
ゴメンなさい。カキコミス!!
ここのカキコって書いた人が消すとか、再編集はできないの?
良く知らないので、教えていただけます?

66 名前: たてき 投稿日:2001/10/08(月) 22:52
">>65
 それはできないんですよね。
これ消して!ていうのがありましたら、どこにでも書いといてください。
私が消します。64は消しときます。 "

67 名前: 61 投稿日:2001/10/09(火) 12:54
>>TJさん、yn-nakさん
…えっと、危険性を取り上げる行為を非難しているつもりはないのですが…
ごく微量であれば問題がないものの危険性を強調されてしまうことがちょっと。
(いえ、今の状況がちょっと前の埼玉でのダイオキシン騒動に似ているので引っかかるのです)

特にプリオンは、経口でしか伝染ぜず、しかもそれは一般的な消化吸収では体内に入らないものなので、「体内に一分子でも入ったら危険」という今の風潮には、ちょっと納得できないものがあります。
狂牛病についてですが、英国で牛に初めて狂牛病Eが見られ始めたのは1985年で、その後急速に増え続け、1987年に400件だったものが1992年には3万7千件似もなりました。が、羊などの肉骨粉の使用禁止・殺処分の措置がとられたため、1996年には7千件と減少しています。
日本の現状では(”あたふた”ですが)市場に本格的に流出する前に止められたと思われますので、英国の再現にはならないと思います。ですから、現時点以降の牛由来生産物でのクロイツフェルト・ヤコブ病の危険性はあまり無いものと考えます(あくまで”個人”的意見ですけど)。

68 名前: たま 投稿日:2001/10/09(火) 14:10
すみません、「61」さんに質問なんですが、「一般的な消化吸収では体内に入らない」というのは、どういうことなのでしょうか?
タンパク質なので、ごく普通に消化吸収されるという認識を持っていましたが、そうではないということですね?
では、どういう状況であれば消化吸収されて脳に至るのでしょうか?
その辺りをきちんと説明すれば、牛肉を買い控えている人も納得できると思うのですが・・。
どこか詳しいHPがあれば、教えてください。
また狂牛病の人への感染リスクについては、中西準子さんのHPの雑感にあります。

69 名前: TJ 投稿日:2001/10/10(水) 00:02
先日のNHK「クローズアップ現代」で狂牛病をテーマにしていました。
英国では、今でも地域的に固まってヒトでの発病が見られること、潜伏
期間が20年にも及ぶ場合もあるらしいこと、原因物質のプリオンはタン
パクでありながら消化液や酵素による分解を受け難いこと、脳や脊髄な
どで異常に自己増殖すること、数百度に加熱しても完全には分解しない
こと、などが報じられていました。しかし、口から脳や脊髄へのルート、
どうして脳に溜りやすいかなどは未だ分かっていないようです。千葉県
の例では、検査員が見逃したが試験所の技師が偶然にもこの牛の脳組織
を見て狂牛病であることを発見したとのことです。この「偶然」がなか
ったらもっと深刻な事態になっていたでしょうね。私も英国ほどの事態
にはならないと思います。しかし、千葉県のケースの感染経路は早く特
定してほしいですね。

70 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/10(水) 22:16
こんにちは。農薬業界の者です。いつも参考にさせていただいています。
せっかくまじめな議論がなされている中で、役立たない話題で申し訳ありません。
さて、最近このHPでも狂牛病が話題になっていますが、「グローバルクリーン」
なる団体が狂牛病の原因は除草剤だと言っています。その内容は、 

>狂牛病やヤコブ病の病原体とされる変異プリオンは除草剤など猛毒の蓄積に
>よって起こるものと考えられます。
(中略)
>こういう状態に至らせる可能性のある毒性のものは除草剤以外にこの地上には
>ありえません。この除草剤の毒性の蓄積でガンになり、アトピーになり、難病、
>奇病になり、狂牛病、ヤコブ病になるのです。原因不明の病気のほとんどは
>除草剤の猛毒が原因と考えられます。
(中略)
>除草剤が残留した合成飼料さえ食べさせなければ牛肉は何も問題ありません。
(中略)
>猛毒除草剤が原因のガンや難病で亡くなった人は1億人近くいると推定され
>ます。除草剤の製造と販売、使用は静かなる見えないテロとも言えるかもしれ
>ません。

71 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/10(水) 22:16
"(続き)
>政府は牛に肉骨粉の飼料を与えないように指示していますが、こんな対策
>では何の解決にもなりません。根本原因は除草剤使用の飼料ですから、
>除草剤使用中止の方針を出さねば根本的解決はありえません。
>私達の防衛策としては肉を食べる前に除草剤ダイオキシンを分解していく
>ダイカットセラミックやダイカットフィルター、ダイカットシャツを用いて体内に
>除草剤ダイオキシンの成分を残さないようにするしかないでしょう。

というものです。
結局のところ、狂牛病に関し悪いのは除草剤だと言って、怪しい商品を
売りつけようとしています。何でこんなに除草剤を敵視しているのでしょう。
こんな詐欺師に引っかからないよう、注意が必要です。参考までに、
「グローバルクリーン」のHP http://www.global-clean.com/
「グローバルクリーン」のメルマガ http://www.mag2.com/m/0000064630.htm
です。一度読んでみて下さい。全く非科学的な内容です。 "

72 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/10(水) 22:17
(続き)
「グローバルクリーン」は以下の文章からも農薬の知識が0だということがわかりま
す。

>雑草に殺虫剤を何回かけても枯れません。除草剤は雑草が1回撒いて枯れて
>しまいます。踏んでも刈っても焼いても枯れないあの生命力のある雑草が
>枯れるということは余程の猛毒に違いないものです。除草剤の毒性と
>殺虫剤の毒性を比較すると致死毒性で除草剤は殺虫剤の約400倍、遅発性の
>毒性で50万倍もあります。

草を枯らすような殺虫剤が登録を取れるわけがないことは、このHPを見ている
方なら簡単にわかるでしょう。しかし、信じる人がいてもおかしくはありません。
環境問題や食の安全が問われる現代、それを利用した詐欺師も横行しています。
正しい知識を得るために、このようなHPが存在することはたいへん有意義だと
思います。今後とも「環境詐欺師」撲滅のためにも応援しています。
長々と失礼いたしました。今度はもっと有意義な話題でお会いしたいです。

73 名前: たてき 投稿日:2001/10/10(水) 23:05
 なかなかワラケる話なので、さっそく資料送付依頼のメール出しました(笑)
どんな資料が送られてくるかな?

74 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/10(水) 23:13
皆さん、あちこち、良く行かれてるようで、情報収集能力に感心します。

75 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/10(水) 23:49
たてきさんもやるなぁ。ゴミ)

76 名前: 61 投稿日:2001/10/11(木) 03:15
">>68
TJさんに先にうまく書かれてしまったので、生協のURLだけ。
www.co-op.or.jp/jccu/Press_Release/Press_011009_01.htm
最終的には、危険性は個人の責任で判断するしかないのかもしれませんが。

>「グローバルクリーン」
狂牛病でプリオンがいつの間にかダイオキシンにすり替わっているのは、
確信犯的にやってるんでしょうねぇ。 "

77 名前: たてき 投稿日:2001/10/11(木) 16:29
">>75
 清濁併せのむのが身上ですので(^_^;)
 相手がこれは農薬の話題だといえば、それは農薬の話題ということになりますから。
「そんなん農薬と関係ない」では通用しませんからね。 "

78 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/11(木) 22:46
皆さんこんにちは。レスありがとうございます。

>たてきさん
 資料送付依頼出したのですね。レポート楽しみにしています。
 どうせろくなもんじゃないでしょうが。
 (だったら自分でもらえ!という突っ込みが入りそうです)
 あと、祝 市井紗耶香復帰!(謎)
 別にファンではないんですが、今朝ニュースで聞いたので。

79 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/11(木) 22:46
>61さん(でよいのでしょうか)
 >狂牛病でプリオンがいつの間にかダイオキシンにすり替わっているのは、
 >確信犯的にやってるんでしょうねぇ。
 そうです。確信犯的ですね。
 「グローバルクリーン」は、ガン、アトピー、狂牛病、果ては子供が
 キレやすい原因まで、「ダイオキシンを含む猛毒除草剤」のせいに
 しようとしています。
 確かにPCP、CNPには不純物としてダイオキシンが入っていたらしいですが、
 今ではダイオキシンが入っている除草剤など使っていないでしょう。
 そんなことも知らず(知っているのかもしれませんが)、除草剤を
 目の敵にする神経がわかりません。
 2ちゃんねるでいうところの「厨房」(といいつつ50過ぎのおっさん)
 なんだと思います。
 ここの掲示板に呼んで弁明してもらうのも面白いかもしれません。

80 名前: NT 投稿日:2001/10/12(金) 00:00
農薬中のダイオキシン類については、農薬取締法に基づく検査基準が近いうちに設
定されます。既に農業資材審議会から答申を受けているので、そう時間はかからな
いでしょう。

値のレベルは、すべての同族体及びその異性体について原体中で1ng-TEQ/gです。
農水省が平成10年に既存の農薬について調査したときに設定した定量下限値と同
じ水準です。

世界で一番厳しい水準と言っていますが、ドイツの基準(化学品に対する基準であ
り、厳密には農薬には適用できない。)、米国の基準とほぼ同レベルです。

それにしてもたてきさん、資料請求とは....私は怖くてできません。
まぁ、Webで見る限りは恐い系の人ではなさそうですが。
資料が来たら差し支えのない範囲で内容を教えてください。

81 名前: TJ 投稿日:2001/10/12(金) 11:13
NTさんのいわれる基準値は農薬原体中の許容含有量のことですね。
環境省と農水省は先月、農作物(穀類、豆類、野菜、茶、果樹など376検体)
についてダイオキシン含量を測定した結果を発表しています。その結果に
よると、含量の範囲は0〜0.47ピコグラムTEQ/gです。農作物中の基準値は
ないようですが、この測定結果から見るとヒトに対する影響は問題ありませ
ん。この結果から見ても、除草剤中のダイオキシンがヒトにガン、アトピー
狂牛病などを起しているという主張には全く根拠がないことが分かります。

82 名前: たてき 投稿日:2001/10/12(金) 16:21
">>80
 私はいろんな資料請求をしてますよ(笑)
請求しなくても勝手に送ってくる場合もありますし。

 ちなみに私は「反農薬東京グループ」の会員でもあるんですよ。
敵を知り己を知れば100戦危うからずといいますし。
まぁ、別に戦っているわけでもありませんが。 "

83 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/12(金) 19:44
">>80
すいませんが、単位のTEQ/gって?
総検出量/gっていう様な意味でしょうか?無知なもので。 "

84 名前: たてき 投稿日:2001/10/12(金) 21:33
ピコグラムTEQ/gというのはダイオキシンのグラムあたりの毒性当量数を表します。
ダイオキシンは種類が多いので、それぞれの種類ごとに数値を羅列するのは大変ですし、
種類ごとに毒性の強弱があるので、全ての種類のダイオキシンをの検出値をTEFという数値で
補正して、
それを足しあわせてTEQとします。
 TEFは最も毒性の強いダイオキシンを1として、それより毒性の低いダイオキシンには
0.0001〜0.5ぐらいの数値となっています。大部分のダイオキシンはTEF=0、
つまり毒性の計算からは外れます。

85 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/12(金) 21:37
Σ(検出量×毒性強度)でいいんですね。

86 名前: たてき 投稿日:2001/10/12(金) 21:38
">>78
 市井、モー娘。に復帰ならワクワクでしたが、モー娘。で復帰ではないので、
まぁ、いいです(^_^;) モー娘。じゃないと感情移入できないっす。。。

 ところで、78さん、はなっからこいつはアホやというスタンスでかかると
失敗することがありますよ。痛い厨房かもしれませんが、まずは相手の話を
聞いて理解してやることです。でないと、感情論が先行してことをし損じます。

 もっとも、この掲示板にその人を召還するようなことは考えていません。
しようと思っても無理でしょうけど(笑)
 どっか、別の場所でならやっても良いですけどね。 "

87 名前: たてき 投稿日:2001/10/12(金) 21:38
">>85
 そうです。
 さらに詳しくは「ダイオキシン100の知識」でどうぞ!(爆笑) "

88 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/12(金) 22:50
78です。
なるほど、ネット上の経験豊富なたてきさんだけに、説得力がありますね。
私は「厨房」を見て楽しむのは結構好きなのですが、実際相手にするのは
なかなか自信がないですね。
話を聞いてみたい気はしますが、果たして相手になるのやら。

ところで話は変わるのですが、テロがらみで「特定毒物研究者」宛ての
文書が来ていたようですね。担当者ではないので、詳しくは見ていませんが。
たぶん毒劇物の管理強化だと思います。
(細菌兵器関係もあるのかも。)
「不要農薬の処理」のスレでHUMIさんやyn-nakさんが書いていたものと
関係があるのでしょうか。
詳細が分かりましたら、追って報告します。

89 名前: yn-nak 投稿日:2001/10/12(金) 23:28
農薬関係は、maffのサイトに出てました。
管理強化位だったと思います。流しただけですので。

90 名前: HUMI 投稿日:2001/10/16(火) 00:41
ところで発売前ですが、ハチハチに関してご存知のかたいません?

かなり有力な剤と聞いていますが?。どの系統に属すのでしょうか?

はやければ12月にも発売許可が降りると聞いていますが、やはり来年に延びるのでしょうか?。

91 名前: たてき 投稿日:2001/10/16(火) 09:22
 ハチハチは新規系統ですね。殺ダニ剤として研究はスタートしたようですが、
上市はリンシ目剤?でしたよね。
作用は細胞の呼吸阻害だと思います。

 活性は高いようですが、超一級というわけでもなさそうです。
天敵に対する作用とかはちょっとわかりません。

92 名前: TJ 投稿日:2001/10/16(火) 09:24
三菱化学と大塚化学が共同開発中のtolfenpyrad(OMI-88)です。ピラゾール
カルボン酸アミド系の化合物です。りんし目、半翅目、甲虫目、ホコリダニ
などかなり広い範囲の虫に効くようです。本年中に上市予定ときいています。

93 名前: NT 投稿日:2001/10/16(火) 10:13
">>83@`>>84>>85
TEQについてのお問い合わせ、しばらく気づきませんでした。
yn-nakさん、ごめんなさい。たてきさんフォローありがとうございました。

>>90@`>>91@`>>92
私は個別の剤の開発状況は全くわからないのですが、新薬開発に関して
いつも思うのは、日本の企業がとても優秀だということです。
農薬開発にかかるトータルコストは、最近では1剤あたり50億円とも
いわれてますよね。それだけかけて登録がとれない可能性もありますし、
かなり資本の力がものをいう世界で、世界中で農薬メーカーの合併が進
んでいますよね。
日本企業は、世界の大企業と比べると資本の規模は小さい(失礼!)の
ですが、それでも今回話題に上っているハチハチのように新規系統の新
薬を開発しています。 "

94 名前: たてき 投稿日:2001/10/16(火) 23:03
 日本企業は規模の割には新剤をよく出しますよね。これはやっぱり研究陣が
優秀というのがあると思うんですよね。
 ただ、大型の外資メーカーは大きなマーケットが期待できる研究しかしない
傾向があるので、新剤の売上高という指標で見たならば日本企業は劣っていると
思います。


 もうひとつ心配なのは、ハチハチもそうですが、最近の新剤ラッシュは、
80年代後半から90年代初頭に日本が非常に景気がよかったのと関連していると
思います。このころに仕込まれた剤が今出てきてます。
 現在はどこの企業も金が無くて研究分野を減らしているようなので、
日本企業の開発力は落ちてきていると思います。
 経済連や農家は農薬価格の下落を望んでおり、その通りになってきているわけですが、
その分は将来の新剤が少なくなると行った形で日本農業にボディブローのように
効いてくると考えています。

95 名前: DXR 投稿日:2001/10/17(水) 02:44
">>90@`>>92
Googleで「トルフェンピラド」と入れたら、トップで出てきたので
多分これなのではと思うのですが(読みが違ったらすみません)、
http://www.mhlw.go.jp/shingi/0108/s0822-3.html
まだ安全性の評価中なのでは? これが終わらないと多分、販売は
されないのでは……。 "

96 名前: TJ 投稿日:2001/10/17(水) 21:33
">>95 トルフェンピラドで間違いありません。
たてきさんのご心配の通りです。ここ3、4年間の農薬関連の日本出願をフォ
ローしていますが、新農薬の公開特許件数は外資が圧倒しています。日本企
業で比較的健闘しているのは1,2社だけです。 "

97 名前: HA 投稿日:2001/10/18(木) 22:17
ハチハチ乳剤に関して、知っている範疇では・・・確か、三菱さんがテブフェンピラド
(商品名:ピラニカ・・ピラゾール系ダニ剤)を触りまくって作った新規剤です。
もともとピラゾール系ダニ剤(ピラニカ、ダニトロン、サンマイト)には殺虫
活性があり・・・ピラニカ・サンマイトはアブラムシの登録あり。ダニトロンはチャノ
ホソガに登録あり・・・そこを展開していったようですよ。私も少々触った事有りますが、
なんとなくなんにでも効く薬としての認識しかありません。ハチハチ乳剤という
商品名になりそうですが、ハチにはめっぽう効きます。イチゴ、トマトでは×ですね。

98 名前: たてき 投稿日:2001/10/18(木) 23:00
"不思議なHPを見つけたので、ヒマな方は一度ごらんになってはいかが?
「農薬会社を作ろう」http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3559/ "

99 名前: トム 投稿日:2001/10/19(金) 21:00
苺には だめですかっ。期待していたのに。トホッ。。。

100 名前: たてき 投稿日:2001/10/19(金) 23:57
">>97
 毎度フォローありがとうございます。
どこまでが企業秘密なのかよくわからないので新剤や開発中の剤については
書くときに手が縮こまってしまいます(^_^;)

 ハチハチは殺ダニ剤ピラニカと化学構造は似ていて、いわばピラニカのリンシ目向けと
いったところでしょうか。
 「ハチハチ」という商品名はハチによく効くからついた・・・わけではなく(^_^;)
試験名が「OMI−88」だったので、それがそのまま商品名になったようですね。
昔あった除草剤の「エックスゴーニー」もそうでしたね。 "

101 名前: SN 投稿日:2001/10/20(土) 15:05
">>100 「ゴーゴーサン」というのも開発コードでしょうかね?
>>98 見ててハラハラするHPですね、いろんな意味で。 "

102 名前: TJ 投稿日:2001/10/20(土) 19:56
">>98 確かにハラハラするHPですね。怖いもの知らずということでしょうか。 "

103 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/21(日) 22:28
私も見に行きました。
文学少女(?)のような人のようですね。
このHPを宣伝してきました。(よかったのでしょうか?)
見に来るかもしれませんね。

104 名前: トム 投稿日:2001/10/24(水) 22:17
農薬販売は、許可(毒劇物取り扱い)いるのでは?

105 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/24(水) 22:30
こんにちは。また怪しい話で失礼します。
月刊ASCII11月号のコラムによると、肥満の原因は代謝機能の低下が原因で、
代謝を悪くしているのは農薬や添加物だと言っている人(自称健康料理研究家)がいるそうです。
油を取ると太るのは、油そのものが悪いのではなく、油に含まれている農薬が
濃縮されるのが原因となるそうです。
科学的には、全く根拠のない話だと思いますが、いかがでしょうか。
農薬成分が多ければ、摂食行動が阻害されてやせるというのならばまだわかりますが。
ちなみに、そのコラムの筆者は、やせるために有害食品を取るのをやめたそうです。
(ということは、無農薬の食品を取っているのでしょうか。)

106 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/24(水) 22:32
彼女はシミュレーションでやっているので、実際に売ってはいないと思うのですが。

107 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/24(水) 22:32
たびたびすみません。
106は104のトムさんへの返答です。

108 名前: たてき 投稿日:2001/10/24(水) 23:37
">>105
 おもろい話です。そこまでなんでも責任転嫁できたら人生も楽しいでしょうね(笑)
そのコラムを書いた人がどれぐらい運動したりしているのかわかりませんが、
自分が肥えたのは農薬のせいだなんて、いっていて恥ずかしくないのかな?

 ちなみに私は自分の体重コントロールには、すご〜〜く気を使っていますが、
全部自己責任でやってま〜す。 "

109 名前: たてき 投稿日:2001/10/24(水) 23:39
">>104
 一応、売ってるんじゃないかな?そういうページもありましたよ。
農薬販売は許可がいるかですが、わかりません、すいません(^_^;)
毒劇物を売るなら当然いりますが、ラウンドアップのパチモン(普通物)だけを売る
ような彼女の場合はどうなんでしょ。

 もっとも、まるっきしのもぐりでやってるみたいなので、許可もへちまもありませんが(^.^) "

110 名前: SN 投稿日:2001/10/25(木) 01:44
">>109
虚実ないまぜで、どこまで本当かよくわからない不思議なページですね。
ジェネリック・ラウンドアップは本当に売ってるのでしょうか??
晒しまくりの個人情報もネタ含み?(…と思いたい。あまりに無防備だ) "

111 名前: トム 投稿日:2001/10/25(木) 19:41
あっ そうなんですか? 
てっきり 販売したいのかと。

112 名前: トム 投稿日:2001/10/25(木) 19:43
111は、106のRESです。

113 名前: たてき 投稿日:2001/10/25(木) 20:33
 もう一回見てみたけど、売る気なんてさらさらないね。
やっぱ遊びみたい。それにしても・・・・わけわからん

114 名前: たてき 投稿日:2001/10/25(木) 20:53
 さて「グローバルジャパン」から郵便が届きました。東京三鷹市ということです。
小冊子が4冊、プリントが10枚ぐらい入ってます。

 いろんな怪しいグッズの集大成ともいえる内容でスゴイです。ちょっと感動しました(笑)
コレに申し込むだけど世の中の泥妊皀哀奪困了駑舛集まります。

 除草剤による害では色々な記載がありますが、中でも一番目を引くのは
除草剤は「枯葉剤」「発芽抑制剤」「成長抑制剤」に分けられ、それぞれの
害になる影響度を数値で表した表。数値は「波動測定」による、とのこと。
 私のように泥妊盍靴譴靴真祐屬任覆い噺帖垢涼姥譴垢虱解できません(笑)

 この話題はどっか別のところで大々的にやるべきでしょう。

115 名前: たてき 投稿日:2001/10/25(木) 23:28
 グローバルグリーンでした。すいません

116 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/26(金) 21:48
おお、ついにグローバルクリーンから来ましたか。ところで、
>この話題はどっか別のところで大々的にやるべきでしょう。
とありますが、たてきさんが考えている「別のところ」とは
どこでしょう。やっぱり2ちゃんねるですか?
私も参加したいので、決まったらぜひ教えて下さい。

ところで、農薬として登録のないものを「農薬」として売るのは、
農薬取締法違反ではないでしょうか。例のHPで売っている(?)ものが
農薬登録を受けているとは思えないのですが。
やっぱりたてきさんの言う通り、売る気はないのでしょう。
買いたいという問い合わせがあったらどうするのでしょう。
やってみる価値はあるかも。

117 名前: たてき 投稿日:2001/10/28(日) 17:12
">>116
 農薬登録がないモノを「農薬」として売ったらダメなのかというと・・・よくわかりませんが、
まぁダメでしょうね。ただし、除草剤として売るのは違法ではないですよ。
農地で使う除草剤としてはダメですけど。

 ところで、グローバルグリーン関係ですが、どうしましょうかね。
検索してみてもほとんどあたらないし、あまり有名ではなさそうなので、
どっかにスレ立てしてもあまり伸びないような・・・
1ch.tvなんかどうでしょう(笑) "

118 名前: トロ 投稿日:2001/10/29(月) 12:02
登録ネエ
最近、ホームセンターでの話題。
「グリホ・・・を、除草剤でも無く一般物として売ったらどうなるのか、
 これだけスッタモンダしてれば、何も宣伝しなくても農家は分かってる。
 非農耕地用除草剤として売ってるから、なにかあると、こっちに文句が来るんであって、
 そうでなきゃ、農家がどう使おうとこっちに文句が来ることはない。
指導する所も、農家が『除草剤になるとは知らなかった』と言い張れば、文句言えまい。」

なんだか、禅問答のようですけどね。

119 名前: TJ 投稿日:2001/10/29(月) 21:18
「グリホ‐‐」として表示されていても非農耕地用あるいは家庭園芸用であれば、
農薬取締法の対象外と思います。除草効果を謳ったとしてもです。例のHPの人
は、何も知らないようですが。ただ栽培農家の方は、グリホ--の効能を知ってい
ますので、農耕地に使用することもあり得るかも知れません。なにしろ安価で
すから。

ところで今日、有名書店でとんでもない本が売られているのを発見しました。
「除草剤の脅威ー田畑にまかれた環境ホルモンー」というタイトルです。日本
では、世界一のスピードで除草剤による環境汚染が進んでいるという内容です。
もし、ご要望があれば内容を要約して紹介します。

120 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/10/30(火) 22:22
"119でTJさんが紹介した本「除草剤の脅威ー田畑にまかれた環境ホルモンー」について、以下のHPに情報があります。
http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9912/21/paper/today/book/21boo004.htm
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787799088/250-3033968-4766624
しかし、なぜ除草剤は目の敵にされるのでしょう。
少数を除くと毒性も低いのに。
「枯葉剤」のイメージが強すぎるのでしょうか。 "

121 名前: TJ 投稿日:2001/10/30(火) 22:53
まさにこの本です。著者は高校卒業後独学で環境問題を勉強したようですが、
専門的な知識は余りないようです。しかし、著作活動は旺盛で、一般消費者
に対する影響力もかなり大きいと感じました。この本で、グリホサートを含
む多くの除草剤は発ガン性で多量のダイオキシンを含むとされています。又、
除草剤の使用量が年々減少しているのは、毒性問題で農家が使用を手控えて
きたからといっています。性能アップについては全く触れていない。

122 名前: たてき 投稿日:2001/10/31(水) 00:23
 ふふ、久慈力なんて著作は多いけど影響力はあまりないですよ。
泥妊睨榿生人ぐらいの認識で、反農薬団体とかからも相手にはされていません。
そんなに目くじら立てるほどのもんでもないでしょう。
 その本の内容は読んでないけど、見出しや宣伝を一見しただけで「グローバルグリーン」と
の関連を大いに疑わせますね。泥妊眛瓜里念婬づ蟾隋(笑)

123 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/11/05(月) 23:09
"こんにちは。またまた「グローバル・クリーン(グリーンではありません)」ネタです。
http://www14.u-page.so-net.ne.jp/ca3/omitu/index.html
グローバル・クリーンの話を真に受けているかわいそうな人のページ。
http://www.d4.dion.ne.jp/~doi-jimu/kinousui.htm
高価な浄水器のマルチ商法にご注意くださいとのページだが、マルチ商法とどちらかトンデモか?
http://www.asahi-net.or.jp/~XJ6T-TKD/env/books.html
グローバル・クリーン代表の本を読んで後悔したらしい。納得。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/4464/nikki137.html
グローバル・クリーンのメルマガをおもしろい(?)と言っている人もいる。
ところで、グリホサートには塩素が入っていないので、ダイオキシンが含まれる
わけはないのでは?その程度の知識もない人の本は相手にされなくて当然でしょう。 "

124 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/11/05(月) 23:13
そういえば、ラウンドアップが「環境派」ライターに嫌われる理由として、
遺伝子組み替え作物で有名なモンサント社の製品だからというのがあるのかも。
確か「買ってはいけない」にもラウンドアップが載っていたはず。

125 名前: たてき 投稿日:2001/11/05(月) 23:40
グローバル・クリーンだったのか。どうりで何度検索してもなにも当たらなかったわけだ(^.^)
真に受けてる人いましたねえ。まぁ仕方がない。情報過多の今の時代、ダマされる人間も悪い。
書評のページは私も参加した「ダイオキシン100の知識」はたたかれてたな(笑)
でも当たってる(笑) 私が担当した農薬とダイオキシンの関係のところはオリジナルで
新しい記述だったと思うけどなぁ・・・

 ラウンドアップは除草剤の代名詞。やり玉に挙げられるのは当然ですね。

126 名前: たてき 投稿日:2001/11/13(火) 23:57
 今日でこの掲示板のアクセスが3万を越えましたね。
この掲示板に変更してから約8ヶ月経ったので、1ヶ月に4000ぐらい。
1日に100件以上の閲覧があることになります。
この手の掲示板としてはスゴイ数字ですね。

 また、書き込みも盛んです。特に常連の方々の書き込みには感謝しております。
 ここは日本で唯一の農薬に関する掲示板ですので、大事に盛り上げていきたいと
思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

127 名前: KAZU 投稿日:2001/11/20(火) 22:21
">>90.96.97.100 ハチハチ乳剤とピラニカは構造がとても似ている化合物ですか゛、作用点はやはりミトコンドリア電子伝達系の複合体1なのでしょうか。

すでにこの系統の化合物(ダニトロン・サンマイト等)は抵抗性が生じているので、ハチハチももしやと、心配しています。過去に、ピリミジフェンが市場に
出た途端、すでに交叉耐性ダニが発生していて、困ったという話を聞いたことがあります。

農薬メーカーは、抵抗性発現リスクを事前評価していると聞きますが、果たして信頼性は高いものなのでしょうか。最近ではストロビルリン系殺菌剤で大きな問題になっています。技術資料では抵抗性がつきにくいと言明していますが、1年足らずで続々と抵抗性病害が見つかっています。 "

128 名前: たてき 投稿日:2001/11/30(金) 12:24
"ウィルスにご注意!!
私のところにも1日で20通以上ウィルスメールきました。

IEのバージョンが5.0か5.5の人はMSのHPからアップデータを落としてきて、
SP2にしていれば大丈夫。またはIE6.0。

 で、感染した方は・・・

 簡単に除去できる方法があるんで安心して下さい。

 詳しくはここ見て下さい
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.badtrans.b%40mm.html "

129 名前: yn-nak 投稿日:2001/11/30(金) 21:12
>128
IE6は、環境によっては画面が壊れたりすることがあるので、インストール時に注意してください。

130 名前: HUMI 投稿日:2001/12/12(水) 00:51
またもや1番になってます。調整中2と下書いてありますが、ウイルスにやられたんでしょうね?。

131 名前: たてき 投稿日:2001/12/13(木) 00:10
 いえ、この「調整中2」はず〜〜っと出てるんです。なんなんでしょうね。
バナー広告募集中ってことかな?

 ところで、私、新しいパソコンかっちゃいました(^_^;)
シャープのMURAMASAですよん。WINXP搭載の最新モデル。
XPなかなか使いやすいのでは?

132 名前: HUMI 投稿日:2001/12/13(木) 01:01
XPか?。

欲しいよ〜〜。

MEにも障害が出てタスク使用できないし、上乗せは無理なんですかね?。

133 名前: たてき 投稿日:2001/12/13(木) 23:46
できるみたいですよ、上乗せ。デュアルブートもできるそうです。
なかなか快適ですねxp。楽だわ。

134 名前: たてき 投稿日:2001/12/16(日) 00:07
ちょっと新しいコンピュータへの設定移植に戸惑っていまして、あまりアクセスできてません。
私のレスポンスが遅れることお断りしておきます。

135 名前: たてき 投稿日:2001/12/17(月) 12:05
 なんとか移植はできました。
ご迷惑おかけしました。
 そういうわけで(?)背景の色を変えて見ました・・・

136 名前: SN 投稿日:2001/12/22(土) 00:49
">>133
XPのセキュリティーホールの話はチェック済みですか?
http://www.zdnet.co.jp/news/0112/21/e_xphole.html "

137 名前: たてき 投稿日:2001/12/22(土) 22:38
ビルゲイツも困ったヤツですね。中途半端なOS発売すんなよ〜〜
日本版のパッチはまだでてないようです。英語版のパッチは使えませんでした。

138 名前: yn-nak 投稿日:2001/12/27(木) 19:48
M$の".0"版は必ず問題が出るって言うのが常識だと思ってましたが。
NT系列は、SPで持ってるだけですから、XPも同じでしょう。3月位には、SP1が出るんじゃないですか、
いつもの様に。

139 名前: yn-nak 投稿日:2001/12/27(木) 19:57
"追加
こっちの方がもっと大変かも。OSのCD-R書き込み機能を使ってる人は少ないと思うが。

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=http%3a%2f%2fwww.microsoft.com%2fJAPAN%2fsupport%2fkb%2farticles%2fj069%2f8%2f68.asp "

140 名前: たてき 投稿日:2001/12/27(木) 20:19
">>139
 なんじゃそりゃっていう言葉がぴったりの、訳わからんバグですね。
さすがはビルゲイツ、奥が深い(^.^;

 XPパソが欲しかった理由のひとつに気軽なCDR書き込みというのがあったので
使ってますよ>標準書き込みソフト。便利だし。とにかく「医」を使わないようにせねば。 "

141 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/12/27(木) 23:16
こんにちは。
本日発行の小泉内閣メールマガジンに、川口環境大臣の談話として、
トキについて、以下のような記事が出ていました。
環境大臣がトキの減少(ほとんど絶滅ですが)理由について、このような
ことを書いていたのは、憂慮すべき事態ではないでしょうか。

(以下)
江戸時代には全国にいて、田んぼを荒らす害鳥として扱われていたことを
考えると、隔世の感があります。こんなに減った理由は、とき色の羽を採る
ための乱獲や生息地の破壊、農薬などもろもろの理由によるといわれていま
す。いずれにしろ、人間活動の影響であることは間違いありません。

142 名前: たてき 投稿日:2001/12/28(金) 00:45
 トキは大正〜昭和初期にかけてすでに絶滅が危惧されるまで減っていたとか。

 しかし、農薬の影響は皆無といえるのでしょうか?全くなかったとはいえないと
私は思っています。薬で鳥が直接しんだことはなかったとしても、エサが減ったことは
あったかも?と想像しています。
 最大の要因は乱獲、次が生息地の破壊、そのほかに農薬など・・・ということならば、
あながち誤解ではないのでは?と感じましたが、他の方々はいかがでしょうか。

143 名前: yn-nak 投稿日:2001/12/29(土) 23:19
歴史についての知識はほとんど無いですが、明治時代なんかには羽の為に獲られてたらしいですね。
私には、何が憂慮すべき事なのか判りませんが。141のカキコしか見てないので、単に推定される原因
を列挙しているだけですし、そこに間違いがある様には思えませんが。
耕地整理、土地改良により餌となるドジョウの生息環境が無くなったのも事実ですね。
農薬もあの地方は空散が行われたところですし、下水道が完備しない状態での汚水の河川流入も原因でしょうね。

で、これからどうするって書いてました?

144 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2001/12/31(月) 08:31
たてきさん、yn-nakさん、書き込みありがとうございました。
戦後の有機塩素系農薬が使われていた時代などを考えれば、農薬がトキの減少に
全く関係ないとはいえないのかもしれませんね。
(エサ不足の点などで)
ただ、私としては、環境行政の最高責任者が読者の多い小泉内閣メルマガで
農薬に濡れ衣を着せるような発言をしたような気がしたので、憂慮すべきなのでは、
と思った次第であります。
でもこんなことを思っている時点で、私も自分の業界の利益しか考えない
「抵抗勢力」なのかもしれない、と思いました。
もっと大局的な考え方で、物事を見ていかなくてはなりませんね。
ところで、環境大臣の談話は、「自然との共生」というタイトルで、結論としては、
以下のような内容でした。

 今年5月の国会での所信表明演説で、小泉首相は「自然と共生する社会」
の実現を掲げました。自然と共生するためには、国立公園などに加えて、干
潟や里山等の多様な生物が生息している地域を保全し、開発に際して自然へ
の影響を最小限にするための技術的配慮などが必要となります。また、守る
だけでなく、彼らの生息地を回復、修復していくための事業−いわば自然再
生のための事業−もこれからは必要となると思います。

たてきさん、皆さん、今年は大変勉強させていただきました。
来年も、いろいろな情報を提供していきたいので、よろしくお願いいたします。

145 名前: HUMI 投稿日:2002/01/21(月) 00:58
幾つかの中国野菜より農薬が基準値以上が検出されました。

検出発表が厚生省なんですが、輸入禁止ってあるんですかね?。

146 名前: たてき 投稿日:2002/01/21(月) 12:38
 すべてが輸入禁止にはならないでしょうけど、何らかの策は講じられるでしょうね。
まぁ、中国産ははっきりいってずさんなところもありそうですから、良い薬になるんでは?

147 名前: yn-nak 投稿日:2002/02/26(火) 23:01
初歩的な質問で申し訳ないんですが。
登録保留基準値ってどういうものなんですか?

#"そんなことも・・・"って言わないで下さいね。

148 名前: yn-nak 投稿日:2002/02/26(火) 23:02
 実は私も自信なかったりして(^^ゞ

149 名前: TJ 投稿日:2002/02/26(火) 23:02
農薬の残留許容値は、厚生労働大臣が食品衛生法に基づいて定めます。
これを「残留農薬基準」と呼びます。しかし、農薬取締法に従って、
新たに農薬の登録申請を行う場合には食品衛生法での対応が間に合わな
いので、環境大臣が残留の基準を定めます。これを「登録保留基準」と
呼ぶそうです。残留農薬基準に違反した場合には、農産物は廃棄や回収
が命じられます(食品衛生法違反)。登録保留基準に違反した場合には、
登録が保留になるか、使用基準が変更されます。両方の基準の考え方つ
まり基準値算定の技術的な方法は同じです。
しかし、いくつもの官庁が関係していてわかりにくいですね。

150 名前: yn-nak 投稿日:2002/02/26(火) 23:03
TJさん、いつもありがとうございます。
論旨から推察するに、残留農薬基準と登録保留基準は同じ数値と考えていいんですね?
また、農薬登録は農水省なのに、残留基準を決めるのは環境省なんですね。

化学(狭義の)の方でも、以前は厚生省、労働省、通産省、環境庁、輸出が絡むと大蔵省も
と大変でした。ただ、モノを作る上では通産省/環境庁、出荷/使用は厚生省/労働省と
なっていましたから比較的ましだったのかなぁ。手間なのは農薬も同じでしょうけれど。

151 名前: NT 投稿日:2002/02/26(火) 23:05
TJさん、説明ありがとうございます。
少しだけ補足させていただくと、残留農薬基準値が設定された場合には、当該
作物の登録保留基準は削除されることとなっています。
yn-nakさんをさらに混乱させてしまうかもしれませんが、農薬の登録に当たり、
作物残留に係る登録保留基準を作るのは環境省ですが、徐々に厚生労働省が設定
している残留農薬基準値(食品規格ともいいます。)に移行しています。
厚生労働省は年間20農薬くらいのペースで基準を設定しているので、そのうち
追いついてしまうかもしれませんね。
ちなみに、農薬のADI設定は、制度的には環境省が行うことになっていますが、
実際には厚生労働省が設置している安全性評価委員会がADIを決めています。

152 名前: TJ 投稿日:2002/02/26(火) 23:06
NTさん、補足ありがとうございます。
ところで私も教えて頂きたいのですが、最近農薬登録申請時に必要な毒性
試験法が少し変更になったそうです。慢性毒性試験が1年間に短縮され、
変異原性試験や繁殖試験の検査項目が変更になったそうです。農水省の
HPでは検索できません。どこで調べればよいか、どなたかご存知でしょう
か?

153 名前: NT 投稿日:2002/02/26(火) 23:07
TJさんごめんなさい。テストガイドラインどこで調べればいいかわかりません。
メーカーの方でしたら、農薬工業会、農薬検査所などから聞くことができるかと。
というか、メーカーだったら登録部が当然入手済みでしょうね。
ところで、皆さん、2月14日の朝日の朝刊ご覧になりましたでしょうか。
いらない農薬の処理方法について、この掲示板の中でも何度か話題になっていま
したが、メーカーの引き取りを義務づけるそうです。詳細は不明なので、現段階
で何とも言えないのですが、処理困難な廃棄物として、バッテリー、パソコン、
農薬、タイヤ、携帯電話などと例示されています。
農薬以外は使えばいつかは廃棄物になるものですが、農薬は使わなかったときに
廃棄物になります。この違い、結構大きいと思うのですが。

154 名前: TJ 投稿日:2002/03/01(金) 10:32
NTさん、テストガイドラインは農薬工業会から入手することができま
した。慢性毒性の期間が1年間に短縮され、繁殖毒性試験は「環境ホルモ
ン」性のチェックをかなり意識した内容になっています。

農薬の廃棄ですが、米国では州ごとに毎年1回使用残、未使用農薬を州
政府が集めて処理しているようです。費用は、農薬登録時にメーカーが
支払う手数料を充てているそうです。日本でも都道府県単位で、メーカ
ーから「農薬税」的なものを徴収し、これを廃棄処理費用に充ててはど
うでしょうか。メーカーは反発するでしょうが、生産農家は助かると思
いますが。

155 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/02(土) 00:57
 個人的な考えですが農薬税というのはとるべきだと考えています。
しかし、それらは農薬の環境動態などの研究や農薬に関する行政サービスに
使われる目的がふさわしいかと。
 廃棄のための費用は、新しい農薬に関してはデポジット制で、
過去の農薬(DDTなどの埋設など)は国費でやるしかないかなって
思ったりしています。

156 名前: tea-farm 投稿日:2002/03/03(日) 17:46
ちょっと横道
↑の148のカキコは、NTさんのじゃなかったかなぁ?(旧ハンドルの私じゃなかった・・・と思う)
147以前のログが若干飛んでる様ですね。

本題の方:たてきさんの意見に1票。ただ、使用済み容器の件(以前のスレから
拘ってますが)も含めて処理されることを望みますが。

157 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/04(月) 00:51
148は私のカキコですね(^^ゞコンバート時に全部は移せなかったので
一部は私がみなさんからいただいた過去ログをコピペしました。
たぶん、他にもミスはあると思うんですけど、まぁ、細かいことは気にしないということで(^.^)

158 名前: HUMI 投稿日:2002/03/06(水) 01:18
デポジット賛成です。

メ−カ−も使用するためのものであり、廃棄はして欲しくは無いと思いますけど?。

しかし、新聞報道で農薬でないのに成分を調べたら農薬と同じくらいの濃度の成分が検出されたものがありました。
製造メ−カ−や販売メ−カ−はたぶん廃業となるでしょう。

どうしてこんな事が起こるのか不思議でたまりません、登録の無い物を使用するには使用者もそれなりの覚悟が必要です(今回は農産物生産者も店頭自主回収をしています)。

159 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/06(水) 22:33
HUMIさんこんにちは。
農薬でないのに成分を調べたら農薬と同じくらいの濃度の成分が検出されたものとは何でしょう。
以前「天然農薬」のなで売っていた物(もちろん登録なしのもの)に合成農薬が入っていたという
事件があったように記憶していますが、そのような話でしょうか。気になります。
もしよければ、もっと詳しい話を教えてください。

160 名前: HUMI 投稿日:2002/03/07(木) 02:10
159と同じです。
含有成分はスミチオン、濃度は38パ−セント。当然農薬登録なしで販売業者も農薬販売許可なし。

全て回収との報道ですので商品名は出しませんが(製造愛知県 販売元三重県)、知らずに使った生産者の商品も回収。

生協取り扱いありなのでそこでの販売も停止となるのでは?と思います。

161 名前: HUMI 投稿日:2002/03/07(木) 02:12
間違えました、天然農薬ではありませんでした。

162 名前: NT 投稿日:2002/03/07(木) 21:20
159で名無しさん@魚毒性Bsさんがおっしゃっている天然農薬って、平成5〜6年頃
に話題になったやつではないでしょうか。たしかフェンバレが入っていたのでは?
あの時はゴルフ場などにけっこう出回ってたと記憶しています。
当時の千葉県知事がゴルフ場での農薬使用を禁止(ゴルフ場建設反対の理由として農
薬を心配する声があったため、農薬をやめて、ゴルフ場の建設は続けた!)したため、
防除に悩んで使うところが多かったとか。

今回のものは、まったく別物ですよね。
HUMIさんは「どうしてこんな事が...」と書かれてますが、有機農業をされている
農家の方は、上述した千葉県のグリーンキーパー同様、防除に苦労しており、中に
はこのようなものに手を出してしまう人もいるのでしょう。
このての剤って高価なんですよね。今朝の日本農業新聞にも「緑源」とかいうものの
公告が出てました。1リットル¥15@`000のところ35%割引で¥8@`700!って計算あって
ないじゃん。

163 名前: 農天気 投稿日:2002/03/08(金) 18:56
HUMIさん三重県に関することことでしたら、もしかしてつま物野菜の
中日新聞記事に関係ことではありませんか?
もしそうだとしたら、作物別に登録をとる必要のある現在の法制度と、
儲かればよい悪徳商法、自然農法崇拝消費者とそれに便乗した販売店の
犠牲者だと思います。

164 名前: HUMI 投稿日:2002/03/09(土) 23:14
農天気さんの言われる記事です、たしか2回に掲載されたと思います。

しかし、その前に全国紙で書かれていましたので、そこでは中日より産地にとって厳しい表現となっていました。

確かに作物により登録農薬って少ないのが現実です、特にマイナ−な作物となると厳しいの一言。登録農薬のない作物もかなりあるのが現実なんですが、消費者やメ−カ−は知らないんですよね。
そして、その作物が登録を取ろうとすると、メ−カ−の協力と県等の協力と検査費用が必要であり、経済連等の支援も必要となるのが現実です。

無農薬有機栽培を消費者が求めている一面でこんなことが起きてしまったんですよね?。生産者も使用するものに関して安く成分検査できるといいのですが、かなりかかるんですよね(使用したいものが多いので)。

165 名前: 名無しさん 投稿日:2002/03/12(火) 22:12


166 名前: HUMI 投稿日:2002/03/13(水) 00:25
商品名出てしまいました。

167 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/13(水) 09:51
>>166
 165はまずかったでしょうか。とりあえずあぼーんしときました。
OKでしたら、こういうたぐいの話の例として再アップします。

168 名前: HUMI 投稿日:2002/03/14(木) 01:07
165は166に私が書き込みしてしまったのがいけないんです。

利用者がいたなら、使用中止すべきですし、公然の事実ですし、知らなくて利用する人がいれば、最悪の状況になってしまいます。

本日、農薬検査に掛かった私の作物の結果報告がきました(生協分析)。検査結果は全てクリアでしたが、思いがけない農薬が検出されてしまいました(他は未検出)。
濃度は基準値の4分の1でしたが、検出されたことにはショックでした、確かに使用したので言い訳ができませんが、これだけの濃度で検出されるとは?。
分析結果が正しいことも思い知らされました、反省しています。

169 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/14(木) 20:55
>>168
 そんじゃ、あげときましょう。私は使用も分析もしていないので
実際のとこどうなのかはわかりません。両方のURLにアクセスして
各人で判断してください。

http://plaza24.mbn.or.jp/~udaichi/b24.htm
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1015255990/l50

170 名前: NT 投稿日:2002/03/15(金) 18:52
>>168
 農水省が立入検査したそうです。これは報道されてませんでしたね。
 定性分析でMEPを検出したそうです。

http://www.maff.go.jp/work/press020305-02.htm

171 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/15(金) 20:59
 いま、群馬県の太田というところにいます。
農水が立ち入り検査することもあるんですね。けっこう、やるじゃんって感じです

172 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/15(金) 22:32
Yahoo!Newsより
<環境ホルモン>3種類の農薬 低濃度でもメダカに影響
 環境ホルモンが疑われる3種類の農薬がごく低い濃度でもメダカの正常なふ化を妨げることが、横浜国立大学環境情報研究院の浦野紘平教授らの研究で分かり、14日
の日本水環境学会で発表される。浦野教授らが調べたのはベノミル、マラソン、トリフルラリンの3農薬。いずれも環境省の環境ホルモンリストに挙げられている。(毎
日新聞)

今さら環境省の環境ホルモンリスト(SPEED98)もないだろう、という気もしますが。
詳細がわかったら、また報告します。

173 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/16(土) 07:30
 ふ化を妨げる=環境ホルモン なんでしょうか?

174 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/16(土) 23:53
読みにくい書き方をしてすみません。
浦野先生のような有名な方が、未だにSPEED98を念頭に置いた試験設計を立てているのか、
というのが気になったので書いたものです。
実際はリストに挙げられているから環境ホルモンとしての性質が強いとはいえないような気がするのですが。
逆にリストに挙げられていなくても強い物もあるでしょうし。
月曜日には要旨集が入手できそうなので、また気が付いたことがあったらここに書きます。

175 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/18(月) 22:23
こんにちは。先日お知らせした水環境学会の発表についてですが、ベノミル46μg/L、
マラソン17μg/L、トリフルラリン20μg/Lで曝露したときに正常仔魚誕生、正常孵化、
産卵数が阻害されるという内容でした。マラソンは8μg/Lでも正常仔魚誕生
が40%減少していました。要旨集の結論としては、「内分泌撹乱作用の疑われている農薬の中には、
成魚の半数致死濃度の50〜100分の1濃度でも生殖に悪影響が現れる」というものでした。
もっと水系への影響が大きい(例えば河川水からよく検出され、毒性が高い)農薬を選んで試験をやればよかったのではないでしょうか。

176 名前: TJ 投稿日:2002/03/19(火) 10:16
>>175情報ありがとうございました。
内分泌撹乱物質とは、「動物の内分泌系の形態や機能を変化させて生殖
機能に悪影響を及ぼす物質」と定義されており、このような悪影響が自
然のままの動物においても確認されなければならないことになってい
ます。閉鎖系での試験結果は陽性であっても、自然条件でそれが再現さ
れなければ「内分泌撹乱物質」とはいえず、「内分泌活性物質」という
べきでしょう。メダカの生息環境での農薬の濃度を調査しなければこの
発表は説得力に欠けると思います。

「環境ホルモン」という言葉は非常にあいまいであり、一般には「内分
泌活性物質」もこれに含まれると受け取られているようです。

177 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/20(水) 00:18
>>175
 詳細ありがとうございます。
それぞれ10ppbのオーダーで影響ありとのことですが、こんな試験をすれば
多くの物質はダメなんじゃないでしょうか?具体的なことはわかりませんが。

 それとこれをもってしてメダカが減ったのが農薬といえるのでしょうか?
ふ化率が40%減少してもメダカの数が減るとは思えませんけど・・・

178 名前: YONA 投稿日:2002/03/21(木) 00:38
これに関してはグレガリナさんのページに色々と考察がありますね。

179 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/21(木) 07:26
この試験では、メダカが減った原因を調べているのではなく、いわゆる内分泌撹乱性物質といわれる物質が
生物に与える影響を調べるためにメダカを使っているのだと思います。
メダカは単に飼いやすいので実験対象として使っているのでしょう。
水環境学会では、他にもメダカを使った試験が多くありました。
メダカは環境省のレッドデータブックに載っているほど減っていますが、その原因は、海外から導入した
カダヤシというメダカに似た魚との競争に負けたことによるものと考えられているそうです。

180 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/21(木) 11:22
>>178
http://members.tripod.co.jp/gregarina/
これですね。

 まぁ、書いてあるとおりですね。私は農薬の研究者ではありますが、
必ずしも安全性の専門家ではありません。そんな私でもこの報道がおかしいことは
すぐにわからんですよね。なぜ、こんなに素人じみたことが蔓延してしまうのかな。
もちろん報道する側の責任ですよ、これは。

181 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/27(水) 00:14
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/988903294/l50

2ちゃんにしては珍しく良スレが立ってますね。要チェックでしょう。

182 名前: hiroyu@農業広場 投稿日:2002/03/31(日) 21:55
>>18
興味深いスレですね。
じっくり見てみよう。

183 名前: jj 投稿日:2002/04/01(月) 19:12
二酸化チタンが残留農薬を分解すると新聞に書いてあった。

184 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2002/04/02(火) 01:58
久しぶりの書き込みです。

このスレで話していい話題かは存じませんが・・・

今度の植物病理学会で日本農薬がブイゲットの話をしますね。
無茶苦茶聞きにいきたい、というか本来参加する学会だったのですが、
面接で東京に行くため聞けないし質問もできない。
どなたかお話を聞かれる方がいらしたら、教えてくださいませんか。
多分同僚や教官はそちらの方面には聞きにいかないので、
効果や作用機序、構造とか色々と。
たてき様を含めてみなさまお願い致します・・・。

185 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/04/02(火) 22:24
別項にも書きましたが、農薬学会に行ってきました。
シンポジウムに中西準子先生が出席されていましたが、彼女曰く、
「生態リスク管理で最も重要なのは農薬であるが、農薬の研究者からの意見がない。」そうです。
あと、ノニルフェノールが内分泌撹乱性物質として問題となっていますが、農薬の補助剤として
使われているものが最も環境中に多いのではないかという指摘もありました。
重要だと思ったので、とりあえず報告します。

186 名前: TJ 投稿日:2002/04/06(土) 22:44
私も中西先生の話を聞きましたが、物足りなさを感じました。内分泌撹乱
物質(ECD)の定義が、単に室内実験だけでなく自然の生態系において
生物の生殖に悪影響を与えるものとしているのは正しいと思います。しか
し、自然の生態系でメダカの減少に農薬がどのように関与しているのか、
具体的にどのように調査すべきかという話はありませんでした。メダカの
減少には、農薬だけでなく生息環境の破壊、工場排水、生活排水、他品
種との交雑など種々の要素が複合的に作用していると思います。

187 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/08(月) 22:01
>>184
 ブイゲットですか、どっかで聞いたことがある剤ですね。
まぁ、掲示板じゃなんなんでメールでも送ってください。

188 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/04/13(土) 23:13
本日の朝日新聞に、農水省がCNP、PCP、PCNBにダイオキシンが含まれており、メーカーに回収を指示するとの
記事が出ていました。過去の使用については、土壌中濃度が環境基準値よりはるかに低いので問題ないとのことでした。
我々にとっては今さらという記事ですが、知らない人にとってはショックかもしれません。
中西先生のコメントとして、回収は農家を回るくらい積極的にやって欲しいとのことです。
あと、埼玉の公園で犬が死んだ事件で、原因はえさに混入されたエチルチオメトンのようです。

189 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/14(日) 00:15
回収を指示といっても具体的にはどうするんでしょうね。
何十年も前の農薬をどうやって回収するんでしょうか。
メーカーといっても当時のメーカーって今どうなってるの?ってのも
ありますが・・・
PCPって、、、、殺人事件でも15年もすれば時効でしょう。
だれにどんな責任があるのか明確かできるんですかね??
なんも実害はないし。

190 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/14(日) 00:56
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020414-00000105-mai-soci

>>188 の犬の話はこれですね。

191 名前: 名無しさん 投稿日:2002/04/23(火) 00:27


192 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/23(火) 00:27
イスラエルの農薬会社である「マクテシム・アガン」が日本に「マガンジャパン」として
上陸してから少し時間がたちましたが、どうなってるんでしょうか?
ジェネリック農薬が日本でどう展開されるか興味あるんですけど・・・

193 名前: やま 投稿日:2002/04/24(水) 10:06
>>192 そういえばマクテシム・アガンって昨年の農薬の売り上げで
住友を抜いて世界で8位にランクアップしたんですよね。
日本法人があったんですね、知らなかった・・・

194 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/04/24(水) 18:45
あら、やまさん御存知なかった?私はとっくに御挨拶してきましたよ。8位ですが、純粋に農薬で儲かっているのはこの会社暗いなもんですよ。だって開発経費は限りなく0ですもん。見習うべし、ユダヤ商法!!
^〇^しかし191の「あぽ−ん」氏は神出鬼没ですね。先日は某ソープランドの体験コーナーに出てました。まあ立派ですね。

195 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/04/24(水) 18:48
194の記述の中で「この会社暗いなもんですよ。」は「この会社位なもんですよ」の間違いでした。決して暗くはありません。経営内容は極めて明るいです。ただしベネズエラやアルゼンチンに売ってなければですが、、、。

196 名前: YONA 投稿日:2002/04/26(金) 01:33
唐突ですがこんなのありました。農薬と関係ないので、このスレにて。

[ストックホルム 24日 ロイター] ポテトチップスやビスケット、パンなど、世界中で数百万人が日常的に口にしている食べ物に、がんを引き起こすとみられている物質がかなりの分量含まれているとする研究結果が、スウェーデンで発表された。
政府の食品安全機関とストックホルム大学が共同で行った研究で、炭水化物を多く含むコメやイモ、穀物などを焼くか揚げるかした場合、発がん物質の可能性が高いとされるアクリルアミドが非常に高い濃度で生成されることが分かった。
------------(中略)-------------
発表によると、一般的な分量のポテトチップス1袋に含まれるアクリルアミドの濃度は、世界保健機関(WHO)が飲料水について許容範囲としている含有濃度の500倍にも及ぶことが判明した。
また、国内にある米ファーストフード大手バーガーキングやマクドナルドの店舗で販売されているフレンチフライでは、この濃度が約100倍だったという。(ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020425-00000291-reu-int

197 名前: YONA 投稿日:2002/04/26(金) 01:41
「飲料水について許容範囲としている含有濃度の500倍」だそうで、
年間平均飲水量の1/500以上の量のポテチを1年で食べてる人は要注意、
ってことなんでしょうかね。

「1度に多量とることが問題なんだ」という反論が出そうですが、
そうなると、発ガン性のリスクの議論ではないような気もします。
アクリルアミドは急性毒性としては神経毒だったと思うので、
そっちのほうの許容度との関係を知りたいところです。

198 名前: TJ 投稿日:2002/04/27(土) 22:45
炭水化物リッチの食品を焼くとアクリルアミド(AA)が多量に生成すると
いうことは初耳ですね。AAは、水源池での凝集剤や下水道工事の際の塗
装剤に含まれるポリアクリルアミドから発生するので、米国では飲料水
中の許容量0.5〜600ppm、空気中の許容量0.03mg/m3と決められている
そうです。ラットでの発ガン性は実験により確認されていますが、ヒト
では認められていないようです。

話が横道にそれますが、ポテトチップスには多量の過酸化脂質が含まれ
ており、これを摂取し過ぎると動脈硬化や若年性糖尿病のリスクが高ま
るそうです(学士会会報No.822、p43)。

199 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/03(金) 11:34
http://makimo.to/2ch/news_newsplus/1019/1019719351.html

 さてさて、ポテトチップの話はドンドン進行中のようです。
どうやらポテチの会社やマクドナルドなどがこのネタでアメリカあたりで
巨大な裁判をおこされて・・・なんて予感がしますねぇ。くだらね〜〜。

200 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/03(金) 11:34
http://makimo.to/2ch/news_newsplus/1019/1019719351.html
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1019737764/
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1020077822/l50

 さてさて、ポテトチップの話はドンドン進行中のようです。
どうやらポテチの会社やマクドナルドなどがこのネタでアメリカあたりで
巨大な裁判をおこされて・・・なんて予感がしますねぇ。くだらね〜〜。

201 名前: やま 投稿日:2002/05/07(火) 12:56
ワールドカップ、ロシアのキャンプ地の芝に何者かによって除草剤が散布されたようです。
つまんない事をして欲しくないですね、本当に。

202 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/08(水) 01:26
 ホント困ったもんですね、わけのわからん事件を引き起こしたヤツはむかつきます。
こりゃ、一種のテロですよ。もしも、芝生が回復しなかったり、
してもワールドカップに間に合わなかったりしたら、経済的な損失は甚大なものに
なるでしょうし。

 新聞の写真で見る限り、芝生の病虫害ではないように思えました。
除草剤の可能性が高いでしょうね。 農薬の悪用の最たるものですね。

203 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2002/05/12(日) 09:31
誰がまいたかわかりませんが、何をまいたかはなんとなく。
入手が容易なもの。
比較的少量で芝が枯れるもの。
誰が持っていても怪しまれないもの。
といったあたりから考えると、ホームセンターで300円ぐらいで
売っているラウンドアップもどき(グリホサート)かなと。

204 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/12(日) 12:53
ちなみにこのネタは
http://www2.kyodo.co.jp/news/20020507-1275.html
に写真あります

205 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/13(月) 00:30
>>202
 練習場であってW杯会場ではないですね。甚大な損失は出ないですね(^_^;)

206 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/05/14(火) 23:10
最近のニュースより。
1.本日の朝日新聞によると、食品衛生法の改正案(原案)が明らかになった。
農薬の登録と同時に残留基準が設定されなくてはならなくなるらしい。
2.農民連食品分析センターというところで、ファミレス・コンビニで使われる
輸入ホウレンソウの分析を行ったところ、基準値以上のクロルピリホス、
日本では検出されてはならないエンドリンなどが検出された。
農民連食品分析センターという団体は知らなかったのですが、HPもあります。
homepage.mac.com/power8/www/html/

207 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/14(火) 23:38
>>206 ありがとうございます。
後者は http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1019600033/l50
と関連のあるお話ですね。中国野菜は目の敵にされていますが、正直拙い部分もありますね。

208 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/14(火) 23:48
>>206の農民連のHP見てきました。
度胸満点のHPですね(^_^;) ミキプルーンなど商品名名指しで
残留農薬値を公開しているのはおもしろいです。分析法とか分析結果の
信頼性がどうなのかわかりませんが、残留農薬値がえらい高いなぁと思った
商品もありました。一見の価値ありますね。

209 名前: TJ 投稿日:2002/05/15(水) 16:03
家の冷蔵庫にある冷凍ホウレンソウのラベルをよく調べたら、原産地は
中国と書かれていました(後の祭り)。

210 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/05/15(水) 22:39
今日も3件ほどお送りします。
1.サッカー場の芝が枯れた事件の続報。(asahi.com)
 サッカー・ワールドカップでロシアのベースキャンプ地となる静岡県清水市山切の
清水ナショナルトレーニングセンターの芝が帯状に枯れた事件で、同市は14日、
除草剤が原因と発表した。
 市の依頼を受けた民間分析機関が、枯れた芝から成分を検出した。商品名は特定
できないが、葉から入って根を枯らすもので一般に購入できるものらしい。
まかれたのは4月末ごろという。
 ラウンドアップかバスタ(のジェネリック品?)の可能性が高そうです。
2.食品衛生法改正案の続報(東京新聞)
 安全性に疑いのある特定国の特定食品の輸入を一律に禁止できる包括的禁止規定を
盛り込んだらしい。
 残留農薬が検出された場合など、輸入禁止になるケースが出てきそうです。
3.本日発行のWeekly Mag2より。(たてきさんのメルマガ購読者には届いているはず)
 まぐまぐVOWに農薬ネタが出ていたので、紹介します。
 ある日、我が家の姫りんごの木に大量の毛虫がついているのを見るに見かねた父が、
殺虫剤とまちがえて除草剤をまき、木は虫によってではなく父によって
枯らされてしまった。
 皆さんも気をつけましょう。(笑)

211 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/15(水) 22:46
>>210
 毎度ありがとうございます。3番目はどうしようもないですね(^_^;)

 2に関しては外交問題もあるし簡単に実施できるのかなとも思いましたが、
まぁ当然といえば当然でしょうね。そういえば、その議論の中で悪評高い有機JASの
見直しも行われるかも?みたいな話しもあるようです。早くやって欲しい。

 ところで、農薬関連のニュースは最近多いように思うので、別のスレを立てました。
時事問題を軽く議論するスレを目指します。盛り上がれば当然新スレに移行させます。

212 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2002/05/15(水) 23:01
こちらには色々お世話になった農薬業界志望学生です。
内資の農薬業界研究職で内々定を頂き、最終面接で社長の
お話を伺って私の腹も決まりました。
これからはもっと勉強して早く一人前の研究者になれるよう
頑張ります。引き続きお引き立てのほど、よろしくお願い致します。

213 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/15(水) 23:49
 これはこれはよかったですね。
今この業界の研究職の就職戦線は厳しいですからね。
狭い門をくぐり抜けたんだから、ぜひその会社へ入社して欲しいもんです。
まぁ、正直言って企業間格差は広がってきています。
勝ち組に入っているならばしばらくは安心でしょうけど、そうでないならば
色々と苦労もするでしょう。しかし、長い期間で考えれば浮き沈みはありますからね。
ようは良いもんを研究開発すれば浮上するきっかけはつかめるかもしれないわけですし、
そういうもんを発明する研究者になって欲しいですね。

214 名前: かか 投稿日:2002/05/16(木) 01:19
内定おめでとうございます。
いざ、働いてみると辛い事業環境を実感すると思いますが、負けずに頑張ってください。

215 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/05/19(日) 22:10
金曜日からISDNからADSLに切り替えました〜〜。やったね。
家庭内無線LANの構築に意外に手間取りようやく今日開通しました。
昼間実測で4Mぐらい出ることもあるのでかなり早いです。
さて気合い入れてネットしよう。

216 名前: たぬき 投稿日:2002/06/01(土) 20:03
どうもたぬきです。
諸般の事情によりずいぶんご無沙汰しておりましたが、
復活いたしました。よろしくお願いします。

217 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/01(土) 23:44
>>216
 お久しぶりで、よろしくお引き立てを。

 農薬ネットはまたまた大トラブルです。アクセスの増大で問題が起こっていること
報告しましたが、いろいろやりましたが解決にはいたらず、結局レンタルサーバーの
引っ越しを余儀なくされました。また数日アクセスが不能になるかも??

218 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/05(水) 08:14
 無事移転が完了しました。
アクセスしてる人は気がつかないと思います。
色々大変でした(^_^;)

219 名前: ふー 投稿日:2002/06/08(土) 01:11
水稲除草剤の使い方を間違ってしまいました。
田植えをする前にイモチ病予防のために苗箱にまく薬の代わりに、間違ってクミアイ化学工業の「ジョイスター」という除草剤をまいてしまったのです。

田植えをしたのが6月4日と5日なので、今日で2・3日というところですが、心なしか例年に比べて苗に活力が無いように見られます。

このままでは、稲は育たないでしょうか?
何かいい対処法はあるでしょうか?
今晩気が付いて、どうしていいかわからず、とても困惑しています。
ご助言頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。

220 名前: たぬき 投稿日:2002/06/08(土) 19:51
うーむ。
やってしまいましたか。
結論から言います。
かなりの確率で強い生育抑制から枯死となります。
植えなおしを想定して苗の手配をしたほうがいいです。

しかし、毎年この手の話を聞きますが、いい手段はないですかね?

221 名前: 業界人TT 投稿日:2002/06/08(土) 22:04
たぬきさんと同意見です。除草剤が1キロ粒剤になり、コンパクト
になったので、箱施用剤との誤用が多いようです。
業界としては、除草剤の袋の上のほうに、大きく箱施用しないこと
と書くことを申し合わせています。
農薬の包装は、使用方法が小さく見にくいなど、これからの農業
生産者が高齢化するなかで、改善しなくてはいけない課題があり
ます。このケースは、クミアイ化学ではなく使用者の責任となり
ますが、業界としても、さらなく改善努力が必要とおもいました。

222 名前: ふー 投稿日:2002/06/09(日) 23:46
たぬきさん、業界人TTさん。
ご助言有難うございます。
明日、営農指導員さんに現場を見て頂いて、苗の手配も含め相談します。

農業生産者の高齢化は我が家も同じで、今回のご相談も70才で現役で頑張っている母からのものです。
母も、農薬がどんどん変わって困ると話していました。
今回の件で、母はすっかり自信を無くし落ち込んでいます。
食に携わる生産者が、農薬の正しい使用方法を守るのは当然のことと思います。
同時に、農薬メーカーサイドでも、特に、包装デザインの改良をお願いしたいと思います。

223 名前: "名無しさん" 投稿日:2002/06/17(月) 16:26
test

224 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/06/18(火) 11:28
ふ〜さんへ。実際この問題は各県で発生しております。3キロ除草剤から1キロ剤に換えたところでよく起きます。除草剤成分で苗は残念ながら枯死します。早めの苗手配が必要ですね。包装デザインの件は零細業者としても提言致します。前回植えた圃場に除草剤の処理層が出来ていると植える際に苗の根部が接触し二次薬害が起こる可能性もありますので普及センターの先生と相談して下さい。前回植えた圃場より減反している別の圃場に植えた方が安全だと思います。


225 名前: 草屋さん 投稿日:2002/06/18(火) 23:56
3キロ剤は、○農さんの方針で、もう復活できないですよね。
また、包装デザインもそう簡単にはかえられませんよね。
農薬取締法に基づく記載事項の規定がありますし。また、農薬の価格がここまで安くなるとこうした配慮までは不可能になりつつありますよね。
ユーザーである農家が、自己の生産のための資材であることをもっと認識するしかないと思います。
例えば、パソコンのソフトを使いこなせないから商売にならないなんて、だれも受け付けてくれませんよね。


226 名前: あらら 投稿日:2002/06/19(水) 00:36
日農さん、HPリニュしたみたいですね・・・。

227 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/26(水) 23:29
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/nouyaku_doku_2.html

 7月に三省堂の「農薬毒性の事典」の大幅改訂版が出ます。
なんだかんだ言っても売れてる本ですからね。その内容が注目されますが、
予告によると「ダイオキシン・環境ホルモン」などを○△×などという記号で
全農薬を評価しているようです。

 おそらくサイエンス的には取るに足らない内容と思われますが、しかし、この記述が
一人歩きすることはあり得るでしょう。


228 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2002/06/29(土) 00:44
お久しぶりの農薬業界志望学生です。

先日図書室の書架で雑誌を読んでいたら、たしか日経バイオビジネス
だったと思うのですが、モンサントのラウンドアップ耐性ダイズの
栽培を目指して積極的に研究会・申請をしている農家のことが
紹介されていました。扱いは1ページ程度だったのですが、
やはりラウンドアップの省力性に惹かれたとの事で、アメリカで
GMが受け入れているのは生産者にとって利益があるからに違いなく、
それゆえわが国でもやりたい、というような趣旨の記事でした。
紹介されていた農家の方は非常に日本農業の先行きを憂いて
いるとのこと。
日本では消費者にGM敬遠志向が強く、農家の方もリスクを犯して
まで導入したい、というような事はないだろうと思っていたのですが。
これから世論の変化を受けて、こういった農家の方は増えるんで
しょうかね。
ただ、GMはGMでも、ただ生産者のためだけのメリットしかない
作物は受け入れられにくいと思います。今やGM作物は生産者への
メリットから消費者がメリットを持つ物へとシフトしているとか
聞きますし。

229 名前: YON 投稿日:2002/07/03(水) 01:15
こんなニュースがありました。市販されているコメの品種をDNA鑑定で検証したところ…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020701-00000212-yom-soci

農薬とは直接関係ないですが、食味の議論に一石を投ずる科学的知見ですね。

230 名前: IBTL 投稿日:2002/07/03(水) 23:54
農薬とも、食味の議論とも関係ないです。
単に農産物を扱う業界に働くひとに、
QA、GLP、信頼性保障もしくはモラルの意識がないことを証明しただけでです。

強いて食味の議論に関係すると、
生産量の比較して流通量が多いので、疑問がおきて調べたのでしょう。
特に誰かが味覚上おかしいとの疑念を訴えて調べたのではないと思います。
ひとの味覚など意外にあてにならにことの証明かもしれません。

個人的には、漫画のおいしんぼう等で、素材もしくは調理法的に
美味しいだろうと思うものを、皆間違いなく旨いと判断するのは
非常に嘘くさい気がした懸念を補完する事実と思います。

231 名前: YON 投稿日:2002/07/04(木) 01:05
ちょっと誤解されましたか…。

>特に誰かが味覚上おかしいとの疑念を訴えて調べたのではないと思います。
>ひとの味覚など意外にあてにならにことの証明かもしれません。

まったくもって同意です。このことがら(特に2行目)を、食味の議論に一石
を投ずる、と言ったのですよ(^^)。

この掲示板で(2年くらい前の初代の掲示板から)、「自分は味の違いが分かる」
という主張と、「それはラベルを見た先入観だよ」という主張を戦わせる議論が、
何度かありました。それに一石を投じますね(後者の意見の傍証ですかね)、
と言ったわけです。

232 名前: たてき 投稿日:2002/07/31(水) 23:36
 今月の「月刊農業経営者」にたてきが出てますので、よろしく。

233 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/12(月) 22:22
どこに書き込もうか迷ったので、久しぶりにこのスレをageました。
さて、本日のテレビ朝日「TVタックル」は、食の危機がテーマでしたが、その中で料理研究家の平野レミさんが以下のような話をしていました。
ある人が家庭菜園で作ったパセリでチョウを育てていたが、パセリがなくなったので、スーパーで売っているパセリを食べさせた。するとチョウが全て死んだらしい。
スーパーの人はチョウと人間は違うので大丈夫だと言っていたが、虫が死ぬもので人間が大丈夫なわけがない、とのこと。
スーパーの人の方が正しいことを言っているというのは、このHPを見ている方なら言うまでもないことでしょう。
消費者(特に主婦)に対し影響力のある人は、きちんと勉強をして、正しい事実をテレビなどで伝えてほしいと思いました。
このHPで、いろいろな情報を提供したり、議論したりしてきましたが、今後も少しでも多くの消費者にこのHPを見てもらい、正しい知識を伝えていかなくてはならないと認識した次第です。

234 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/12(月) 22:38
>>233
僕も見てました。テレビの前でずっこけてしまいました。

235 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/12(月) 23:46
 餓死ってことかな?

236 名前: 名無し君 投稿日:2002/08/13(火) 02:00
パセリでチョウを育てるなんてオカシイ。

チョウの幼虫がパセリを食べるんでしょうかね?。知識の範囲にありません。
成虫なら食べないので235のとうり。

が、消費者の受け取り方はこれが真実となってしまいます。かつて、パセリは農薬検出で実績があったのでこんな報道になったのでしょうが?。
それなら、直接食べる消費量の多い中国産ホウレンソウやオオ葉が無いのか?。

報道とはこんなもんです、報道は時代遅れですし、ある一面のみを誇張しなければ一般に受け入れられないのが残念です。




237 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/13(火) 09:55
キアゲハならパセリも食いますよ。 あんまり好んで食っている感じではなかったですが。
死因については事情を知らないのでパス。

238 名前: パセリっ子 投稿日:2002/08/13(火) 20:02
パセリ栽培農家です。アゲハチョウの幼虫はパセリを食べますよ。
ほとんど同様の内容の投書が、先月の読売新聞に載っていました。
「私はアゲハチョウが好きで餌用に庭にみかんの木を植えているほどです。
友達からアゲハチョウの幼虫をパセリの鉢ごともらったがすぐに食べ尽くしてしまったので、近所のスーパーに産地表示がしてあるパセリを買いにいった。
それを与えるとその日の夕方から次の日にかけて全部の幼虫が死んだ。びっくりして保健所に野菜の安全性はどうなっているのか電話して聞いたが、人間と虫とは違うというばかりだった。
もうパセリを食べることはやめた」
といったものです。いやーびっくりしました。こんな誤解を招きかねない投書を載せてしまう新聞社にあきれました。私としては専門家の反論が載ることを期待していましたがそれはなかったです。
農家やJAが反論しても信用されにくいでしょうし…。一生懸命飾りでなくちゃんと食べてもらうようにしている努力がこんなことで一瞬のうちに吹き飛んでしまうなあ。

239 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/13(火) 22:12
パセリの件について、次のようなことは考えられないでしょうか。・スーパーで買ってきたパセリには、チョウの幼虫を殺せるくらいの農薬が残留していた。
・パセリの残留量は人体には影響がない程度であった。
・したがって、パセリを食べた幼虫は死んだが、人間にとっては無害であった。
残留していた農薬が残効性が高く、人体に影響が少ない農薬であれば、このような現象は起こりえると思います。
(そういう農薬があるかどうかわかりませんが。)
テレビ朝日に抗議したほうがいいのかなあ。

240 名前: YON 投稿日:2002/08/13(火) 22:29
ちょっと混乱があるようですので補足説明。
死因の議論に絡んでくるものではありませんが。

食草は、

アゲハチョウ:ほとんどミカン科(サンショウ、ミカンなど)
キアゲハ:ほとんどセリ科(ニンジン、パセリ、セロリなど)

です。
したがって、「アゲハチョウの幼虫はパセリを食べますよ」
と言ってしまうと、おそらくは誤まりです。>>238
また、テレビの投書も、最初は株ごとパセリを食べていた
ということで、アゲハチョウではなくキアゲハだと思われます。

241 名前: 名なし君 投稿日:2002/08/14(水) 00:57
チョウはアゲハチョウなんですか?。

私の思い浮かぶチョウはモン白チョウしかありませんでした、なにしろモンシロやモンキイロは草、アゲハは樹の葉を食すしかしりませんでした。

キアゲハだとすれば、パセリ主食でBT剤散布が残留なら問題なしとの結論にもいたりますよね。


242 名前: なんのそのまり 投稿日:2002/08/14(水) 03:11
私は、元蝶マニアですが、>240の推測が正しいです。
いわいるアゲハチョウは、パセリは食べません。
パセリにアゲハチョウなら餓死です。
有機栽培、減農薬栽培ではBT剤散布されている可能性はあり
ます。これは、いわいる芋虫には、化学農薬同等以上に効き
ます。BT剤は、一応安全ということですから、もしキアゲハ
がパセリを食べ、卒倒死しても、人間には影響ないわけです。
チョウの幼虫が、死ぬ場合、こういうケースあるでしょう。
モンシロチョウもパセリは食べません。化学農薬が残留で問題に
なれば、BT剤の散布が多くなるでしょう。
BT剤も界面活性剤などは、入っています。濃い濃度だったり、
多用はyはり問題です。


243 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/14(水) 07:52
モンシロチョウはアブラナ科の植物しか食べないはずです。
あと、>>241>>242の通り、BT剤ならチョウが死んで人間なら大丈夫というのはありえそうですね。
BT剤の残効性、人間への毒性(全くないとはいえない)にもよるでしょうが。

244 名前: パセリっ子 投稿日:2002/08/14(水) 08:38
自分でも調べましたが、やはりパセリを食べるのはキアゲハの間違いでした。ご指摘ありがとうございました。

245 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/14(水) 10:13
 いろいろ情報ありがとうございます>みなさま(*^-゜)v

 総合すると餓死とかそういうんじゃなくて、市販のパセリを食べさせたら
アゲハ(キアゲハ?)が死んじゃったことは確かな話ですね。

 原因はなにかですが、鉢植えと、収穫後数日立っているから鮮度の違いかもしれないですし、
収穫物を洗うのに塩素系のものを使ったからかもしれないし、調べないとわからないですね。
直感的には鮮度が怪しいような気もしますが、よく知らないのでわかりません。
農薬会社はたくさんの虫を飼っていますが、生きた餌しか食べない虫はいっぱいいますし。

 農薬の可能性もありますね。どれぐらいなら影響があるかは薬剤によって異なりますが、
強い薬剤なら0.001ppmでも死ぬことも含めて作用がでることもありますね。
残留農薬基準は人体への影響で決められているので、この基準以下でも虫が死ぬことは
ありますね。
有機栽培などでBT剤を使っていれば最もこういう事故が起こりやすいような。

 なんにしても虫と人間の間の選択毒性を全く無視した話で全然科学的ではないですよね。

246 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/14(水) 23:02
アファームなどの効果の高い薬剤なら登録濃度の1/100くらいの希釈液につけた葉を食べさせても
虫が死ぬことがあるそうです。
ですから、BT剤やIGRなど選択毒性が高い薬剤なら虫が死んで人間は大丈夫というのも珍しくはないのかもしれません。

247 名前: なんのそのまり 投稿日:2002/08/14(水) 23:52
小学生の理科で、モンシロチョウの幼虫を飼育するさい
食草はアブラナ科ならいいのですが、無農薬栽培、有機
栽培だからといってキャベツ、ブロッコリー、チンゲン
サイなど与えると幼虫が死ぬ場合があります。
BT剤が散布されている可能性があります。

248 名前: haru 投稿日:2002/09/09(月) 00:39
こちらの住民の皆さんには、はじめまして。
こちらには当HPの農業匿名掲示板もリンクしてもらってるharuと申します。

ここでも無登録農薬問題などで活発な議論が繰り広げられていますが、
この問題は実に頭の痛い問題になると思います。
昨今の「食の安全」への消費者のリアクション、報道のあり方を
見ていると、どーも「農薬=毒」への固定観念が広がると思うんですね。

農水省もBSE以来、「リスクコミニュケーション」などと言い始めま
したが、この問題は確実に動くべきなのに、未だ動かず・・・
(全然懲りてない!ウスノロ・鈍感・まぬけ!と農水には言っておきたい)

で、思うんですが、リスクコミニュケーションを誰かがやらなければ
ヤバイのでは?
しかも、消費者・生産者双方に分かりやすく理解を求め、時には啓蒙
しなくてはならないという実に難儀なことでもあるでしょう。

私は専門的な知識は無いド素人なので、どうすればいいのかは、
分かりません。お知恵拝借というか、妙案はないものでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2572/

249 名前: 草屋 投稿日:2002/09/09(月) 21:16
注;宣伝ではありません
竹松哲夫先生の「草取りをなくした男の物語」かなり読み応えがあります(全620ページ)が、読破しました。涙もんですね。
我々は、このような偉大な先人のおかげでサラリーマンができているんだと、心から思います。
我々の世代は後生に何が残せるのか、真剣に考えさせられます。
プロジェクトXもんですよ。これは。

250 名前: 寅ちゃん 投稿日:2002/09/11(水) 11:04
その本に興味があります。出版社教えて下さい。

251 名前: 草屋 投稿日:2002/09/12(木) 08:05
>>249
裏表紙に記載されていた連絡先を転記します。
「ー世界の田畑からー草取りをなくした男の物語」全国農村教育協会
Tel;03-3833-1821
HP;http:/www.zennokyo.co.jp
E-Mail;hon@zennnokyo.co.jp

252 名前: とおりすがり 投稿日:2002/10/10(木) 19:47
http://club.pep.ne.jp/~yyamazaki/Wtreatment.htm

こんなものを見つけました。
二日続けてゴルフをした人が農薬の吸い過ぎで死亡って・・・
だとしたらキャディーさんの死亡者続出なんてニュースが
流れてるでしょうに(^^;

253 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/10/10(木) 22:25
>>252
このHPの作者は、催眠だの瞑想だのやってて怪しそうですね。

254 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/12(土) 12:52
オ-ムか?

255 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/10/15(火) 22:41
マイボイスコム(株)のアンケートによると、食の安全性に不安を感じる点は、添加物、残留農薬、BSEの順だとのこと。
やはり、中国野菜や無登録農薬の問題が絡んでいるのでしょうか。
と思ったら、アンケートの実施時期は7月なので、無登録農薬は関係ないですね。それでもBSEより上とは・・・。
http://www.myvoice.co.jp/voice/enquete/4802/index.html

256 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/08(金) 00:30
今日の「どっちの料理ショー」の特選素材コーナーで
出てきていたショウガ栽培農家の話。
畑に入ろうとする撮影スタッフを制して曰く、
「あなたの靴には菌がついている。ここは無農薬有機農法で
やっているから履き替えてくれ」とのこと。
ショウガにつく病害(疫病やさびか?)は何かは
存じませんが、実験室や無菌室ならともかく、
解放系で農業をやっていて余所の土を踏んだ靴で入ると
菌が入るから・・・って、どうよ?って発言でした。

周囲の風景は詳しく見ていませんでしたが、解放系で
周りにも田畑があるであろう環境で、病害虫の発生を
そんなことで防げるわけはないだろうし、そんな「こだわり」に
感心する出演者や視聴者ってどうよ?って思うのですが、
これって意味の有る「こだわり」なのでしょうか?

257 名前: ★たてき 投稿日:2002/11/08(金) 01:05
>>256
 意味がないということはないと思いますよ。
病害防除の方法のひとつとしてよその土を持ち込まないとかはあります。
その農家のそのこだわりが必要かどうかは知りませんが、あながち
ナンセンスと言い切れるかどうかはなんとも言えませんよ。

258 名前: 通りすがり 投稿日:2002/11/08(金) 01:34
>>257

どういう状況下わかりませんが、気持ちはわかりますね。
ただ効果はともかく、「耕種的防除」とも言えるのでは
ないでしょうか。こだわりというより、若干の科学的根拠
はあるとおもいますが、、、開放系であっても風邪の人に
は近ずかないほうがいいでしょう?



259 名前: スーさん 投稿日:2002/11/08(金) 07:31
>>256
ショウガはどうかわかりませんが、ハクサイの場合持ち込まれた少量の土でネコブ病が感染性します。
収穫のために圃場にいれたトラックのタイヤから感染した例をきいたことがあります。耕耘する圃場を換える度にトラクタを洗車する農家もいます。
土以外では、タバコモザイクウィルスがうつるという理由で、ハウス内でたばこを吸わせないトマト農家はかなりいると思います。


260 名前: いんせ 投稿日:2002/11/08(金) 09:10
>>256
 ショウガの土壌伝染性病害といえば『根茎腐敗病(こんけいふはいびょう)』ですね。
 土壌伝染性病害が発生した場合、土壌消毒しなければ連作は困難です。
 この病害の土壌消毒の効果が一番高い農薬が臭化メチルなわけですが、もうすぐ使えなくなるし、クロピクやダゾメット等の代替剤の
効果はやや劣るみたいですし。。。
 高知県のショウガの産地が縮小していったのは、根茎腐敗病を抑える臭化メチルが使えなくなってきたためというのは、有名な話。。。
 これを考えると、無農薬栽培しているショウガ農家が、靴を履き替えろと言うのは当然でしょうし、無農薬栽培は、そういった努力(注意力かな?)
がなければできないと思います。
 ※参考HP↓
http://wenarc.naro.affrc.go.jp/skk/seika/H11/skk99035.htm


 
 

261 名前: 256 投稿日:2002/11/09(土) 01:58
みなさま、レスありがとうございます。
解放系→開放系、つうのは御愛嬌ということで(汗

この件に関しては、ハウス内でタバコに触るとタバコの
中にコンタミしているTMVをばらまく危険があるから禁煙、
というのと同じ話ということでいいのですね。
ひとつ賢くなりました(笑)。


262 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/04(水) 22:26
>>38
ちなみにGoogleで「農薬」と入れて1番目に出てくるのは、この掲示板の
トップページである「農薬ネット」です。
40万のうち1位ですよ。すごい。

263 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/04(水) 22:27
Gooでは、1番は農薬ネットですが、Googleでは、1番
は、日本農薬でした。

トップページには、とべないので、Googleのから掲示版を
検索すればとべます。

264 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/04(水) 22:27
Googleでも一番上ですよ。説明文がないかくて小さいから目立たないんです。

265 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/04(水) 22:28
>Googleの農薬検索では、1番は日本農薬がでてますが、、、、
たてきさんの補足になりますが、Googleの画面上で、日本農薬の上に「nouyaku.net」とあるのが農薬ネットです。

266 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/04(水) 22:31
 一部ログ移転しました。

267 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/04(水) 23:35
263です。ほんとだ、、、、見えなかった。
Googleでも1番だ。すごい!!!
検索サイトは、Googleが最強と信じているので、、
勘違いってあるんですね。

268 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/05(木) 00:40
 一時期,googleでも「農薬ネット」として説明文付きで
一番上だったんですけどね。なぜか説明文はなくなってしまいました。
GoogleのどういうHPが上に来るのかの基準はよくわかんないです。
もう一つの大検索エンジンであるYAHOOでも上の方に来ます。
YAHOOに登録されるには結構苦労します。

269 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/05(木) 01:50
Googleは、一番使う検索ですが、他のものを引いても大体
重要なものが上にきますね。たぶんコンピューターで、全
世界のサイトをチェツクしてますね。アクセス頻度でしょ
うか。どこかの国の諜報機関は、全世界にメールなどチェ
ックし、テロ、オ○○ディ○ディン、、、、なんていうの
があるとすぐわかるそうですね。
しかし、今、インターネットによって、ほんとうに安く、
気軽に情報がとれるんですね。改めて、この部分では、い
い世の中になりましたね。


270 名前: AI 投稿日:2002/12/05(木) 09:00
Googleで「日本語ページ」で検索すると、日本農薬が一番目、
農薬掲示板が10番目になってますな。19万件中で。
で、web全体から検索すると、確かに農薬ネットが一番です。
うーん。疑問解消してすっきりした!(^.^)

271 名前: KIM 投稿日:2002/12/05(木) 09:12
googleは、当該ページに対するリンクの数をカウントし、ランクを決めてます。
また重要度の高いページからのリンクしているページは、ランク付けがあがります。

つまり農薬検査所よりもアテにされてるって事ですね(〜〜;

272 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/06(金) 01:32
http://www.tanabe-shokuhin.co.jp/aosiru/kenkoutoaosiru/bunya/nouyaku/nouyaku.html
 商売のためなら何でもありやな(^_^;)

273 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/06(金) 01:43
>272 ホリドールなんてずいぶん古い話ですね。
これで、農薬は「こわい」といわれてもこまりますね。
まいった。


274 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 22:51
>>272
こんな古いものを読んでも、「今でもこんなに農薬はこわいんだ」って思う人がいるんでしょうね。

275 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/19(木) 01:01
http://www.asahi.com/international/update/1217/011.html
「太ったのはハンバーガーのせい」米でマック訴えられる

 もうどうしようもないね。食って言うものはいったい何なのかという
根本を問われているような気がする。くだらないけどいったいどうなることやら。

276 名前: いなかの略 投稿日:2002/12/19(木) 05:11
>>272
このサイトの記事の中に、
「農薬は一切使わず・・・」の中で堆肥の値段が10,000/トンで安い、
とありますが、堆肥の場合その年に肥効をアテにできる窒素量は1kg/トン
あるかどうか、というところなので仮に10トン/10a施用するならば肥料代
だけで10万円、化学肥料の10〜20倍となってとても安いとは思えません。

277 名前: STN 投稿日:2002/12/19(木) 07:49
アメリカの訴訟にはあきれますね。
まずは自分の責任でしょう。
賠償金取られたメーカーなどは、賠償金払った後に、払った相手を
訴えてみたら!?
危険の可能性を全て消去していったら車にも乗れん。

278 名前: イロハニホ、、、 投稿日:2002/12/23(月) 23:27
>275よく読むと面白いですね。
確かに、米国に行くと、ものすごい肥満の人がいますね。
肥満は、医療費の出費、飛行機、車の燃料費の出費、酸素
もいっぱい吸っているでしょうから、米国社会にとっては
大きな問題なのでしょうね。
この訴訟も「肥満」に世間の目を注目させるという点で大
きな意味があるかもしれません。
とにかく米国人は、コーラも糖分が多いし、10時3時の
おやつに甘いお菓子食べますよね。
「肥満」という社会問題に警鐘を鳴らしたということかも
しれません。訴訟に勝つ確率は低いでしょうから。
タバコでは、訴訟で100億円ぐらいとった個人もいるよう
なので、米国の裁判は興味深いですね。


279 名前: イロハニホ 投稿日:2003/01/11(土) 15:58
農水のプレスリリースによれば、
平成12年に発生した農作業死亡事故は406件と前年に比べ25件増加
した。これは、ほ場内における機械の転落・転倒による事故が15件、機
械・施設以外の作業に係る火・熱による事故が10件と増加したことが大きい。
交通事故死は、ピークの半分まで減ったそうですが、これは素直に政府、
警察に感謝したいですね。しかし農作業死亡事故は、増加。これは農家の
高齢化のためでしょうか?
草刈機などで、怪我をする方はさらに多いでしょうから、これからこの問題
大きくなるでしょうね。農薬の自殺以外の誤飲や散布中の事故死はずいぶん
減っているのではないでしょうか。毒劇物が減ったことも理由のひとつで
しょう。だから農薬が安全なんて、全く思っていませんが、除草剤より草刈
機がこれからの高齢化農業はたして安全でしょうか?

280 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/12(日) 00:52
私も、見た目にもあの先端が鋭利な電動草刈機怖いですね。
とても動かせないですね。
石ころもはねて目にはいったらいやですね。
除草剤のほうがいい。
でも除草剤の散布後も赤茶けて見苦しい。
やはり抑草剤みたいのがいいんでしょうね。

281 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/12(日) 11:31
日本農業新聞HPによれば以下です。
農作業事故死25件増 
2000年 8割が60歳以上
 二〇〇〇年の農作業の死亡事故が前年より二十五件多い四百六件
に上ることが十日、農水省の調査で明らかとなった。この十年間で
は、一九九四年の四百九件に次ぐ。ほ場の出入りの際に農機が転落
・転倒したり、稲わら焼却中に火にまかれるなどの事故が増加。特
に六十歳以上の事故が前年より二十件も多い三百十七件で、全体の
78%を占めた。農家の高齢化の実情をあらためて浮き彫りにした。



282 名前: ★たてき 投稿日:2003/01/13(月) 21:32
この掲示板のアクセスカウンターが10万になりましたな。
記念すべき10万は私が踏みました、すんません(^_^;)

283 名前: 寅ちゃん 投稿日:2003/01/21(火) 10:58
先程徹夜ついでに「雑談するスレッド」を読んでいました。例の
石鹸とか合成洗剤にかんする?スレッドです。大分昔のスレ
ですけど、いやーネットの怖さっていうか、なんていうか...
ああいう書き込みするひとを「アラシ」と呼ぶのですかね?
ほんとこの掲示板はたてきさんがうまーい具合に運営されている
んだなーとかんじました。このスレを読んでみて、Kimさんが
言ってたこともなんとなく理解できましたね。一方でネットの
どろどろした部分も大きく印象に残りましたけどね。
たてきさんはおそらく義務とかじゃあなくて好きでこういう
掲示板を運営されてて、人々に農薬に関する正しい知識を
普及させようとしていらっしゃるんだろうと思います。
いやー、まったく頭が下がりますよーほんと。色々御苦労や
面倒もあったでしょう。しかし、ここまでやってこれたその
モチベーションとは一体なんなのでしょうか?このHPが会社に
認められるのにもきっと一苦労あったでしょうし、何がたてきさんを
ここまでもっていったのでしょうかね?

284 名前: ★たてき 投稿日:2003/01/24(金) 00:28
>>283
 あのスレは今読み返してもおもしろいですね。だいぶ「あぼーん」しちゃったし、
もう一つあった「りりぃは無視しましょう」というスレ(これはスレごと消しました)と
同時進行だったのでそちらも読めればさらに興味は増すでしょうけど、ログはもう残っていません。

 りりぃさんは別の掲示板でも同様の言い合いがあり、そのことにより
裁判で争っているようです。その掲示板なども今は残っていませんけど。
対応を誤るとそういった係争にも巻き込まれることもあるってことです。
私は対応を誤ることはないですけどね(^^ゞ
 相手をあらしにするかどうかは相手の最初の書き込みへの最初のレスで
決まることがほとんどです。最初にちゃんと誠実に対応すればどんな人でも
むげに荒そうとはしないものです。掲示板運営ではそういう気持ちが大切ですね。

 また、世の中にはきれいなものも汚いものもあるんですから、そんな中から
きれいなものだけを取り込もうとしてもうまくいかないのは自明です。
それに美しい海も池の鯉にとっては毒水以外の何物でもないし、汚いどぶ川も
そこに生える水草にとっては天国です。きれいか汚いかを自分の価値観で判断していては
オープンな掲示板を作ることは出来ないものなんですね。

285 名前: Meretrix 投稿日:2003/01/24(金) 07:24
たてきさん、おはようございます。

見た目だけの美しさやイメージで膨らませた虚像に対して
価値が生まれることもありますね。海外生活の経験から、
日本の果物の値段がベラボーであるのが不思議でなりません。

見かけをよくしないと(よい値段で)売れないという話を
よく聞きますが、これは生産、流通、消費の三者のどの
部分で支配的なのでしょうか。このことには強いフィード
バックがかかっているのは間違いないでしょう。消費者が
自ら裸の王様になっているのか、祭りたてられているのか、
ということですが。

農薬とその問題の歴史を調べていて、デンマークでの取り組み
の記事を見つけました。このように農薬を賢く使うことに、
関係者の利害をうまく調節しようと努力する農業・環境政策を
役人支配の強いどこかの国でも、まねて欲しいものです。
(これには本当のリーダーシップが必要でしょう。)
http://www.ecocouncil.dk/arkiv/2002/020900_pesticider.pdf


286 名前: ★たてき 投稿日:2003/01/25(土) 01:09
>>278
 マクド裁判の顛末
http://www.asahi.com/international/update/0123/008.html
 アメリカ司法にも最低限の常識はあったようです。

287 名前: 寅ちゃん 投稿日:2003/01/29(水) 06:28
今夜もまた徹夜です。今朝プレゼンがあるのでその準備に
追われています。こんな生活とも後少しでおさらばですが、
暇になればなるでまた忙し飼ったときを懐かしんだりする
のでしょう。
そういうわけで、休憩がてらたてきさんのコラムを読んで
いました。99/3/26の「うんこを踏むひと」、サイコーです。
わたしも思わず一人きりの部屋の中で爆笑してしまいました。
爆笑を必死で我慢するのってつらいですよね.....(笑)。
わたしもウンコを踏むほどではないですが、昔、大学の
指導教官(当時60歳のおじいちゃん)がわたしを指導して
くれていた時におもむろにタバコを吸おうとしていました。
そこまでは普通の話なのですが、ふっと教授の方を見ると
タバコを逆さまに、つまりフィルターの方に火をつけようと
していました。本人はその状態いつまでもわたしにニコニコして
しゃべりかけていたので、笑いをこらえるのが必死でした。
一端退出してから戻ってきたら、やっぱりフィルターがこげた
タバコが灰皿の中にころがっていたのはいうまでもありません(笑)。

288 名前: 寅ちゃん 投稿日:2003/01/29(水) 06:31
あっ そうそう、たてきさんのコラムはたびたび読んでいますので
また、かいて下さいね。

289 名前: ★たてき 投稿日:2003/02/02(日) 00:19
 ポテチのアクリルアミド問題、逆説でました。
http://www.biotoday.com/cgi-bin/biodatabase/database.cgi?cmd=dp&Tfile=Data&UserNum=&Pass=&AdminPass=&num=756
まだまだ話題は続きそうです。

>>287
 たてきコラムはまた再開しますのでよろしく。
あのときのおばちゃんの顔は今でも忘れない・・・

290 名前: 寅ちゃん 投稿日:2003/02/02(日) 20:28
昔、焼き肉などのコゲたものを食べるとガンになりやすいという
デマがながれたことがありましたよね。結局、あとから問題
ないってことに科学上はなったんですけど、いかんせん、この
ニュースがひとり歩きしてしまって、いまだに消費者には
肉が焦げたもののなかには発ガン物質が含まれると思い込んでいる
方が多数いるように思います。その騒ぎと同じ感じがしますね。

291 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/02(日) 21:00
横浜国大の中西準子教授のホームページを見ていたらおもしろい
こと書いてありました。
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak201_205.html#zakkan205
絶対安全ということで、イラクや北朝鮮問題と環境ホルモン、ダイオキシン
といった問題にいわいるリベラル派の人間やマスコミの対応が逆になっている
というようなことです。

292 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/03(月) 00:00
http://2style.net/maido/R3_temp.swf?inputStr=%94_%96%F2%8Cf%8E%A6%94%C2%82%F0%90%B7%82%E8%8F%E3%82%B0%82%EB%81I

 ↑あまりにもおもろかったので乗せときます。アクセスしてね。

293 名前: Dioxin 投稿日:2003/03/03(月) 07:59
まだ読んでいませんが下の本が出版されたようです。

ダイオキシン―神話の終焉  シリーズ・地球と人間の環境を
考える 渡辺 正, 林 俊郎 (著)日本評論社;ISBN: 4535048223
(2003/01)

10年前に出版されたToxic Terror: The Truth Behind the
Cancer Scares by Elizabeth M. Whelan という本で
ダイオキシンが怖いというのが迷信であると言われています。
この著者はタバコを目の敵にしていて、発ガンのリスクが
農薬やダイオキシンよりもはるかに大きいのに、マスコミと
環境運動家たちが情報をでっち上げて恐怖をあおりたてている
と強く非難しています。

この本はその後日本語に翻訳され「創られた恐怖―発ガン性の検証

という日本語の題で出版されました。これを受け売りして解説した
(総合)雑誌記事をみたこともありますが、その後ダイオキシン
騒ぎは高まる一方でした。科学的に検証され、論説が出されて
いても、それを蹴飛ばすようにマスコミが騒ぐのは何故でしょう。

294 名前: いんせ 投稿日:2003/03/04(火) 16:22
>>292
 ゜▽゜*)ノ彡☆キャハハ!!(*_ _)ノ彡☆バンバン!!
 でも、職場からアクセスしたんで、周りの人から一瞬見られてしました。
音を消しとけば良かった。

295 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/04(火) 22:05
>>294
 そういえば音が発生するからご注意を!って書くの忘れてた(^_^;)

 日曜ぐらいから体調を崩してまして、頭が回りません。
掲示板へのカキコやメールの返信が遅いことご容赦ください>all

296 名前: AI 投稿日:2003/03/05(水) 23:27
あーびっくりした。
たてき様、292でご紹介のページを覗いて見ました。
予想を裏切って、かなりのボリュームですね。
飛び上がりそうになってしまいました(ノミの心臓…(^^ゞ)。
そしてそのあと、じわじわとおかしさがこみ上げて来ました。

御覧になる方は、ボリュームを絞り気味にした方が宜しいかと。

また面白サイト等ありましたら御紹介お願いします。

297 名前: 自分で作成できるんですよ 投稿日:2003/03/05(水) 23:46
http://2style.net/maido/R3_temp.swf?inputStr=%94_%96%F2%8Cf%8E%A6%94%C2%82%D6%82%E6%82%A4%82%B1%82%BB%81I

音が出ます!注意。

URL前半部(maido/まで)のページへどうぞ。
「ルパンIII世風タイトルメーカー」ってのがそれです
関係ないのでsage

298 名前: なんだかな 投稿日:2003/03/06(木) 19:44
http://www.global-clean.com/index.html

除草剤関係で変なもの見つけました。これを書いた人は理学博士だそうですが
何が専門なのでしょう。少なくとも生物学や化学の知識は薄そうですが。。。


299 名前: tea-farm 投稿日:2003/03/06(木) 20:53
>>298

このページですが、あまりにヒドい提灯記事ですね。
枝葉ですが、同じサイトのの石けんのページもトンでもない。

元界面活性剤屋としてひとこと。
牛脂の組成と硬化牛脂のを混同してるし、ココナッツ油なんて質の悪い物しか
無いのに、これがいいと・・・。
世の中の非食用油脂/脂肪酸の殆どはパーム油(ヤシ油ですが、ココナッツではない)
か大豆油ですので、誤解のない様に。
皮膚に残るのは、ナトリウムでは無く、殆どがカルシウム石けんです。
#肌が突っ張るとか、髪がキシむのはカルシウム石けんの仕業。

石油系界面活性剤とかの話も出てますが、石けんと比べてどちらがいいかは、好みです
ので、言及しません。
除草剤に触れられなかった・・・。(ゴメンナサイ)

それにしても、売るためには何でもやりますね。

300 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/06(木) 23:48
>>298
 こういうのを見ているとこの国には言論の自由を制限する必要があると
思わざるを得なくなってしまいますね。
どなたかこの人をこの掲示板に召喚してもらえないでしょうか。
直接対決で雌雄を決するしかないような・・・

301 名前: はっはっは〜 投稿日:2003/03/07(金) 01:51
>>298
すごいね(笑)。生物原子転換装置(298,000円)って、誰が買うの?
だいたい、理学博士だったら、普通はどこで学位をとったかも書く
よね。インチキの臭いがプンプンしますね。

そう考えると結構傑作なお笑い系HPですね。でも、知らないで買い
そうな人もいそうだから、野放しには出来ませんね。

302 名前: のこのこ 投稿日:2003/03/07(金) 18:22
>>298
除草剤の毒性は殺虫剤の50万倍、食品添加物の300万倍という
記述は、どういった比較をしたのか?不思議だったのですが、
読み進むうちに出てきた、ダイオキシンに関する記述で

「…分析検査によるものではありません。Oリングテストによるものです。」

というところで、なるほどぉ。と納得しました。
疑似科学だと、どんな対象でも明快な結論が出せますね〜。

しかし 殺虫剤は食品添加物の6倍の毒性 っていうのも凄い。
好きな食物なら一般の6倍量くらいなら食べちゃうかも(^^;)


303 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/03/07(金) 23:59
>>298
実は私、2年位前にこのHPの話題をここの掲示板に載せたことがありました。
そのとき、たてきさんはここの資料を入手したように記憶しているのですが、
まだありますか。
ちなみに、ここが出しているメルマガも結構笑えますよ。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000064630
「世界で初めての生物原子転換誘導装置が完成しました」って、何のこっちゃ?
まさに環境をメタにした詐欺師としか言いようがありません。
もしよろしければ、私が召還いたしましょうか。
といっても、最近異動により帰りが遅くなり、前ほどここに来られなくなりそうなのですが。

304 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/03/08(土) 13:01
>>303
とりあえず、グローバルクリーン社に以下のようなメールを出しました。
株式会社 グローバルクリーン 御中
初めまして。突然のメールで失礼いたします。
私は農薬関連業界の者ですが、御社の除草剤に関係する
考え方について、お聞きしたい点があります。
御社のホームページによりますと、除草剤の遅発性の毒性は、
殺虫剤の50万倍、食品添加物の300万倍近いとのことですが、
その根拠はいかなるのもでしょうか。
農薬は殺虫剤、除草剤などにかかわらず、急性、慢性などさまざまな
毒性試験に合格して初めて農水省の登録を取得できることはご存知の
ことと思います。ですから、安全性に関しては、一定の保証があるものしか
農薬として使うことはできません。また、殺虫剤では毒劇物取締法上の
毒物や劇物に相当するものがかなりありますが、除草剤ではパラコート
などわずかな例を除き、普通物がほとんどです。そもそも殺虫剤も
除草剤も日本で使われているものだけで100種以上もあり、毒性も
さまざまですので、どちらが毒性が強いかは一概に言うことはできません。
雑草に殺虫剤をかけても枯れないが、除草剤なら枯れる。だから
除草剤の方が毒性が強いという話ですが、これにも疑問点があります。
農薬の登録のための試験の中には、薬害試験も含まれています。
植物にかけるだけで枯れてしまうような物質を殺虫剤として使うと、
当然作物に対し薬害が生じるので、登録を取得することはできません。
一方、除草剤は草を枯らすための農薬であり、枯れるのは当然の
ことです。
また、御社では除草剤にはダイオキシンが含まれているので猛毒だと
おっしゃっているように思われます。以前使用されていたPCP、CNPといった
除草剤には不純物としてダイオキシンが含まれていたのは確かですが、
その他ほとんどの除草剤にはダイオキシンは含まれておりません。
御社がなぜ除草剤を猛毒と考えているのか、非常に興味があります。
できましたら、除草剤に関する御社の考え方を教えていただければ幸いです。
さて、農薬に関するインターネット掲示板として、「農薬掲示板」
http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/nouyaku/index2.html
があります。ここには農家の方、一般消費者の方、農薬メ−カーや
流通業者の方など、農薬に関心のある方々が熱心に書き込みをしております。
中には農薬に批判的な方も議論に参加しております。
私に直接メールでご回答いただいてもよいのですが、できればこちらの
掲示板に書き込みをしていただくことを強く希望いたします。
この掲示板なら、御社の考え方について、いろいろな方と議論ができることと
思います。
以上、不躾なお願い失礼いたしました。

305 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/08(土) 23:58
>>304
 すごすぎ。ちょっと感動しました。
直接対決できれば面白そうだけどな・・・・
2年前の話思い出しました。よく覚えてますね〜。
資料請求してもらったはずなので探します。


306 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/03/09(日) 22:24
>>305
実はこの話が農薬掲示板のデビューだったので、よく覚えています。
今のところ、先方からの反応はありません。
明日は月曜日だから、反応があるかもしれませんが。

307 名前: あら298 投稿日:2003/03/10(月) 12:30
すでにここでは一度紹介されたサイトだったんですね。
失礼しました、魚毒性Bsさん。

>>304に対する反応楽しみにしています。

308 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/03/10(月) 22:59
>>307
グローバル・クリーンから反応がありました。

メールありがとうございました。
除草剤の毒性については急性毒性ではなく、20年、30年後に現れる遅発性の毒性に
ついてOリングテストで測定しています。除草剤には禁止されているダイオキシン類は使用
されていなくても草を枯らす未知の化学物質が使用されています。検出不可能です。
現在の除草剤が人間にどのような毒性があるかは人間の本性が感知する能力があるものです。
除草剤の恐ろしさを訴えている人はたくさんいます。例え少しの人が言っていること
でもそこに何か真実があると思いませんか。簡単な資料ですが取り寄せてお読み下さい。
資料請求は http://www.global-clean.com/html/siryo-seikyuu.html
相変わらず訳わかりませんね。
とりあえず、農薬掲示板に来るように返事します。

309 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/10(月) 23:49
>>308
 すごいですね(^_^;)
人間開き直ればなんでもできるし言えるんだな・・・
やっぱ、何らかの規制が必要ですね。

310 名前: うーむ298 投稿日:2003/03/11(火) 09:05
>>308
訳分かりませんね。まるでいいかげんな新興宗教の言い分のような。
「定説ですから」なんて言い出さなければいいですが。
そこに科学性など必要ないのでしょうね。

311 名前: ばなおじ 投稿日:2003/03/12(水) 13:52
しばらく出張+多忙でこの掲示板ご無沙汰しておりました。
ばなおじです。生きています。笑)

さて、>>308にある「Oリングテスト」とは「オーリングテスト」のこと
だと了解しますが、、、。もし、そうだとすると、患者が親指と中指?で丸を作り、
検者がそのリングを引っ張り指の離れ具合をみて診断する、、ということになります。
このオーリングテストは、我々ガン患者の間でも一度は出てくる話しです。西洋医学
の限界を逆手にとったもので、少なくとも科学的データ(いわゆる統計的なデータ)に
基づいた治療法ではありません。統計的データは無意味と言われてしまえばそれまでで、
中にはオーリングテストで病気が発見されたetcという人もいるらしく、完全に
オーリングテストを否定しきれないところが、先方の強みと言ったところでしょう。
あとは、患者として信用に足るかどうかの問題です。
しかし、オーリングテストがこの分野にまで顔をだしているのかと思うとビツクリです。






312 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/13(木) 21:52
話題にちょっと便乗して。
3月10日は過ぎましたけど、こういうホームページはまだあるんですね。
紹介文の書き方だけでも、どなたか注意してあげた方がよいような・・

http://www008.upp.so-net.ne.jp/colourchemical/

313 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/03/13(木) 22:35
>>312
>セルコートの原材料は、医薬品に使っているセルローズのオブラートです。
>日本薬局HPMC2910規格品です。農林水産省 特定農薬届出済です。
>日常、医薬品や食品に使用され、私達が口にしているものですから全く無害です。
まあ、確かに無害でしょうが、「特定農薬届出済」には何の意味もないでしょうね。
ずいぶんいろいろ調べていることは認めますが、農薬取締法をきちんと読んでいただきたい。

314 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/13(木) 22:51
 それにしても特定農薬届け出済みとは・・・・・
だから特定農薬なんかやめとけって農薬ネットでは口すっぱく言ってましたが
予想通り悪徳業者の食い物になり始めましたね。

315 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/16(日) 03:43
↓これって、特許とか商標登録とか一杯書いてあるけど、
 農薬登録のことは載ってない。農薬登録は必要ないんですか?
 (初めて来た素人です。こんな質問、ここの書き込みでもいいでしょうか?)

http://www.h-greenkousan.co.jp/
 

316 名前: AtoZ 投稿日:2003/03/16(日) 10:41

これは「生物農薬」の範疇で
「農薬」となるべき資材だと思います。

当然、販売・使用するには農薬登録が必須です。

書いてある範囲内で判断すれば
「現在開発中」ということですし、
たぶん
今後、日本植物防疫協会の新農薬試験に申請し
6ヶ所2年以上の試験で有効で薬害なしの判定をとり
その他、定められた用件をクリアして
登録を取得していかれるのではないでしょうか?

「大日本インキ」と協力される方向のようですが、
大日本インキはベフランとかベルクートという農薬を持っている会社ですから、
多分、ちゃんとしたルートでやっていくのだと思います。

「開発段階」の薬剤を大々的に紹介する例は少ないと思いますが、
この会社はベンチャーですからまあ仕方がないかと
医薬関係でも、ベンチャー企業のHPではこの程度のはよく見かけます。


317 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/17(月) 08:22
315です。AtoZさんありがとうございます。
今、販売されている場合は違法でしょうか。
また、それを買って畑に使用した場合はどうでしょうか。
農薬取締法改正後、その辺がよくわからないのですが・・・

318 名前: TJ 投稿日:2003/03/20(木) 09:42
>>315
あくまで個人的見解ですが、これはJAS法第4条の別表1に記載されている
「その他の肥料及び土壌改良資材」に相当すると思います。販売も使用も
違法にはならないでしょう。特定の病虫害に効くという事例もありません
ので、申請しても「特定農薬」の指定は無理でしょう。ベンチャー企業と
しては、大学との協同研究などまじめに取り組んでいます。

319 名前: AtoZ 投稿日:2003/03/20(木) 13:00
TJ(318)さんの指摘に基づき、再度かの企業のHPを精読しました。

ものはTrichoderma harzianumだそうで、これまで病原菌の拮抗菌の候補にも挙がっていた菌なのと、
「自らの産生する新規アミノ酸配列をもつ物質の働きにより、病害菌、バクテリア等の菌糸にコイリング。」
とあるので、てっきり
「病害防除効果」を謳っていると勘違いしていましたが、
病害防除効果については慎重にその表現は避けているようです。
そのため、TJさんの指摘の方が正しいように思います。

効果があるのかどうかの判断は分かりませんが、
「農薬」としての開発はしないようですね。

訂正してお詫びします。


320 名前: 水崎@樹木医 投稿日:2003/03/23(日) 23:59
トリコデルマってそんなに珍しい菌ではありません。
どこにでもいる菌ですから、敢えて散布する必要もないでしょう。

もっとも、農業や園芸のように生育条件を極限まで絞り込み、収量を追い求めるような場合は、
菌資材も有効なのかも知れません。
ただHPにあるように、緑化や造園の分野で使用しなければならない状況におかれた事は一度もありません。
むしろ、高い資材を入れたのに騙された、資材の分余分に植穴を掘ってバーク堆肥を混ぜてやれば良かったと思う事はしばしばある事ですが、、、


321 名前: むうみん 投稿日:2003/03/24(月) 08:54
初めて投稿させていただきます。農薬の知識の無い一主婦です。
専門の方々が討論されている場に割り込んで申し訳無いとは思ったのですが、
教えていただきたくて、失礼させていただきます。
植木の害虫の駆除のための農薬に変わるもっと安心できるものを探していたところ、
312にでてくるセルコートを見つけ、使ってみたいと思っていましたが、
この商品はあやしいのでしょうか?
314には「悪徳業者」とも書かれていますが、
知識が無いもので、そんなにあやしいという理由がわからないのです。
今年の虫が出る時期には早速試そうと思っていたところですので、
もし、悪徳業者だったら・・・と心配になってきました。
(いまだに農薬は恐いというイメージを持つ無知をお許し下さい)


322 名前: AtoZ 投稿日:2003/03/24(月) 12:53
320さん

まず、私は上記のアグロミックスなるトリコデルマ製剤が
何かに対して有効かどうかについてはしりません。
(HPの成績は見させていただきましたが)
特に肩を持つ気もありません。

おっしゃるようにトリコデルマ属菌はどこにでもいますね
培養実験なんかでは、下手をすると雑菌として侵入し、
泣かされることもあります。
青緑の粉を吹いていると泣きたくなりますね。
セルロース等が好きな菌で、椎茸栽培とか稲の苗床とかでは
害菌としても活躍します。
ベンレート剤を防除に使ってますね。

一方、植物病原菌に対して拮抗作用がある菌もいるので、
現に、1,2の菌は生物農薬として登録をとっているはずです。
上記の菌は、生物防除の研究報告の中で見たこともあります。
よくよく探すと、特に何らかの効果が高い特定の菌株があるのかもしれません。
こういうのは、菌株特異的な効果というのでしょう。

一方、320の方のおっしゃっているのは、
一般的にどこにでもいる通常のトリコデルマ属菌などの
一般的な作用に期待しようとする手法でしょう。
その場合は、おっしゃるように、
わざわざ外部から高い金を出して持ち込むことはないと思います。

問題は、上記の菌が、わざわざ大枚叩いて所期の効果をえるために購入して元が取れるかどうかだと思います。

興味のあるところです。


323 名前: AtoZ 投稿日:2003/03/24(月) 13:02
321さん

ものがオブラートなので、常識的には、それが毒物となる
可能性は極めて小さい(というか無い)と思います。

怪しいとか悪徳というのは以下の2点についてでしょう

(1)農薬取締法では、農薬の登録をとったもの以外は
防除効果を謳って販売してはいけないのに、
それを無視しているから
#特に、特定農薬については、
可能性のある資材について農水省がアンケートをとったのは、
何も「お墨付き」を与えたのでも、「有力候補である」
と考えてとった訳でもないのに、
素人をだますような手口で、
「特定農薬届けで済み」
(だから、おおよそ安全で効果もあろう?)
と売り込んでいる手口がまず「悪徳」である。

(2)効果が不明
今回特定農薬(特定防除資材)に取り上げられたのは、食酢とか重曹のように、安全であることが明白で、効果に対するデータもあるものです。
オブラートが特定防除資材に取り上げられなかったのは
「効果」に対するデータがなかったからではないでしょうか?
効果がはっきりしないのに、あるように謳うのもやはり「悪徳」と言わざるを得ません。

ちゃんと試験をして効果を確認すれば、
将来特定防除資材となるかもしれません。



324 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/24(月) 21:45
>>321
ぜひご参考までに。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/colourchemical/celltokusei.htm

>乾燥したフィルムは通気性があり、植物の呼吸に悪影響を及ぼしません。
>昆虫の呼吸は苦しくなり、消滅します。水の通気性は悪いです。

>セルコートのフィルム材料がコナジラミ、アブラムシ、コナガなどが寄り付かない性質があります。
>これは、フィルム材料からでる電磁波がこれら昆虫のセンサーに作用するからだと考えられます。


325 名前: AtoZ 投稿日:2003/03/25(火) 21:18
324で参考にしてくれといっている資材ですが、
(名無しさんしゃれかユーモアですか?)
いくつか疑問あり(上記サイトの内容をもとに)

・オブラートはでんぷんが主原料のはずですが、
 「セルローズ」が原料と書いてある。
 明らかに誤りと思うがどうか?

・「日本薬局方」 という規格はあるが、「日本薬局」というのはない。「日本薬局方」にはオブラートがあるが、
記載されている番号かどうか不明

・オブラートが電磁波を出すという説は理解不能

その他、種々疑問があって、ほとんど「トンデモ」の世界のように思う。
さらに、この会社の他の取り扱い資材についても、農薬取り締まり方から見て、逸脱しているものがある。

そのため、323ではやや婉曲に書きましたが、
ここであらためて、「悪徳業者」だと断言します。



326 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/19(土) 00:11
 って言うか飲み過ぎ>じぶん。
3日連続で良い気分〜〜♪
掲示板運営ちゃんとやれよ>じぶん。
いや〜さぼっってすいません。また明日からガンバリマス。

327 名前: アマノジャク 投稿日:2003/04/19(土) 22:48
たてきさんも普通の男なんだ、安心しました。

328 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/21(月) 00:57
 農業の分野でもこういうことはたくさんありそうな
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030420-00000105-mai-soci

<ミネラル水>19品からアルデヒド類 水質基準に甘さ

 横浜市衛生研究所が、国内で販売されているミネラルウオーターの一部から、化学物質のホルムアルデヒドやアセトアルデヒドを検出していたことが分かった。同市の水道水の実測値と比べ、80倍以上の製品もあったが、飲み続けても人体に影響が出る量ではないという。ミネラルウオーターの水質は食品衛生法に基づく基準があるが、水道水に比べ基準項目が少ない。厚生労働省は、昨秋から、ミネラルウオーターの新水質基準の策定を始めている。しかし、アルデヒド類の扱いは未定としている。

329 名前: 真理娘。 投稿日:2003/04/21(月) 07:02
>>◆◆農薬反対を主張するコーナー◆◆
 農薬反対者ではないので、こちらにコメントを。
 農薬の安全性が不透明というなら、食品の安全性も不透明といわれたらどうするのでしょう。
 たてきさんも、ミネラルウオーターの報道を引用されてますが、ほうれん草も栽培条件で、
 シュウ酸の量が異なることがわかってますよね。 一部の生協では、数値情報を調べてますが、
 こんな例は、怪しいと不安がれば、いっぱいあります。

 安全とはその当時の科学レベルと、それぞれの社会的責任のレベルで、リスクとベネフィット
 をどこに持っていくかという社会の水準ですね。

330 名前: 生協商務 投稿日:2003/04/21(月) 17:51
こまつな・アブラナ科野菜・非結球アブラナ科野菜・野菜類・野菜、いずれの分類でも「小松菜」には適用の除草剤がないですよね。
産地は大変のようです。早く適用が増えないかなぁと日々更新を確認しているところもあります。
今日何の気無しに「農薬インデックス(http://www.agro.jp/)」で作物別防除を見ていたら、「小松菜」の「雑草防除」で「ガスタード微粒剤」と表示されました。
さずがに栽培指針にしている都道府県はないようですが、なるほど〜と思いました。
しかし、「ちんげん菜」で調べると出てきません(適用あり)。「みず菜」では「ガスタード微粒剤」と表示されました。
ダゾメットの除草効果を利用したものと思われますが、疑問が出てしまいました。
(1)大抵の作物が播種定植前21日なのに、なぜ「小松菜」だけ10日前で大丈夫なんでしょうか(みず菜は12日)?
(2)10日(12日)空けるだけで済むことと除草効果は関係ありそうですが、どうなんでしょう?
(3)どの程度の除草効果になるのでしょうか?
(4)農薬インデックスに適用外使用の薦め的な問題は発生しませんか?
生協の立場としては、土壌消毒はなくしていくべきだと考えなくちゃいけません(現実は不可能かも知れません)。
その立場からすると、除草のためのガスタード微粒剤使用の申請があった場合板挟みになりそうです。
手間はかかるわけですよね、除草効果を期待するためだけのガスタードの使用はあると思いますか?

331 名前: 生協商務 投稿日:2003/04/21(月) 23:29
あっすみません!突然話題をかえてしまった。話の腰をボキッとやっちゃいましたね。
ただ僕の疑問は疑問として知りたいと思っています。

食品の安全性や農薬の安全性との比較云々、みんな一生懸命だから自分自身で疲れちゃいますよね。どちらかの旗を掲げる必要もないし、リスクも負いたくないな。
身近でないから簡単に農薬に反対できる人も、その攻撃から傷付かないように身を守る人もどちらもすごく真面目な人たちだなぁという印象です。
僕ら生協は内股膏薬のようにゆらゆらです。
西田立樹さんのJA市川市での講演に出席しました。その際、西田さんが生産者に遵法を一生懸命説いている姿勢をみました。
言ってみれば日本の農業を守る姿勢です。
農薬メーカーとしては日本の農業の存続は条件ですから当たり前ですけど、昨今の情勢から社会的使命を果たせない組織に存続はありません。
西田さんは生産者にとって可能な限り安全な農薬を製造し、それを遵法のもと使用して欲しいという意志を持っているんだと実感しました。
開き直って「農薬、何が悪い?」などという講演を生産者にすれば受けは良いかも知れませんが、相互理解には程遠いですね。
あの日におそらくたったひとり出席していた生協関係者をノックアウトしたのは西田たてきさんの前向きで優しい視点です。
これで行きましょう!
たてきさん、ヨイショしすぎですかね?


332 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/27(日) 00:28
>331
 レスが遅れてすんません。
生協商務さんがどこのどなたか私には分かっちゃいましたね(^.^)

 なぜ法があるのか、その法はどうして出来たのか、法自体に問題はないのか。
この3点を万人が理解した上で法を守る努力と結果を残せば安全も安心も確保できるはずです。
前者を説くのは農薬ネットの役割。後者は農家と流通の役割。
私は前者をがんばりますから、みなさんは後者をがんばってくださいってことです。

333 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/27(日) 00:29
 久しぶりに2ちゃんの農業水産板をぶらついていたらこんな書き込みがあった。
賛成も反対もしないけど、ちょっと笑った。
↓↓
「多少虫食ってても・・・」という素人さんの
言い草は多いが、
「多少、病気で腐ってても」という言い方は聞かないよね。
「病原菌やウィルスが繁殖しない野菜ってーのも怖いよな」
と言ってみろやと、小一時間問い詰めたい。

334 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/28(月) 01:52
 メルマガ遅れていてすいません。
最近、原稿書きとか講演が色々重なったものですから。
優先順位として、本業>>原稿・講演>掲示板>メール返信>メルマガ>HP更新となっていますので・・・

 書きかけのメルマガが何個かあるので、それらを仕上げてバタバタっと出します。


335 名前: 名無しさん 投稿日:2003/05/02(金) 08:30
最近イタへのレスが少ない様ですが、皆さん黄金週間(昔から思うけどセンス無いネーミングだなぁ)で、
何処かにお出かけなのでしょうか?それとも農繁期かな?
駄レスでスミマセン。

336 名前: ★たてき 投稿日:2003/05/02(金) 09:25
 両方でしょう。メルマガが出てないってのもあるし、事件が起こってないってのもあるし。
ちなみに私も一昨日から旅行中。現在石川県山中温泉で朝食終了したとこ。
渓流をながめながら野天風呂を満喫しました。
4日に帰ります。

337 名前: ★たてき 投稿日:2003/05/06(火) 01:38
 久しぶりにメルマガ出しました。これから連続で出すことになると思います。
よろしく。
 感想や指摘などはとりあえずはこのスレに書いてください。

338 名前: 生協商務 投稿日:2003/05/06(火) 23:51
久々のメルマガの配信でした。たてきさんの視点がいいですね。反農薬に身を置く人たちもこのスタンスを認めたら世の中が良くなりますね。
また、社会の無理解から「農薬、何が悪い」と言わざるを得なくなってしまった人たちにも大切な視点です。例えばラディカルな生協職員をノックアウトした力があるのです。
さて、「農薬を反対するスレ」でのクロルピクリンの問題提起は厳しいですね。事実だし・・・。
やはり、問題・リスクについては目をつぶることなく認めながらも必要性を語り、双方ぎりぎりの議論を聞いてみたいと思います。
産直運動の中で土壌消毒を避けてきたうちの産地でも、長年の土壌バランスのズレから土壌消毒をしたいという要望もあります。
ぎりぎりまでやってみた結果として、自分たちが否定した土壌消毒の復活です。それは確かに近隣住民に与えてはならない実害をもたらします。
解決はどのように図るのか・・・難しいですね。
結局はコミュニケーションと相互理解、さらに他人に配慮した行動かな?

339 名前: ★たてき 投稿日:2003/05/08(木) 01:36
>>338
 最近は熱を用いた土壌消毒が注目を浴びています。
コストはかなり高いようですが、周辺住民への理解を求めるためのコストや
健康被害によるコストなどもひっくるめて考えるならばペイできるかもしれません。

 現在の流通システムは特定の産地から一定量の商品を連年生産することを前提としていますが、
そこから脱却しない限り土壌消毒はなくなりませんよね。
輪作や混植などは技術としては確立していても流通サイドおよび商品性(換金性)の観点から見ると無理。
 つまり、土壌消毒剤を使う使わないは農家だけの問題ではないと言うことを
みんなに分かってもらう必要があるんでしょうね。最近は農作物を工業製品と同一のステージで
語る人が有識者と言われる層でも多すぎる。

340 名前: 小農民 投稿日:2003/05/12(月) 22:36
最近疑問に思うことです。
TVでは白装束集団の報道がされています。
彼らの言う電磁波は、科学的根拠がないと非難囂々
私もそう思いますが、方や農薬の問題になると
科学的根拠は信用できないと報道されているかに思います。
農作業のピークを迎え栽培履歴を書くことの難しさを実感
しながらもTVが気になる今日この頃でした。

流れにそぐわないくだらない雑談です。

341 名前: AI 投稿日:2003/05/13(火) 08:34
>たてき様
農薬ネットトップページの更新、楽しみです。
左下の空きスペースがどうなるのか気になる…。

342 名前: ★たてき 投稿日:2003/05/16(金) 23:31
http://www.co-op.or.jp/jccu/news/syoku/syo_030516_01.htm

 すでにみなさんご存じだと思いますが、食品安全基本法というもののお話です。

343 名前: ★たてき 投稿日:2003/05/27(火) 00:02
 農薬ネットのトップページは試行錯誤の更新を繰り返した結果、
スタイルとしてはこれで良いかなって感じまで来ました。
 あとはコンテンツを固め直さないと。全部見直し&作り直し中です。

 ところで、痛いことにこの処置によりグーグルの「農薬」という
キーワード検索結果では151番目になってしまいました(*_*)
今まで1番だったのに・・・・なぜだ〜〜

344 名前: AI 投稿日:2003/05/28(水) 07:55
>343 たてき様
とは言っても、gooで検索すると、やはり「1番」となってますね。
それだけでも十分の様な気がしますが…?(^_^;)


345 名前: ★たてき 投稿日:2003/06/24(火) 01:08
>>344

 以前としてgoogle検索で140番目ぐらいをうろついています。
gooやmsnなど他の大手検索エンジンでは一番になるんですけどね・・・
現在の検索エンジンシェアはgoogleが一人勝ちで日本のシェア70%超です。
googleで上位に表示されないと農薬ネットのような総合サイトはダメなんですね。

346 名前: ★たてき 投稿日:2003/06/24(火) 01:13
 最近、山形のサクランボが1.2億円も盗まれたというニュースが流れていますね。
これは重大な問題です。農業は盗難がないという前提がないと成り立ちません。
もし、盗難を自己責任で回避しようと思えば、畑を盗難から守るコストを投入しなければ
ならず、ペイできません。
 農業に盗難は大敵です。モラルで防がなければなりません。
この分野に関してはモラル破壊は許されません。食べることは
根幹に関わることであり、一般の商品の盗難とは訳が違います。


347 名前: スー 投稿日:2003/06/24(火) 08:31
>346
 農作物の盗難、時々報道されますよね。昨年NHKのラジオで
「農家の見ている前で、農作物を持っていく人」の話がでていま
した。子供の場合はしかたないかもしれません。やはりNHKラ
ジオで「スイカを盗んだ子供に理由を問いだだしたところ、スイ
カはスーパーになっているもので土の上のスイカは捨てられたも
の」とのことでした。もし、その子供がそのまま大人になったら
、理屈では他人の農作物と理解しても、罪悪感なしに盗んでしま
うかもしれませんね。
 「食農教育」とても大切だと思いませんか?この掲示板の農薬
の事だけでなく、世の中に農業のこと食料のことをよく分から
ずに生活している人が多すぎます。

348 名前: ★たてき 投稿日:2003/06/24(火) 22:02
>>347
 農作物の盗難は他の代物とは違うと重ねて言いたいですね。
マスコミは被害総額1億だとか15万円だとか言ってますが、
被害額も確かに大事です。しかし、他のものの泥棒とは決定的に違うのは
盗まれないための工夫を農作物はやらないし出来ないってこと。
 家財やお金や車などは鍵をかけたりして守る努力をわれわれもしますが、
農作物はそんなこと出来ない。畑にカボチャが1つなっていたら、
それをこっそり盗れば500円玉を拾うのと同じぐらいの価値がある。
でも、それは大部分の人はやらない。それが人としての最小限のマナーです。
たとえカボチャ1個で被害総額500円であっても罪の重さは100万円の車を盗むより
重くしないといけないと私は思いますよ。

349 名前: 人事じゃないよ・・・ 投稿日:2003/06/25(水) 01:42
市街地近郊でミカン栽培しています。今回の件ほんとに洒落になりません。
我が家でも数年前から盗難が頻発しています。今年は一度に約200kg程度の
もぎ取りにあいました。しかもこれだけではありません。
さすがに警察に通報しましたが、当然のごとく犯人は捕まっていません。
被害総額はいくらですか?なんて話になると、キロ単価はせいぜい300円ぐらい
のもんですから200kg盗まれたって6万円ぐらいにしかなりません。
警察もあんまりやる気なさそうだし、場所が場所だからしょうがないでしょ
って感じでした。たかが6万円かもしれませんけど1年かけて育てた作物が
ごっそり盗まれるのはかなりショックです。
まじで防犯カメラつけようかと考えている今日この頃です。

350 名前: ★たてき 投稿日:2003/07/10(木) 23:31
googleの「農薬」キーワードでトップ10に復帰しました!!!(祝)
・・・と言っても、この掲示板がですけど。
 農薬ネット自体は相変わらず120番台ぐらい。

 しかし、掲示板がベスト10入りしたのはでかい!
これでこの掲示板にますます人が来てくれることでしょう。

351 名前: 名無し君 投稿日:2003/07/11(金) 00:12
349同じ立場にある者ですので同感。

さらに、ルンペンや犬の散歩も問題です。



352 名前: おろおろし 投稿日:2003/07/11(金) 12:48
盗難騒ぎが、とうとう「無人ヘリ」まで波及?したそうです。

○玉県の会社敷地内にとめていた無人ヘリを載せたままのワンボックス車ごと
盗難にあったそうです。

353 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/07/12(土) 15:19
え〜!!

354 名前: 真里娘。 投稿日:2003/07/12(土) 21:08
農薬をとったとかとはまだ出てこないのですか?

それとか、朝起きたら、稲刈りされて、米がなくなっていたとか。

355 名前: tea-farm 投稿日:2003/07/12(土) 22:12
数年前の米の凶作の時には、田においてあったコンバインで、隣接地
も刈り取った上で、機械ごと盗まれたという話がよくありましたね。
あの頃は、米の倉庫荒らしも多かったですねぇ。

ウチでも、自家消費用の野菜が盗まれることが増えています。
母親が一度盗まれそうなところを見つけて注意したらしいですが、
盗人曰く、"こんなトコ2度と来るか!"だと。
全く罪悪感が無い。こんな人が増えているようです。
近隣の野菜ドロは、この人たち(二人組)と、後数人いるようですが、
警察も腰を上げる気配はありません。

ホームレスの人達が河原にテントを張って数年になるのですが、こちらの
人の方が、(違法ですが)河原に畑を作っているだけマシ。

356 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/07/12(土) 22:36
そういえば、河原にゲリラ畑を作っている人っていますよね。
ああいうのも農地法違反になるのでしょうね。
野菜泥棒が横行するようになると、日本の伝統である「野菜の無人直売所」もなくなるのでしょうか。
世知辛い世の中ですね。

357 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/12(土) 22:46
考えて見ますと、農地は鍵などないので盗難に合いやすいん
ですね。世知辛い世の中となりましたね。
徒然草11段に、柑子(みかん?)が柵におおわれていてのを
見て興ざめしたというのがありましたが、都会は別にして、
田舎で盗難が多いと地域の人間関係が崩れるでしょうね。
何年か前の冷害のとき、米の盗難事件が多発しました。
精米したあと倉庫から盗難するのもありましたが、夜中に
コンバインで刈って盗んだ人もいました。
労力をかけているので、まじめな「盗人」といえるのでし
ょうか。朝、見つかったりして、くたびれ儲けだったりし
て、、、、、
話は別ですが、
農取法改正がらみで、隣からの農薬のドリフト防止で、フェ
ンスも必要かもしれませんね。
とにかく、農村も、悪い面で都市化が進みますね。


358 名前: tea-farm 投稿日:2003/07/12(土) 23:46
>>356
蛇足ですが、
河原の場合、耕作地があっても、私有地の場合(当然合法)と、管轄官庁から
占有使用許可を取っている場合(既得権の継続)、全くのゲリラ畑と、様々な
形態がありますので、河原で畑を見つけたからといって、全て違法では
ないので注意が必要です。

>>355 のは、国交省から警告の看板を立てられてます。河川法違反の様です。

無人販売所も、料金箱を荒らされる被害が続出しています。これは、主に
少年によるものの様ですが・・。
--->確かに、販売所自身、減ってきてます。
逆に、こちらで言う、"振り売り"の人は盛況のようですよ。


359 名前: とおりすがり 投稿日:2003/08/07(木) 14:01
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030807-00000001-inet-sci

以前、Googleでのランキングの話題がありましたが、
このサイトだけに限ったものでもなかったのですね。
トップ10返り咲きおめでとうございます。

360 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/07(木) 21:49
>>359
 そうなんですよ、先々週からgoogleで農薬ネットが2番に表示されるようになったんです。
よかったよかった。農薬掲示板も12番ぐらいだし、俄然やる気が出てきました。
でも、お客さんは増えてないんですけどね(^_^;)
 農薬ネットを訪れる方の中で検索エンジンから飛んできている人は、
2〜3割ぐらいかな。1番はなんとmsn、僅差でyahooとgoo、
意外と多いのがnifty.googleはその次ぐらいかな。
 まぁでもこれから増えてくるでしょうね。

361 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/11(月) 00:58
 http://www.yomiuri.co.jp/education/kouza/nyushi/01k_suisen_8.html

 いや〜〜驚きましたね。
農薬ネットが大学入試(岡山大学)の小論文のネタになっていたそうです。
光栄ですが、そういうことならもっと真面目に更新&校正しなければ・・・

362 名前: AtoZ 投稿日:2003/08/11(月) 15:42
>361
すごいですねえ
岡山大学の他の小論文ネタの著者には

中村禎理氏、大石正道氏、日高敏隆ら生物学関係の大物
医学界の日野原重明氏などそうそうたる顔ぶれです。


363 名前: おろおろし 投稿日:2003/08/11(月) 21:20
>>361
すごい、すごい!
受験してみれば、よかった?
こういう時の版権は、どうなるんでしょう?
事前に了解をとると、試験問題の漏洩になるし…。

すくなくとも岡山大学の教授で、「農薬ネット」を
知っている人がおられるという証明ですね。

364 名前: 名無しさん 投稿日:2003/08/11(月) 22:08
高校生にはちょっと酷かも知れませんが
社会人向けなら論じやすいテーマですね。
採点者は楽しそうだ。

同学部のこっちのほうが何を書けばいいか困るだろうな。
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kikaku/NewBLaw/souri.html


365 名前: 農薬必要不必要派 投稿日:2003/08/11(月) 22:17
当然でしょう。農薬問題にバランス感覚でこれほど、
真剣に取り組んでいるHPはありません。
農薬工業会は、その運営費の10%は農薬ネットに
投入すべきです。
除草剤の散布あとは、無残で、全く生態系に影響が
ないとは言えないでしょう。
しかし、電動草刈機で自らの足を切り亡くなった人
の話を聞き、農業者が平均年齢65歳の今、除草剤
を否定できるのは、都会人でしょう。
今、夏休みで、田舎に帰っている孫たちも多い、耳
の遠いおじいさんが、孫が近ずいたのを知らず、電動
草刈機を振り回したら、、、、、
そういう意味では、除草剤は安全性は高い。
除草剤は、使うなと誰が言えるのか?


366 名前: AtoZ 投稿日:2003/08/11(月) 22:29
>363
見てそうな先生いますね。
あの先生が見ているんでしょうねえ



367 名前: しろうと 投稿日:2003/08/11(月) 23:55
>>361
 スレッドの中の各発言の著作権は、匿名表示であっても基本的に
 は発言者に属するはずだったと思います。

 岡山大学が具体的にどういう設問を作ったか見てみたいものです
 ね(赤本探せばよいのかな?)
  

368 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/12(火) 00:14
>>365
 農薬工業会などからお金をもらうようなことだけはご勘弁を(^_^;)
そんなへぼい団体からわずかな金をもらってアレやれこれやれなんて言われたら
困りますからね(^_^;)
 関わりを持つなら、私が工業会に入って工業会としてやる方が現実的ですね。

369 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/12(火) 00:22
>>367
 農薬ネットの中の私が作成したページが対象になったようなので
著作権に関することは問題ありません。
 ネット上の著作権は当然作成者にありますが、入試問題などは
営利目的の転載ではありませんから、引用本さえ明記しておけば
特に著者にOKとる必要はないんじゃないかな??

370 名前: しろうと 投稿日:2003/08/12(火) 07:42
>>369
了解です。

>>365
 バランス感覚は、参加者の適度な良識と、適度な管理者からの発言
 でなりたってますが、所詮、掲示板の中での世界です。
  農薬については、法的な規制の中、農林水産省の考え方や方針は、
 大きく影響します。具体的なアクションプランをたててわかりやすく
 動くということは大事ですが、それには常に責任が生じます。
 気軽ではないのです。

  ...その割には、現場で気軽に使われすぎている気がします。
  そこまで医薬同様の使い方の安全性を要求するなら、薬剤師や
  医師みたいに、高いレベルの国家資格が必要です。 薬学部も
  医薬の知識の高度化に対応して6年制に移行する時代です。
  法的な規制や安全性に関する大量の情報をきちんと理解して、
  責任をもって農薬を使うことを要求するならならそれくらいは
  必要ではないでしょうか?(ま、無理ですが。 それなら農協で
  売る農薬は、薬局で売っているような風邪薬程度にするとか)

371 名前: 地野邪鬼 投稿日:2003/08/14(木) 00:18
最近掲示板の書き込みが盛り上がってますねー。
一日見損なうと、話の流れについて行けません。
これって良い事なんでしょうね。
私は夏休みの間中、毎日チェックしてます。(^^ゞ
話の進行と関係ないのでsage。

372 名前: 名無しさん 投稿日:2003/08/17(日) 13:29
現在農薬ネットのトップページにアクセスできませんね。
どうしたのかな?

373 名前: ピーチ姫 投稿日:2003/08/18(月) 07:08
>>372
昨日の夕方には、回復してましたが、
今朝は、またダメですね。
検索ページから、入ってきました。
「お気に入り」に、農薬ネット掲示板も追加しました。

374 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/18(月) 12:15
 農薬ネットがアクセスできないだけではなく、
私のメール送受信も出来ない状態です。
 農薬ネットが契約しているライムプランというサーバー屋の
復旧が遅れているみたいですね。どうしようもありません。

375 名前: ★たてき 投稿日:2003/08/19(火) 23:11
 有機農産物の認証についての話題は下記スレに移動しました。

有機農産物の流通方法について
http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655195

376 名前: AtoZ 投稿日:2003/09/15(月) 15:59
スレの主旨にあわず、レフェリーからイエローカードが出たため、農薬ニュースのスレから流れてきました。

>287
○ームは「収穫○日前まで」が他剤より余裕がある為、ある意味(皆が熱心に登録内容をチェックする)で今年見直された剤ですね。

おっと見過ごしておりました。
いもち剤ではカスミンの14日前が最も遅くまで撒けると
思っていましたが、○ームは7日前ですね。

しかし、収穫14日前や7日前に撒いてもほとんど意味が無いと思います(確実なデータがないので「全然」とは書きませんが)。よくて収穫21日前と思いますが。




377 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/09/15(月) 21:44
そりゃあそうです。人間だって死ぬと判っていても薬を投与します。
「薬石効無く」までお世話したという事に満足するのです。
それだけやっても駄目だったことに意味があるのです。
真面目な話をすれば、感染して坪枯れ状態にまで進展した田圃はおしまいですが、その隣の田圃でまだ感染しているけれども発症しているように見えない田圃には効果大だと思います。
なんか薬害エイズ訴訟の時に最後まで無罪を主張し、本当に無罪になった某T京大元教授みたいな言い方で嫌なんですが。


378 名前: AtoZ 投稿日:2003/09/16(火) 00:31
>377
おっしゃる意味はよおおく分かります。
末期○○でもさじ投げられるより、
なんかやってる方が気が休まるし、、、、
普段親の面倒を見ていなかった子供達も、
一通り寝ずの番をすれば
親孝行した気になって気が納まるかもしれません。
いもちにやられてがっかりしている人を突き放すのは人の道を外れているかもしれませんね。

しかしいいい、
聖路加病院の日野原先生ならどういうでしょうね。
緩和ケアに徹した方がよいとは思いますが。

それと、美夢は茎葉散布剤の中では値段が高かったんじゃないでしょうか。
総合医薬品メーカー○○の○○○○○のように、効果も怪しいが副作用が全くなかった抗ガン剤のような位置づけものが宜しいですね。

まじめな方の話ですが、
収穫21日前以降の散布で効果があったという例があれば
知りたいですね。混ぜっ返しではなく。
効くとも効かないとも断言できないもので。

379 名前: AtoZ 投稿日:2003/09/16(火) 00:37
補足

「いもちにやられてしまいましたが、どうしたらよいでしょうか?」
という質問は
「農薬を撒きたいんだが、決断できないので背中を押してくれ」
ということだと解釈して、
押してあげるのが正解であるという処世術も聞いたことがあります。

そのとき、
「無駄だからやめておけ」
というのは人生の機微に通じていない野暮ということになるのでしょうが、
何か、みんなが納得できる一言がないもんでしょうかねえ
「ちみの心はよう分かった。ここは辛いだろうが、お国のためだと思ってこらえてくれ。今後のことは任せてくれ、悪くはせん」
と言うのかなあ



380 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/09/16(火) 08:44
「このごに及んで薬剤散布?」という話も解りますが、イモチ罹病圃近辺で集団で防除することは翌年の予防(発生源圃場の胞子の数を減らすとか〉になるかもしれませんね。
宮城県での補助金はそんな意味があるのでしょう。「来年対策である」と言われれば、県費も拠出されているし生産者も集団的に防除をし、効果も期待されるのではないでしょうか。

381 名前: AtoZ 投稿日:2003/09/18(木) 18:05
>380
これ以上つっこみませんが、
かなり苦しい言い分であるように思います。
今年の多発を受けてやることと言えば、
種子消毒の徹底でしょうね
まあ、仕事の立場はご拝察いたしますが。

来年対策というなら、来年こそちゃんと適期に散布できるよう
今年のうちに来年用に薬剤を買えば生産的ですね。
ただし、有効期限を確かめた上で

382 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/13(木) 00:15
>>382にもともとあった発言は以下に移動しました。
「アングラ農薬について一言」
http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655180

383 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/15(土) 00:52
日本で食料自給率が低いということは,
外国産の農産物を相当量買っているということですけれど,
ポストハーベストもさることながら,
生産過程で使用された農薬もあるということで,
そのあたりはどう考えるべきなんだろうか?


384 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/16(日) 00:38
>171

 もう少し詳しく。
どの観点から切るかによって話が変わります。

385 名前: おろおろし 投稿日:2003/11/16(日) 20:57
土曜日に、脱サラ農家グループが主催して開催された
「食べ物について考えてみよう2003」
〜農家と消費者で「食と環境」を考えるフォーラム〜の
バネルディカッションのバネラーになりました。

目的は、農家として農薬の使用は減らしたいが、必要な農薬使用に
ついて消費者の人にも理解をしてほしいということで、
パネルディスカッションの前に、
小学生にもわかる〜食の講座〜と銘打って
ドラエモンの登場人物に扮した寸劇もありました。
(農家の方が10回ぐらい練習されたとのことです)
その劇のキーワードは、
「無登録農薬」「農薬安全使用基準」「農薬残留基準」
「トレーサピリティ」ということでした。

他のパネラーの方々は、
農薬を使用している脱サラ農家、有機無農薬栽培をされている農家、
消費者の代表としてコープの活動担当の方、大学で病理学専攻されて
いた名誉教授の方でした。(私には農薬メーカーと農薬販売業者を代表?
してということでした)

私自身も、脱サラしたり、定年後田舎に移住して農業を始めた人の話を
聞いて、いろいろと勉強になりました。

今年は、トマトの疫病が多かったという話やら、農家の方が農薬を撒いたり
する農作業を通じて、下痢など体調を崩すことが多いという話も聞きました。

農薬使用と体調の関連性については、個人差も大きいと思うのですが、コリン
エステラーゼ値以外には、目安となるものがないのでしょうか?
農作業による疲労と農薬の作業者被爆と、区別出来ればと思うのですが・・・。

それと、パネルディスカッションのあと、農家の方からは、
液剤・乳剤の希釈倍数が薬剤によって異なり、換算が面倒くさいという話やら
使用基準の例えば、1000〜2000倍というような場合、ついつい濃い濃度
で撒くけど、なんで巾を設けるのという質問もありました。

386 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/16(日) 23:43
バチカンで遺伝子組み換え作物の倫理性を討議
http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20031114209.html

387 名前: Seimei 投稿日:2003/11/17(月) 02:39
>>385 おろおろし さん
>使用基準の例えば、1000〜2000倍というような場合、ついつい濃い濃度
私が以前に聞いた話では2000倍で十分効果があるけど、1000倍までは薬害が出な
いというデータがあります、と言う事でした。メーカーか全農の人だったような。

388 名前: Seimei 投稿日:2003/11/17(月) 02:48
>>385 おろおろし さん
>農作業による疲労と農薬の作業者被爆と、区別出来ればと思うのですが・・・。
体調に対する「疲労」と「被爆」の影響が区別できれば、という事でしょうか。
だとするとなかなか難問のようです。
以前に農業労働分野の人と話をした事があるのですが、「疲労」の適当な指標
が無いのだそうです。以前はチカチカする光のカウント能力の変化を指標にし
たりしたそうなんですが、イマイチあてにならないとか。
心理的なものも影響しますよね。高い所に散布して顔にかかるのは嫌という声
は良く聞きますね。

389 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/19(水) 00:16
>173

 ご苦労様です。

 コリンエステラーゼ値は有機リン剤やカーバメート剤を使ったときに
主に関係するもので農薬全般には当てはまらないですよね。
やはり自覚症状の有無が一番の目安になるんじゃないでしょうか。
下痢する農薬というのはあまり聞いたことがないですが、体調が
悪くなったり気分が悪くなったりすることはあるでしょうね。
直接の原因が農薬かどうかはともかくとして、農薬散布で体調に
不安を感じたのでしたらそれはそれで問題として取り組むべきでしょうね。

390 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/22(土) 21:24
 ちょっと教えて欲しいんですが、、、、、
エイカロールという殺虫剤は梨なんかでよく使われているようですが
かなり古い剤ですよね。その魅力はなんなんでしょうか。
また、塩素系にカテゴリーされると思うんですが、分解性は高いみたいですね。
それはともかくとして何か問題はないのでしょうか。答えにくい質問かもしれませんが。。。
メールでも良いので詳しい人に教えてもらいたいです。

391 名前: Seimei 投稿日:2003/11/23(日) 14:49
>>390 たてき さん
前後関係がわからないので、意味を取り違えているかもしれませんが。
古い剤とは大抵実績のある剤でもあります。
登録があっても薬害(主観的な話)が出るものもありますし。
問題がなければ変えたくない、って人も結構いるようですよ。
(ローテーションの関係で系統を減らしたくないってのもある)

392 名前: おろおろし 投稿日:2003/11/28(金) 23:04
>>387
>>388
>>389
アドバイスありがとうございました。

農薬メーカーの工場に勤務している人は別として、その次に
農薬の影響を受けるとすると、当然、農家の人になる訳ですが、
パネルディスカッションのあと、農家の人とディスカッション
した中で、「毎年、農薬散布の時期になると体調を崩すんです」
という話を聞き、農作業の疲れによるものか、農薬の被爆による
ものか、ゴチャゴチャになって、結果、農家の人が農薬は、やはり
害があるという認識になってしまうのではと思ったんです。

体調が悪い時に、農薬被爆マーカーみたいなものが、コリンエステラーゼ
値測定のような方法ででもあれば、農薬が原因かどうか特定出来るのに
と思ったのですが、
やはり「防除衣やマスク・手袋の必着」運動が欠かせないのかも・・・。
ただ夏場やハウスの中での防除衣・マスクなどは、それだけで、結構
暑苦しくて、農薬ではなくて、暑さと湿度でくたびれてしまうことも
ありますよね。

・・・以前、劇物の粒剤を素手でさわって、かぶれたのでやはり農薬は
怖いと言われた農家の方もいますが、もう常識外れとしか言いようが
ありません。
だったら漆(うるし)なんか、毒物になってしまっても不思議でないです。

393 名前: ひとし くん 投稿日:2003/11/29(土) 01:39
>>392 おろおろしさん はじめまして
yahoo で農薬用マスクを検索すると、例えば
http://www.city.okazaki.aichi.jp/jnc/bojyo/8440.htm
こんな所にいけるのですが、ここに書かれているマスクが
JISの何番の規格なのか判らなくても、厚生労働省の
国家検定番号が記載されているマスクを使っている農家なら、
安心して電直できる農家だと思います。 ね メロン湖水さん

 はじめまして Seimeiさん &たてきさん
農業労働衛生で 故吉田先生のお話を聞けなくなった今、
農薬用マスク指定の農薬をマスクをしないで散布した夜に、
虫供養だといってアルコールを飲む人は、アル中かアルコール
分解酵素?を体内に沢山持っている人だと思います。
私ひとし くんは,山梨の葡萄屋と酒を飲んで今夜眠れないのです。
 乱文失礼致しました。

394 名前: 通行人 投稿日:2003/11/29(土) 02:28
SARSには、合成洗剤(界面活性剤)いいそうですね。
天然系洗剤やめようかな。
国立感染病研究所HP
http://idsc.nih.go.jp/others/urgent/sars03w/index.html

395 名前: 通行人 投稿日:2003/11/29(土) 08:21
話題変えてすいません。
TVニュースでやってましたが、合成洗剤がSARSの予防になる
らしいですね。国立感染病研究所のHPには、以下の表記があります。
「◎界面活性剤
・ 従来のコロナウイルス及びSARSコロナウイルスに対しては有効性が
確認されている(感染症研究所未発表データ)。
・効果が確認されているのは食器・野菜洗浄用のもので、成分として
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムもしくはアルキルエーテ
ル硫酸エステルナトリウムを16%以上含むものである。
・人体に対しての安全性は比較的高い。、、、、、、」
風邪の予防にもいいかも。天然系の洗剤やめて合成洗剤使おうかな。
SARSは怖いから、、、

396 名前: 湖水 投稿日:2003/11/29(土) 17:56
>393
話をふられてしまったので。
マスク、ゴム手袋やっていても、農薬散布した後は、飲まないほうがいいです。
たいてい、ひどい目にあいます。
安全性の高い農薬だからといって、マスクをせずに散布をして、
そのあと、ビール1杯飲んで、気を失ったという話も聞いた事がありますから、
毒性とか、マスクとかにかかわらず、飲まないほうが、無難です。
と、いいつつも、ビールくらいならばと、少しは飲んでしまうのだけれど。


397 名前: Seimei 投稿日:2003/11/30(日) 13:49
>>393 ひとしくん さん
農業労働衛生の故吉田先生、というとこの本の著者でしょうか?
http://www.weli.or.jp/katsudo/books/b04.html

本当は散布者にとって総合的に負担の少ない方法を考えなければならないんでしょうね。

398 名前: ON 投稿日:2003/12/01(月) 14:48
 以前、吉田先生の講演を聞く機会がありました。
 非常に具体的実際的な内容でした。また多少雑談めいて「動力噴霧器で農薬散布時にどんな音楽が良いか試したところ、ワルツの3拍子が一番良かった。」と言うお話もあって、印象に残りました。
 その後吉田先生の著作を探しましたが、なかなか見つけられませんでした。農村医学会の論文集も手に入らずmそのままになっていました。
 397の本、買ってみます。
 ちなみに乏しい経験では、クロルピリホスは別として硫酸ニコチンが、散布者には一番苦痛でした。人によっては合成ピレスロイドのくしゃみも甚だしい場合があります。また散布日の酒はやはり止めた方が良いと思います。

399 名前: ON 投稿日:2003/12/01(月) 14:50
おっと間違いました。
クロルピリホス→クロルピクリン です。
有機リン剤も独特の気持ち悪さがありますが・・・スプラサイドが一番臭いかも。

400 名前: tea-farm 投稿日:2003/12/31(水) 22:45
喪中に付き

本年は大変お世話になりました。
来年こそ、違法使用、誤表示などの暗い話題がなく、
楽しい話題が存分に拝見できることを祈念しています。
来年も宜しくお願いします。

401 名前: 邪鬼 投稿日:2004/01/01(木) 13:55
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


402 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/04(日) 15:53
>>396
>>マスク、ゴム手袋やっていても、農薬散布した後は、飲まないほうがいいです。
 散布中にマスク、手袋していると、汗をかいたりして脱水状態に近いところにいて、
 そういう状態で飲酒しているのも原因ではないですか?
 ゴルフ中の飲酒で倒れる例はいっぱいありますし、さらにマスク、ゴム手袋して
 いると農薬散布作業でなくても、飲酒はよくないのではないのですか?


403 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/14(水) 08:15
EUREPGAP(ユーレップギャップ:欧州小売業組合適正農業規範)
という言葉が今日の朝日新聞に出てきましたがご存じの方おられますか?

404 名前: TJ 投稿日:2004/01/14(水) 17:35
Euro Retailer Produce Working Group, Good Agricultural Practice
の略です。欧州で野菜、果物、イモ、サラダ、切花、苗などを扱って
いる主な生産者、卸、流通業者がWGを立ち上げ基準を作りました。
申請者は、申請して認証を受けることができます。ICMやIPMを遵守して
栽培していることが求められているようです(IPMは、総合防除の略称)。

405 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/15(木) 08:15
>>403
 ありがとうございます。
農薬に関する規定みたいなものはあるんでしょうか?


406 名前: TJ 投稿日:2004/01/15(木) 10:51
農薬に関するかなり厳しい規定があります。詳細は下記HPを
見てください(英文)。トレーサビリテイはもちろんのこと、
使用済み農薬の処分方法にまで及んでいます。

http://www.eurep.org/downloads/fresh-pr/cpcc/EUREPGAP%20Control%20Points%20ver_Sept._2001_Rev.01.pdf

407 名前: りんご百姓 投稿日:2004/01/15(木) 18:55
>>403の朝日新聞に出てた彼は知人ですので今度詳しく聞いて
みたいと思います。ちょっと聞いた話しだと、

・30点で合格(総チェック数は不明ですが)
・チェックされる項目自体はそれほど厳しいという程のものでは
 ないが、事前情報なくいきなり試験されるので一発での合格
 は厳しいとの事。

チェック項目の中で、
農薬散布中ゴーグルを着用してますか?
の問いに、
メガネをかけているのでゴーグルは着けてません。
と言ったら減点されたそうです。

夏場、メガネの上にゴーグルをして農薬散布するとかえって
危険ですよね。(笑、経験済み)

詳しくは後日報告します


408 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/16(金) 01:09
>>406
 農業版のHACCPとでも思えばいいみたいですね。
直感的には自然相手の農業でここまで縛れるのかな?という
疑問を持ちました。
もうちょっと読み進めてみます。

409 名前: Seimei 投稿日:2004/01/16(金) 18:44
>>407 りんご百姓 さん
メガネに曇り止めを塗っておくと良いですよ。
度付きの水中メガネを使うというのも手です。

410 名前: りんご百姓 投稿日:2004/01/16(金) 19:59
>>409Seimeiさん

>メガネに曇り止めを塗っておくと良いですよ。

これは試しましたが、ゴーグル内で汗が水蒸気?となって水滴
状となってメガネに付着するので止めました。

目に刺激性系の農薬は全く苦手でしたので、

>度付きの水中メガネを使うというのも手です。

これを是非試したいと思います。アドバイスありがとうです。

411 名前: gearlord 投稿日:2004/01/21(水) 23:53
普段はROMですが、初めての書き込みです。よろしくお願いします。

実は3月4日のたてきさんの講演会を聞きに行こうと思っています。
関係者のメーリングリストで正式に決まったと知らせがありました。
都庁の都民ホールで行われるようです。

興味深い貴重な話が読めるからと、周囲に農薬ネットの話をして勧めた
甲斐がありました。当日はよろしくお願いいたします。

412 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/23(金) 00:10
>>411
 農薬ネットを勧めてくれてありがとうございました。
大変励みになります。
 ところで3/4は都庁のホールでやるんですか、知らなかった(^_^;)
もうすぐ連絡くるかな。
 それにしてもそんな立派なところでやるのか、緊張してきた(笑)

413 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/23(金) 00:11
だいこんおろしさんのトレーサビリティの話は
「そろそろトレーサビリティの時代」というスレに
発言移動しました。以下はそちらでやりましょう。

414 名前: gearlord 投稿日:2004/01/23(金) 13:01

>ところで3/4は都庁のホールでやるんですか、知らなかった(^_^;)
>もうすぐ連絡くるかな。

担当者に確認しましたら、メールを2回ほど送信しているそうです。
よろしくご確認ください。

415 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/24(土) 01:08
>>414
 すいません、メールの添付書類を見落としていました。
添付書類にちゃんと書いてありましたね。
3/4、楽しみですね〜♪

416 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/17(水) 00:55
http://kaznak.web.infoseek.co.jp/ta-sangyou/pesticides/pesticid.htm

 このHPを作っている人ってどんな人??

417 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/22(月) 12:14
昨日,泉ピン子が団地の町内会長をやっている2時間ドラマの再放送で
殺虫剤を掛けて観葉植物や家庭菜園の野菜を枯らし、
嫌がらせするというのがあった。

あんなに効くなら除草剤として売れば良いのに・・・
って、クレームつかないのかな?


418 名前: やっさん 投稿日:2004/03/22(月) 12:14
あくまでドラマです・・・
育てる作物枯らす除草剤は必要ないですね。

419 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/22(月) 13:44
つーか,殺虫剤をかけると植物が枯れるという認識が問題かと

420 名前: のこのこ 投稿日:2004/03/22(月) 21:16
エフアール・フーズ(SKIP)解散
http://www.uniqlo.co.jp/news/release/n20040322160020.html

ユニクロが野菜事業撤退へ 業績低迷で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040322-00000226-kyodo-bus_all

>工業製品のような計画生産ができないなど、われわれの能力で事業化は不可能だった。

さもありなん。
さて、次はどんな動きが出るんでしょうね?


421 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/23(火) 01:19
>>419
 殺虫剤でも植物は枯れる場合がありますよ。
いわゆる薬害ですね。特に、観葉植物とか野菜類は
薬害が出やすいんじゃないですかね。(ドラマは見てないです)

 私も昔やっちゃったことがあって、庭の山桜の幼木にアブラムシが
大量発生したので、家庭用の蚊のスプレー(キンチョール)をいっぱい
かけてやりました。アブラムシは大して死なず、数日後に葉っぱが茶色に
なって、全部落ちてしまいました。びっくりしましたね。

422 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/23(火) 01:23
>>420
 有機農産物の流通方法について というスレに発言移動しました。

423 名前: 417 投稿日:2004/03/23(火) 16:00
薬害のことはもちろん承知していますが、ドラマ内の殺虫剤の話は
作り手が「殺虫剤を掛けると野菜や観葉植物が枯れる」というのを
常識であると思っているのが見える。
それを視聴率が取れるドラマでお茶の間レベルに流布するのは
どうかなあと。

まあ、どうでも良いような話なのですけれど、作り手も受け手も
疑問に思わないなら「殺虫剤で植物が枯れる」のは世間では常識
なんだなあと。

424 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2004/03/23(火) 17:30
>>423
 そのドラマは再放送でない、本放送(1年前かな?)で私もみました。
 おっしゃるとおり、( ̄○ ̄)ア( ̄о ̄)ホ!な設定と思って見てました。
 そもそも、観葉植物や野菜に粉状のものを嫌がらせで撒かれていたのを
泉ピン子演ずる主婦が「殺虫剤を撒かれて枯れた」とすぐに気づく点がお
かしい。
 また、悪役主婦と仲直りするときに「殺虫剤撒いてごめんなさい」と
謝っていたのも、おかしかったしね。
 おっと、最後にいっておきますが、殺虫剤の勘違い部分を含めて
ドラマ自体はおもしろかったです。

>>421
 ドラマでは、夜中に粉状の殺虫剤をまいて、翌朝、薬害で
枯れてるのを泉ピン子が発見するという設定でした。
 根っこ抜いたような枯れ方でしたから、ヾ(--;)ぉぃぉぃと
TV画面に向かってつっこみを入れた記憶があります。
 
 

425 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/03/23(火) 22:26
農薬が悪役として登場するドラマといえば、「北の国から」。

426 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/24(水) 00:48
 困ったもんですなぁ。
しかるべき団体がちゃんと抗議しないとだめだけど、
やる気なしだから話になりませんな。

427 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/03/24(水) 23:02
「農薬ネトマガ」にたてきさんがハルウララのことを書いていますが、
農薬にも開発中ので「ウララ」というのがありますね。
同じ会社がすでに登録を取っている「ランマン」と同様、春らしくていい名前だと思います。

428 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/25(木) 19:39
>>427
ランマンってのはそういう意味だったんですか。
ところで、今アメリカEPAに登録のある1-MCPという植物調整剤があります。どうやらエチレンの阻害剤のようで、花卉などの鮮度を維持するとか・・・。日本では柿やりんごなどの鮮度保持として試験もされていたみたいです。
この植物成長調整剤が登録をされるようなされないようなお化けみたいな話しがあります。何か知っているかたはいますか?日本ではポストハーベストが認められていないから登録は無理なんでしょうか?
アメリカの農務省などの文書を読むと、ポストハーベストの殺菌剤を減らすことができるので新規販売先(日本などポストハーベストを嫌う国)にりんごやトマトやアボガドを売り込む見込みがあるようなことも書いてありました。
登録されるような流れはありますか?


429 名前: Seimei 投稿日:2004/03/26(金) 00:56
>>428
つい最近の日本農業新聞にナシ「幸水」での試験結果が出ていましたね。
ただ、ポストハーベスト的使用なので農薬登録いらないんでは?
キウイフルーツの追熟に使うエチレン発生資材なんかは登録無いですよね。

430 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/26(金) 01:03
>>427
 ハルウララにハルランマンか、洒落てますね。次はイチバンかな。
お馬関係ではシンザンという除草剤がありましたね。

431 名前: ヤツデンワニ 投稿日:2004/03/26(金) 06:48
 1−MCPについては、現在、和梨と柿とりんごで、農薬
登録を申請中だとのことです。
 商品名はスマートフレッシュ。果実のエチレン受容体を塞
ぐことで老化を抑えるということで、品質にもよりますが、
りんごの「ふじ」では飛躍的に鮮度維持が持続するそうです。

 製剤自体は白い粉で、水に溶かすと発生するガスを果実に
吸収させるのですが、このときに結構高い密閉性が要求され
るので、専用の施設が必要とのことでした。

 青森や長野のりんご協会の機関紙には大きく取り上げられ
てて、『出荷調整に大きな期待』とか書かれてましたね。

 ポストハーベスト扱いということで、登録がとれるのが遅
れてますし、登録とれても使用を消費者が認めてくれるかど
うか微妙な気もします。
 でも、流通段階や店頭でのロスが大幅に減るということで、
量販店とかが使用を強く要望する事態も予想されます。
 ウソかホントか知りませんが、アメリカとかでは、この剤を
処理してない果実は販売しないと言ってるところもあるとか…

 青森・長野以外の零細リンゴ生産県にとっては、売り場がなく
なる可能性があって、かなり脅威を覚えているところもある
ようです。

432 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/26(金) 08:45
>>430
ハルヤスコ・ケイコは?

433 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/26(金) 14:02
この剤は、所謂農薬とは違います。あまりコメントはしないで、そっとしておいて下さい。
逆に味の悪いりんごは不味いまま貯蔵されますので、マイナー産地の美味しいリンゴは注目されるようになる可能性も含んでおります。
不味くて安い大量系は学校給食用、本当に美味しいリンゴは贈答用、嗜好品、、、とか。

434 名前: マーちゃん 投稿日:2004/03/26(金) 23:38
有名な船井幸雄「イヤシロチ」等を読んだが、
農薬と化学肥料は地磁気を弱め、マイナスイオンを減らし、
プラスイオンを増やす。動植物が元気になるイヤシロチを、
ケガレチにすると言っている。
農学部出身の人が言うことではないよう∋廚い泙后
何を根拠言っているのでしょうかね?

435 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/03/26(金) 23:54
船井幸雄『本物時代の到来』より
http://www.wink.ac/~ogaoga/hon3.html
● 自然のメカニズム以上の本物はない!
昔あって、今はないもの。資本主義文明にドップリ浸かっているうちに、いつの間にか忘れてしまったもの。そういうものを改めて見直してみると、
本物の生き方はもちろんのこと、たくさんの本物技術のヒントを見つける事が出来ます。昔あって、今はないもの。例えば有機農法での田んぼや畑です。
自然のメカニズムに勝る本物はありません。私はこのメカニズムを作った存在をサムシンググレートと呼んでいます。今の人間は、自然の摂理に逆わらず、
サムシンググレートの想像力に素直に従うべきだと思います。
※自然循環栽培とは?
まず体に悪いため、農薬や化学肥料は一切使いません。自然界の食物連鎖を活かし、なるべる余分な手を加えずに、
自然のメカニズムに任せようという発想なのです。
この人、京大農学部卒で、著作は多いようですが、かなり胡散臭い気がします。
どんな人なんでしょう?

436 名前: ヤツデンワニ 投稿日:2004/03/27(土) 07:44
>433
 とはいえ、長野の出荷が終わって青森が本格的に動き出す
間が勝負の当産地では、長野のふじ販売時期が後にズレて来
るのは死活問題なので、ちょっとドキドキです(汗)

 とりあえず、情報だけはしっかり集めておきたいところです。

 あ、431の4行目、“品質”じゃなくて“品種”でした。
「つがる」では効果が薄いそうですね。

437 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/27(土) 08:11
「量で青森、早さで長野、味で勝負は○○産」は私が10年以上前に作ったリンゴ用ステッカーです。
増刷しようかな。

438 名前: マーちゃん 投稿日:2004/03/27(土) 09:31
>>435
船井著書を何冊か読みましたが、
農薬と化学肥料に対する見解は同じでした。
何を根拠に、何を目的に言っているのか、
私もわかりません。
農薬と化学肥料への見解を何度も読んでいると、
多くの著書の内容すべてが、
偏見や一面からの単純思考の結論の如く、
極めて陳腐にしか思えないですね。


439 名前: ヤツデンワニ 投稿日:2004/03/31(水) 22:07
>「量で青森、早さで長野、味で勝負は○○産」
 ああ、イイですね〜〜でも現在は表示の規制がウルサイので
ちょっと危ないかもしれないです(汗)
 “保証”とか“極上”なんて言葉も使えなくなっちゃって、
どうやって宣伝していけばいいんだか…

 話が農薬からズレてしまいました(汗)

 現在りんご園では、マシン油を撒くためにSSが稼動中デス。
今年は花芽も良いし生育も早いので、大きいリンゴができそう
ですね♪

440 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/04/01(木) 14:34
いえいえ大丈夫。表現の自由ですよ。マシン油散布作業ご苦労様です。
柑橘地帯は安いケルセンが×になっちゃって大変です。
ヤツデンワニさん、今年も良いリンゴで儲けて下さい。

441 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/04/01(木) 20:27
先ほど農薬ネトマガを拝見しました。
たてきさんは新しい旅立ちをするとのことですが、農薬ネットは継続されるのですよね。
いろいろなことを教えていただいた農薬ネットがなくなるとしたら、残念です。
今後も引き続きここでお世話になることを希望いたします。

442 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/01(木) 21:07
>>441
 エイプリールフールだからあまり気にしないでください(^_^;)

443 名前: おろおろし 投稿日:2004/04/01(木) 21:08
>>441
突然の話で、驚き・桃の木・山椒の木 ですが・・・・・・・・。

私の29歳の時は、「大変だね」と言ってくれる人がほとんでで、
ただ一人「おめでとう!」でした。
その人は、別な意味でも私にとって恩人で、55歳を過ぎてから、
新たなチャレンジをされました。

人生いろいろ、決めるまでは悩みぬいて、決めたら迷わずに!!

444 名前: おろおろし 投稿日:2004/04/01(木) 21:09
>>442
そうでした!?

445 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/01(木) 21:53
 >>444
 だまされすぎ! スパイス利かせすぎたかな(^_^;)

446 名前: あるく 投稿日:2004/04/01(木) 23:43
今のこの業界ではこういう話はよくあるんで、「びっくり!
でもそうかもねえ・・・」とさらりとだまされてしまう環境が
つらいっす。
ここ数年本当に何回も「びっくり!」させられて仲間が去っ
ていきましたからねえ。
なんか、しんみりしちゃいました。

447 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/02(金) 00:35
>>446
 あらゆる面で規制でがんじがらめになっている業界なので
そのことでイヤになることはあります。
 それと商品開発を仕掛けてから実際に世に出るまでに、
合成研究なら10年、製剤研究なら5年、営業業績アップでも3年は
最低限かかるので、そのスピード感のなさが年を取ってくると
つらくなってきますね。農薬業界の商売は1年周期ですからね。

448 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/04/02(金) 23:48
みごとに引っかかってしまいました。
でも、とりあえずよかったです。
最近、身の回りで退職、転職の話が多いので、たてきさんもそうなのかと思ったのかもしれません。
こうなるのも、変化の多い時期だからこそかもしれませんね。

449 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/03(土) 02:02
>>448
 農薬業界はどこも不景気だから業界内で転職しても意味無いですからね。
転職するなら業界外へ行かないと意味無いような。
農薬メーカーはどこも会社として年を取りすぎているかな。
会社30年寿命説なんてのもあったけど、確かにそうかもしれない。
新しい農薬会社に移るか、自分で作るかだったら考えたいですけどね(^_^;)

450 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/14(水) 01:34
 これは笑った。
http://220.111.244.199/otakara/0413news01.jpg
 センスがあるって言うか、なんというか。

451 名前: yosi129 投稿日:2004/04/14(水) 09:48
わかる人しかわからない・・・ダー
思わずにんまり。

452 名前: ハモグリカメムシ 投稿日:2004/04/27(火) 08:30
こんにちは。
今年は昨年にも増してムシの発生が早く、大量の発生しているような気がしています。
3月末にはアブラムシ。。。ハモグリバエは大量。。。ついに4月にカメムシです。
みなさんの地域ではどうですか?
特別栽培農産物に取り組んでいる人たちはぎりぎりまで辛抱するのでしょうか?

453 名前: 名無しさん 投稿日:2004/05/19(水) 18:12
こんなホームページを見つけました。

http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~kse-home/topics/rent.htm#L
>除草剤とか除虫剤とかいうのは大概、劇薬である
>(たとえばこのあたりで、空中散布される松枯れ防止剤は、
>かつてナチスが人の殺戮に使用した毒物にメチル基を
>くっつけただけの燐系の神経毒薬)。
>どうして、大量の農薬を扱う農家に、毒物取り扱いの国家資格
>(のようなもの)がいらないのか不思議である。

「大概、劇薬である」ということが既に間違っていますが、
(たとえば〜中略〜神経毒薬)までは本当なんですか?
※仮に本当だとしても、登録農薬のことを知らない無知な人だと思います。

青山学院の助教授です
http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~kse-home/

454 名前: 生協商務 投稿日:2004/05/19(水) 18:41
イペリット(マスタードガス)もチクロンB(青酸ガス)もメチルパラチオン(ホリドール:71年失効済み)も何もかも一緒にしちゃってるのかな?

455 名前: 生協商務 投稿日:2004/05/19(水) 19:04
松に対する空中散布薬剤(無人ヘリ含む)は6原体ありました。
『有機リン系』となると、DEP、NAC、MEPの3原体のみです。どれが対象の農薬なんだろ?
他に適用があるのは、ジフルベンズロン(IGR剤)、アセタミプリド(ネオニコチノイド系)、チアクロプリド(チアクロプリド系)で、すべて有機リン系ではありません。
また、松枯れ病の直接の害虫(マツノザイセンチュウ)を駆除するなら注入剤による樹幹部注入が適用になっています。
HPを見ると筑波周辺に住まわれている方のようなので、ここ数年の防除として、松枯れ防止のための空中散布が行われていたか聞いてみます。
検証に耐えかねる文章ですね。


456 名前: 名無しさん 投稿日:2004/05/19(水) 19:31
失効した原体でも,ダイアジノン(有機リン系)が1剤あるだけ.

457 名前: abc 投稿日:2004/05/26(水) 00:36
1-MCPは登録申請中みたいです。日本ではポストハーベスト農薬使っていないのにいいのかな。
それに、果実に浸透するので洗っても落ちない。
ポストハーベスト農薬を使わない。農薬は洗えば落ちるは過去の話になるのかもしれない。

458 名前: Seimei 投稿日:2004/05/27(木) 08:51
>日本ではポストハーベスト農薬使っていないのにいいのかな。
ん?登録されれば、法的には「いい」訳でしょ。
浸透するから洗っても落ちない農薬は既にいくらでもありますよ。
それを計算に入れて、残留農薬の基準類は設定されています。
(というか洗浄しない状態で設定されている)

459 名前: やっさん 投稿日:2004/05/27(木) 21:02
昔臭化メチルは備蓄米の保存に使われていました。
もうすでに使われておりました。

460 名前: ヤツデンワニ 投稿日:2004/06/11(金) 21:52
 なんか農業に関わりのない人の中には、農薬さえ撒いてれ
ば楽にいい作物が収穫できると勘違いしてる人が多いですよ
ね。
 僕はリンゴとか果樹以外のコトはほとんど知りませんが、
リンゴだけでも農薬じゃどうにもならない病害虫が多々ござ
います。

 例えば腐らん病とか紋羽病なんて、発生した部位を切り取
るしか方法がない(最近は紋羽病に登録のある薬剤もありま
すが、あんまり効かないような)
 虫だと、カメムシさんなんかはリンゴ園に定住してないの
で、残効がほとんど期待できない。見つけ次第踏み潰してた
り(臭いのなんのって(汗))
 最近はワタムシとかカイガラムシなんてのが増えてきまし
た。摘果作業の際にはワイヤーブラシが欠かせません。

 その他にも数えれば両手の指がふさがりそうなホド、農薬
が頼りにならない病害虫がいっぱいあります。
 多分、他の作物でもご同様でしょう。

 で、何が言いたいのかと申しますと、無農薬で栽培してる
農家が努力家で、農薬を使ってる農家が怠け者みたいに言う
人がいますけど、決してそんなことはないですよと。
 普通のいわゆる慣行栽培をしている農家も必死に努力して
いることをアピールできたらなぁと思う今日この頃です。

461 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/12(土) 22:22
農薬掲示板のリンク先の2チャンのこのスレッド、
見ている方もいらっしゃるかと思いますが、面白いです。
【ばら】バラの園を夢見て〜無農薬栽培【薔薇】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/engei/1086080544/l50

462 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/06/13(日) 16:40
>>461
ここのスレッド見てみました(まだ全部は見ていませんが)。
バラを無農薬で育てている人が本を出したそうですが、いわゆる農薬登録のない資材を使っているようです。
このような資材を病害虫防除用に本で推奨するのは、農薬取締法違反になるのではないでしょうか。
農家には県の機関や農協が農薬取締法や使用基準を守ることを指導していますが、園芸関係は本からしてこの程度。
バラは非食用作物とはいえ、ハーブティーや食用花、ジャムとして食用にするケースもあり、
問題が大きいのではと感じました。
そういえば、以前(取締法改正後)、あるホームセンターで、園芸アドバイザーと称するおばちゃんが、
「この薬剤ならどんな作物にも使えます」といってオルトランを薦めていました。
大丈夫か、日本の園芸業界。
ちなみに、2ちゃんねるでは農業関係の掲示板はあまり盛り上がっていないようですが、
園芸関係は非常に盛り上がっているようなので、びっくりしました。
スレッドができて2週間ほどで、もう次のスレッドが立っています。
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/engei/1087050973/


463 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/15(火) 20:31
■□■ ご融資はお客様ときちんと相談して実行 ■□■

当社は、お客様とご希望額・返済計画・連絡方法などをきちん
と相談して、ご融資いたしますので何度もご利用なさる方が多い
お店です。  
1.キャッシュバック・キャンペーン実施中。
  完済時に支払い総額の2%をキャッシュバック
2.一本化ご希望の方は、返済計画をきちんと相談して低利で
  ご融資いたしますので、復活のチャンスとして下さい。
       http://www.daily333.com/
携帯から   http://www.daily333.com/i/

464 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/06/16(水) 22:43
↑晒しage
というのはさておき、>>461-462のスレッドはほどよく荒れていておもしろいですよ。

465 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/06/16(水) 23:01
Weekly Mag2 エンタテイメント版 まぐまぐVOW3より小ネタです。
ある晴れて暖かな日。お昼ご飯を食べようとしたら、ビール好きの義母がそ
れでも真っ昼間からアルコールはやばいと思ったのか、一言。「低農薬ビール
飲まない?」                   (農薬入りかいっ!)

466 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/17(木) 01:31
 おっと、>>463は消し忘れだ。
sageで書き込まれているから気がつかなかったよ。
まぁ、もういいや、今回に限り残しといてあげましょう。
大岡裁き(なのか?)

467 名前: 質問です 投稿日:2004/06/26(土) 07:30
みなさんは自分が栽培している作物で共通に使える農薬をどのように探しているのですか?
例えばブロッコリーとレタスを栽培している場合の共通に使える薬剤を探すにはどのような手段がありますか?
具体的には、コナガとヨトウの発生が予測されていて、系統散布のために系統が違う3種の共通資材を用意したいとします。
これがわからないから適用外使用の罠にかかるのではないでしょうか。

468 名前: YON 投稿日:2004/06/26(土) 08:30
http://www.jppn.ne.jp/nouyaku/
ここで「農薬登録内容検索データベース」から入ってください。で、
 「登録の有無」欄→「有効」を指定
 「用途」欄→「殺虫剤」を指定
 「作物名」欄→「ブロッコリー」を絞込みボタンと右フレームから選ぶ
 「病害虫」欄→「コナガ」を絞込みボタンと右フレームから選ぶ
で検索すれば該当薬剤の一覧が出ます。以上の操作を、「ブロッコリー+ヨトウ」
「レタス+コナガ」「レタス+ヨトウ」の総組み合わせでやって、共通して
出てくる薬剤があなたの知りたい情報でしょう。ただし、ヨトウの種類は
もう少し限定する必要があるかもしれません(ハスモンヨトウだとか)。
系統が同じか違うかは別途メーカのHPなどで調べてください。

469 名前: Seimei 投稿日:2004/06/26(土) 16:07
>>467
佐賀県果樹試験場が面白い事をやってますよ。
http://www.pref.saga.lg.jp/at-contents/shigoto/nogyo/kajushiken/seika/byougaityuu_nouyakukensaku_2002.pdf

もとデータが >>468 で紹介されているサイトのものなので契約上、配布できない
ようですが、似たような試みは発表はなくてもあちこちでやってるようです。
自県の防除所などへ問い合わせると、防除基準用の電子ファイルの抜粋ぐらいは
もらえるかもしれません。もちろん、自己責任でどーぞ(笑)

470 名前: とある県で防除基準を作成しているものです 投稿日:2004/06/26(土) 21:02
 久々の登場
>>469
 この電子ファイルの一覧表は時々使っています。
 残念ながら、Jpp−Netの利用契約上、配布は無理です。
 Jpp−netに加入していない自県普及センターへの配布も
できません。普及員からの要望はありますが、配布しないよう
上司からいわれています。
 無料公開している農薬検索から、一覧表作れば問題ないと思い
ますが、できるのかな?


471 名前: Seimei 投稿日:2004/06/26(土) 21:42
>>470
私が >>469 で言っているのは「防除基準用の基ネタ」ね。
JPPのを使っていても、手を加えていれば自県の著作物。
もっともJPPのをそのまま使える所も珍しいんじゃないかな。

472 名前: とある県で防除基準を作成しているものです 投稿日:2004/06/26(土) 22:01
>>471
 そうですね。
 しかし、手の加え方の解釈が難しそうですね。ふぅ〜っ。
 一般からの依頼が来るまで、考えないことにします。


473 名前: tea-farm 投稿日:2004/06/26(土) 22:19
エクセルのフィルタを使ったのって、随分前に生協商務さんが・・・(ry


474 名前: 生協商務 投稿日:2004/06/26(土) 23:03
>>473
現在も月1で更新していて・・・
そうですね、あれだとすぐに調べられます。
ただ対象病害虫なんかはわかりませんけど。


475 名前: 生協商務 投稿日:2004/06/26(土) 23:46
ついでだから、ちょっと調べてみました。
「レタス」と「ブロッコリー」に共通の登録殺虫剤は
個別商品で142剤。
一般商品名では42剤。
登録原体では20成分でした。
系統では
・BT剤
・IGR剤(クロマフェノジド、クロルフルアズロン、テフルベンズロン)
・オキサダイアジン系(インドキサカルブMP)
・カーバメート系(メソミル)
・合成ピレスロイド系(ペルメトリン)
・スピノシン系(スピノサド)
・ネオニコチノイド系(アセタミプリド)
・ネライストキシン系(カルタップ)
・フラニコチニル系(ジノテフラン)
・マクロライド系(エマメクチン安息香酸塩)
・ピロール系(クロルフェナピル)
・有機リン系(DDVP、PAP、アセフェート、ジメトエート、
 ダイアジノン、マラソン)
・合成ピレスロイド+有機リン系
 (フェンバレレート+マラソン)

それ以外に、
「レタス」と「アブラナ科野菜」ではクロルピクリン剤
また「野菜類」という分類でも相当数の農薬があります。


476 名前: 名無しさん 投稿日:2004/07/02(金) 14:44
なんとなく愚痴のような愚痴でないような、

今週のヤングサンデーの糸井重里の記事やクニミツや巷に溢れる農業理想論の記事を読むと
今の一般の人の農業のイメージって、
楽でのんびりできてあまり働かなくても良いようなイメージなんでしょうかね?
テレビでやっているダッシュ村のような感じなのかなあ。

なんか、農薬に対し賛否両論含め色々と考えても、
その前の時点で意味が無い気がしてたまらないです。

477 名前: 道産子百姓 投稿日:2004/07/02(金) 23:27
農薬の検索では
http://lib.ruralnet.or.jp/
の防除コーナーが使いやすいですよ
有料サイトなのにそこだけは無料で使えます。

478 名前: ★たてき 投稿日:2004/07/03(土) 00:03
>>477
 ルーラルネットにも農薬検索のコーナーがあったんですね。
気がついてなかった>じぶん(^_^;)

 で、使ってみましたが、作物名から検索するのに便利ですね。
設問が少なくてサクサクと調べることが出来て楽でした。


479 名前: 名無しさん 投稿日:2004/07/03(土) 13:01
DASH村で自給自足だったらとっくに死に絶えてますね…

480 名前: ヤツデンワニ 投稿日:2004/07/21(水) 07:24
 酷暑やら豪雨やらで、農作物にも甚大な被害が各地で報じ
られております。
 被害にあわれました地域の皆様には、心からお見舞い申し
上げます。

 こちらも長雨で蒸し暑く、果樹や野菜に病気が広がりそう
です。なんかリンゴの葉っぱが黒くなってきてるんですけど…

 去年は冷夏で、それでもいくらか農薬で持ち直したもので
すが、さすがにここまで来ると、何の役にも立たないなぁ。
(当りまえ)

481 名前: ★たてき 投稿日:2004/07/21(水) 22:55
 ちょっと衝撃的なHPを見つけました。
「あの」石川梨華が六甲おろしをソロで歌っています。
ラジオの番組中での出来事のようです。
モー娘。とタイガースのコラボレートは初めてではないでしょうか!

http://members.at.infoseek.co.jp/ec_washere/rikarokkou.html


482 名前: 梨華。 投稿日:2004/07/22(木) 01:03
>>481
すでにリンク切れです。

483 名前: ★たてき 投稿日:2004/07/22(木) 01:12
>>482 うひゃぁ、保存しとけば良かった(悲)

484 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/12(木) 08:22
小松菜の栽培期に使用できる殺菌剤は「ユーパレン水和剤」と
「サンドファンC水和剤」しか登録がありませんが、
両剤とも生産を中止しており登録の更新をしないような話を聞きました。
どんな事情なんでしょう?
小松菜の白さびなどの初期防除ができなくなってしまいます。
一応、経過措置申請に基づく登録のための試験を
アゾキシストロビン(アミスター20フロアブルかな?)、
オキソリニック酸(スターナ水和剤かな?)で行っているようですけど、
…それらの新規登録拡大と在庫の有効期限にタイムラグが
でてしまった場合、それでも「有効期限切れの農薬を使用しない」
という努力義務は優先されなくちゃいかんのかな?
「スルフェン酸系」は「ユーパレン水和剤」のみなので
原体失効になるのでしょうが、
「オキサジキシル」が失効となると「サンドファンM水和剤」や
「クリーンヒッター」もなくなるのでしょうか?

485 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/12(木) 11:40
自己レスで馬鹿みたいですのでsage

外資の原体バッサリ整理のようですね。
「サンドファンC水和剤」については、当該原体メーカーが自社の原体と
競合するオキサジキシルの製造を中止したという流れのようです。
明治製菓さんと北興化学工業さんは日本の農業の現状から在庫の
原体がある限り製剤の登録を更新し、
少ない製品を主に必要とする北海道に集中させるとのことでした。

小松菜の白さび病に適用拡大試験中のアゾキシストロビンも
その原体メーカーのものだということで、当該外資一人勝ちかな?

もう少し生産者サイドによった登録や生産をお願いしたいです。
がんばれ明治製菓&北興化学工業!

486 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/12(木) 18:14
サンドファンやユーパレンについては、農薬登録申請に関するガイドラインが改正されるため、
新たなデータを提出することが必要になり、その費用を出しても売り上げが見込まれないために
登録の継続を断念するとのことです。
したがって、サンドファンM水和剤やクリーンヒッターも失効になります。
ほかにもいくつかの有効成分が失効になるそうです。

487 名前: たてき@帰着 投稿日:2004/08/13(金) 01:52
 殺虫剤や除草剤でもいくつかの原体が無くなると聞いています。
おそらく私が聞いていないものも多々あると思いますので
相当な量に上るでしょう。
 生産者サイドにのっとった登録維持をやりたいのは山々ですが、
現在の農薬収益性の低下や規制の強化によって、多くの原体は赤字であり、
メーカーも限界です。

488 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/13(金) 08:43
>>486 >>487
なるほど、理解しました。
そういう点も含めると、今回の明治製菓と北興化学のサンドファンC水和剤の
登録更新はギャップを埋めるデータを独自に揃えるわけですか?
だとしたら偉いなぁと感心。

>ほかにもいくつかの有効成分が失効になるそうです。

>相当な量に上るでしょう。

そのような剤の失効はやむなしとしても、
失効に合わせて代替剤の適用拡大を進めて欲しいです。
どんな剤がなくなるのだろうか…。こちらはわからない。
さやいんげんのケルセン、小松菜のサンドファンCなど
突然なくなることで安定した生産継続が難しくなる剤がでるのが困る

489 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/14(土) 01:32
>>488
 無くなるのは古い原体なので多くの適用を持っているものが含まれます。
よって、ある種のマイナー作物には厳しい状況が訪れるかもしれませんが、
しょーがないですよね。

490 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/18(水) 20:35
先ほど食事中テレビを見ていましたら、
http://www.infinity-japan.com/
この会社が提供する洗浄水生成装置のCMが流れていました。
内容をかいつまんで言うと、
この洗浄水にブロッコリーなりプチトマトを浸漬しておくと
残留農薬や雑菌が落ち(ここで浸漬した洗浄水が農薬で
濁る映像が映される)、それを食べた女性がおいしいと
喜ぶというものです。
この洗浄水がどういうものなのかは全くわかりませんが、
そもそも水が濁るほどの残留農薬が付着しているのかどうか、
実際のところはどうなんでしょう。
収穫前日に水和剤かフロアブルでも大量にぶっかけ、
洗わないで漬け込んでもそこまで濁りそうもないのですが。

491 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2004/08/18(水) 21:43
>>490
 そのHPから、CMの動画がダウンロードできたので、
見ました。
 さて、農薬工業会はどう動くのかな。。。

492 名前: tea-farm 投稿日:2004/08/18(水) 22:11
前にも、農薬が落ちる洗剤がどうの・・というのがありましたね。

リンク先はおいておいて、代理店を見るとどうもペーパーっぽい。
実体がありそうな会社もあるけれど、訪販会社系統ばかり。

で、>>490
前にもあったとおり、pHを振るようなものなら本来植物についている
ワックス類が水面に浮くと思いますよ。
ただ、漬けておいたところから取り出してそのまま食べると・・・
ゴミ、ワックスのみならず、表面に浮いているもの全てを付着させて
要るようなものですからねぇ。

こんなの使うなら、1m位の活性炭ろ過機を自作して通水した方が利口だと思いますが。
#普通のというか、ほぼ全ての浄水器って炭化水素を除去できないし。

493 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/18(水) 22:34
>>490
 この前、百貨店の地下でもデモンストレーションやってました。
>>492にあるとおり、アルカリだったらこういう現象はあるのかと
思うのですが、それだけでもなさそうです。
 悪く言えばカラクリ、よく言えばメカニズムを検証する必要があるでしょうね。
水が濁るほどの残留農薬が残っていることはないと思われますが、
世の中には極微量でも発色したりする試薬もありますからね。
ただ残留農薬といっても単一の種類の農薬が残ることはないですしね。
かなり広範囲な化学物質あるいはタンパクや汚れなどに反応するもんでしょうね。


494 名前: やっさん 投稿日:2004/08/18(水) 23:55
はっきりいって詐欺!
水が濁るのは植物由来のワックスと反応しているのかな?
それとも白骨温泉の草津の素みたいに白濁するのかな?
まあ、白濁するのが農薬っていうのは開いた口が開きません。
明らかに優良誤認になりますね。だれか告発して取り締まってもらいましょう。

495 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/19(木) 08:10
公正取引委員会の目にはいるといいですね。
「実証データを2週間以内に示しなさい」とね。

この中に恐らく証明できない矛盾する宣伝文句が入ってる。
(1)残留農薬を除去する
とあるが >>494 のいう植物が自らの水分蒸散や外部からの
病害虫侵入を抑制するロウ状物質やオレイン酸などの溶出だと思われ
(2)「除菌による作用で食材の日持ちがちがいます」
とあるが、表面の保護層が溶出し無防備になった農産物の日持ちが
果たして良くなったものか
それぞれのデータを矛盾なく示すことは難しいでしょうね。
しかも、洗浄水が有害物質と有害物質ではない物質を見分けることが
できるデータも必要です。
「天然素材」というのも引っかかりそうです。
示さなくてはなりません。

ところでいくらなんでしょうか?
きっと電話じゃ教えないんだろうけど、みんなで聞くと値段も
様々だったりして(言い値の世界かな)

496 名前: やっさん 投稿日:2004/08/19(木) 21:36
書いてましたよ。
10万から30万ぐらいかな。
まあ、この手の商品にはつきやすい価格ですね。

497 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/20(金) 08:21
>>496 どこに書いてあるのです?
10〜30万ってアバウトな…。オプションがあるのかな。
この価格帯って、人生の失敗を学ぶのに丁度いいんでしょうね。
英会話セット、鍋セット、催眠商法の羽毛布団、などなど。
洗脳さえすれば微妙に出させちゃうことができる金額…。

498 名前: 生協商務 投稿日:2004/08/20(金) 08:29
「GDPにノミネートされています」って1万円払って応募して
書類による一次審査を通過しましたってことでしかない。
グッドデザイン・プレゼンテーション
http://www.g-mark.org/gdp/

載ってましたよ「ファウンテンキュア ウォッシャー」
https://www.g-mark.org/d-monitor/nominate/Detail?adjudge_no=A0510066&return=Summary%3Fposition%3D0
102,900円なんですね。

「私たちが普段口にする食品には農薬や雑菌等に汚染され、
水洗いだけでは除去しきれず、食の安全性は深刻な問題と
なっています。」って死んだ人でもいるのか?

499 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/23(月) 22:44
 残留農薬基準の話は

「残留農薬基準について」

 上記スレに移動しました

500 名前: 地野邪鬼 投稿日:2004/09/08(水) 17:41
作物泥棒はどんどん捕まって欲しいものです。
しかし、産地等のはっきりしない農作物でも簡単に買い上げるという小売店は問題だと思います。簡単に金になるから泥棒がでる。
農産物の取引って「信用」とかは関係ないのでしょうか?安けりゃ盗品だろうと構わないのかな?

http://www.sankei.co.jp/news/040906/sha057.htm

コメ泥棒の42歳男を逮捕、45件を供述 福島
福島県警白河署などは6日までに、同県古殿町の農家から玄米を盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定、無職春日勇雄容疑者(42)を逮捕した。同容疑者は45件のコメ窃盗を供述しており、同署は20件について裏付けを終え、さらに追及している。
調べでは、同容疑者は2003年6月26日午後、同町の農家に保管されていた玄米約360キロ(約10万3200円相当)を盗んだ疑い。
同署によると、昨年から多発していたコメ窃盗事件について事情を聴いていたところ、45件の犯行を自供、03年10月から04年6月の20件(玄米計約5トン、約150万円相当)の裏付けが取れた。
同容疑者は盗んだコメを県内や関東地方の小売店で売却、生活費や遊興費に充てていたという。


501 名前: 通りすがりかあさん 投稿日:2004/09/15(水) 17:25
最近、アレルギーで検索するとやたら当たるこれらのページ。
http://www.hajime-net.jp/Dr-Kakuta/allergy_seikatu/04/04-37.html
http://homepage2.nifty.com/smark/
 (アレルギーっ子の生活百科→アレルギーっ子の生活環境→有機リン化合物・・・)
なんかかなり不安を煽る表現がちらほらありますが、専門用語が多く素人のかあさん
にはいくら読んでも情報の信頼性がよくわかりません。
ポストハーベストは不安ですが極端な話給食のパンを食べて他動になったり、
輸入大豆の納豆が命取りになったらエライことだとは思うのですが。
サイト制作者は著名アレルギー専門医のようですが疑ってるのは私だけでしょうか。
低レベルな質問ですみません。


502 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/16(木) 00:38
>>501
「農薬とアトピーの関係について」
 というスレに発言移動しました。
そっちでやりましょうか。
http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655206

503 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/17(金) 12:57
タキイ種苗が春系きゃべつの「金春」の種子を回収していますね。
噂では結球しないとか(本当かな?)
http://www.sakataseed.co.jp/040915kinshun/040915kinshun.html
どのくらいの影響があるんだろ。

JA秋田ふるさとでは晩生のイモノコを早生として配布してしまっていて
というニュースもあったし、
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20040916a

異常気象や農薬取締法改正によるドタバタだけではなく、
人為によっても生産者は振り回されていますね。

504 名前: tea-farm 投稿日:2004/09/17(金) 13:42
金春・・・父親の種子が入っているとかって記事が出ていましたね。
そんなこともあるんですねぇ。
以前、茶の苗木で、発注したのと違う品種だったというのがありました。
出荷した方は、発注した品種だと思っていたらしいですが、採穂の段階で
既に間違っていたらしい。

505 名前: スー 投稿日:2004/09/17(金) 17:45
>>503
金春は年内取りから1月中旬収穫の春系キャベツで、産地では8
月末までには播種を終えているはずです。冬春キャベツは既に播
種時期をすぎているので、今から代替の種子に交換してもらって
播種してもまにあいません。種苗メーカーが補償をどのように
するか、とても興味があります。
 1ロットのみのトラブルなのでどれほどの栽培面積かは分かり
ません。しかし、年内取り春系キャベツのメイン品種のはずです
から、年末に多少の影響があると思います。この前の台風は関東
東海への被害が少なく、おそらく寒玉キャベツで十分カバーされ
ると私は考えます。(勝手な予想が間違っていたらごめんなさい.)
 キャベツはヤミカルテル対象作物で、種子の価格を種苗メー
カーが相談して決めていました(今年もカルテルを続行している
かは不明です。また一部メーカーは公取からの勧告を受けてカル
テルから脱退しています)。種苗メーカーは種子販売による利益
をカルテルによって維持しているのですから、今回のようにト
ラブルが発生したときには、きっちり補償して欲しいものです。

506 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/18(土) 07:50
>>505
そうですね。
既に播種は終え手遅れという該当産地がありました。
ところで種子の1ロットってどのくらいなんでしょうか?
管理すべきロットが細分化(圃場区画ごとなど)されていれば、
対象品は諦めてすべて畝ってしまうべきですが、
ロットが大きく、「一部に」性能を発揮しないものが混入している
かも知れないレベルだと、今から畝るより一か八か栽培してみる
という選択もありえます。
該当産地は銚子方式(アイデアは三浦半島発らしい)と呼ばれる
春キャベツ栽培をしており、
11月ころにある程度の大きさの春系キャベツが圃場にあることが必要で
その辺の情報を収集中でした。

507 名前: キャベツ畑 投稿日:2004/09/18(土) 11:27
503 タキイ種苗が春系きゃべつの「金春」の種子を回収していますね。

サカタです。


508 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/18(土) 15:09
>>507 (>_<)カッコ悪!
タキイ種苗さん、スンマセン。
ちょうど直前にタキイ種苗さんの「農業・園芸用語集」を
眺めており、お世話になっていたのに・・
http://www.takii.co.jp/yougo/kensaku.html
だから弾みで錯誤しちゃったよ

509 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/18(土) 23:44
生協に思わぬ(?)逆風です。

消費者機構日本の新会長に根来氏
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/npb/1095466500/l50


510 名前: tea-farm 投稿日:2004/09/19(日) 00:44
人がどうなのかは知りませんが、本当に就任されたらトンでもない
イメージダウンになるかも知れませんね。
事実経過がどうであれ、ブチ切れて辞任したのは確かですから。
騒動ほったらかしで。後は労使紛争だから勝手にやれっていっても
労使共に烏合の衆なのに。

元検事、元公取委員長の肩書きは大層なものですが、たかが数回の
交渉のとりまとめもできない人がねぇ・・・。
持論に固執する人なんでしょうか。

って、スト突入云々を知ったのはホンの2時間前でした。

511 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/19(日) 07:38
>>509
何も言えねぇッス
面倒になっちゃたよ
板は全部読んでみた

512 名前: 湖水 投稿日:2004/09/21(火) 20:52
>506,507
三浦半島では、12−1月採りは、5割くらい金春でしょうか。
家によっては、かなりの被害です。
私のところは、コート種子を使っているので、ロット違いでした。
シーダーテープもロットが違うようです。
生種だけが、別物の様です。
で、ロットの大きさですが、どこの種屋から買ったのも同じロットの様です。
私は、いつも2ヵ所の種屋から買っていますが、来た種のロットNO.はいつも同じです。
暮れのキャベツがどの程度高騰するかは、これからの天候によるでしょうけど、
金春がメインの産地は多いとは思えないので、そんなに高騰するかな?
一か八か植えるのはやめといたほうがいいと思います。
ロスが多ければ、多少高くても合わないです。それよりは、3月採りの相場を
期待したほうが。無理に間作にするより、春キャベツ単作で、寒冷紗でも掛けておいたほうが。



513 名前: 名無し君 投稿日:2004/09/22(水) 00:13
>>503回収に来ました、植え付け終了してました。

懇意な種屋さんのおかげで代わりの苗のプレゼントで植え替え終了。話はこの辺で終了しないと緊急輸入の準備がされる可能性があるので止めときます。


514 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/22(水) 08:29
>>512
銚子方式(オリジナルは三浦半島)は間作っていうんですか。
最初に三浦半島で見たとき感動しました。知恵と手間だなぁと。
春キャベツを4月に出荷するためには必要なのかなと思ってましたが、
単作でも4月に出荷できるんですか?
そうなると今回の件で4月の春キャベツが過剰になっちゃったりして。

515 名前: 湖水 投稿日:2004/09/23(木) 22:04
>512
春キャベツ単作なら、3月中に出ます。
間作の利点というのは、短期間に、2回収穫できるところです。
12−2月に収穫して、4月にまた収穫。
風よけの効果はあるけど、それほど重要じゃないです。
手間がかかるので、私は、10年位前からやってません。
4月より、3月採りが増えるのではないかな。



516 名前: とだ 投稿日:2004/09/24(金) 18:35
いま質問した「つる枯らし」の内容はどこにupされているのでしょう。
新着レスの表示をクリックしても表示されません。http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655229&st=515&nofirst=none

517 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/09/24(金) 18:51
>>516
●●気軽になんでも質問、たてきが答えるスレッド2●●にありますよ。

518 名前: みわにて 投稿日:2004/09/26(日) 07:59
別のスレで農薬工業界のシンポが紹介されていましたが、
こんな研究会も開催されるようです。
第12回農薬レギュラトリーサイエンス研究会 
http://wwwsoc.nii.ac.jp/pssj2/kai/regula/regula12.html

テーマ : マイナー作物、輸入食品、食糧生産などから食の安全・安心を考える
講演及びパネルディスカッションによる討論
講演者 :
 * 食品安全委員会・事務局評価課・木下光明氏
 * 農林水産省・農薬対策室・横田敏恭氏
 * 生協
 * JAふかや・営農指導センター
 * マイナー作物生産者
 * 食品科学広報センター・瀬古博子氏
 * 反農薬東京グループ・辻万千子氏
特別講演 :(独)農業環境技術研究所・理事長・陽 捷行氏
「農業とエコ・エコノミー」

519 名前: おろおろし 投稿日:2004/09/26(日) 09:33
>>518
農薬工業界 →(変換間違い) 農薬工業会 ですね。
研究会の開催場所、「田舎もの」とっては遠いなあ・・・。

520 名前: Seimei 投稿日:2004/09/26(日) 16:56
>>518
反農薬がメンツになっている辺り面白そうですね。最初からみんな賛成じゃ、
大政翼賛会だもんなぁ。(コーディネーターは大変だろうけど)
農薬学会は熱心に色々な部会やってますね。
残農研究会のポジティブリストも面白そう。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/pssj2/kai/zanryu/zanry27.html

521 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/26(日) 19:11
>>520
 レギュラトリーサイエンスは前からいろんなメンツが入ってますよ。
2001年だったかな?私もこの会で講演しています。

522 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/09/28(火) 15:36
どこに掲載するか迷ったので、ここに書きますが、JPP-NETのHPによると、
「10月1日から農薬登録情報一般公開ページを閉鎖します。農薬登録情報は会員専用ページをご利用下さい」とのことです。
日本植物防疫協会に代わり、農薬検査所が運営を担当するためとのことです。
「農薬登録内容検索データベース」が使えなくなるのは痛いですね。
でも、これまでデータベースを無料で使わせてくれた日本植物防疫協会に感謝すべきかも。
http://www.jppn.ne.jp/

523 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/28(火) 17:24
>>522
っ!

524 名前: メロン小僧 投稿日:2004/09/28(火) 19:56
>>522
非常に困惑してます。農家や農薬販売店に勧めまくったのに
でも新たなデータベースの提供なのでしょうか?


525 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/09/28(火) 22:44
たぶんJPP-NETの有料サービスをお使いくださいってことになるのでしょうね。
でも高かったような・・・。

526 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/09/28(火) 22:48
エグゼクティブで月2万5千円、ベーシックで月1万円ですね。
確かに高い。

527 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/29(水) 00:31
うげげ、JPPネットが有料化するのは運営母体からすれば
致し方ないとして、農薬登録情報は農水が責任を持って公示すべき
内容のはず。税金を使って無料で閲覧可能にするのがあるべき姿では?
農水はJPPネットを買収してでもそうすべき。

528 名前: Seimei 投稿日:2004/09/29(水) 02:01
確かにJPPネットには感謝すべきで、恨むは農水だよなぁ。
農取コンプ板で反農薬さんが紹介してくれた農薬ナビが役目を
引き継ぐって訳でもないのか?
http://nouyaku-navi.info/

529 名前: スー 投稿日:2004/09/29(水) 08:49
普及センターはJPPネットの会員になっているのでは?私は
普及センターでJPPネットを利用したことはありませんが、
他の有料のネットを利用させてもらったことがあります。
2万5千円(年間だとなんと30万円)節約できると思えば、
普及センターへ行くのも苦にならないです。

530 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/09/29(水) 08:55
>>528
農薬ナビは主に防除時の適用内容をチェックするのが目的なので、
JPP-NETに取って代わるものではないと思いますが。

531 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/29(水) 09:00
まじめに困ってまして、
「農薬登録速報」を見ることができないのもつらいッス。
特に産地が待望しているマイナー作物の適用拡大が進められており、
その情報は速報の形で産地へ発信してきましたが…。
また、フェンピロキシメートの収穫前日数短縮のように「赤字」で
表現されてきた注意情報も確認できない。
ど〜すりゃいいの?

ところで9月22日登録の「草仁ジャンボ」って、でっかい草野仁?

532 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/09/29(水) 18:20
この発言は削除しました

533 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/09/29(水) 18:31
この発言は削除しました

534 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/09/29(水) 21:02
この発言は削除しました

535 名前: 名無しさん 投稿日:2004/09/29(水) 22:20
薬検が責任を持ってデータベースを管理するということではないのでしょうか?

536 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/29(水) 23:21
>>535
 当然そうあるべきだと思いますけどね。
登録情報を見るのに有料というのは制度としておかしいはず。

537 名前: みわにて 投稿日:2004/09/30(木) 01:54
>>529
>普及センターはJPPネットの会員になっているのでは?
加入していない都道府県の方が多いと思います。
病害虫防除所なら確実に加入しているかと。

農水省の農薬コーナー http://www.maff.go.jp/nouyaku/ には、
“農薬登録情報ホームページは、10月1日よりJPP−NETに替わり
 独立行政法人農薬検査所が運営を担当します。これに伴って、
 データベースの検索方法、提供情報の内容が変更になります。 ”
とありますよ。

538 名前: スー 投稿日:2004/09/30(木) 07:18
 農家としては年に1回は自分の在庫農薬について登録内容を
確認したいです。適用作物が変更(自分の栽培する作物が除外
されていないか)、それと収穫前日数が変更されていないか、
この2点は確認しないと、残留農薬基準を守れません。
 できれば適用内容の変更は年に1回定期にしてほしいです。
そうすれば確認した直後に適用内容の変更があったなどという
ことがなくなります。

539 名前: のこのこ 投稿日:2004/09/30(木) 14:18
農薬検査所に電話で確認してみましたが、
これまで通り、10/1以降もmaffの農薬コーナーにて
「登録情報の検索」と「登録速報」を継続して提供するが、
JPP-NETさんのシステムと別に、農薬検査所で管理するものに
切り替えするのだとのこと。

検索システムが別のものにかわると思われますので使い勝手が
変わる可能性はあるようですが、基本的に必要な項目については、
これまで同様に提供するとのことなので、あわててJPP-NET会員に
ならずとも、情報が得られなくなるという心配はいらないようです。

ただ、JPP-NETさんは有料サービスなので、より付加価値を高めた
情報を提供できる面はあるでしょうとのことでした。


540 名前: 生協商務 投稿日:2004/09/30(木) 18:13
>>539
僕も電話で確認してみました。
10月1日10:00を目処に作業が進められているそうです。
とりあえず安心しました。
農薬検査所のHPにアップです。http://www.acis.go.jp/index2.htm

541 名前: がしら 投稿日:2004/09/30(木) 22:39
JPP-NETで、登録情報を調べようと思ったら、もう閉鎖されてました。orz

542 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/30(木) 23:06
>>540
 安心しました。メーカーサイドの私でさえ、最も信頼できる情報源として
活用していましたからね。

543 名前: スー 投稿日:2004/10/01(金) 06:15
>>540
私も一安心。農薬検査所の検索システムがJPPのものより
さくさく動いてくれたらとてもうれしいです。

544 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/01(金) 13:00
とりあえず、「農薬登録情報検索システム」の新URLです。
使い勝手はこれから試してみます。
http://www.acis.go.jp/searchF/vtllm000.html

545 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/01(金) 15:52
農薬検査所の新しい「農薬登録情報検索システム」使ってみました。
非常に使い勝手が悪かった。
これで防除基準や防除暦のチェックをやったら
膨大な時間がかかりそう。

546 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/01(金) 17:18
>>545
具体的にどこが使い勝手が悪かったですか?
報告があれば、関係者も見ているかもしれませんので、改善される可能性があります。
今日は初日なのでアクセスが多く、レスポンスが悪くなったり、混雑しすぎのため接続できなかったり
しているようですね。

547 名前: 生協商務 投稿日:2004/10/01(金) 18:24
>>544
何が起こった農薬検査所!
サーバにつながらん。
ここだけならわかるが、トップページからも入れん!

548 名前: メロン小僧 投稿日:2004/10/01(金) 21:03
一時はどうしようもないくらい動きませんでしたが、
なんとか使える状況になりました。
個人的にはCSVファイルダウンロードはありがたいけど、
野菜類(〜を除く)て何?使いづらいです。素直に野菜類で
検索したいのですが・・・・野菜という分類は何?

549 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/01(金) 23:15
>>548
「野菜類」のグループとしてグループとして登録されているものではないですか?
生物農薬とか銅剤とか。

550 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/01(金) 23:26
勘違いしてしまいました。
野菜と野菜類は同じだそうです。(農薬検査所に確認済)

551 名前: みわにて 投稿日:2004/10/02(土) 07:41
>>544
自分はなかなか良いのではないかと感じました。

手元にある農薬の最新の適用情報を調べる場合は、
“病害虫の防除指導に必要な情報 −簡易検索−”で
ラベルに記載された登録番号を入力して検索すれば一発だし、

防除暦の作成やチェックなどをする時は、
“農薬登録情報ダウンロード”で作物と殺虫剤か殺菌剤を
指定してダウンロードしたデータを、エクセルで病害虫名
で並び替えれば凄く便利なのでは。

作物名やら病害虫名が分かりにくいのは、現在ある登録内容が
そのまま使用されているからでしょう。
>>548の例だと“野菜”で登録がある剤、“野菜類”で登録が
ある剤の両方があるためと思われます。また、グループ化対応
で適用拡大した剤なんかで、“野菜類(ハクサイを除く)”
なんて登録もそのまま使用されているのでしょう。害虫名だと
“ヨトウガ”、“ヨトウムシ”、“ヨトウムシ(若齢〜中齢)”
などとなっていたりします。
複数選択できればそれほど問題にならないと思いますが、
今ちょっと確認できません。

552 名前: 梨華。 投稿日:2004/10/02(土) 11:02
10/2付けの朝日新聞に、北海道の農家がGMO大豆を来年から商業生産するという記事がでてましたね。
時代は、一歩出たのですかね。。。
さすが、先進的なクリーン農業と、経営規模の大きなビジネス農家の本拠地ですね。

八郎潟の次は、長沼だ!

553 名前: メロン小僧 投稿日:2004/10/02(土) 16:18
>>551
使い勝手はわるくなさげなのですが、資料を作るときや履歴の
確認では「ミニトマト」、「野菜類」で検索して資料作成しま
すのでちょっとつらい・・・
>複数選択できればそれほど問題にならないと思いますが、
3つまでですね現在は・・・・

それと作物名選択の階層がわかりづらい。
野菜類
  野菜
  ・・・・
 アブラナ科野菜
・・・・・・・
上記の野菜類を選択するとすべての野菜の農薬が・・・

554 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/05(火) 18:16
ホリドール未開封新品ハケーン!!
使用期限昭和46年・・・(^^;
使えるのか?

555 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2004/10/05(火) 19:29
>>554
 ホリドール=パラチオンは、改正農薬取締法により、
使用禁止農薬になっています。残念。。。
 

556 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2004/10/05(火) 19:32
補足
 http://www.maff.go.jp/nouyaku/kinshinouyaku-toha.htm


557 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/05(火) 19:36
>>554
 古い農薬を探している人がいましてねぇ。
セレサン石灰は出てこなかったですか?
某研究機関が買ってくれます。

558 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/06(水) 08:15
>>552
組換え大豆を栽培するとしたら、やっぱりラウン○アップを使うのですかね?
大豆に登録があるのかな?
普通に大豆に登録のある殺虫剤や殺菌剤はもちろん組換え大豆であろうと使ってよいのでしょうけどね。

559 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/06(水) 17:11
ラウンドアップは大豆の登録ありますよ。
播種後出芽前処理と耕起前処理ですが。
生育期には散布できないので、どのタイミングで使用するか悩ましいですね。

560 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/07(木) 15:48
北海道の方は、止めさせたいようですね。以下、毎日新聞です。
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2004/10/05/20041005ddr041020001000c.html

561 名前: のこのこ 投稿日:2004/10/08(金) 16:49
農薬検査所さんの農薬登録情報速報(H16/10/06)を見ましたが
残念ながら現場で使うにはちょっとツライもののようです。

http://www.acis.go.jp/searchF/index/20041006.html

JPP-NETさんの時のような「登録内容の何がどう変わったのか」が
記載されないので、過去の登録と現在の登録を比較してみないと
変更点がわかりません。

これは結構手間がかかりますし、見落としたりする可能性もあるでしょう。
JPP-NETさんの会員になれば、従来どおりの情報を得ることができると
思われますが、他になにかいい方法をどなたかご存知ありませんか?


562 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/09(土) 22:54
>>560
 記事によれば、その農家は農薬の適用がないことについても
抜け道があるというような発言をしていますが、どういうことなんでしょうね。
抜け道なんかないでしょ?

563 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/10/10(日) 08:25
ラウンドアップと遺伝子組換え作物に関する
モンサント社の悪行と善良な市民の戦いが、
良く紹介されていますので・・・必読
「世界食料戦争」天笠啓祐著(緑風出版2004)
特に第5章を見てください。


564 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/10(日) 12:02
読みます。ですけど天笠啓祐ってだけで興味半減・・・

565 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/10/11(月) 00:51
食の安全確保の立場から見た農薬について聞いたところ、
逆に、「食で安全が確保できてない農薬に関する点は何処でしょうか?」
と反問されました。反問への模範回答を教えて下さい。
適用外使用、残留農薬、ドリン系などの土壌残留、輸入農産物、
検査体制、・・等など

566 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/12(火) 01:13
>>565
 今の農薬の問題点という意味でしょうか?
「安全」が確保されていないという意味では特にないのでは?
「安心」が確保されない、「法令遵守」が確保されないという点では
多々問題はあると思います。


567 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/12(火) 01:59
>>555-557 さすがに危なっかしくてまともに使う気にはならんけど・・。
神経に効くらしいから。
カラスに食わせるとか取っとけ。と言われたが。

568 名前: TJ 投稿日:2004/10/12(火) 09:52
>>565
「食で安全が確保できていない農薬に関する問題点」は、
1)使用基準違反、残留基準値オーバーの頻発
2)残留農薬に対する消費者の不安がどうしても払拭できない(依然として、発がん
の原因物質として残留農薬を挙げる人が7割近くもいる。)
...ということでしょうか。


569 名前: みわにて 投稿日:2004/11/11(木) 06:48
11月10日の日経産業新聞  http://ss.nikkei.co.jp/ss/ に、
EUREP−GAPの認証を日本の農家が初めて取得したという記事が
掲載されていました。

Web版がタイトルしか無いです。
片山りんご、欧州の農業衛生管理の認証取得

一部抜き書き
審査に合格したのは片山りんごが経営する弘前市内の果樹園。
栽培面積は12.9ヘクタールで、11品種を年300トン収穫。
英国を中心に年11〜12トン輸出している。
審査対象は果樹園の土壌成分から、リンゴを詰める木箱や搬送用
トラックの荷台に至るまで、農場内の生産工程全般の衛生状態。
有害生物の有無や衛生管理に加え、労働者の衛生、安全や環境汚染
状況等もチェックする。
欧州では大手スーパーがEUREP−GAPの認証取得を仕入れ
先の農家に義務付ける動きが拡大。昨年末までに野菜・果実部門
だけで41カ国以上の1万3千の生産者が取得している。


570 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/01(水) 07:21
Food Scienceの松永和紀さんのコラムで >>518 の研究会が取り上げられていました。

松永和紀のアグリ話●激突期待できる農薬リスクコミュニケーション
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fs/kiji.jsp?kiji=286

その中でプログラムの詳細も紹介されていました。

第12回農薬レギュラトリーサイエンス研究会 
http://wwwsoc.nii.ac.jp/pssj2/kai/regula/regula12.html
12月16日(木) 13:30〜17:10
 13:30-14:20 食品中の残留農薬
        永山敏廣(東京都健康安全研究センター)
 14:20-15:10 食の安全と安心を求めて〜農薬をめぐる諸問題〜
        瀬古博子(食品科学広報センター)
 15:30-16:20 伝統野菜「ぼうふう」の生産と野菜
        守谷賢一(川口市農業委員会長、前武州軟化蔬菜出荷組合長)
 16:20-17:10 子供のChemical Sensitivityから考えた農薬(化学物質)のリスク
        林由季子(環境過敏の子供を持つ親の会・けむしの会)

12月17日(金) 8:50〜16:00
  8:50- 9:40 消費者と顔の見える野菜産地の構築(JAふかや安全・安心野菜システムの取り組み)
        生形藤一(JAふかや・営農指導センター)
  9:40-10:30 農薬による健康被害と問題点
        辻万千子(反農薬東京グループ)
 10:45-11:35 食品健康影響評価と食料供給
        木下光明 (食品安全委員会)
 11:35-12:05 マイナー作物対策について
        横田敏恭(農林水産省・農薬対策室)
 特別講演
 13:00-14:00 農業とエコ・エコノミー
        陽 捷行((独)農業環境技術研究所)
 14:10-16:00 総合討論

当初の予定から少し変更があったようですね。あと、コラムに
紹介された申込締切りが研究会のサイトにあるのと違ってました。

571 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/01(水) 23:32
>>570
 私も参加することになりそうです。

572 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/26(水) 12:14
都心ビル地下金庫跡で「野菜工場」 転職会社が就農支援
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20050109/K2005010802780.html
採算が合うんですかね?

573 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/02(水) 00:39
http://www.jpmoth.org/
↑のサイトの↓のページが面白いですよ。気色悪いけど。
【特設1】
・菌類に寄生された蛾
【特設2】
・ハエやダニ類に寄生された蛾



574 名前: 会長ことgear_lord 投稿日:2005/02/04(金) 23:37
たてきさん、本日はのどを痛めている中で長時間の講師ありがとうございました。

この農薬掲示板はちょくちょく覗かせていただいております。

コテハンを名乗るにはまだまだ力不足ですので、とりあえず今日のお礼まで。


575 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/05(土) 01:11
 色々ありがとうございました。また機会がありましたらお願いします。
朝起きたときは、のどは痛いわ、声は出ないわで、
今日はどうなるんだ?と悩みましたが、まぁ、なんとかなりました。
しかし、講演が終わったときにはのどが力尽きていました_| ̄|○


576 名前: とれま 投稿日:2005/02/05(土) 21:21
農薬とは直接関係ないですが、食品関係で比較的冷静な意見が
聞ける掲示板をほかに知らないので、こちらに失礼します。
ほかに適切な掲示板があれば教えてください。
よく食品標準成分表の古いデータと新しいデータを比べ、
野菜の栄養成分が減少しているとあおっている
Webサイトを見かけますが、これってどれぐらい正しいのでしょうか。
まあ、さすがに数値をごまかしていることはないでしょうが、
はじめから、時系列データをとることを目的にしてない調査結果
を年代順に並べて時系列データを作るのは、結構危うい行為だと思うのですが。
(途中で測定方法が変わっている可能性がある)

577 名前: 分析屋 投稿日:2005/02/05(土) 21:54
「食品標準成分表の古いデータと新しいデータを比べ、
野菜の栄養成分が減少している」
どういう比較方法をなされているかわからないのではっきりとは
言えませんが、これはビタミンのことでしょうか?
水分やタンパク質などの検査法は割と単純ですから、それほど極端な
検査上の誤差は少ないと思いますが、ビタミンはその時の検査方法によって
左右されるかもしれません。
それとビタミンCは基本的に時系列的に減少しやすい成分でいつ検査するかで
も変化しますし、ビタミン類のバラツキは個々で大きいと思います。
また、トマトなど品種が著しく変化していれば栄養成分が変化してもそれが普通です。
参考にはできますが、科学的には正しい比較とは言えません。

578 名前: とれま 投稿日:2005/02/05(土) 22:15
googleで
野菜 栄養 足りない 食品標準成分表
で検索すればたくさん引っかかりますが、その中の1つ
http://www.tv-tokyo.co.jp/gabu/backnumber/vol78/
をみると、ビタミンやミネラルが減少してるそうです。
第1版から第5版までの食品標準成分表を見る方法って
ないんでしょうか。国会図書館ぐらい?

579 名前: 分析屋 投稿日:2005/02/05(土) 23:55
栄養関係の大学などでは持っているでしょうね。

>>578
ここでのネットははっきり言っていい加減な内容ですね。
検査をしている人が見るとばからしい内容でしかありません。
まずビタミンCについては現在と過去では検査法が違います。
それとビタミンCは鮮度が落ちると減少が激しい上、かなりの
バラツキが起こるものです。厳密な検査ではありません。
一個一個のビタミンCを知られればわかりますよ。
さらにトマトの鉄分は元々微量のものでしょう。
貧血の人にトマトをすすめる栄養指導なんて聞きません。
どうせならほうれん草でやって欲しいものです。
最後の方のきゅうりのビタミンCの比較は笑うしかないですね。
1mgの誤差なら検査や個々のバラツキで簡単に起こることです。
このきゅうりを見る限り、この企画をされた方のレベルの低さもしくは
悪意すら感じます。
結局、ある意図を持って作られた結論ありきの内容です。

580 名前: 分析屋 投稿日:2005/02/06(日) 01:13
国が定める栄養成分表示のガイドラインがあります。
表示されている栄養素はエネルギーや炭水化物などは、
表示されている値から±20%以内でばらついても良いと
なっています。
さらにビタミンCに至ってははっきり数字は忘れましたが、
倍ぐらい違っても表示しても構わないようになっています。
なぜこんなガイドラインの基準になっているかというと
それだけビタミンCは不安定で変動しやすいためです。
栄養素の中でビタミンCの比較ほど難しいものはありません。
故意に検査を行って、都合の良いデーターだけ拾えば、
この逆の結果も出せると思います。

581 名前: ふく 投稿日:2005/02/07(月) 21:56
こんばんわ。ただいま、○ジTVの不機嫌なジーンなるドラマ
(動物、昆虫研究室の話で竹内結子主演をみておりました。
その中でテントウムシで害虫防除という場面があり、害虫が
大発生して農家が今度から農薬を使う!といっているのを
竹内結子が説得している場面がありました。農薬を使うと
そのまま食べられないなどという発言もあり、またイメージが
悪くなるのかな?と思っております。農薬の必要性は理解して
もらえそうですけれど・・・

582 名前: QING 投稿日:2005/02/07(月) 22:44
作者の名前をしっかり記録して、
全国にアピールしては・・・
如何にフィクションと言えども
作者にこそ全責任があるはずですから。

583 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/08(火) 00:55
 不機嫌なジーンなんか低視聴率っぽいしツマンナイドラマだから
まぁ笑って許してあげましょう。1回見たけどソッコーでやめた。
 ちなみにたてきは10年ぶりぐらいのドラマブーム。
義経、富豪刑事、H2、ごくせん、美しき日々・・・なんと5本も
毎週見てますよ。

584 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/02/08(火) 08:41
>>583
>如何にフィクションと言えども ・・・
個人的に「ごくせん」の設定は頭きます。
弱小やくざなんて、上納金を支払う為に生活がものすごく大変な筈なのに。
日本は「やくざ」に夢を見すぎ。
大体今は犯罪の元締めとしての「暴力団」になっているしね。
闇金融、おれおれ詐欺、窃盗、強盗団、人身売買etc・・・
すれと関係ないのでsage

585 名前: ぐりぐら 投稿日:2005/02/16(水) 15:34
農薬総使用回数で問題多発(2)読みました。
maf等、関係機関との懇談の折に農業サイドとしてあらためて提案してみようと思います。


586 名前: しの 投稿日:2005/02/27(日) 21:23
>>581
テントウムシで害虫防除?
アブラムシを対象にしていると思いますがそんなにうまくいかないです。
幼虫はすばらしい効力を発揮しますが、成虫はすぐにどっかに行ってしまいます。
また、アブラムシを飼育のための餌とするには大量に必要でコストが高そうです。

実は昔、個人的に研究していましたが失敗しました。
一般のかたは安全で面白い論点なんでしょうね。

そういえば小学生のとき、先生(実家が農家)が益虫であると力説していました。

587 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/01(火) 23:30
ちょっとワロタ
http://www.mag2.com/vow/20041207_2/

 「くすり」を反対から読むと「リスク」・・・・
薬とリスクは裏表と言うことですか。

588 名前: Seimei 投稿日:2005/03/02(水) 16:19
>>587のリンク先より
> わかるんですよ、わかるんです。逆さから読めばいい話じゃないかって。
>でもこれ見たら薬飲めません。

こういう認識の人は多いんでしょうね。
小さいリスクを取り入れる事により、大きなリスクを避けられる事はよくある
はずなんですが。

589 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/03/29(火) 08:02
たてきさん、洗剤、界面活性剤にはお詳しいですよね?
「大豆洗剤」とは何なんでしょう?御存知でしたら、教えていただけませんか?
「原料は100%自然物質であるため、飲んでも問題がなく、汚染の心配もないという。」
「用途は、家庭用では洗剤やシャンプー、化粧落としなど。界面活性剤など化学物質を使用していないため、アトピーの肌にも良いという。業務用では、殺菌・防錆効果があることから、車のワックスや食品工場などでの利用が期待できる。」
うーん。なんだかさっぱり判らん。「万能」の口上には反射的に眉唾してしまいますが・・・?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050328-00000015-san-bus_all
ウイット 「大豆洗剤」発売へ 用途多彩、汚染ゼロ
 環境製品などの企画・開発ベンチャー、ウイット(大阪府枚方市、中川英之社長)は、今春をめどに、大豆を主原料とした自然成分100%の洗剤・化粧品原料「ナノ・ソイ・コロイド」を日本で発売する。昨年から販売した韓国、米国ではさまざまな用途に使える環境にやさしい「夢の洗剤」と人気で、国内市場の初年度売り上げは十数億円を計画している。

関連読売記事 http://osaka.yomiuri.co.jp/venture/genki/ge50313a.htm

590 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/29(火) 08:15
 単に大豆油脂から作ったって言うだけのことでしょう。
ヤシ油から作ればやしの実石けんと同じノリ。
大豆油脂は食用で高価なので洗剤には使わないって言うだけのことです。
自然成分100%って界面活性剤はなんでも自然成分100%ですよ。
地底の奥深くから掘り出した石油も自然成分ですから(笑)まぁ、これは冗談ですが

591 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/03/29(火) 08:45
>>590 
>単に大豆油脂から作ったって言うだけのことでしょう。
ありがとうございます。私もそんな気がしていたのですが・・・。

ということは、やはり「界面活性剤」の成分は入っている?
でないと「洗浄」できませんよね???

>飲んでも問題がなく、汚染の心配もないという。
>界面活性剤など化学物質を使用していないため、アトピーの肌にも良いという。
と記事で紹介しているのは、当然のごとく何も知らない記者が
言われたことを鵜呑みにして未消化のままひり出した文章だからだと思いますが、
実際にこのような謳い文句で販売していたら、広告違反になりそうですが?
どうも胡散臭く思えてきました。

592 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/29(火) 12:25
>>591

http://www.wit.gr.jp/ryutu/senzai.html

HPありました。読んで笑いましょう。

593 名前: tea-farm 投稿日:2005/03/29(火) 13:52
>>590
大豆油もヤシ油もパーム油も全て主用途は食用ですよ。
大豆ずば抜けて高いわけでもないし。新聞のインクなんかも最近は大豆系のが増えてますよ。
SoyInkなんてマークが付いてたりします。

洗剤に使わないのは、不飽和脂肪酸が多い事、脂肪酸が長すぎる事や臭気が主原因でしょう。
供給の安定性もパームに比べれば低いですし。アメリカが不作になったら大暴騰しますから。
魚油よりはマシですが。

大豆が特徴的なのは、サポニンとレシチンの双方を含むことでしょう。
どちらも微量ですけど、レシチンは卵黄か大豆しか実質的な供給源はありませんから貴重です。

で、(水添してないとして)洗剤としては、ケン化して石けんと遊離のグリセライドにしてある程度
かもしれません。

ちなみに"ヤシノミ"はAESが主原料です。清浄用化粧品や洗剤でいう100%植物性とは、パッケージにも
書いてあるはずですが、界面活性剤の疎水基の原料が植物性であるということです。
シュガーエステルや、アルキルグルコシドの様に親水基も植物性であるものもありますが。



594 名前: Q&A 投稿日:2005/03/29(火) 19:05
>>589-590
ナノ・ソイ・コロイドとあるので、
従来の脂肪酸塩(石鹸)とは異なり、
微細なコロイド粒子を用いる剤ではないでしょうか?

595 名前: tea-farm 投稿日:2005/03/29(火) 22:35
Q&Aさんの推測を正しいとすると、"おから"微粉末。
おから自体は、いわゆる消しゴム効果で洗浄力を持ちます。
nmクラスが正しいとすると、サポニンあたりは単分子ミセルを作れるでしょうから
わずかながら補助効果もありそう。サポニンやその誘導体はスライムコントロール剤としての
効果もあるし・・・。
少なくとも、"飲める"と書いてある以上、ケン化物じゃ無さそうですね。
近くにホソカワミクロンもあると言うロケーションだけにほんまもんかも知れぬ。

596 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/29(火) 22:52
>>594
 HPをよく読むとそんなことが書いてありますね。
しかし、ナノコロイドというものがどういうものなのか
サイエンスとして興味がありますね。
 額面通りとすればなるほど画期的な技術と思いますが、
一方でHPには深層海洋水から抽出した重炭酸ソーダとかわけのわからん
記載もあり、やはり眉唾ですね。

597 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/29(火) 22:56
>>595
 食品添加物の指定を受けている界面活性剤も
いろいろありますから、飲める界面活性剤というのは
別に珍しいものではないと思うんですよね。
確かにケン化物ではなさそうですが、大豆油と重曹の混合を
行っているみたいですからケン化物っていう線もありえますよね。

598 名前: tea-farm 投稿日:2005/03/30(水) 20:42
深層水・・・はキャッチフレーズなわけで、別に何でも良いんですよ。
クエン酸をキャッチにするなら、発酵法で・・とすればいいわけです。
深層水の知名度が高いから選んだだけでしょう。
洗浄剤、化粧品の業界では当たり前のことです。
今では無くなった某化粧品メーカーなんて、○○山の湧水使用なんて書いてましたよ。
使用量は500ppm位だったと思いますが、当時の化粧品は完全ポジティブリスト制でしたから
精製水の規格に入らなければNG。つまり、どこの水でも良かったんですよ。規格に入っていて
キャッチになるなら。

食添用界面活性剤って、乳化剤がほとんどですので、洗浄剤や化粧品用途には使いにくいんです。
珍しいかそうでないかではなく、この記事を見る限りは考えにくいって事です。
古いタイプの食添界面活性剤は繊維油剤からの転用が多いんですよ。

また、件の製品は洗剤・化粧品メーカーに原料として販売するということですから、
premixでは売れない。農薬用乳化剤と違い、この業界は原料の安定性に問題がある場合を除き、
予めブレンドされていることを非常に嫌う業界ですので。
Premixtureを買う位なら、普通は処方指定で製造委託してしまいます。
洗剤の原価って、\2桁/kgですからね。
大豆油と重曹を混合してるって書いてました?

追加)この商品で言っている洗浄は、恐らく硬表面洗浄で、家庭用だと
○ジックリンとかの分野みたいですね。化粧品もクレンジング料でしょう。

元この業界の技術屋として見るとこんな感じでしょうか。
シャープからこの業界に転身するってのがなぁ・・・。フロン代替洗浄剤関係を
弄った人なんでしょうね、恐らく。

599 名前: メロン小僧 投稿日:2005/03/30(水) 23:16
ここに記載するのが適当かわかりませんが、本日(30日)付でマイナー作物向けの
適用拡大がずいぶん承認されました。
JPPに反映されるのは後になりますので、使用方法の確認のため、メーカー各社へ
連絡したのですが、半分は準備できていない・・・・特にミニトマト、シシトウ類の
使用方法を確認したかったのですが、メーカーにも事前通知はないのでしょうか?
変に疲れた年度末です。事業の確定報告も流れてきますのでドタバタ


600 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/30(水) 23:20
こちらも似たようなもんでしょうか???
何にでも使えて、しかもお医者様の推薦までありますが、
高価ですねえ。
http://www.somnet.co.jp/econet/seamild/seamild.htm

601 名前: tea-farm 投稿日:2005/03/31(木) 21:40
>>600
どう見ても、普通の洗剤ですが。
四の五の能書きたれたって、スーパーの特売品と大差なしですよ、コレ。
上で、書いたのと質は違いますが、当たり前の事を敢えてくどくど説明してるだけで、
なんら目新しい事項は書かれてませんね。
と、いうより、"ASと書かれていますが・・"と言い訳がましい書き方は何とかならないんですかね。
ASはAS。動かしようがないのに。どこが受託してるのかなぁ。
原料も、ココナッツと書いたり、パームと書いたり、錯綜してるし。
#ココヤシとパームヤシ(油ヤシ)は見かけも、油の組成も違います。
恐らく、パームカーネル由来のアルキルサルフェートでしょうけど、そこらに転がってるモノです。


602 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/01(金) 08:59
>>601
ありがとうございました。
ということは3,200円はぼったくりですね。
普通に生協かどっかで特売品の洗剤or石けんを買うことと
します。

603 名前: 朝ちゃん 投稿日:2005/04/01(金) 14:04
納豆の宣伝に、丸大豆(遺伝子組換えでない)
書いてあるのですが。

そんな宣伝をしている、会社の納豆は食べたくないのですが、
今では、ほとんどすべての納豆に(遺伝子組換えでない)
と書かれている

これは、消費者の無知に付けこみ不安を煽る、
宣伝(詐欺)行為
ではないかと思っているのですが。

これは、根拠があるんですか?

604 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/01(金) 21:28
そんな事書かれたら、日本中の大豆関係者が暴動を起こしますよ。
↓に基づく表示ですので、書いていないものの方に問題があるのですけど。
http://www.mhlw.go.jp/topics/0103/tp0329-2c.html

にしても、表示って購買サイドに理解されてませんね。

レスついでに、>>600のリンク先の場合、品表法に基づく表示がそのまま
サイトに載っていますので、それだけを足がかりにモノの評価をされるのが妥当です。
昨今の洗濯用洗剤は人の手に触れることが稀になってきましたので、皮膚についてどうの
って言う文句は全く意味がありませんし。洗濯物に残る?濯いでない洗濯物を濡れたまま着る人が
いらっしゃるなら気にしましょう。私はそういう人を知りませんが。


605 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/01(金) 23:22
604についか
おなじみFoodScienceですが
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fs/kiji.jsp?kiji=362

これの元
http://www.maff.go.jp/www/counsil/counsil_cont/sougou_syokuryou/kyodo_kaigi/wakariyasui_hyoji.htm

読めば読む程判らなくなるかも知れませんが、生産/流通サイドは、自分たちが買う立場に立ってみても
判らないような表示をしなくてはならないのですよ。
"わかりにくい表示をもっとわかりにくくする表示方法の検討会"ってしてくれれば判りやすいんですが。
と、書きたいところですが、ようやく現実的に理解可能な表示になりそうで、部分的には安心しています。

どうやって、継続的に周知するかが最大の問題ですけどね。

606 名前: 朝ちゃん 投稿日:2005/04/02(土) 07:33
(遺伝子組換えでない)等と表示すると、
馬鹿な消費者は、遺伝子組換えの大豆は有害であるように勘違いすると思うのです。
突然変異で、遺伝子が組み変わった物はよいが、人工的に遺伝子組換えをしてはいけないと言うのは
おかしいのではないですか?
消費者の不安を煽って、効果の無い危険で高価な健康食品や、有機野菜を売りつける手段になっていると思うのですが。



607 名前: 朝ちゃん 投稿日:2005/04/02(土) 07:44
実際には、アメリカのトウモロコシ、大豆は大半が遺伝子組換えだと聞いていますが。
日本に入ってくるとなぜか(遺伝子組換えでない)と表示されて売られていますが。

また、外食産業では、中国産、アメリカ産などの外国産食品で成り立っていますが。
遺伝仕組変えかどうかの表示は無いですね。

(参考)
【北朝鮮アサリ】産地偽証問題
農林水産省によりますと、北朝鮮から日本へは、年間3万トンあまりのアサ
リが輸出されており、国内の流通量の4割近くを占めているということです。
日本では、産地を偽装して、日本産として売られているのが現実です。





608 名前: yosi129 投稿日:2005/04/02(土) 08:56
>>実際には、アメリカのトウモロコシ、大豆は大半が遺伝子組換えだと聞いていますが。
日本に入ってくるとなぜか(遺伝子組換えでない)と表示されて売られていますが。

この大豆は、ほとんどが搾油用で、豆腐や、納豆用は「遺伝子組換えでない」
ものを分別しているか中国など組み換え品を栽培していない国から輸入していると思います。
コーンも澱粉糖等に加工したものは表示の必要はなくなりますし・・・
(遺伝子組換えでない)と表示されているものはきちんと管理されているはず・・・と
思いたいですね。(^_^.)

609 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/02(土) 19:36
>>606
仰ることは、判らないでもないですが、"表示をしなさい"とされている以上
しなければ法違反で手が後ろに回るのですよ。
おかしいかおかしくないかは、先日あったパブコメなどで直接maff投書された方がよいかと・・。
#ただ、この表示義務って、消費者団体からの要望で設定されたんじゃなかったかな?

先日の北海道での組み替え作物禁止条例みたいなのもありますから、一般の方には危険なモノのような
印象があるんじゃないでしょうかね。
ただ、遺伝子組み換えの話が何故健食まで行ってしまうのか甚だ疑問ですが。
組み替え表示にそこまでの力があるんでしょうか?

610 名前: 朝ちゃん 投稿日:2005/04/03(日) 23:04
>>608
遺伝子組換えで無いとか、健康に良い食品とか、無農薬、有機野菜とか、
聞くと、詐欺ではないかと身構えるのですが、
考えすぎでしょうか?

みの*んたの、テレビなど見ていると、有名大学の専門家に、ムリヤリ
根拠の無い、嘘をしゃべらせています。
あんなのは罪にならないのですね。

でも、視聴率は高いようですね。
また、私の近くの病院では、みの*んたが言っていたと非科学的なことを信じている、
患者(年寄り)に手を焼いているとか聞きます。

611 名前: yosi129 投稿日:2005/04/04(月) 07:34
>>遺伝子組換えで無いとか、健康に良い食品とか、無農薬、有機野菜とか、
聞くと、詐欺ではないかと身構えるのですが、
考えすぎでしょうか?

遺伝子組換え/有機JAS表示品などはほとんど問題ないと思いますが・・・
健康に良い食品/健康食品は???・・・これなんかは疑ってかかった
ほうがいいと思います。

有名大学の専門家と言われる人も専門以外のことになると
結構いい加減、とんでもないことを言っている(信じてる)
先生 結構いますね(^_^.)

612 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/04(月) 08:33
>>609
※ 非遺伝子組換え食品について、表示を義務付けることは
食品衛生法の目的からは必要がないので、義務表示とはしないが、
その旨の表示があっても特段問題はないので、
事業者が任意に表示することは禁止しない。

ご紹介の厚生労働省のページにもこのように書かれていますが、
「遺伝子組換えでない」は任意表示ですので、表示しなくても、
後ろに手が回ったりはしません。
「遺伝子組換え」は義務表示で、表示無し=「遺伝子組換えでない」です。

食品に対するイメージを良くするための表示なのでしょう。

613 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/04(月) 21:03
失礼しました。リンク貼っておきながら・・・・・。
私の頭もリフレッシュ休暇が必要なようです。
暫く、引き籠もります。


614 名前: ★たてき 投稿日:2005/04/09(土) 14:22
http://w1.nirai.ne.jp/ken/war-e2.htm
 沖縄について調べていたらこんなHPがあった。
沖縄戦の悲惨さを後世に伝えようというサイトですが、
文中に食べるものがなくてDDTをメリケン粉代わりにして
車の油で揚げて食べていたとの記載があります。

615 名前: Seimei 投稿日:2005/04/10(日) 01:21
>>614
素朴な疑問なんですが、沖縄戦中にDDTが日本人の手に入ったのでしょうか?
普段、聞く話では、DDTは戦後の占領軍の象徴的に扱われていたような、、、
車の油ってエンジンオイルの事ですかねぇ?話にちょと無理がありそうな。

616 名前: やっさん 投稿日:2005/04/10(日) 08:56
私も去年沖縄に行き、真っ先にひめゆりの塔に行ってきました。
DDTの話は別として、実際に生き残った語り部の方にお話を聞き、
非常にショックを受けました。
実際に経験された事実を淡々と語られる彼女らは生き残った者の使命として
語り続けているようです。
沖縄に行かれるときは是非この方のお話を聞いて欲しいと思います。

617 名前: RED 投稿日:2005/04/10(日) 17:48
 戦時中、ニューギニアなど熱帯地域の作戦で米軍はDDTで
大規模な防除を行い、病気の蔓延を防いでいたそうですが、
 それに対して日本軍は薬剤による防除ができずに病気になやま
されたという話がありますので、沖縄戦でDDTを・・というの
は、いささかマユツバかと。
 日本の熱帯病対策は生水禁止とキニーネだけだったとか。

618 名前: ★たてき 投稿日:2005/04/10(日) 22:19
>>615
 私も時期的にDDTがこの時にあったのか?との疑問は持ったのですが、
記憶に頼った話なので戦後の話と混同したか、あるいはDDT以外の薬品の
話と混同した可能性はあると思ってます。でも、おそらくDDTを食べたという話自体は
時期はともかくあったんじゃないかなって感じてます。
 そこまで困窮極めたというのがこの話の主題ですが、農薬科学的には
DDTを食べてもどうってことなかったっていうほうが注目点です。

 車のオイルで天ぷらしたという話はこれ以外のサイトでも
ちょこちょこ出てるみたい。非常時にはそういうこともあったようですよ。

619 名前: どらえもん 投稿日:2005/04/10(日) 22:54
>>615注目点に共感を覚えます。終戦直後の一般家庭(東京都)では、畳の下に新聞紙を敷いてDDTで真っ白にして衛生害虫を防除していました。安全性の高い(急性毒性)物とされていました。パラチオンで死者が出たときには、DDTを使えば良いのにと子供心に思いました。ppmの不純物や生物濃縮が判っていない時代でした。オイル(軽油)を一滴だけ米に入れて炊いたご飯は臭くて、ほぼ食べられません。飯盒炊爨を経験した人は覚えがあると思います。石油不足の時代なので、動植物油(菜種油等)を車のオイルに代用したのだと思います。またDDTを舐めた経験からすると、DDT入りの植物性粉体なら、調理すれば食べられない事はありません、だぶん?

620 名前: RED 投稿日:2005/04/11(月) 00:58
>>DDTを食べてもどうってことなかったっていうほうが注目点です。

 その結論に持っていくなら、話の信憑性も考慮したほうが
よいのではないでしょうか。もしかすると、単なる都市伝説
を自分の体験と錯覚しているか、あるいは自己体験のように
語っている可能性もありますので。
 車のオイルについては、どらえもんさんと同感です。
 鉱物オイルはたいへんな貴重品だったはずです。軍でも不
足していたくらいですから、民間ではいわずもがなです。

621 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/11(月) 21:37
>車のオイルで天ぷらの話
普通に考えれば、車の代用オイルとしての植物油の回収品で
天ぷらを揚げたということになるのでは?
植物油をエンジンオイルなどに転用しても、短期間で交換し
ないと、エンジンが焼き付いてしまいます。(熱重合のため)
#重合を開始していても、濾過すればなんとかなりますし。
#今の時代にそんなことをしても、食える代物は出来ませんが。

当時、南方を制圧した連合軍が、植物油を比較的多量に使用
できたのであれば、こういう事でしょう。
しかし、米軍は自国に油田を持っていますし、精製技術も
当時から高かったはずなのでねぇ・・・。
実のところは判りませんが。

DDTをメリケン粉と称してままごとしたとか、団子を作った
(恐らく食べてないでしょう:団子になるの?)って言う話は、
こちらの60〜70代の人も言ってますけど。

622 名前: ★たてき 投稿日:2005/04/12(火) 00:10
 昔ってホントDDTって身近なものだったんですね。

623 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/12(火) 22:54
戦時中中国へ出撃した爆撃機のオイルはひまし油であったので、
ひまし油でてんぷらを作った。と考えるのは難しくは無いと重います。
ひまし油って下剤か何かだったような気が・・。

624 名前: 松根油 投稿日:2005/04/13(水) 05:53
昔2サイクルエンジンの潤滑油としてポピュラーだったカストロールR30は、
ひまし油だと聞いた事が有りましたが。
もともとは4サイクルの潤滑油。 

625 名前: Seimei 投稿日:2005/04/13(水) 08:46
ひまし油は蓖麻子油と書き、蓖麻とは「とうごま」の別名。
「とうごま」の種子から取った油の事だそうな。
ひまし油の性質は↓こんな感じらしい。
http://www.abura-ya.com/naruhodo/oil/item/himashi.html

626 名前: Seimei 投稿日:2005/04/13(水) 08:51
>>624
「とうごま」の英名がcastor seed plantなんだそうな。
castorで香油っぽい意味らしいから、油の方がポピュラーなのかね。

627 名前: Seimei 投稿日:2005/04/13(水) 08:59
>>623
トウゴマの種子には毒があるらしいので、それが下剤効果なのかなぁ〜と
思って調べたらそうではないらしい(油に移行しない)
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/topics_&_items2/about_ricin.htm
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/yakusou/shun/09-goma.html
http://www.e-yakusou.com/sou/sou279.htm

628 名前: tea-farm 投稿日:2005/04/13(水) 21:38
Castrolって、Castor Oil(=ヒマシ油)から来てるんじゃないんですか?昔そんな話を聞きましたが。
ヒマシ油誘導体で最も身近なのは、油の凝固剤でしょう。12-ヒドロキシステアリン産の6量体だったと思いますが。
硬化ヒマシ油は融点が非常に高いので、ダイヤモンドワックスなんて名前で売っているメーカーもありますよ。

消化されにくい油脂って、どれも下痢症状を呈するはずですが。
おまけにヒマシ油は水酸基も沢山持ってますから、余計に効果は高そう。
と、思って手元の20年程前の局方を見てみると、瀉下剤となってますね。
医療用でヒマシ油として15-30mlを頓用するとあります。一般用で大人1回10-20ml(1日1回を限度:3才未満の用法は不可)


629 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/13(水) 22:19
http://www.cosmo-rc.com/fuel/shohin/nenryo5.html
↑ひまし油製品。40000rpmにも耐える。

630 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/13(水) 23:26
でもラジコン用でしょ。

631 名前: 松根油 投稿日:2005/04/14(木) 07:07
Castor-oilでカストロールねぇ 勉強になりました。

脱線ついでですが
消化し難い油脂(ワックス分など)は下痢の他に皮脂漏症も起こすのでろくでもないです。
http://www.crystalaqua.com/contents/culture/kaihatu/25_1.html
ちなみに、うん十年前に習った食品衛生学では、「天国に一番近い島」ニューカレドニアあたりでは
このワックス魚とシガテラ毒魚が普通に店頭に並んでいて、文字通り「天国直行」と習いました。
シガテラ毒魚> http://micro.fhw.oka-pu.ac.jp/microbiology/poisoning/shigatera.html
食品衛生担当教授曰く、ワックス魚は油がのってて刺身に最高!一切れなら。。。

632 名前: ★たてき 投稿日:2005/04/27(水) 00:05
 尼崎の脱線事故は私にとっては身近な存在だった線で起こった事故なのでショックです。
↓みたいな記事もありました。うちの嫁の実家は尼崎なんです。妹も事故現場の近所に住んでるし。
旧姓は杉山。うちの子供も上は洸樹、下は碧葉だからすごく似ている。
人ごととは思えないですね・・・・

http://www.asahi.com/national/update/0426/OSK200504260078.html?t

帰らぬ母待つ8歳長男 様々な人生奪ったJR脱線事故

兵庫県川西市の杉山恭枝さん(34)は25日、大阪市北区の会社への出勤途中に事故にあった。
幼稚園の長女碧惟(あおい)ちゃん(4)、小2の長男広樹君(8)との3人暮らし。
夫が中国に単身赴任したのをきっかけに母(67)が住む川西市に引っ越した。
「自分もしっかり働いて家族を支えたい」と1年ほど前から働きに出ていた。
いつもなら午後4時半ごろ帰宅する杉山さんを、広樹君は待ち続けた。
26日には神戸市須磨区の水族館に遠足に行くことになっていた。
「お弁当をつくってくれるはずなのに」と気にかけていたという。
杉山さんの母、池田光代さんのもとに死亡の連絡が入ったのは25日午後6時ごろ。
池田さんは広樹君に「仕事で遅くなるんだって」と話した。
26日、広樹君は遠足へ、碧惟ちゃんは幼稚園へと出かけた。
池田さんは「帰ってきてからきちんと伝えなければいけない。
でも、ママ、ママとあんなになついていた子に何と話していいのかわからない」と涙ぐんだ。


633 名前: Qing 投稿日:2005/05/01(日) 00:41
今回の事故の背景として、
JR西日本の、労務管理や安全管理の内情が問題視されています。
また、JR西日本のリスクマネジメントの実態には、
大変な興味をそそられるものがあります。実は、
リスクマネジメント以前の問題かもしれませんね。
サービス品質あるいは顧客満足を、
どのような優先順位にしていたのか:
乗客、その安全、発着時刻、社員の仕事の遣り甲斐、
責任者あるいは経営陣、周辺住民・・・・など等。
いろんな会社でも結構たくさんの落とし穴的なリスクが
存在していることを知るべきでしょうね。
回転ドアの比ではない多くの犠牲者を大事な教訓にして。


634 名前: やっさん 投稿日:2005/05/02(月) 07:57
うーん
私の知り合いの知り合い程度の感じですが、今回の事故で
お亡くなりになり、葬儀にJRの社長が来ていたそうです。
その亡くなられた方は、家庭のご事情で事故以上にうかばれない
状況にあります。詳しくは書きたくありませんが、
事故のために、ただ亡くなられた以上の苦しみを抱えて逝かれた人が
いることを分かってあげて下さい。
事故調査、原因追求は大変重要ですが、事故に遭われた方に今後継続して
関心を持って頂きたいです。

635 名前: ジャイ子 投稿日:2005/05/02(月) 09:52
連休に電車やバスに乗りましたが、やっぱりJRの
事故が頭をよぎりますね。

しかし、TVのチャンネルはどこを回しても事故に
ついて情報を流していますが、JRを「悪者」にして
あれこれ非を並べ立てているような感じがして実に
不快です(良い番組やコメンテーターもいますけど)。

JRの経営や管理には問題点は沢山あるだろうと思います。
しかし事実を伝えるのと、「JRが悪い」という色を付けて
伝えるのとでは大きな違いがあります。

農薬等を始めとする環境問題を取り上げる時にも、しばしば
報道では見られることです。

情報を受け取った側が、自分でその事実の背景や善し悪しに
ついて考えられるのかどうか。色の付いた情報では、自分で
考えているようでも、考えを植え付けられているようで怖い
です。


636 名前: yosi129 投稿日:2005/06/10(金) 15:34
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/03/h0323-1.html
ここに、米国における安全性未審査の遺伝子組換えトウモロコシ種子の
流通事例についてと言うQ&Aが乗っていますが、

>Q7. トウモロコシBt10が混入している製品を食べても大丈夫ですか。
>A7. 米国政府の評価によれば、安全性未審査であるものの、
>トウモロコシBt10を食用としても安全性に問題はないとしており、
>栽培されたトウモロコシやその製品の回収は行われていません。
>このため、仮に摂取したとしても、食品安全上の問題はないと考えられています。

なんて書いてあります。
ポジティブリストに移行しても「食用としての安全性に問題がない」ものは
回収や、破棄する必要は無いということにしてくれればよいんですが。
甘いかなあ?



637 名前: Seimei 投稿日:2005/06/10(金) 16:00
>>636
>回収や、破棄する必要は無いということにしてくれればよいんですが。
いや、今でも食品の基準を満たしていれば必要ないでしょ?
ポジティブリストに引っかかるのは「安全性に問題がある」って扱いだから。
食品としてOKで作物適用がない農薬検出ってパターンは今でも「必要はない」

638 名前: yosi129 投稿日:2005/06/10(金) 16:33
確かに
>ポジティブリストに引っかかるのは
>「安全性に問題がある」って扱いだから
と言うことなのかもしれないが、一回あたりの摂取量や、
ADIから考えて、まったく「安全性に問題がない」と思われるような、
ものも一律基準で0.01ppmにされてしまうとか。。。
ものすごく疑問に感じるのは・あたしだけ?

639 名前: 残留脳薬 投稿日:2005/06/11(土) 02:38
>>638
適用外使用を規制したいのは解る気もするけれど,食品衛生法の
目的はあくまでも安全確保であるので農薬取締法で規制しなけれ
ばいけない部分まで規制するのは目的を履き違えているような・・・
毒性的に問題のないドリフトによる残留を規制のネタにするのは
農業を潰そうとしているのかと勘繰ってしまう。

640 名前: gujie 投稿日:2005/06/11(土) 18:28
困ったとき、緊急防除的に許可される薬剤があれば良いのにね。
米国FIFRAのSection18的なものがあれば良いのですかね。
日本では、全く議論がないのですが、
おかしいですね。
詳しい方、米国、その他の国の事情など教えてください。

641 名前: やっさん 投稿日:2005/06/11(土) 18:55
農家自身が使用して基準値違反の場合は、まだ感情的に
納得できないことはないが、ドリフトの場合、散布した農家に
法的な罰則はなく、ドリフトされた農家が法的制裁を受ける
のは、理にかなっているのかな?
エマメクチンはよっぽどドリフト注意しないと・・・

642 名前: Seimei 投稿日:2005/06/11(土) 21:04
>>641
>法的な罰則はなく、ドリフトされた農家が法的制裁を受ける
法的制裁というと出荷不可のことですよね?(農取法違反にはならない)
その場合は相手がわかれば損害賠償って手もあるけどね(普通、やらないが)

643 名前: やっさん 投稿日:2005/06/11(土) 22:08
無登録の時はやっていたところもありましたが、
あれははっきりした違法行為で自覚ありが多かった。
しかし、ドリフトは誰でも加害者被害者になるところに
怖いところがあります。
訴えるにしても隣近所の人を訴えるようなものですから、
後々人間関係が・・・・
奈良の大音量のおばさんならともかく。

644 名前: gujie 投稿日:2005/06/11(土) 23:22
>>641
ドリフトされた農家が法的制裁なんて
ありえませんね。
そんな不思議な仕組みは成り立たないはず。
司法に判断させれば、
たちまちに墓穴を掘る仕組みだと思っています。
最高に注意してても起こるドリフトによる
汚染農作物の補償は、
国家賠償とはなりませんか?


645 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/12(日) 00:30
>>644
 それはどうですかね。
隣の他人がまいた何かで損害を被った場合は
裁判になれば散布者が負けると思いますね。
国家賠償という発想は出てこないと思いますけどね。
ドリフトは交通事故と同じようなものだととらえられると思います。

646 名前: gujie 投稿日:2005/06/12(日) 00:52
>>645
そこまでは理解できます。
しかし、スピード違反や信号無視
あるいは注意義務違反等を
追及できる交通事故と違って、
ドリフトは程度の差はありますが、
必然的に起こると考えても
良いのではないでしょうか?果たして、
注意すべき内容を規定できるほど
よくドリフトは研究されているのでしょうか?
であれば、一部は
不過失責任を問うということでしょうか?
少なくとも強制加入の自賠責的な保険が必要ですね。

647 名前: tea-farm 投稿日:2005/06/12(日) 22:29
現実にはそんなレベルの高い話ではありませんよ。
風の強い日に除草剤を撒いて(霧状散布)4m道路を隔てた向かいの作物が枯れた。
ドリフトルート上の雑草も枯れているのに、散布者はその因果関係さえ
理解していない・・・なんて事が日常茶飯事です。
ドリフトを気にしている農家の方が恐らく少ないですし、法施行前に徹底的な
周知がされなければ、その地域でマイナーな作物を作っている方や、1枚の圃場で
他種類の作物を作っている方はトンでもないことになるんじゃないですかね。
誰がそれを"正確に"分析して、どうやって原因を突き止めるかさえはっきりしてませんので
何をどうしたいのか全く判らないのが現状ですけど。

来年からは、防衛的に春の遮光時に使う側幕を半分だけ年中展開しておこうかと思っています。
(高さ1.5m程度なので気休め程度かも知れませんが)

648 名前: メロン小僧 投稿日:2005/06/12(日) 23:10
>>647
果樹園隣接の畑とか水田転作露地野菜など日本の農業形態を
考えていない基準としか言えません。指導側としても施行が
怖い。
マイナー作物もそうですが都市近郊型の他品目少量栽培など
どう指導するのか・・・
まだ、除草剤は症状がでるだけ良いような・・・食品衛生法
違反で立ち入りしたら使用事実は無くて、原因は隣接畑地か
ら殺菌剤、殺虫剤のドリフトらしい?つうのが今以上発生す
るのは勘弁してほしい!
親父が水稲用に8mは飛ぶ鉄砲ノズル買うとか言ってて青い
顔・・・(近所に立ち入るのも嫌ですが、あまっさえ自分の
家にどの面下げて!)
農薬取締法改正、マイナー対策、総使用回数、ポジティブ
リスト制・・・・永久連鎖?

649 名前: やっさん 投稿日:2005/06/12(日) 23:34
>>648
知り合いから田畑を借りることもよくあるとか・・・
きりないです。

650 名前: 残留脳薬 投稿日:2005/06/13(月) 01:41
農業を知らない厚生労働省の役人は日本の農業を潰す気か??
農林水産省はそれを黙って見ているのか??

651 名前: ジャイ子 投稿日:2005/06/13(月) 09:05
隣の薬散のドリフトで、出荷先の検査で引っかかった例が、
昨年から今年にかけていくつか発生しました。
ポジティブリスト制も目前で、あわててドリフト対策の
講習会などやってますが、ドリフト問題を取り上げると、
ラジヘリと果樹のSSがどんどん悪者になるんです(;0;)

同じ農業生産者の間で、ラジヘリはやめろとか、隣でSSが
走ると迷惑だなんて話は悲しいです。

652 名前: yosi129 投稿日:2005/06/13(月) 15:08
JAとかが音頭をとって、農水議員に陳情はされているんでしょうか?
現場はそれほど気にしていない?(意識が無い)のかな?
まあ、どこかで摘発されマスコミが大騒ぎしてはじめて、
その重大性を認識するんだろうな?
厚生労働省の役人も当事者たちも
日本人てそんな感じでしょう?

653 名前: Q&A 投稿日:2005/06/13(月) 18:07
ドリフトを避ける為のガイドラインが必須。
これを守れば大丈夫だと言ったものが必須。
最低限、そう言った問題を解決せずに、
ポジティブリスト制を実施するのは、
横暴であり、問題がありますね。
農家いじめですね。
そんなことが許される行政はおかしい。
何処かに訴えることもできるのではないかな。


654 名前: Q&A 投稿日:2005/06/13(月) 18:13
(続き)
訴えるのは、農家あるいは農協JAがすべき。
逆に、何もしないのはおかしい。
損害が出た時点で、問題にすべき。
泣き寝入りはおかしい。

残留分析結果も正しいかどうかの吟味がいる。
間違っていれば、生じた損害の賠償対象になるだろう。

ほんと、悲しい世の中になりましたね。

655 名前: Seimei 投稿日:2005/06/13(月) 18:34
>>640
>困ったとき、緊急防除的に許可される薬剤があれば良いのにね。
>米国FIFRAのSection18的なものがあれば良いのですかね。
↑って、この前後の話(ポジ&ドリ)とは違うんじゃないかな。
新害虫に緊急対処って話でしょ?それなら日本でも過去にあったような。
http://www.epa.gov/opprd001/section18/
(例)http://www.epa.gov/oppfead1/cb/csb_page/updates/soybean_rust.htm

以下、エキサイトによる訳
> 人間の健康と環境を保護するEPAの任務の一部が、戦略上、侵略的な種が合衆
> 国で食物供給を脅かすことができた可能性の計画を立てるのを含んでいます。
>
> 2004年11月10日以来、米国農務省(USDA)の動植物衛生検査部は、大豆さび(大豆
> の攻撃的で有害な植物病害)がルイジアナ(アラバマ)(アーカンソー)(フロリダ)
> (ジョージア)(ミシシッピー)(ミズーリ)、サウスカロライナ、およびテネシー
> で発見されたと確認しています。
>
> 大豆さびは風で運ぶことができる胞子で広まる菌類によって引き起こされます
> 胞子が2004年のハリケーン・シーズンの間南米から南東の合衆国まで運ばれた
> と信じられています。
>
> ルイジアナと上に記載された他の8つの州の大豆植物は菌類のアジアの種に感染
> していました。(菌類は最も破壊的な異形です)。 最大80パーセントの利回りの
> 損失は菌類による未処置の感染の結果、南米とアフリカの大豆を生えさせる領
> 域で報告されました。 大陸の合衆国への大豆さびの到着はしばらく専門家によ
> って予測されていました、それが大豆産出国の地球の周りで見つけられて、風
> で生まれた病気であるので。
>
> EPAは、農業のUSDAと州の部と共にまさしくそのような出来事の計画を立ててい
> て、大豆裁培者のために多くの殺菌剤を承認しました。 以下のテーブルはEPA
> が2005年6月9日現在使用のために大豆さびに対して承認した殺虫剤を示します
> 追加新製品が規定と安全審査過程をクリアするとアップデートは続くでしょう
> 裁培者は市場のこれらの製品の有用性をEPAのものに手に負えなく多くの要素に
> 依存するのを意識しているべきです、メーカーのマーケティング決定、供給、
> 製品分配、および生産の有用性、EPAによって登録された製品の州の登録、およ
> び非常時の控除を求める州の要求を含んでいて。 局所的であなたにとって、利
> 用可能な製品に関する情報のための殺虫剤供給者と地元のCooperative
> ExtensionオフィスExit EPA注意書きと相談してください。

656 名前: やっさん 投稿日:2005/06/13(月) 18:37
指導不十分であれば訴えられるのは逆にJAである場合も
ありえます。
訴えるにしても、基本的に農薬の使用方法の遵守、記帳、
ドリフト防止対策、タンクの洗浄等に関し、一定の作業と
記録を行い、その上で問題が起こったことを問題提起する
方法でなければ、国は農家の不備を突いてくると思います。
悲しいかな国に対し問題点を証明するのは農家になるでしょう。
いや、国民に対してかな。
それかマスコミに騒がれて、かなりの損失が発生した場合か、
中国に噛みつかれるかした場合、対応するのでしょうか?
見直しは5年毎だそうです。

657 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/13(月) 19:41
JAも農家も、マスコミに取り上げられて話を大きくされたくないから。
消費者にマイナスイメージを与えることは、産地の野菜が売れなくなる原因になるから。

ドリフトが起こらないようにするのが一番なんでしょうけど、現状は無理なんですよね?

658 名前: tea-farm 投稿日:2005/06/13(月) 22:16
こういうの(↓)もあるんですが
http://www.jppn.ne.jp/jpp/data/dorihuto.pdf
書いてあることは、至極当たり前の事でして・・・・。

今の時点で、この種の問題を知ってる農家ってかなり限られると思います。



659 名前: 某PO 投稿日:2005/06/14(火) 13:22
http://www2.odn.ne.jp/~cdo05370/homepage/index.html
「田舎暮らし狂想曲」金子数栄さんのhomepage 脱サラ半農半漁の趣味酒三昧
こんなのまったく定年後の憧れですっちゃ しかしおもしろエッセイのところどころ 無農薬はおいしいのコメント こういう方に農業農薬の正しいあり方考え方をを教えてやってください たてきさん

660 名前: RED 投稿日:2005/06/14(火) 17:24
「無農薬はおいしい」ですが、正確には「とれたて野菜はおいしい」
 というのを、無農薬のせいだと思っているのでは。
 実際に野菜栽培して痛感しましたが、取れたてはおいしいです。
 特にエダマメとかキヌサヤとか、豆類は別物ですね。
 無農薬で収穫したら、それが無農薬のおかげと勘違いしても
不思議はないかも・・。

661 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/14(火) 17:42
>>659
考え方は人それぞれでしょう。
農薬を使ってアレルギーが出るなら、使えない。
定年後の楽しみでやっているなら余計に使えません。
楽しみでやっているのに、健康を害したらバカみたいだとは思いませんか。

662 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/06/15(水) 08:24
>>659 >>660
勘違いや思い込みは個人の自由ですから。
無農薬栽培と農薬は使うがそれ以外無農薬栽培と同様の
手をかけた作物を比較しないといけませんから、そのような
思い込みは必然的に起こるでしょうね。

>>661
>農薬を使ってアレルギーが出るなら、使えない。

659で紹介されているHPは、私は時間がなくて見ていませんが、
作者は「農薬でアレルギーが出る体質」なんですか?

確かに農薬の中には皮膚にカブレを起こすものもありますが、
都市伝説「農薬を使った作物を食べるとアレルギーが出る」
の類ではないでしょうね?


663 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/15(水) 08:40
農薬製剤の主成分そのものでアレルギーを起こすのか、
それとも溶剤など副成分でアレルギーを起こすのか、
その違いによっては、乳剤は使えないけど水和剤や粉
剤ならOKとか、もっと農薬による健康不安を訴えてい
る人は、きちんと検証して欲しいな・・・

664 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/06/16(木) 08:17
>>663
ちなみに農薬製剤は主成分が同じでも、剤形が違えばそれぞれについて
皮膚感作性試験(皮膚のアレルギー試験)を行ってますよ。
その結果アレルギーの恐れがあるものは「かぶれ易い人は取り扱いに注意」
等の注意書きを記載しています。


665 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/16(木) 12:06
お隣の趣味農家さんのジャガイモ&大豆畑にカメムシが大量発生して困ってます

栽培してる販売用苗にまで影響がでてきて・・・・orz
防除して欲しいとクレーム言うと逆に文句言われ、、
回りに迷惑かけない程度に栽培して欲しいよ。

愚痴でした。。

666 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/16(木) 17:34
>>664 
みんな農薬と聞くと一斉に「悪い!」の一点張りになるから、
普段は農薬嫌いな私でもさすがにえ?って思う。


667 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/17(金) 01:16
>>665
 どんな風に言い返されれたんですか?
教えて頂けないでしょうか。

668 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/17(金) 12:39
>>667
「人の畑に口出すな。」
って言われたらもう何も言えません。



669 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/18(土) 10:14
証拠集めて訴訟しちゃえば?


670 名前: 元蟲飼い 投稿日:2005/06/18(土) 23:09
似たような話・・・
無農薬栽培を将来したいから
圃場を1部ハウスのように囲って
農薬・化学肥料一切まかずに栽培試験をするように言う上司。
ドリフトも発生した害虫や病気が周りの圃場を蝕むことも
逆に周辺の農薬でそういうものが回避されることも念頭にない。
ていうか、何故まるなげ!?



671 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/21(火) 21:56
 隣の家の農薬で迷惑している、あるいは逆に防除せずに害虫が湧いて困るっていうのは
隣の家が騒音や悪臭を垂れ流しているのと同じではないでしょうか。
十分に苦情を言う資格はあると思うし、「人の畑に口出すな」って言われても
言い返して良いと思う。

672 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/22(水) 12:31
昔からの農地に後からのこのこやってきて勝手に家建てて、
苦情を言う奴も居るが、こういう場合はどうよ?
農地を宅地に転換して安く家建てたい。住環境は良くしたい。
周辺の環境・経緯考えずに自分の都合だけではないか。

673 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/22(水) 18:32
昔からある工場の近くに後から家を建てて、
騒音や悪臭に苦情を言うのも自分の都合だけ・・・
ではないですよね。
元々そこにいる人も、周辺の環境の変化にあわせて
変わる必要があると思います。

674 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/22(水) 23:31
>>672
 その農地を後から来た人に売ったのは誰なのか。
それで儲けた(あるいは相続税が払えた)のは誰なのかを
考えればあまり文句は言えないはずですよ。
そういう発想も必要です。

675 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/23(木) 00:09
>>673
我が家の近所では、宅地造成済みなのに農地として果樹を植えています。税金(相続税含む)から見て非常に有利です。
我が家から1km四方で数千区画はありそうです。坪単価が100万円/坪なので、総額1,000億円いきそうです。
宅地は土地の有効利用の最たるものですね。戦後の入植地だったので、事業を起こすより農業をやっていたほうが財産が作れたようです。
値上がり途中で売ってしまった人もいるでしょう。先祖代代の土地と言うのは一部にすぎず、農地改革で取得した土地が多いのではないでしょうか。
土地は公共財の性質もあるので、新旧住民双方が周辺の環境の変化(用途地域)にあわせて、変わる必要があると思います。

676 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/06/23(木) 07:45
FOOD・SCIENCE/NEWSメール 2005.6.22. Wed Vol. 98 の一部について

「アニサキス発生で養殖地のリスクコミュニケーションに試練」という題で
アニサキスの高度規制を理由に各地漁港がこれを廃棄(食用以外の肥料など)
したという決定について、リスクコミュニケーションも無しに「疑わしきは廃棄」
という風潮を見直さねばならないのではないかと、内容はごく妥当な意見でした。

但しこの中で気になる一文が。

(以下引用)
余談ですが先日、キャベツの葉っぱの中から出てきた青虫に遭遇したとき、「ラ
ッキー」と思ったものです。不潔な環境に生息するゴキブリが出てくるのは困りも
のですが、青虫が安息していたということは、残留農薬も少ないことを意味します。
(引用終わり)

この感覚は、少なくとも「食の機能と安全」をテーマにしている筈の
FOOD・SCIENCEの編集者としては、一寸おかしくありませんかね?

もちろんアニサキスの件は、ごく当たり前に年間数百人?の日本人が今でも発症している、
ありふれた寄生虫ですし、冷凍か60度以上の加熱をすれば心配要りません。
それに「生のイカには時にはとぐろを巻いてうじゃうじゃといる」と、つり好きの人が
言っていたので、この件についての筆者の意見には同意しますが。




677 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/23(木) 08:14
>>676
 編集者にメールしてあげてください。素人ですけどね。
「真実」にものすごくこだわって編集しているそうなので
どんどんつっこんであげてください。
私がメールしても一切無視ですからね。

678 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/29(水) 21:36
A化学会社の6価クロムが河川敷で分解されないので、現在も残留中と理解しています。
同じ無機物である砒素が遊離する化合物が不法投棄されたようです。
”茨城県神栖(かみす)町で井戸水が高濃度のヒ素に汚染され、
住民に健康被害が出ている問題で、環境省は29日、専門家による検討会を開き、
今年1月に発見された有機ヒ素化合物「ジフェニルアルシン酸(DPAA)」を含んだコンクリート塊が汚染源と特定した。
DPAAは旧日本軍の毒ガス兵器の原料だった可能性が高く、
何者かが1993年6月以降、コンクリ塊に混ぜて不法投棄したとみている。”
現在・過去の農薬原料ではありませんので無関係です。破棄する前に処理方法をしっかり確認して欲しいです。
土壌汚染は高くつきます。20年前から、米国では数百億円の回復費用が企業を圧迫しています。
日本でも、認識不足のB社がマンションを分譲して問題を起こしました。



679 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/06/30(木) 08:00
>>677

メールしたところ編集者から回答がありました。
指摘の通りなので、今回の件を戒めとして努力していくとの事です。

>>678
問題の砒素化合物もA社と関係あるようにも読めますが、2つの話題はA社つながりと考えてよろしいのでしょうか?
もしそうであるなら警察に情報提供してください。


680 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/30(木) 23:56
>>679
関係ないです。ただ、過去に不良在庫を持っていたC社、
ダイオキシンを微量含有している在庫を持っているD社、
PCB、有機水銀、メチル化砒素、その他を考えていました。


681 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/01(金) 23:12
>>679
 ご苦労様です。同じようなケースがありましたらまたヨロシクお願いします。

682 名前: おろおろし 投稿日:2005/07/10(日) 11:17
>>681
>>676
FOOD・SCIENCEのホームページでは、
「FOOD・SCIENCE」メールマガジン・バックナンバー紹介が
第95号(2005.06.01)から更新されてません?

>FOOD・SCIENCE/NEWSメール 2005.6.22. Wed Vol. 98
と言うことは、発行されているわけで、内部で何かあったのかも?

683 名前: qingli 投稿日:2005/07/10(日) 12:40
100号(7・6)を見ましたよ。

684 名前: Seimei 投稿日:2005/07/10(日) 17:01
>>683
>>682の言わんとしている事は「メールが発行されているのにバックナンバー
が更新されない」=「更新できない理由があるのでは?」と言う事では?

で、私が思うに、単に担当者が変わったとかの理由をまず考えます。

685 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/10(日) 22:41
 サイトを全面的に更新するというのが理由のようですよ。
ですから、きな臭いことではありません。
 フードサイエンスも投資採算性がとれていないようで、
新たなビジネスモデルの構築を模索しているようです。
なくなるかもしれませんし、発展的に有料化するかもしれません。
良い情報源なので今のまま無料で存続はして欲しいですけどね。
どうもそれは簡単ではないのかもしれません。


686 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/07/12(火) 07:39
>>685
>フードサイエンスも投資採算性がとれていないようで、
>新たなビジネスモデルの構築を模索しているようです。
>なくなるかもしれませんし、発展的に有料化するかもしれません。

以前有料サイトであればいくらまでなら支払って閲覧するか」
という設問が以前メルマガのアンケートにありましたね。
因みに私は「図書券」を頂きましたです。確か抽選だったかな?
個人的には無料で見れる部分と専門的に突っ込んだ有料部分に
分けても良いかと思いますが。
無料のサイトは食の安全などの世間一般への情報発信として、有料のサイトは業界
関連の人間への情報発信として・・・まぁ難しいんでしょうが。

閑話休題
「破壊王」橋本選手の御冥福をお祈りします。(T人T)
まだ40歳、俺より若いじゃない。精神的ストレスも多かったんだろうなぁ。
一時は日本プロレス界のヒーローまで上り詰めたとは言え、その人生は
いくら太くても余りに短すぎ。


687 名前: 名無しさん 投稿日:2005/07/15(金) 08:41
フードサイエンスで、新しい連載「斎藤くんの残留農薬分析」
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fs/kiji_raca_itiran.jsp
が、始まりましたね。
たてきさんが「楽しい農薬」で撒いた種が育ちだしたという
ことでしょうか。

688 名前: 分析者 投稿日:2005/07/15(金) 13:06
農薬分析者の立場で情報の発信はあまり多くはなかったのですが、
検査する立場からの情報発信は視点も違い面白いと思います。
がんばって頂きたいです。

689 名前: この発言は削除しました 投稿日:2005/07/22(金) 12:41
この発言は削除しました

690 名前: この発言は削除しました 投稿日:2005/07/22(金) 17:38
この発言は削除しました

691 名前: この発言は削除しました 投稿日:2005/07/26(火) 08:06
この発言は削除しました

692 名前: ミユ 投稿日:2005/07/26(火) 09:50
ある本を見ていたら野菜作りに元気丸と言う農薬を作ると出ていた  
が其の中に木酢液を入れるとありましたが木酢液どこで買える
のか教えてもらえませんか

693 名前: Seimei 投稿日:2005/07/26(火) 11:37
>>692
元気丸、、、また、怪しげなものを。
それは農薬ではありません。
http://homepage3.nifty.com/tyamaoka/sakusaku/nouyaku.htm
http://www.chitac.com/dash/genkimaru/

木酢液ならホームセンターとかで売ってませんか?

694 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/08/03(水) 13:01
こんなものを見つけました。
どこまで本当のことかわかりませんが、皆さんどう思われますか。
単なる反中サイトでもなさそうですが。
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/

695 名前: どらえもん 投稿日:2005/08/04(木) 00:23
>>694
トレーサビリテイーを熱心に論じている日本の農産物は信頼がおけます。
少しぐらい有機を逸脱した程度では、この汚染に比べたらかわいいものです。
玉石混交ですので、証拠の信憑性と頻度を考慮して判断したいです。
ポストハーベスト農薬の問題と併せて考えると、食料自給率の向上は急務です。
トレーサビリテイーを確立すれば、高値でも購入する時代が来ると思います。
個人的なことですが、中国の化学品と農薬を輸入して不純物問題でひどい目にあいました(2回)。
成功した化学品もあります(3回)、不成立(6回)。


696 名前: ★たてき 投稿日:2005/08/05(金) 00:53
>>694
 なんかすごいんですけど(^^;)
でも、ボクが子供の頃(25年前)には近所でもちょっとこういうのありました。
だから中国ならあると思います。
 ただ、現在中国から輸入されているのは日本向けの栽培を日本の商社などが指導した物が多いので
いわゆる毒菜は入ってきてないと思うけど。

697 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/08/05(金) 08:17
>>694
なんか、写真にPCで画像処理掛けてませんか?
背景にはそれなりの事もあるんでしょうが、色がなんだか不自然。

奇形の話は、あれだけ大きな国だから、探せばどこかしらでそのような家畜は
生まれているはずですけどね。化学物質云々が関係あるかどうかと考えると、
かなり疑わしいです。少なくとも環境からの影響と考えると。大体催奇形性を
有する化学物質ってそんなに多いものでしょうかね?
私の子供時代には「工場排水の影響」「化学物質によって」奇形が出るという
まことしやかな話があったので、それと同じデマではないですかね?
このような種々の奇形の家畜は、獣医学校の解剖学教室とか、発生学の部屋には
ホルマリン漬けの標本がかなりあるもんですよ。べつに珍しくないと思います。

多肢のかえるは、環境ホルモンの関係で私も知りましたが、ある寄生虫に感染する
と、おたまじゃくしからカエルに変態する際に四肢の発生に異常が起きて出現する
場合が多いと聞きました(発生過程の詳細は調べてませんが)。

きゅうりの画像なんか、単なるひねキュウリにしか見えませんけどね?プロの方、いかがでしょうか?

ということで、かなり「眉唾」な意見広告のサイトと私は思います。

698 名前: RED 投稿日:2005/08/05(金) 15:13
 中国の公害は、高度成長期日本の汚染顔負けだと思います
が、写真は鵜呑みにはできないものが多いですね。
 色は、相当な補正がかけてありますし、彩度自体もかなり
キツく上げてあります。
 青い川については、汚染とは関係ないでしょう。銅を多く
含む川は、青白く見えます。台湾・・だったかな?の山奥で
見たことがあります。赤色は鉄分の可能性が濃厚では。
 黄緑の川は、単に濁っているだけのような・・。
 アマゾン川下流とか、ナイル川下流とか、海外の川では
似たような色のがけっこうあります。

 魚がたくさんん死んでるのも、精査しないとなんとも・・
こんな光景だってありますからね。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/jissen/kusafugu.htm
 水位がそうとう減ってるように見えるのも、あやしい・・。

 体の短い魚も汚染とは無関係で、突然変異で生まれてくる
脊椎が少ないタイプの個体です。
 観賞魚の世界ではバルーンタイプと呼ばれ、バルーンモー
リーやバルーンラミレジィ、ダルマメダカなどいくつもの改
良品種が存在します。バルーンモーリーで検索すれば、そっ
くりな魚の写真があります。
 品種固定できるので、もとから魚の遺伝子に含まれる、劣
勢遺伝子のひとつです。

 キュウリは、たしかに単なるヘボキュウリに見えますね^^;

699 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/08/10(水) 07:40
本田の多角経営がこんな方向まで伸びているとは知りませんでした。
バイク→車(成功)→ロボット(?) →バイオ(?)

http://www.honda.co.jp/news/2005/c050624.html
>Honda、名古屋大学と共同でイネの収穫量を増加させる遺伝子を解明
>Hondaの研究開発子会社である(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI-JP)は、名古屋大学と共同でイネの収穫量を飛躍的に増加させる遺伝子の解明に世界で初めて成功した。


700 名前: みわにて 投稿日:2005/08/15(月) 19:31
>>694 に関連(?)して、中国の土壌汚染についてこんな記事がありました。
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200508150002a.nwc
珠江で土壌汚染深刻化 野菜の有害物質、基準値上回る 2005/8/15

>上海と並んで中国の経済成長のエンジンである広東省を流れる珠江デルタ地帯の土壌汚染が深刻化している。中国の雑誌、中国新聞周刊が伝えた。
 :
> 二〇〇一年、中国国家環境保護局は土壌汚染の実態調査を全国的に実施した。広東省でも珠江デルタ一帯を調べた。
> 東莞では百四十カ所のサンプル調査地点の土壌を分析した結果、重金属の含有率は27・4%に達した。万江区もそのひとつだった。珠江デルタ流域でも、東江流域一帯では汚染はより深刻で、40%以上の地点で安全基準を超えた重金属などの汚染が進んでいる。仏山、中山、珠海では60%の地点が重大な汚染にさらされている。
> 鉛やカドミウムを含んだ土壌で栽培された野菜は重金属中毒を引き起こす可能性がある。基準値をはるかに上回る水銀も各地で検出されている。
 :

701 名前: 名無しさん 投稿日:2005/08/27(土) 11:51
こんなブログがありました。
http://d.hatena.ne.jp/aozoratomato/20050826
「科学は私たち人間の感覚や体験、体感を補助する道具として使うべき」だそうだ。
どうやら新聞記者の方らしい。
・・・そんなもの?

702 名前: 名無しさん 投稿日:2005/08/29(月) 00:25
つーかウチはミキ商品を、もう10年くらい使ってるんですけど
最近ネットで調べてみたら、農薬とか入ってるんじゃん・・・(汗)
知らなかった・・・。すぐに使用を止めるべきですよね?
高い金払って、毒を食べてたとは・・・。これが原因で病気にかかったりして・・・。
ちょっと鬱になってマス。


703 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/08/29(月) 08:05
>>694-698
「安心!食べ物情報」の今週のメルマガにこの件についての記事がありました。
やはりでっち上げサイトであるとの見方が濃厚です。

(以下同メルマガからの引用)
 先週にも同じ話題があったので、簡単に書いたのですが、その後、
新しい情報を見つけました。ネタ元は以下のブログです。

「アジアの安全な食べ物」という犯罪者と、それに踊らされる馬鹿。
http://sinseihikikomori.bblog.jp/entry/213874/

 ここで指摘されていることをまとめると、まず写真は中国の公害
告発サイトからのコピーのようで、無断コピーではあっても、捏造
されたものではないようです。

 また、写真の中に『緑色の塗料を枯草に噴霧、着色して「緑化」』
という説明がありますが、これはどうも間違いのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

種子吹きつけ工

(1)ここが吹き付けを行う法面です。

(2)これが吹き付けを行うポンプ車です。この中に水と種、ボス
トンファイバー、肥料をいれてかきまぜます。

(3)これがファイバーです。この役割は、種、肥料等が法面に安
定して密着し、活着する働きがあります。

(4)吹きつけを行います。ノズル先端を手で押さえ種子が均一に
広がる様、調節していきます。

(5)散布を行った部分は緑色に染まりこれで吹きつけ完了です。

http://www.iwasakizoen.com/newpage19.htm
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------



704 名前: 投稿日:2005/08/29(月) 08:14
>>703 自己レス
「安全!食べ物情報のメルマガはこちらで読めます。
http://food.kenji.ne.jp/review/reviewb.html

>>702
なにが「つーか」なのか判りませんが(因みに私の携帯はツーカー)、
基準値以内なら心配するだけ精神衛生に害があります。
普通の人(日本人?)は、通常の食物から約1.5g(位だったかな?)の、
「天然農薬成分」を摂取しているそうです。これは人工の添加物や農薬の
約1万倍の量だそうです。しかも人工の農薬と違って発癌性試験など
行われておらず、実際発癌性の疑いが濃厚な成分も相当あるようですよ。


705 名前: RED 投稿日:2005/08/29(月) 09:37
>>701
 アスベストは天然の鉱物を加工しただけなので、毒性が
あるという説が信憑性を持って受け入れられなかったんで
すね。これに毒性があったら、自然に存在する繊維鉱物の
すべてが危険ということになりますが、とてもそれはあり
えない。
 アスベスト使用の歴史が数千年もあったことも、それを
強めていたと思います。

 この考え自体はおかしくなかったのですが、実際にはア
スベストに毒性があるのではなく、その形状に問題があっ
たわけです。
 これが判らなかったことについて、批判するのは簡単で
すけど、実際には難しいのではないかと。

 そういえば、このアスベスト問題で、天然物信仰の熱も
少しは冷めるかと思っていましたが、全然そんなことあり
ませんね^^;

706 名前: 名無しさん 投稿日:2005/08/29(月) 23:43
タバコも、天然ですね。
アルコールも、天然ですね。
ふぐ毒も、天然ですね。
O157も、鳥インフルエンザも、癌も天然ですね。
自己矛盾は気にならないでしょう。

707 名前: 地野 投稿日:2005/08/30(火) 07:44
>>706
そのような自己矛盾を指摘して気付かせる事、またそのような矛盾に気付く為の教育が大切だと思います。
そして関係者、特に真面目に農薬その他の研究をしている人間(どこかの怪しい宣伝のお抱えなどではない)が、
判り易い言葉ではっきりと丁寧に、そして理性的に、社会に対して発言をするべきであると思います。

708 名前: 地野 投稿日:2005/08/30(火) 07:56
朝日ネタで。今朝の一面に間に合ったかな?
各種ネットメディアの中でも産経が一番痛烈な記事のような。
やはり虚偽捏造は朝日の体質かと。ここ数十年ずーっとですからねぇ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050830-00000002-san-soci
>朝日新聞が虚偽報道 新党結成、田中知事発言事実なし 記者を懲戒解雇
>朝日新聞社は二十九日、臨時取締役会を開き、総選挙における新党結成の報道をめぐり、事実関係を偽った取材メモに基づいて虚偽の内容を報道したとして、同社長野総局の県政担当記者(28)を同日付で懲戒解雇処分とした。また、木村伊量(ただかず)東京本社編集局長と金本裕司長野総局長を減給・更迭とするなどの処分を発令した。
(中略)
>■続く不祥事揺らぐ信頼性
> NHKの番組改変をめぐる問題、月刊誌への社内資料の流出などで揺れる朝日新聞に二十九日、新たな衝撃が走った。長野総局記者による事実のない取材メモに基づいた虚偽報道問題。今回は、「捏造(ねつぞう)」という報道の根幹にかかわる不祥事だけに、同社の報道の信頼性が大きく揺らいでいる。
> 朝日新聞をめぐっては平成元年、カメラマンが沖縄・西表島のサンゴを傷つけ、記事と写真を捏造。同社は紙面審議会を立ち上げるなど再発防止に取り組んできたが、その後も他紙の記事の無断引用や、無断録音したやり取りの流出など記者倫理に反する不祥事が続いている。また、今年に入っても、NHKの番組改変問題、最近では月刊誌への社内資料流出も明らかになっていた。
(後略)


709 名前: RED 投稿日:2005/08/30(火) 09:31
>706
 以前、その矛盾を指摘してあげたことがありますが、
「明らかに危険なものは除く」のだそうで。
 化学物質の危険そうなものは批判し、自然物は危険
そうなものは除いて考えるようで、なんとも都合がよい話し。

710 名前: かず 投稿日:2005/08/31(水) 12:25
こんにちは。
質問なんですけれども、あるサイトに入ったら、いきなり
高額請求されてしまうのがはやってるみたいですけれども、
もし高額請求されたときの対処法をお願いしたくて・・・


711 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/01(木) 01:11
サイトを見ただけであなたの身元は相手にはわかりません。
よって、請求なんて来るわけないのです。

712 名前: 地野 投稿日:2005/09/01(木) 08:15
>>710 完全に板違いではありますが、一応。

アダルトサイトや出会い系サイト等でメニューをクリックしてしまったら自動的に入会になり
高額な入会金等を請求されてしまった方へ(2005年7月26日更新)
次世代電子商取引推進協議会
http://www.ecom.jp/adr/ja/topics/tp_01.htm
最近携帯電話やパソコンに届いたメールに書かれているアドレスにアクセスしたら高額な料金を請求されたという相談が多く寄せられています。

そもそもサイト上において、ワンクリックしただけで有料サービスの契約が成立するとは考えられません。
契約成立のためには、必ず料金を明示した上で利用の意思確認をする必要があります。

仮にこの条件を満たしていたとしても、貴方に登録する意思も無く、またサイト側がその登録内容に対して確認する手段を講じていなければ、「電子契約法」に則って考えると、契約自体が無効と判断される可能性もあります。

B2C(事業者・消費者間)の電子契約では、消費者が申込みを行う前に、消費者の申込み内容などを確認する措置を事業者側が講じないと、要素の錯誤にあたる操作ミスによる消費者の申込みの意思表示は無効となります。


713 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/02(金) 08:14
「雑談」か「農薬ニュース」か迷いましたが、農薬以外も含まれているので此方に投稿します。

気になるニュースがありましたので、御報告いたします。

環境省、化学物質関連資料DBを大幅拡充
(化学工業日報9/1付け)
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200509/01/04101_4138.html
環境省は、ホームページ上で公開している「化学物質と環境に関する学習関連資料データベース」を更新した。このデータベースは、リスクコミュニケーションの推進を目的に作成したもの。化学物質や環境リスクに関する資料が簡単に検索できる。収載情報をさらに拡大するとともに、子どもにも検索、利用しやすいように配慮したデータを追加した。データベースは同省のリスクコミュニケーションホームページからアクセスできる。

で、それがこちらです。http://ceis.sppd.ne.jp/risk2/index.htm
因みに環境省のHPから入るには「検索」しないと判りにくいでしょう。

各種の成書やweb上の情報を入手しやすいようにしたもののようです。


714 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/02(金) 08:19
>>713 補足

これについて、「資料の収集基準」が良いかと(当然と言えば当然だが)。
こういうことはもっと大きく宣伝するべきなのだが・・・。

〃悩椹駑舛陵用者は「小学生」「中・高校生、この分野が専門でない一般市民」を想定したものであること。専門家向きの資料は含めない。
(中略)
内分泌かく乱作用を主な論点としている資料については、原則、「環境ホルモン戦略計画SPEED’98取組の成果(2004年9月環境省発行)」及び「化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について−ExTEND2005−(2005年3月環境省発行)」の内容も十分に把握された上で作成された資料であること。
特定の商品の販売促進を目的としていないこと(商品名が入っていても情報提供の視点から作成されている場合は可)。
運動・行動の促進を主目的とした資料でないこと。
タイトルや目次に「撲滅、排斥、排除など排他的な用語が用いられている」場合は、内容を検討の上、採否を決定する。
(後略)

715 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/03(土) 00:39
>701
http://d.hatena.ne.jp/aozoratomato/20050826

早速コメントが殺到してるようです。


716 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/03(土) 06:26
添加物が原因?
http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=322

717 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/03(土) 09:28
>>716
 この話は前からありますけど、私は都市伝説の一種だと思ってるんですけどね。
一人の人が声高に言ってるだけだもん。

718 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/03(土) 20:34
事実でない記事なら大変な訴訟になりますね。

719 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/03(土) 23:52
>>718
 事実ではないということを証明するのも大変なんですよね。
それに事実かどうかは世間的には関係ないって事は幾多の事件で証明済みです。
所沢のダイオキシン訴訟が良い例でしょうね。会社がつぶれてからアレは事実ではなかったと
裁判に勝訴しても後の祭りです。

720 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/04(日) 17:50
>>716
昨日くらいから2ちゃんねるでえらい騒ぎになってますね。
記事自体はずっと前に見たことがあるのですが。

721 名前: やっさん 投稿日:2005/09/04(日) 23:16
>>716
確かにこの話は以前に見た記憶があります。
いい記事ではないですね。これを書いて後どう責任をとるのでしょうか?


722 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/05(月) 17:11
本当に事実なら公表すべきだし、デマなら責任をとる事となるでしょうね。
数年前に発行された食べてはいけないとかいう本の比ではないですね。

723 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/06(火) 00:40
>>720
 2chではすんげー盛り上がってますね。
こりゃ、この話がメジャーになるのも今週中かな

724 名前: どらえもん 投稿日:2005/09/06(火) 10:35
>>723
2チャンネル掲示板”コンビニ”で検索すると、複数のスレッドで1000以上でていますね!
食中毒は致命的だし、防腐剤は使い難いし・・・

725 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/07(水) 07:20
>>716
馬鹿馬鹿しい話ですね。
結局の所「養豚業者の飼育技術が低レベルだった」の一言で終了する問題でしょう。
それをなんだかんだと恐怖記事に祭り上げているだけじゃないですか。
下らない!

もし記事にするのであれば、次に紹介する程度のレベルでお願いしたい。
以下「事象の地平線」http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.phpより引用。

2005/09/03
役割を放棄して煽るマスコミ [疑似科学・ニセ科学] 
2ちゃんねるで話題になっていたので覗いてみたら、見覚えのある名前が出てきた。まず、元ネタになった「食卓の向こう側」の記事を一部引用する。
(中略)
 たまたま、数日前にここで「食卓の向こう側」の著者のブログを話題にし、著者が合理的思考を欠いているのではないかということを議論した。今回、元記事の農家の人の話を読んで、真っ先に思ったのは、「**水を使ったら作物や家畜がよく育つようになった」というたぐいの、体験談による水関係の非科学宣伝と構造が同じだということだ。
 コンビニ弁当の一部は脂肪分が多くてカロリーが高いから、たくさん食べさせると豚が太るというのは、まあ、予想されることだろう。死産が相次いだことも事実だったとしよう。しかし、それだけでは、人間と豚の両方にとって、何の情報にもなっていない。
 もし、脂肪分の取りすぎが豚にとって主な問題だというのなら、食べさせる物を選べばよいだろう。揚げ物中心の弁当と、梅やシャケのおにぎりとでは、脂肪分の割合が全く違う。残飯を与えるときに、揚げ物の少ないものを選んで与えればいいということになるのではないか。もし、添加物の一部が問題だというのなら、次のステップは、何が問題なのかを突き止めることだろう。添加物の含まれた食品はこれからも増えるだろうし、化学物質に対する感受性は種によって異なる。「豚にはこれが含まれているものを与えてはいけない」といったことがわかれば、農家にとって役立つ情報になる。
 人間の方は、成人病の低年齢化が問題になっているが、すべてがコンビニ弁当のせいだというわけでもないだろう。まあ、コンビニ弁当ばっかり食べていたら栄養が偏るのは確かだから、各自で気をつければいいし、そのための教育はちゃんと学校でやっているはずだ。添加物を問題にしたいのなら、わざわざ詳しい人に訊きに行って「品に張られたラベル(内容表示)を見て自分で判断するか、確かな材料を手に入れて自分で作るか。食は自己責任。」しか情報がないのはどうかと思う。読者が知りたいのは、「コンビニ弁当が豚の健康状態に及ぼす影響」ではなくて、自分が買う時にどうやって判断するか、どれくらいの頻度までならそこそこ大丈夫と思って良いのか、という知識の筈である。
 コンビニの名前を公表するとパニックになる、と西日本新聞は主張しているようだが、とても元の記事にそれだけの内容があるとは思えない。「そのコンビニの弁当は豚に食べさせるとよくない」という以上の意味はない。この記事でパニックを起こす読者がいるとしたら、今、自分のところの豚にコンビニ弁当の残飯を与えている農家だけではないか。もし、人がパニックを起こすというのなら、失礼を承知でいうと、西日本新聞の読者の頭のレベルは関係ない煽りに簡単にのせられる程度だということに過ぎない。西日本新聞は、配慮する姿勢を見せつつ、読者を馬鹿にしているように見える。


726 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/07(水) 12:51
>>725

  グッジョブ!!           ∩   ∩
       _ _∩           (⌒ )   ( ⌒)       ∩_ _ グッジョブ!!
        (ヨ,,. i             |  |  / .ノ        i .,,E)
グッジョブ!!  \ \          |  |  / /         / /
  _n      \ \   _、 _  .|  | / / _、_    / ノ
 (  l     _、 _  \ \( <_,` )|  | / / ,_ノ` )/ /    _、_    グッジョブ!!
  \ \ ( <_,` ) \         ノ(       /____( ,_ノ` )    n
    ヽ___ ̄ ̄ ノ   |      /   ヽ      | __      \     l .,E)
      /    /     /     /    \     ヽ   /     /\ ヽ_/ /
 

グッジョーーーブ!!!!
今夜はトンカツにケテーイ


727 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/09(金) 20:28
松永和紀さんの「食卓の安全学」が、
市民のための環境学ガイド http://www.yasuienv.net/ で
「食の安全&疑似科学」と題されて取り上げられていました。
http://www.yasuienv.net/SaftyFoodMatsunaga.htm
本、買ってみようかと思っています。



728 名前: qingli 投稿日:2005/09/10(土) 11:39
人が薦める本は
是非とも
買って読むのが良いです。
私のモットー!

729 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/10(土) 22:21
>>725
 「事象の地平線」の風評被害への認識は甘すぎますよ。
もし、コンビニ名などが公表されればそりゃもう大パニックですよ。
ひどい風評被害で当該コンビニは当地では撤退を余儀なくされますよ。
風評被害への認識が甘い研究者が安易なデータを公表したいるすることを憂えます。

730 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/11(日) 15:29
>>729
う〜ん、そもそもの記事(西日本新聞)が低レベルで内容がないというのは同意。
(結局何が言いたいのかよくわからないし)
でも、残念ながら大半の人が煽りにのせられてしまいそうなのもまた事実。
(2ちゃんの書き込み見てもそんな感じでしたね。)
よってたてき様が言うように、もしコンビニ名が公表されると大パニック、
風評被害甚大→訴訟ものだと思います。

731 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/12(月) 01:12
>>730
 2ちゃんのスレの流れを見ていると、この問題への関心の高さと
風の冷たさをヒシヒシと感じます。
2ちゃんを馬鹿にする人も多いですが、スレの流れや早さと実世間の
関心度や話の流れは怖いぐらい一致します。「空気を読む」という点では
2ちゃんはすごい役に立つメディアですよ。

732 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/14(水) 02:01
ヘビーなネットユーザーでなければ、2ちゃんなんて見るに
耐えない誹謗中傷と人種差別と捏造にデマゴギーだらけの
掲示板としか見ないでしょうからね。もし私がリアルで
2ちゃんねらーに遭遇したら、上記のような理由でまずその人の
思想的視座を、そういうネガティブなモノに対する
アフィニティーを警戒します。
あそこで「空気」を形成している意志の集合体は空気同様
流されやすく影響を受けやすいので(情報の吟味をする層が
少なく誤った情報源を元に判断する)どこまでまともに
相手にすればいいのやら。
空気以上のモノなど創造し得ない内輪の井戸端会議的
コミュニティが関の山なんじゃないでしょうか。

733 名前: とれま 投稿日:2005/09/14(水) 02:22
 知り合いがAREAの取材受けたってんで、
今日久しぶりにAREA立ち読みしてみたんですけど
なんかすごい電波飛ばしてましたよ。
なんでも、不登校の原因は科学物質過敏症だとか、
田舎には農薬で痴呆症になった人を閉じ込めるための
座敷牢があるとか。

あんな雑誌、たとえ知り合いが出てても買う気になれないので
買ってませんけど。

734 名前: どらえもん 投稿日:2005/09/14(水) 06:11
>>733
先日、立ち読みしたことを思い出しました。
すごい事を書いていますね。
週刊誌・雑誌は大新聞が書けない事や、
不確かな事を記載できる様ですね。
裏読みすると、真実または可能性を掲載しやすいのは雑誌です。
たまたま、可能性報道で被害を蒙った会社にいましたが、
ネタ元の先生に誤解を解いてもらいました。
しかし、記事が訂正される事は、ほとんどありません。
アレルギーや遅発性疾病と物質との因果関係が、確定するとは限りません。
農薬(リン剤?)ではないことを、明確に証明する必要があります。
ネタ元の誤解を解くため、当事者の有効な行動が望まれます。
アスベストと異なり、体内に残留しない有機化合物の場合は、
明確な証拠が残らない事を考慮して、謙虚に判断するべきです。


735 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/14(水) 08:12
>>727
話題に乗り遅れてスミマセン。
事象の地平線でも紹介されていました。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/displog/491.html

(以下同HPより引用)
「食卓の向こう側」を批判するだけでは何なので、まともな方の参考書を紹介しておく。「食卓の安全学ー「食品報道」のウソを見破る」松永和紀著(家の光協会)。この本の特徴は、食品報道をどう読むかという、科学情報に関するリテラシーの部分に相当なページをさいているところである。
(中略)
私が教養の講義でやっている「科学リテラシー」の内容の一部が、ほぼ完全に含まれている。今年はもうシラバスを決めてしまったので、各自で買ってくれというしかないが、来年度から参考書指定しようかと思っている。個別の食材を議論している部分は、時間がたてば古くなるかもしれないが、2章や3章の指摘は今後もおそらくそう大きく変わることはないだろう。本当は、こういう知識を高校までにみんなが知っている状態であることが望ましいのだが……。


736 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/14(水) 08:39
>>732
ねらーみっけwww


737 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/15(木) 08:22
>>736
たてきさんも「ネラー」なそうな。
2chの評判が悪いのは、いわゆる「アンチ」達が、よその掲示板(自分にとっては敵もしくは嬲りがいのある相手)にお出かけして、荒らしてくるからではないだろうか?
自分もやられた経験あり。はっきり言って鬱陶しい。
自分達の間だけでわいわいやっている分にはまだ良いんだが、そういう傍迷惑な事をする人が目立つから、私は2chはキライ(;一_一)。

738 名前: どらえもん 投稿日:2005/09/18(日) 23:42
今日、「別冊、週漫スペシャル」のP211-212に、
農薬(除草剤)で、殺人する漫画が載っていました。
娯楽性の強い漫画俗雑誌にさえ安易に記載されてしまう事に、
力が抜けました。
即効性に誤りがありますが、大筋で否定できません。
安全な農薬が多数開発されている現状を考えると、
原体が毒物の一部農薬の使用を禁止する時期だと思います。
安全な農薬の評判を著しく悪化させています。
農薬の存在意義が非常に大きいことを理解して頂く事を、
強烈に妨害していると思います。


739 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/19(月) 00:24
>>738
 私も同感です。ただ、該当除草剤の急性毒性が問題になっているのは
日本だけだという事実が対策を遅らせていると思います。

740 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/19(月) 22:58
 山形大からはなんの返事も来ません。
でも、事象の地平線の作者の所にはメール転送されたんでしょう。
ということは、メール自体は届いてるって事ですよね。
それを内輪で回覧はしてブログにも引用しておきながら、当事者には
返事の一つも来ないって言うのはふざけた話だし、大学の個人情報管理は
どうなっているのかなど管理上の問題点いっぱいです。

741 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/20(火) 07:10
>>740 
事象の地平線 に引用されていたメールは、たてきさんが
山形大のサイト作成者に出したものでは無いですよ。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/displog/505.html

742 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/20(火) 08:53
>>740 たてき様

>でも、事象の地平線の作者の所にはメール転送されたんでしょう。
>ということは、メール自体は届いてるって事ですよね。

これ間違い。というか誤解です。
この件についてapjさんが紹介したメールは自分が送ったものですから(^^ゞ
ですからapjさんと、山形大学環境保全センタ−との間には、全く関わりがありません(同じ山形大学に属しているというだけで)。

紹介されているメール内容を読めば、たてきさんの書いたものではなく、
この掲示板の読者からのメールだとわかると思うんですが・・・。
私もたてきさんからメールを送られたとの事で、「すぐ修正されるだろ?」と
安心してました。

で、同じ大学内の研究施設といえども、部門が異なるのでapjさんから当該機関に直接批判をする訳にも行かないでしょう。
むしろこの様な内輪についての批判を外部発信して、恨まれないかと心配になります。
ま、そんな事でめげるお人ではないでしょうが。

ここは一つ農薬工業会及び農薬学会から山形大学長宛に、
「正式な抗議文」を送るべきですね。
それなりの権威には弱かろう。それでも腰を上げなかったらアホ。
山形大学には農学部とかないんですかね?
むしろその辺りから当該サイトについての苦情が出ても良い筈ですが。

山形大学の農学関係者、農薬学会及び工業会関係者でこれを読んでいる方、居られませんかね?

743 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/20(火) 09:01
追伸
この件に関してのapjさんの自分のブログ内でのコメント:

質問でも晒しageでも何でもやっちゃってください。自分から情報を公開しておいて、何か言われるのは嫌だなんて態度はそもそも世の中に通用しませんから。^^;)。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/displog/505.html

あんたはエライ!座布団2枚!

744 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/09/20(火) 09:03
山形大学には農学部がありますよ。
http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/

745 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/20(火) 12:19
>>743
おかしな誤解のないように、自己レスしておきます

743で引用したapjさんのコメントは、山形大環境保全センターの当該サイトを読んだ方が残したコメント
「更に中身を読みましたが…香ばしいですねぇ。ホントに大学のサイトなんでしょうか^^;(中略)質問のメール出してみましょうか^^; 」
という、コメントに対する返信です。


746 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/21(水) 08:22
あちゃぁ!
あらためて見るとこの流れって、「自作自演を暴露」って感じですね。(>_<)
イタイ事をしてしまったかも?

747 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/23(金) 01:19
 地野さんも山形大にメールしてたんですか。多くの人が抗議の声を
挙げて欲しいですね。
 山形大の名前を使ってアップした情報は山形大の見解と普通は受け取りますよ。
民間企業なら、社員の発言は会社の発言と受け取られますし。
大学だけが特別って事はない。世間って言うか、少なくとも私はそう受け取っています。


748 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/26(月) 04:45
>>747 たてき様
> 地野さんも山形大にメールしてたんですか。

いえいえ、「事象の地平線」の作者であるapjさんにです。
「山形大学」宛てではありません。
そうですね。私も山形大学長宛てに講義メールをだそうかな?

>多くの人が抗議の声を挙げて欲しいですね。

良い方法かも知れませんね。私も載ります。

749 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/09/26(月) 07:30
>>747 たてきさま
メールの送り先は此方が良いでしょうかね?
たてきさんはどちらにメールを送りましたか?

>ホームページについて 総務部総務課  
sombun@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

山形大学HPより http://www.yamagata-u.ac.jp/html/toiawase.html


750 名前: ★たてき@静岡 投稿日:2005/09/27(火) 23:55
>>749
 たぶんそこです。でも、返事もこないし、たぶん読まれてもいないでしょうから、
無駄なんでしょうね。空しい。>>747の自分の発言と矛盾したレスで
申し訳ないですけど・・・

751 名前: ぎゃてい 投稿日:2005/10/12(水) 22:34
少し古い記事で申し訳ありませんが

(日本農業新聞2005.9.25)
コウノトリ再び大空へ/世界初、人里で野生復帰
農法工夫し共生  農家やJA努力が実る

50年の活動が実を結び、5羽のコウノトリが大空に羽ばたいた。兵庫県と豊岡市では、試験期間が人工増殖を続ける一方、地元生産者やJAなどは、コウノトリの餌場となる水田整備など自然環境に配慮した農法を地道に続けてきた。「放鳥は、環境保全型農業推進の本当のスタートだ」(生産者)。コウノトリを通じた自然と人・地域の共生の取り組みが始まった。
コウノトリは、第二次世界大戦後の環境破壊や戦後の農地整備などで激減。大きな原因は、餌になる水田など農地にドジョウやカエル、昆虫などがいなくなったためといわれている。
県は1955年に保存活動を開始。合わせて2003年にビオトープ活動や農薬や化学肥料に頼らない、人と自然の共生を目指し「野生復帰推進計画」を策定。環境保全型農業に市を挙げて取り組んできた。
生産者組織の一つ、「コウノトリの郷営農組合」(22人)でも、水田にドジョウなどの生き物を返すため、無農薬栽培や冬季湛水(たんすい)、不耕起栽培、中干し延期などの農法を続けている。
メンバーの稲葉哲郎さん(63歳)は「放鳥はひとつの通過点で今後の活動を広げたい」と決意を新たにしている。
地元のJAたじまでは、これまで農薬や化学肥料の使用に一定の基準を設けた独自ブランド「コウノトリの贈り物」の創設や、営農組合への支援を続けている。JAの田口義修組合長は「今後も環境保全型農業をJAを挙げて推進していく」と強調する。


活動とその成果には敬意を表しますが・・・やはりここでも農薬はスケープゴートなのでしょうか?


752 名前: どらえもん 投稿日:2005/10/13(木) 00:17
>>751
水田に除草剤(または肥料)を散布した後、
ほとんどのお玉じゃくしが死んでいました。
事実かどうかは正確な調査を要しますが、
製剤と関係ありそうです。
子供の頃にバケツ一杯採れた、
ドジョウやエビガ二がほとんどいないのは事実です。
より環境に優しい新製剤・新活性成分の開発が待たれます。

753 名前: 元会長gearlord 投稿日:2005/10/13(木) 00:49
たてきさんお久しぶりです。2月4日のうちの農協の講演会ではお世話になりました。
あの時は会長でしたが、今は退いて元会長になってます。

実は今悩んでいる事があります。私は野菜や果樹を栽培していて、仲間と一緒にキウイフルーツを
生協に出荷しています。そろそろ出荷の時期になりますが、先日会議に出席したらその時の資料に
「農薬に頼らない工夫アンケート調査結果」という項目がありました。

それはいいのですが、その中にあった他の生産団体(野菜などを普段から出荷している)からの回答の中に
「木酢液」「竹酢液」「ニーム酵素液」「スーパーニーム」といった単語がならんでいました。
木酢液、竹酢液:病害虫を防ぐ資材、展着剤の代用
スーパーニーム:肥料、土壌病害や害虫の忌避効果防除効果
ニーム酵素液:各種害虫に対し忌避効果防除効果
こんな事が平気で書いてある。「いいのか、おい」とツッコミたかったのですが、あいにく後席が
あって、中座して帰ってきたのです。

「安全性」にはうるさい生協なんですよ。提出を求められる文書も多い、会議も多い、最近はちょくちょく
抜き打ちで出荷物の農薬残留試験をしているようです。合成洗剤が嫌いでそのせいか、農薬散布時に使う展着剤の多くを、
生協独自の「作物別農薬適用一覧」という資料で禁止しているのです。

このまま何も言わなければ、「農薬取締法違反者」が大量に出そうです。これは刺されたらアウトですよね。
やはり指摘したほうが良いのでしょうか?どんな指摘の仕方がいいのでしょうか?多くの片のご意見を伺いたいです。

そこではよく「農薬毒性の事典(三省堂)」が引き合いに出されるのですが、どの程度信頼して良いのでしょうか?
自分自身ではいまさら農薬の毒性に関して「ダイオキシン」「環境ホルモン」「発ガン性」
のレベルが書いてあるらしい
事典は信用にたらないと思うのですが。

754 名前: apj 投稿日:2005/10/13(木) 03:11
>>747
>山形大の名前を使ってアップした情報は山形大の見解と普通は受け取りますよ。
>民間企業なら、社員の発言は会社の発言と受け取られますし。
>大学だけが特別って事はない。世間って言うか、少なくとも私はそう受け取っています。

 たてきさま、初めまして。環境ホルモンスレからこちらにたどり着きました。
 一点だけ言わせてください。この、組織が行う情報発信と組織の中の個人が行う情報発信について、ある程度分離して考えるようにした方がいい、というのが私の考えです。
現実が今どうであれ、組織と個人を同一視するという流れはどこかで変えなければならないだろうと思っていろいろやっています。

 大学の例でいえば、委員会を開いて決めたようなことが情報発信される部分が大学としての公式の情報発信、私がやってるようなブログが個人の責任で行う情報発信という切り分けです。
 別に大学を特別視せよというつもりはありませんが「学問の自由」「教授の自由」が認められていることと、世の中に情報発信することも含めて社会貢献せよという要請があることから、教員個人の情報発信の範囲をある程度認めて、組織がやったことと同一視しないようにしていく必用があると考えています。
 逆にいうと、「組織に圧力をかければ個人の情報発信を制限できる」というルートを潰していきたいということなんです。
 このため、母校のお茶の水大を提訴した後の交渉では、ウェブ運営規則の整備について話し合い、会議を開いて何を情報発信するか決めたページの扱いと、研究室単位以下の情報発信のページの扱いを分ける形の規則案を出したりもしました。
 通常、会社であれば、従業員個人が会社のドメイン内に好きにウェブサイトを作るということはあり得ないわけですが、大学の場合は学生や院生も含めて、一般にこれが可能です。
 また、その自由度を持たせておかないと、新しいものも生まれてきません。単なる情報発信だけではなく、もう少し技術的な、通信プロトコルの実装や試験といったことをやる自由度も残すべき……というかそもそもインターネットは実装参加の自由が認められているものなのです。

 ウチの大学から発信されている農薬の話については、私自身が専門家でないため、正しく突っ込むことができません。
ただ、総務に言っても効果がないということですが、山形大学にはウェブ運営の詳しい規則はありませんし、クレームがついた場合の処理方法もまともに決まっていないようです。
決めないと却って危ないだろうと思うのですが、「トラブルが起きなければ手間をかけて規則なんかつくらなくていい」とのたまったのはウチの事務の誰かさんだったりしまして、まあ、そういう認識でしかないわけで、危機管理については民間に比べて遅れまくっているのが正直なところです。「強盗も殺人もなければ刑法をつくらなくていいはずだ」と強弁して法整備を怠るのとおなじじゃないかというツッコミを入れるほかありません。

755 名前: Seimei 投稿日:2005/10/13(木) 04:54
>>752
>>751が言いたいのは↓のような事では?
http://www.jcpa.or.jp/column/nwzl/31.htm

756 名前: どらえもん 投稿日:2005/10/13(木) 11:12
>>752
情報有難うございました。
そういえば生活廃水の無い湧き水の近所の池で、
エビ、クチボソ、ギンブナの子供がアミで掬えます。
韓国の河川上流の川ですが、釣りをするために川を良く観察したら、
注ぎ込む水は清澄なのに、
生活廃水で多摩川の大田区あたりぐらいに汚れていました。

757 名前: どらえもん 投稿日:2005/10/13(木) 11:13
>>755
の間違いでした。

758 名前: RED 投稿日:2005/10/13(木) 19:16
>>751
 このリンク先の意見が、水辺の植物や生物を真面目に研究して
いる方にとっては、一般的なものかと思います。
 とくにメダカなど、棲息できる条件さえ整っていれば、農薬
を散布する水田の周辺でもちゃんと生きています。

 水質汚染については、その最大要因は生活排水。農薬をとやか
くいうより、下水にちゃんと接続するか、合併浄水槽を導入して
ほしいものです。

759 名前: tea-farm 投稿日:2005/10/13(木) 20:01
Seimeiさんのリンク先を見ても思ったのですが、
昔でもメダカって、排水路にいましたか?
用水のような流れのあるところでしか見たことがないのですけどね。
排水路だとフナやコイなどが圧倒的でしょう。
ドジョウもザリガニも隠れる事が出来るだけの、泥や水草などが無ければいませんよ普通。
用水系にいない種が圃場にいることの方がおかしいわけで、あれもこれもゴッチャにするのはどうでしょうかね。

それに、生活排水とこの件をリンクするのもどうなんでしょう。
汚水系が用水系に入っているところなんてあるんでしょうか?
雨水系統が入っているところはあると思いますけど。
ウチの方では、コサギやアオサギ、ゴイサギなどが水田、排水路で餌を食ってます。
ケリに比べれば少数派ですが、生活の仕方が違うので見かけ上そうなるだけだと思っています。
ドジョウやザリガニも手入れの悪い用水系や深めの用水系にはいます。
排水系は水量の増減が激しすぎるので、これらは住めないんでしょうね。

って、私の観察不足でしょうか?

760 名前: ぎゃてい 投稿日:2005/10/13(木) 21:32
自己レスですが、実際田舎に暮らすものとして、
水田周辺の生物環境が変化していることは実感しないでもないのですが
皆さんが仰るようにその要因の多くが用水系の整備に在ると思います。
U字溝で囲まれてしまった用水路には
かつて幼少の頃に親しんだ水棲の生き物達の姿を見ることは
少なくなってしまいましたね。

記事については、冷静に読めば
JA関係は無農薬ではなく減農薬となっているのですが、
環境保全型=農薬否定という考え方が目に付いたこと
且つ掲載されていたのが日本農業新聞であったことが気になりまして
書き込んだ次第です。

どなたかお近くの方、いらっしゃったら、くらいには思いましたが



761 名前: RED 投稿日:2005/10/13(木) 23:56
>>759

 メダカ、流れのあるところにいますか?
 基本的に流水は好まない魚で、私が田んぼ周辺で棲息を確認
したのは、ほとんど流れが淀んでいるようなところばかりでし
た。
 流れのあるところでは、メダカの変わりにカダヤシが棲息
している傾向が強いです。

 ところで、ザリガニは侵略的外来生物ですので、これが減る
ぶんには、大いに結構かも。

762 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/10/14(金) 07:30
>>754 apj様
今日は。地野邪鬼でございます。
農薬掲示板へようこそ。

>この、組織が行う情報発信と組織の中の個人が行う情報発信について、ある程度分離して考えるようにした方がいい、というのが私の考えです。
>大学の例でいえば、委員会を開いて決めたようなことが情報発信される部分が大学としての公式の情報発信、私がやってるようなブログが個人の責任で行う情報発信という切り分けです。

確かに個人の自由な意見が、所属する組織の立場上表明できないということは、それも問題ですね。


763 名前: 名無しさん 投稿日:2005/10/14(金) 08:06
>>754

 私は、大学と縁のない会社人間ですが、

>この、組織が行う情報発信と組織の中の個人が行う情報発信
について、ある程度分離して考えるようにした方がいい、と
いわれるなら、個人的な意見の発表は、大学外のサーバーで
やればいいと思います。
 大学も独立法人となっていますから、経営のことを考えれば、
個人的情報発信に、組織のサーバーを提供するのは、どうかと
首をかしげざるを得ません。
apjさんの支援されている中西準子さんの「雑感」のサーバー
は、勤務先ではなく、ニフティ-を使っておられるのは、その
いい例です。


764 名前: apj 投稿日:2005/10/14(金) 20:32
>個人的情報発信に、組織のサーバーを提供するのは、どうかと
>首をかしげざるを得ません。

 それは組織次第です。環境を提供すること自体がサービスだったり福利厚生だったりする場合もあるわけです。
私の水関係の情報発信は、私個人の責任でやってますが、大学のサーバを使っていますよ。
しかし、中西さんの支援サイトは外部のサーバでやっています。
さらに、教員個人の意見発表すら大学内からできない大学、という評価をされることが、大学にとって良くない場合もあります。
もともと、インターネットは誰でも参加できるのが当たり前なんですよ。プロバイダが一般的になってから使い始めた人はそのへんを勘違いしていることがよくあるのですけど。

765 名前: tea-farm 投稿日:2005/10/14(金) 21:28
インターネットは、元々軍用のネットワークが段階的に開放されて来た経過を持っています。
その経過の中で、米軍や米国が費用を支払っていたために、apjさん末尾のような誤解が生じているようです。
誰でも参加して良くなったのは、ほんの10年位前のことです。
教育機関/会社を問わず、インターネットに参加できること自体が特権だった時代もあるのですよ。
未だに、国際回線の費用を誰が支払うかの結論さえ出ていないはずですが。

>教員個人の意見発表すら大学内からできない大学、という評価をされることが、大学にとって良くない場合もあります。
これは、独立した個人が組織の干渉を受けずに情報発信することが大学の不利益に繋がる事があると言うことでしょうか?
そうだとすれば、研究者は組織に縛られざるを得無いのではないですか?

研究者は研究対象に縛られても組織に縛られてはいけないと思う、元化学屋のおっさんの戯れ言でした。
#組織に縛られる事を望んでいる、実質的多くの大学の研究者には失望しています。(apjさんがそうだという意味ではありません)


766 名前: gearlord 投稿日:2005/10/15(土) 00:21
すみません、753を書き込んだ者です。書き込むスレッドを間違えました。
書き込み直します。失礼いたしました。

767 名前: ★たてき 投稿日:2005/10/15(土) 22:19
 組織に縛られないのは自由ですが、それなら組織のサーバーや名前を使うなって言うことでは?
組織と組織外の個人意見を厳密に分けて組織からも組織外からも認められているのが理想。
それが農薬ネットだったりします。私から見れば山形大の事例はトンでもなく甘いですよ。

768 名前: tea-farm 投稿日:2005/10/20(木) 00:29
>>767
すいません、見過ごしてました。
基本的にそう言うことですが、若手や実績の少ない研究者の場合には必ずしもそうであれと言うつもりはありません。
現在では、誰もが非常に安価に情報を発信できますが、内容の信頼性が必要な場合に、とりわけ実績の少ない研究者は、その担保となる
母体又は、後ろ盾が必要なりますから、組織を利用せざるを得ないと思います。
この場合、個人の意見と組織(研究室や会社の部署)の意見を厳密に分けることが難しいことはあるでしょう。
内部的に どういう事になっているかがキーですが、できれば記名で組織の意見ではないと言うことを明示して欲しいですね。

769 名前: ぎゃてい 投稿日:2005/10/22(土) 22:04
今日放送のあった「世界一受けたい授業」を御覧になられましたか?
食品表示に関する部分で
無農薬・減農薬・有機栽培・低農薬の表示があるトマトを
農薬の使用量の少ない順に並べるというのがありました。
それ自体はまあ、別に間違ったことを言っていた訳ではないですが
解説の中で有機栽培を評して
「一番価値がある」と表現をされていました・・・
確かに希少価値はあるかもしれないけど
なんとなく引っ掛るものを感じるのは、譫妄症に近いのですかね


770 名前: Seimei 投稿日:2005/10/23(日) 18:44
>>769
>無農薬・減農薬・有機栽培・低農薬の表示があるトマトを
>農薬の使用量の少ない順に並べるというのがありました。

↑これって結構難しいような、、、農薬の定義にもよるんだが。
「減農薬」は地域の慣行レベルに対してだから地域によっても違うよね。
使用「量」というのも何をカウントしてました?回数?

本筋の方では、渡辺宏さんの「安心!?食べ物情報」最新号(311)でも
食品添加物で似た話題が出ていましたね。
http://food.kenji.ne.jp/review/review311.html
apjさんの「水商売ウォッチング」でもTOSSの話題が出ています。
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/misc/comment_misc_06.html

学校教育がこんな状態では、当分、状況は変わらないですかね。。。

771 名前: ★たてき 投稿日:2005/10/23(日) 23:18
>>769
 そんなのやってたんですか、こりゃ、早急に反論しないといけませんね。

772 名前: ぎゃてい 投稿日:2005/10/24(月) 23:03
>>770
えーと、記憶が正しければ
その前に缶コーヒーで同様の並べ替えをやってまして、
「糖分控えめ」と「甘さ控えめ」の違いを解説した後で
件の出題となっていました。

答えとして示されたのは
「有機栽培」・・・JAS規格に則り栽培の前々年まで農薬を使用していない
「無農薬」・・・・その作物が栽培されている期間中は農薬が使用されていない
「減農薬」・・・・その地域の慣行で行われる防除の回数を半減する
         詳細な解説は無かったと記憶します。
「低農薬」・・・・規定された回数等は無く、減らしたといっているだけ
という順番と解説でした。
その中で講師が「価値が・・・」云々を仰っていました。

因みに講師は  垣田達哉 先生でした

http://www.ntv.co.jp/sekaju/

に復習がありますが、農薬関係の話は載っていませんでした


773 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/10/25(火) 10:32
私もこの番組の最後の部分だけ見ました。(一番最後に有機栽培の話をしていました)
有機JAS法についての理解が足りなかったのがわかりました。
ところで、番組の中で有機栽培農産物では蚊取り線香も使えないと言っていましたが、本当でしょうか。
垣田達哉氏って、岐阜県知事選挙にも出馬しているんですね。
http://www.chunichi.co.jp/hold2005/GifuChiji/050124T1330002.html

774 名前: tea-farm 投稿日:2005/10/25(火) 21:56
>>773
厳密に言えば、蚊取り線香も使えないっていうのは事実でしょうね。
作物に合ピレが付く可能性があるし。
・・・現実にそこまで言うか?という気はしますけどね。
ハウスや作物倉庫の中で蚊取り線香を焚くのは確実にダメでしょうけど、
露地の圃場で、除草のため腰に蚊取り線香ブラ下げてと言うのがダメだと辛いなぁ。
#新規に認定を受けようとしている圃場に蚊が多いので、この話から行くと認定されないかな。

775 名前: ★たてき 投稿日:2005/10/30(日) 22:51
>>770
 番組見られました。うちのHDDレコーダーの自動録画機能にひっかかってました。
私は田村正和が宣伝していた「スゴ録」をもっていて「農薬」のキーワードを入れてあるのです。

 で、垣田さんの講演(?)内容は真っ当でわかりやすくてよかったです。
特に問題もなく反論もなしです。やっぱ、垣田さんはこの分野の第一人者ですね。

776 名前: Seimei 投稿日:2005/11/01(火) 09:26
何処に書いたものか迷いましたが、とりあえずここへ。

グレガリナさんのサイトが久しぶりに更新されました。
相変わらず辛口です(笑)
http://members.at.infoseek.co.jp/gregarina/

777 名前: オシリス 投稿日:2005/11/01(火) 14:26
稲につく害虫の種類を、教えてください。お願いします

778 名前: Seimei 投稿日:2005/11/01(火) 14:49
>>>777
Googleで「稲 害虫」で検索してください。

779 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/02(水) 00:08
>>777
 主には田植え直後にイネミズゾウムシやドロオイムシなど
はっぱをムシャムシャ食べる虫。
中期以降にウンカやヨコバイなどの汁を吸う虫。
穂が出来てから穂から汁を吸うカメムシ。
 地区によってはコブノメイガなんかも問題になりますよ。

780 名前: ニッパ 投稿日:2005/11/02(水) 22:29
質問なのですが、農薬等の処分(捨て方)の仕方を教えてもらえないでしょうか。
うち農家だったのですが自分はそのへんしらないので。
うちの出て行った親父がこの夏ごろから(夏ぐらいは我慢していたのですが)
頻繁に庭をいじりに来て農薬だか栄養剤だかをやたらとまくようになり。
異臭や洗濯物等にまでかまわずかけていて何度か言い争っているんですが
やめてくれません。
のでこっちで勝手に捨て手しまおうかと思っているんですが、
どう捨てればいいのかわからないので、ぜひお願いします。

781 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2005/11/02(水) 22:37
>>780
 親子喧嘩に荷担する気も感想もありませんが、その辺に捨てられたら
困りますので、参考までに・・・
 私の地区のJAは有料で引き取ってくれます。
 数年前に有料回収システムがやっとできました。
 近くのJAに問い合わせてみては?

782 名前: tea-farm 投稿日:2005/11/02(水) 22:38
こういう話はこじれる元なので係わりたくありませんが、
http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655210
↑をご覧下さい。
農薬であれば、リンク先の通りにどうぞ。
何だか判らないのであれば、処分のしようがありません。

783 名前: gujie 投稿日:2005/11/03(木) 09:16
>>780-782
農薬の廃棄は、JAがいちばんいいと思いますが
種類によっては市町村(都道府県)、
または、農薬会社(あるいは農薬工業会)等に
聞くのも良いのでは・・・

784 名前: ニッパ 投稿日:2005/11/10(木) 20:10
>781-783
どうも、参考にしてみます。 

785 名前: キキ 投稿日:2005/11/14(月) 15:44
このサイト、いつも参考にさせていただいてます。
うまく検索出来なかったので質問させてください。
稲刈りが終わって、野焼きが終わってホッとしたのもつかの間
裏作のレタスと麦の栽培が始まりました。
頻繁にレタスに散布車で白い霧のようなものの使用が見られるんですが
粉剤ではなく、水で薄めて使う農薬なのでしょうか。粉剤だと
ドリフトが心配なのですが。農協で聞いたとこによると、年内
で3回の散布、と言われたのですが2週間おきの散布ですでに3回
以上は見たのですが、出荷までこのペースで散布が行われる
のでしょうか。あと一冬で、一度採れた畑ですぐまた苗を植えて
栽培するのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。
それにしても農地での暮らしってツライ。畦には除草剤、毎日
一日中どこかで煙が上がってるし。トホホ。

786 名前: tea-farm 投稿日:2005/11/14(月) 23:04
粉剤かどうかは、散布後の作物を見れば判ると思います。
液剤の散布なら表面に粉は残らないし。
乾燥後の水和剤などなら葉の下部が白くなることはありますが、
部分的にしかなりませんから。
普通、粉剤散布に散布車(?)というかタンクは要らないはずですが。
散布の内、1回は除草剤っぽいけどね。
ウチの方で、某生協と某スーパー向けは、ここでも比較的話題になる
電解水(?)を最低2回散布するそうな。散布している人に訊いても
効くのか効かないのかは判らないそうで、ダメなら殺菌剤を散布するし・・・
っていう感じです。
#効く効かないは個人的な感想レベルの話です。

787 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2005/11/14(月) 23:41
>>785
 雪が年に1回積もるか積もらないかの地方の話として聞いてください。
 稲の後にレタスということは、9月か10月に定植していると考えれば、
年内に1回収穫できますね。その後、また植えて春に収穫するでしょうね。
冬場はトンネル栽培といって、ビニールでレタスを覆ってしまうと思いますが。
 ということで、レタスで生計を立てている人なら2作は作るでしょう。
 そういう人たちは、レタスが表作で稲が裏作の感覚ですよ。
 なお、私は家庭菜園でレタスやほうれん草などを作って農薬散布もしていますが、
ドリフトは果樹と違ってほとんど気になりませんね。柿の農薬散布なんて・・以下自粛

 

788 名前: 湖水 投稿日:2005/11/15(火) 07:42
>785
2週間に1回なら、標準でしょう。殺虫剤。殺菌剤を混ぜる事もあるかな。
いつごろまでやるかは、虫の様子によってじゃないかな。
12月に入ると、虫も少なくなるから、散布も無くなるだろうと思いますが。

まぁ、野焼きも含めて、気にしない事です。
水田だったら、一段低いから、飛散もあまりないでしょう。


789 名前: キキ 投稿日:2005/11/15(火) 14:22
さっそくのレスありがとうございます。
野焼きと違って、農薬は匂いが少ないのでどこまで飛散している
かわからなくて心配でした。細かく区分けされていて、それぞれ
違う農家のかたが栽培されてるので、散布の日もばらばらで
しょっちゅう散布を見ていて、ちょっとげんなりでした。
農地以外に引っ越すことも考えたのですが、農作物のほうが
農薬の使用に規制があるぶん、街路樹やガーデニングでの農薬
よりましかな、と考えたり悩み中です。
とりあえずは、そんなに心配しなくていいみたいで安心しました。
ありがとうございました。

790 名前: ★たてき 投稿日:2005/12/06(火) 00:21
 ちょっと面白かった
http://nya.livedoor.biz/archives/50183503.html
「りんご農家だけどなんか質問ある?」@2ch のダイジェスト

791 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/07(土) 14:01
 ニセ科学にどう向かい合うか・・・・農薬学会でもやるべき

【研究】 "健康にいい水"など、人をだます「ニセ科学」にどう対応するか…物理学会、3月にシンポ★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136541251/l50


792 名前: さくら 投稿日:2006/01/21(土) 02:24
調べ物中に思わぬ物を掘り出しました。
中国版農薬ネット?の切れ端です。
http://www.foodmate.net/cgi-bin/printpage.cgi?forum=5&topic=1742
日本が中国野菜の残留農薬で大騒ぎした頃の書き込みみたいです。
彼らは今の状況をどう思っているのか続きが見たいがみつからない。

もとの掲示板は
http://www.foodmate.net/topic/
http://www.foodmate.net/
食品関連の掲示板みたいですが、ニセ科学を検証してみたり結構おもしろいです。


793 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/22(日) 23:34
>>792
 遠大な量の情報が載っているみたいですね。
しかし、中国語がわからない・・・・・
 中国内の残留農薬に関する法規制および基準値があれば
是非知りたい。

794 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/23(月) 01:02
爆笑してしまった。やっぱ2chはおもろいわ

▼家はヒューザー、株はライブドア▼
http://live19.2ch.net/test/read.cgi/stock/1137933762/l50


795 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2006/01/24(火) 12:26
>>794
これおもしろいですね。
マンションも株も持っていませんが、該当するものがいくつかありました(涙)。
そういえば、姉歯建築士設計のホテルに泊まったこともあります。
農薬バージョンもできるかもしれませんが、怒られそうなのでやめときます。

796 名前: ★たてき 投稿日:2006/03/31(金) 00:53
 寂しいですね。故郷を失ったような気分です。しかし、やむをえない。

[サービス]さよなら「パソコン通信」、最後のサービスが19年の歴史に幕

 ニフティ(古河建純代表取締役社長)は、3月31日の23時59分59秒をもって「ワープロ・パソコン通信」(パソコン通信)の全サービスを終了する。これで国内に唯一残っていたプロバイダーによるパソコン通信サービスが消えることになる。

【画像】

 パソコン通信とは、電話回線経由で直接ホストコンピュータに接続し、文字情報のやり取りを行うもの。同社は「NIFTY-Serve(ニフティー・サーブ)」の名称で87年4月15日にサービスを開始。86年にサービスを始めたNECの「PC-VAN(ピーシー・バン)」とともにパソコン通信の2大ホストとして多くの利用者を集め一時代を築いた。90年台後半以降、インターネットが普及するにしたがって競合各社が次々とサービスを終了させていく中、唯一ニフティだけがパソコン通信サービスを継続し続けていた。

 しかし多くの利用者がWeb上のサービス@niftyに移行し、ユーザーが2万人程度にまで減少したため05年2月、同社は06年3月一杯でパソコン通信サービスの終了を決定。その後、フォーラムや掲示板などのコミュニティーサービスを徐々にWebのサービスに移行させ、パソコン通信上では主なサービスが05年3月で終了した。古河建純社長は「サービスを支えていただいた皆さまのご意見やご支援があったからこそ当社の成長があったと、心より感謝しております。今後とも皆さまにご満足いただけるよう努力して参りますので、引き続きご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます」と同社サイトにコメントを掲載した。

 そして今回、わずかに残っていた「FAX配信」「音声メールサービス」、専用アクセスツールの「NIFTY MANAGER」、インターネットからのゲートウェイの「インターウェイ」の各サービスが停止。また専用アクセスポイントの「ROAD 2代替アクセスポイント」「ROAD 7アクセスポイント」やtelnet接続も廃止となり、パソコン通信サービスが完全に終了する。今後同社のサービスはすべてWeb上の@niftyで展開していく。

 同社では「パソコン通信上で展開していたフォーラムのうち9割以上はWebに移行した」(広報部)としながらも、パソコン通信上で交わされていたコミュニティサービスの書き込みに関しては「残さない」方針を明らかにしており、蓄積の破棄を惜しむ声も聞かれる。

 87年のサービス開始当初から在籍している社員は「新しい社員にとっては、もはやパソコン通信が何なのかもわからないだろう。そのためかサービス終了を目前にしても社内はいたって平穏だ。しかしさすがに感慨深い。サービス開始当初、本当にアクセスしてくれるのか不安で一杯だったが、モデムに灯ったアクセスランプ見て皆で大喜びしたのを今でもよくおぼえている。ほんとうにいろんなことがあった」と19年を振り返った。

 なお、これにあわせ同社は旧ドメインの「niftyserve.or.jp」を5月31日で廃止する。メールアドレスのドメインに、まだ「niftyserve.or.jp」を使っていユーザーに対し、新ドメイン名「nifty.com」に変更するよう呼びかけている。

[BCN]
(BCN) - 3月30日23時54分更新

農薬ネットへ戻る