■掲示板に戻る■

続・農薬業界再編

1 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/05(水) 00:23
 伝統ある「農薬業界再編」スレが肥大化しましたので
新スレに移行します。
 農薬業界再編の動向は細かい情報でもお寄せください。

前スレ→http://www.nogyo.co.jp/cgi-bin/12ch/read.cgi?bbs=nouyaku&key=1014655177

 インサイダー情報を書き込まないようにご注意ください。
ユーモアのある書き込みは大歓迎。 

2 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/07(金) 00:54
age

3 名前: 汲みあい科学 投稿日:2005/01/07(金) 18:24
全農さん主導型が強くなりそうです。でも全農そのものは協友贔屓とか。
いっそ系統メーカー大同団結して蠢塙膕奮(英語名Union Science)なんてのも良いかも。
その方が原体も安く買えたりして。
クミカ次期社長と思われていた方が子会社出向になっちゃいました。
関係各位は粛清されるのでしょうか。


4 名前: ばくてりあ(゚SND゚)ノ 投稿日:2005/01/07(金) 22:59
単純に再編などのためによって
薬が消えることはないんでしょけど.
商売ですからきっといろいろあるんでしょね?
特定の薬が1こ消えるだけで
消滅しちゃいそな作型って結構ある気がするんで
だいじょぶとは思いながらも怖い怖い.

5 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/08(土) 11:15
クミカさんは確かバイエル原体依存度が多かったと思います。
関係は良好なままでしょうか。良好な内に協友アグリみたいな形にするのも
良いのではないでしょうか。

6 名前: この発言は削除しました 投稿日:2005/01/08(土) 23:45
この発言は削除しました

7 名前: この発言は削除しました 投稿日:2005/01/09(日) 05:38
この発言は削除しました

8 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/09(日) 10:48
 削除ですな。クミ化スレは何年も前から2ちゃんでもこの掲示板でも
荒れ気味になるんですよね。だれか固定粘着がいるんじゃないのかな。
この掲示板特にこのスレは裏付けの無い話はご遠慮ねがいます。

9 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/10(月) 01:32
なんで荒れちゃうんでしょうね?
理由があるんでしょう。ほかの会社も問題はあるでしょうが、
何らかの動きを見せてます。Kは数年前から同じことを言われ
てて、動きもまったくありません。ある意味すごい。
 だけど、新入社員研修では全然趣旨のことを、偉そうに述べ
てた輩もいたけど、お前結局口だけか?

10 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/10(月) 02:12
大学卒業したばかりで大した経験もないくせに、

「何か行動することが大事じゃないですか?
僕はそういう考え方が好きですね。」

はいはいそーですか。それで今でも君はK社にいて
”何か”をしてるんですか?それとも、”何も”し
ないで後輩に疎んじられているんでしょうか?


11 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/10(月) 07:47
新人社員研修で偉そうに述べる素人が理解出来るよな、
怨念のサイクルでは、ありません。

12 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/10(月) 13:48
 9=10でしょ?9=10=11かも?
荒れる理由ってあなたが以前からあっちこっちに書いてるからじゃないんですか?
農薬掲示板でも何年か前にありましたよね?

13 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/10(月) 16:06
独りで自作自演してるわけではありません。
確実に複数人の書き込みです。
それははっきりさせときます

14 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/10(月) 17:55
 そうなら2人じゃないんですかね?
そういう書き込みの目的がわからない。
どっちにしろこの掲示板にはあわないので
yahoo掲示板のクミ化板か2ちゃんへ行ってください。
そっちで書いて、この掲示板にその書いた板をリンクするのは認めます。

15 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/10(月) 23:39
どこの会社でもありそうな話ではないのですか? ここの会社だけは特殊な要素があるのですか?

16 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/12(水) 04:33
深い怨念、浅い仕事

17 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/12(水) 08:03
13=16じゃないですか。やっぱ一人で荒らしてるんじゃないの?
夜中にご苦労なことですな。

18 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/01/14(金) 10:06
協友アグリの役員も改選になりましたね。社外役員が多いですね。
http://www.jacom.or.jp/jinji05/jinj101n05011208.html

19 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/14(金) 22:56
これも1月28日ですね。

znの新部長さんは、両社の取締役ですか!


20 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/15(土) 08:56
昔DINKという表現がありました。ZNの新部長さんはダブルインカムならぬ
トリプルインカムですね。いつぞやZnの退職金のあまりのベラボウさに農協の労組が
噛みついていたので、法外な退職金は見直しになったのでしょう。
そこでトリプルインカムで、、、。まあ退職金の先渡しみたいなもんでしょうね。


21 名前: uko 投稿日:2005/01/15(土) 10:32
無報酬じゃないの?

22 名前: OB 投稿日:2005/01/15(土) 21:49
無報酬なんてありえない。
欲深い年寄連合の日本では

23 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/16(日) 18:03
>20
退職金って本当に見直されたのですか?  労組がかみついても、そんなに影響力あります?

24 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/16(日) 21:54
>>18
 石原の人が入ってますが、前からそうでしたっけ?

25 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/16(日) 22:12
ここ2ヶ月間に起きたことは、
ある一つの方向に進んでいるような気がします。

26 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/16(日) 22:26
>>25
 私もそう感じずにはおれないです。
多くの人がそう感じてるんでしょうね。

27 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/17(月) 09:08
20の退職金の話は、ZNの早期退職の話で、役員兼務の話とは関係ないよ。

28 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/01/17(月) 09:09
>>24
石原は協友アグリの株主でもあるので、社外役員が入っていてもおかしくないと思いますが。

29 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/17(月) 17:44
27の早期退職ですが、早期退職させたい人は辞めずに、残って欲しい
人がどんどん辞めるので、餌を与えているんじゃないでようか。



30 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/17(月) 18:31
明けましておめでとうございます。
ある一つの方向ですが「大政翼賛会的発想」「全体主義」「孤立」
的なことで生産者は守れないと思うのですが。


31 名前: 業界通? 投稿日:2005/01/17(月) 20:41
>>24
今まで石原さん出身の方は、役職が「専務」でしたから、
今回の役職では、すこし影がうすくなったというのが
正解でしょう。

32 名前: 医薬業界再編 投稿日:2005/01/17(月) 21:08
医薬の話ですが、農薬にも影響がありました。

http://www.sumitomopharm.com/press2.htm
より                平成 17年 1月 12日

住友製薬役員異動 −1月14日付−

 当社は、平成17年1月14日付をもって下記のとおり役員異動を
行う予定ですので、お知らせいたします。
―記―
役員異動 
【新職】 【旧職】 【変更なし・現職】 
常務執行役員 合併準備室担当 (住友化学株式会社 常務執行役員) 多田 正世

以上

○この件に関するお問い合わせ先

住友製薬株式会社
東京本社 広報部
東京都中央区京橋一丁目12番2号
Tel:03-5159-2505

大阪本社 広報部
大阪市中央区道修町二丁目2番8号
Tel:06-6229-5753




33 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/17(月) 22:07
 合併というか買収のスペシャリストって事ですかね。

34 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/17(月) 22:25
今回は、なさそうですね。

35 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/01/18(火) 09:25
ってことは、農薬工業会の会長も改選かな?

36 名前: ななしさん 投稿日:2005/01/18(火) 11:51
>35 魚毒性Bs様、

工業会の会長は12日付で交代してると思いますが。
http://www.jacom.or.jp/jinji05/jinj101n05011703.html

37 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/01/18(火) 15:47
あっ、ほんとだ。
ちなみに住友製薬
http://www.jacom.or.jp/jinji05/jinj101s05011704.html
住友化学
http://www.jacom.or.jp/jinji05/jinj101n05011702.html

38 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2005/01/18(火) 19:56
>36&ALL
 農薬工業会会長さんのところの会社の優秀な社員さんに
出向してもらって、農薬に関してきちんとした対応をして
もらいたいですね。
 スレッド【農薬工業界のシンポ】のようなことが今後無
いようにね。。。

39 名前: 医薬業界再編 投稿日:2005/01/18(火) 20:42
>>33
http://www.sumitomopharm.com/pr.htm
より
「大日本製薬株式会社と住友製薬株式会社
2005年10月1日付けの合併に向けて基本合意」
ですから、合併・統合の手腕を期待されてと
いうことでしょう。
多田農薬工業会元会長、
大変でしょうが、今後もご活躍を!!


40 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/19(水) 17:42
クミアイ化学は一般職員も大量の異動があったようですね。

41 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/19(水) 23:46
ご老公の社長さんは、異動されてないの? 

42 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/20(木) 00:01
 くれぐれも公示前の人事異動をここに書かないように。

43 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 00:26
潰れる心配はないけれど、じりじり業績が下がっていくなんて
状況が一番愚痴や不平不満が出やすい環境だと思う。

これが、本当に潰れる寸前だったら、愚痴を言う余裕なんてな
いと思うね。

ある意味、この会社は更に数年は大きな変化がないってことだ
と見るが・・・

44 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 00:32
どこかを吸収するというちまたの噂は、うわさなのかな?

45 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 00:40
決算見込みを大きく修正してでも、在庫圧縮に努めるような慎重
な経営ぶりから察するに、他社を吸収するなんてリスキーなこと
は絶対しないと思うがどうだろう?

46 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 08:23
吸収するより、どう吸収されるかを思案中じゃないかしら。

47 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 20:13
それよりも大幅な役員人事の大幅な刷新に合わせて、
一般社員の大幅な人事異動もしていかなくては大得意先のZNの経営悪化に拍車がかかるだけ。
ZNも中央は大丈夫かもしれないけれど、
県レベルになるともうどうしようもない赤字経営もあり、
この脱却を図らないことには取引メーカーの経営圧迫にも繋がりかねない。

これまでのやり方を変える意味でも一般社員の人事異動を実行するのが役員人事刷新の成果を問われるかに繋がるような気がします。


48 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/20(木) 23:44
>>46
それもない。だったら、静岡に集結した同族会社なんて形態
をもっと買いやすいようにする。

それにしても、役員刷新も結構だが、子会社を整理・吸収し
たり、他業種の会社を買ったりするなど、グループ全体の構
造改革をしないと、大きな成果は出ないような気がする。

49 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/21(金) 00:32
NNと合併じゃなかったの?

50 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/21(金) 08:15
このスレは憶測とか希望を書くところじゃないですよ。
だって、そんなこと書いても意味ないもん

51 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/24(月) 12:46
たしかにその通り

52 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/01/26(水) 16:49
北興化学も役員の人事異動がありました。
http://www.jacom.or.jp/jinji05/nous101s05012505.html

53 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/26(水) 21:07
>>52
 2番目の方は、kaの取締役も担当してますね。

 zn様は、kaとkkの二股ですね。

 次は、、、、、、
 

54 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/26(水) 21:46
>>53
 やっぱ、だれしもそういう風に思っちゃったりしますよね・・・
まぁ、われわれ庶民の考えなど浅はかなもんですけどね。。。

55 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/27(木) 06:50
数年は安泰ってのは言い過ぎかと思います。
内向けの発言でしょうか?


56 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/27(木) 18:32
いっそZENNO AGRIとでもして大同団結したら良いのに。

57 名前: rangu 投稿日:2005/01/27(木) 19:26
ある一つの方向。

58 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/01(火) 00:16
きれいさっぱり

59 名前: uko 投稿日:2005/02/01(火) 08:50
結局名無しさんの1月28日云々っていう話はただの思わせぶりな
なんでもない情報だったということですね。
株とか買わなくて良かった。
消去された後にこんなこと書いたらいけなかったですかね。
さて、今後は次なる再編の話題へ切り替えていきましょう。
さしあたり日本におけるトータル農薬生産量の減少は今後の課題ですね。

60 名前: 真里娘。 投稿日:2005/02/01(火) 08:57
今朝の日経新聞に耕作放棄地を強制的に企業等に貸し出す仕組みを作ろうとする動きがのってますね。
農薬生産量の減少を止めたかったら、まずは、市場である耕作地を増やす必要がありますね。
でも、全中は組合員の減少を引き起こすと反対しているようですが、困ったものです。

北興の株も値上がりしてましたが、これもこの板のせいでしょうか??

61 名前: uko 投稿日:2005/02/01(火) 22:18
どうでしょうね。株価に影響を与える人たちがこの板を見ている、
または参考にしているとは・・・。どうなんでしょうね。
ただまあまあ業績がいいからじゃないですか。ファインケミカルが
健闘しているみたいだし。

62 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/02(水) 00:14
 この掲示板の影響力はともかくとして、最近、農薬メーカの株が上がったり下がったりしているのは
業界再編があるという憶測が原動力になっているとはおもいますね。

63 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/03(木) 00:21
まあ、時期を見てるだけで、規定路線は
既に敷かれているというのが一致した見方かと。。。。

64 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/03(木) 18:54
話題の方は、こんな発言をしていました。

http://www.jacom.or.jp/kataru00/01073107.html


65 名前: お百姓さん 投稿日:2005/02/04(金) 04:09
業界再編って 流通のしくみが変わって 
農薬が安く買えるようになるって話じゃないの?
大量仕入れしているはずのJAより 園芸店のほうが安く
農薬を売ってたりします 小売店の利益って3割ぐらい?
知り合いの農家たくさんいるから小売店始められないかな
なんて考えたりします 儲からないかな? 新規参入して
卸屋さんから仕入れるのは難しいでしょうか 
流通のしくみに詳しい方 教えてください

66 名前: スー 投稿日:2005/02/04(金) 08:20
>>65 農薬キーワード事典(合同出版)に大まかな流通系統・
流通額が記載されています。

 私も農薬の流通にとても興味があります。私自身毒劇物取扱
者の資格を持っているので販売店を開くこともできると、考え
たことはあります。
 自分で農薬を大量仕入れして安く販売することは、ちょっと
ありえないような気がしないでもないです。農薬ではなく種子
の話なのですが、私の所で種子を安く販売しようとした種屋に
種メーカーが出荷停止をしたことがあります。農薬も種子と同
じようにメーカーの粗利や中間マージンの大きな商品で、なお
かつユーザーのほとんどが農家なので、価格破壊がおきないの
ではないかと考えます。業界全体で末端価格を維持しようと
(多少違法でも)一致団結努力すると考えます。


67 名前: uko 投稿日:2005/02/04(金) 08:41
売上高が大きくても店員が数名のHCと、売上が僅かでも従業員が
ある程度必要な販売店で売れる価格はおのずと違ってきますよね。
本来は農薬は使い方に注意が要り、専門的な販売店で扱われるべき
と思いますが・・・。
P&Gがジレットを買収しても多分カミソリは安くならないでしょ
うね。

68 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/04(金) 23:12
>65
>業界再編って 流通のしくみが変わって 農薬が安く買えるようになるって話じゃないの?
農薬は安全に関する試験項目がどんどん増え、コストアップ要因だけです。
園芸店で買うのは通販で買うのと同等でサービス不要という考え方ですが、農薬は使い方が注意がいりますから、そうしたとこだけで買うのならそれなりのリスクを負う覚悟はいるのでは?
いいとこどりではね。

69 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/05(土) 01:13
 メーカー同士がくっついたりしているのは農薬の研究開発費や登録維持費が
高騰しているのが主要因ですが、農家さんが言われているのはJAの統廃合とかの
ことじゃないかな?確かに農薬価格が下がっても良さそうなもんですよね。
 まぁ、実際問題、なんだかんだで末端農薬価格も実質下がってるんじゃないですか。
あまり末端価格のことにはコメントしたくないんですけどね。
いろいろありまして。

70 名前: スー 投稿日:2005/02/05(土) 08:15
 私は農協の予約用の農薬価格表など大事に保管しているので、
農薬の価格がどのように推移しているかはだいたい把握できま
す。また、商系との価格差もどの程度か時々興味本位で比較し
てみたりもします。
 農薬の原価まで調べた資料がないのでよく分からないのです
が、現状から2割くらい安くなっても、充分商売がなりたつく
らいの小売価格だと私は考えています。おそらく特許が切れて
いて、生産設備の減価償却が終わっている場合、工場原価は小
売価格の15%前後ではないかと思います。
 私がこの掲示板で「農薬販売価格は高すぎる」などと言って
みても、プライスリーダーである全農に届くはずもなく、遠吠
えにすぎません。まあ、たまには愚痴ってみたかったというこ
とです。これ以上小売価格については書き込まないことにしま
す。

71 名前: uko 投稿日:2005/02/05(土) 09:49
上場農薬会社の決算報告書はインターネットで見れます。
損益計算書などを一度見てみられたらどうですか?
そんなことありえないのがおわかりになるのでは?
何を根拠に15%などと?逆に教えてもらいたいですね。
興味あります。
小売価格にしても販管など考えるとどこもそんなに余裕
ないのでは?


72 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/05(土) 14:20
http://www.jacom.or.jp/
某常務
「・・・と意思の疎通を図ることが大事です」
営業経験のほとんどない新営業本部長

73 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/05(土) 22:01
>70
原価で商品を売っているわけでは有りませんし、それ以外のコストも積みあがってます。
農家だって、畑の土地と太陽と水はただだし、種は作物を作っているからただだし、肥料も堆肥を使えばタダだし、さらに国から助成金をもらっているのに、なんでこんなに高いのですか??と聞いているのと同じですね

74 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/06(日) 00:42
>>72
意味深な言葉なのか、何もわかっていないのか、社交辞令なのか、、、


75 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/06(日) 08:55
>>74
意味深と理解しました。

76 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/06(日) 10:38
>>72
このての新聞記事のインタビュー原稿は、載せる前に本人か広報に確認をとっているのでしょうか?
どこまで意味深かは、その信頼度に依存しませんか

77 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/06(日) 21:00
>>72
系統内でのビジネスしかないんだから、
系統内の意思疎通の方が大事だってことでしょう。

この会社などは、元研究員の営業担当が多いですから、
こういう人が営業本部長になることなど、
何ら問題はないと思いますね。

ごく普通のコメントに、何故こんなに批判が多いのか?
不思議でならないのですが・・・

78 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/07(月) 08:33
真面目な研究畑の方です。営業と言っても昔みたいに気合だけでは
売れない時代ですので。

79 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/07(月) 11:59
73>>
水、肥料、種を無料で経営している方と会ってみたいです。
素人の家庭菜園以外不可能です。

80 名前: 73です。 投稿日:2005/02/07(月) 17:59
>79
私もそう思います。でも、70の意見を聞くとね、こうした考え方できませんかという質問です。

81 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/07(月) 20:37
>>77
[ごく普通のコメントに、何故こんなに批判が多いのか?
不思議でならないのですが」

批判では無いと思います。
コメントの底に、この会社がどこへ向おうとしているか読
もうとしているのでは?




82 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/08(火) 23:41
えらいさんのコメントの奥底に、自分の会社の行く末や方針を読み取ろうとするのは当然です。
同感。

83 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/13(日) 09:28
で、少しはマトモで正直な情報を
ユーザに与える気はあるのかないのか
についてはどーなの?それがはっきり
しないから現場が荒れるわけで。

84 名前: qing 投稿日:2005/02/13(日) 11:16
黙して語らない連中も結構良く理解しているね。
コメントも公私の言動も、それを黙認している事実も、
もし限度を超えれば裁かれますが。

>83はっきりしているから現場が荒れるのでしょうが、
内部統制リスクの顕在化。

85 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/13(日) 11:29
「トップの取巻きに変な方がいるので辞めた。」と言うOBが多いのが
我社の特徴です。自慢になりませんが。


86 名前: 77 投稿日:2005/02/13(日) 15:04
>>81
営業経験のほとんどない新営業本部長・・・に、悪意みたいな
ものを感じましたので。この会社の成り立ちを客観的に見ると、
ごく普通のコメントだということを言いたい訳です。

確かに、この会社は研究畑に「ビジネス」という言葉を投げか
けると「うちにそんな部署(用語)はない」と言いますし、幹
部などは「国外」という単語が出るだけですね。

それに不満とか不安とかがあるならば、「日本の農業のあるべ
き姿」という話にまで発展しそうな気がします。

87 名前: 77 投稿日:2005/02/13(日) 15:15
加えて、系統取引が大半のメーカーなど、
経営者以外では、開発部門がビジネスをしている(考える)と解釈出来ます。

それを理解しているなら、
「営業経験のほとんどない新営業本部長」
という表現は出来ないはずなのですが・・・

88 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 20:27
だからこそ系統メーカーの行く末を、皆で注視しているのです。
1月28日に決定されたこと。ただの偶然でしょうか?

系統取引だけで生きていける環境はありません。
25年前は某社の薬だけで、水稲の防除暦ができました。
今は、1剤あるかどうかです。
水稲農薬に強い系統。それは昔の話です。
すばらしい薬を出せば、営業はいらないと思いますよ。
農薬業界は薬効主義ですから、自然に売れる。
でもね、だめな薬を売り続けるのも営業の力だと思います。

89 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 20:51
現場レベルでもヒラ以下の実力のチームリーダー・・・、こんなヤシ居ます。
えばるだけで、実務は・・・、他人の足を引っ張っているだけのチームリーダー。
名前だけだけどね、誰もそんな役職相当のヒトとは思ってないけど。


90 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 21:21
すばらしい薬を出せば、営業はいらないと思いますよ。
農薬業界は薬効主義ですから、自然に売れる。
でもね、だめな薬を売り続けるのも営業の力だと思います。

きっと、どっかの農薬会社で、嘘の仕事をしている人でしょう。




91 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 21:30
今回の人事は、単純に個人の価値観の相違です。
それに派生する人事は、社会常識の範囲です。

92 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 21:54
88番さん、あなたに業界を論じる資格は無い、。

93 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 22:03
>>91
「悲喜交交」

源氏鶏太





94 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/14(月) 22:54
 だ・か・ら〜〜 社内のことなんか名無しさんがこんなとこにかいても
意味無いでしょうが。社内のことは社内で解決しなさい。

 で、すばらしい薬が出れば営業はいらないですよ。でも、すばらしい薬が
出続けることなんかないでしょ。ということは営業はいるんですよ。
ダメな薬は売れないですよ。99%ダメでも1%どっか良いことがあるんでしょう。

95 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 22:55

だめな薬=栽培暦、注文書から外された薬剤、県の
基準採用当落線上剤?


96 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/14(月) 23:12
>>95
 技術的に現在のレベルで見てなにもメリットが無い剤。
しかも、安価でもなく、ようするに社会になんにも貢献できない剤のことです。


97 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/14(月) 23:14
だめな薬?
 すべての営業担当が、常識を持てばいい時代が来るかも!

98 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/15(火) 08:33
従来剤(旧剤)を減価償却済みということで価格引下げするのは
納得がいくが新規剤を他剤より大幅に下げるのは一気呵成にシェア拡大
の狙いとは思うものの、寂しい限りです。
駄目な薬を人海戦術で販売していた方々が、その成功体験を忘れられずに同じように立派な薬を人海戦術で
売ろうとしています。変な話です。

99 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/15(火) 18:57
新規除草剤をシンジェンタに技術供与 (2/8)
《住友化学》http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news05/agur101n050201404.html

100 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/15(火) 22:38
>>98
 まぁ、確かにそうなんですが、他の業界ではそれが当たり前だったりします。
せっかくの新剤も目先の金に釣られて自ら価値を下げ、しかも
抵抗性などが早くついてしまい寿命短縮ですからね。かといって、
わざと売らないのも勇気がいるし・・・処方箋はナシですねぇ。

101 名前: uko 投稿日:2005/02/16(水) 08:58
従来の営業網と供給体制を維持したままでは競争が激化するばかりですね。
しかも外資が勢力を拡大する。国内勢は価格で勝負せざるを得ない。
倒れるところが複数出るまで・・・。

102 名前: 零細農薬卸 投稿日:2005/02/16(水) 17:08
こうして国内需要は2500億前後になっていくんでしょうね。

103 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/16(水) 17:57
オタク市場と同規模ですね。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1093322350/


104 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/16(水) 22:38
オタク市場と同規模ですよ。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fs/kiji.jsp?kiji=308

105 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/19(土) 11:48

>>94

今日びはだめな薬というのはあまり見かけないですが....。
良い製品というだけで売れるわけではない時代ですので
ちょっとでも市場に出ている製品に劣る部分があれば
よほどの特徴(異様に安い、既存にない市場が狙える)がない限り
売り物になりませんね。

106 名前: 業界通? 投稿日:2005/02/19(土) 16:45
医薬の話ですが、

10月に三共と第一製薬が、持株会社設立へ。

4月1日に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し、
国内2位に浮上する予定のアステラス製薬を
抜くことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050219-00000103-yom-bus_all

107 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/19(土) 17:57
とういうことは、三共アグロと、北海三共はどうなるのかな?
どこかの会社とくっつくのかな?

108 名前: 業界通? 投稿日:2005/02/20(日) 22:13
>>107
おそらく、今のままで、関係ないでしょう。
それより株価は、月曜日どちらにふれるのか?

109 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/21(月) 01:23
>>107
 三共が農薬分野を切り離したのは、こうなるための準備だったはずですよ。
だから、このことと、三共アグロは関係ないと思います。
三共の農薬関係の再編の話題は既出です。前スレをご覧ください。

110 名前: 77 投稿日:2005/02/21(月) 02:13
最近、昔の会社の人事を見てみると、
支店長が2支店とか兼務になってますね。
昔は県連とベッタリじゃあないと、
商売出来なかったんですが・・・

それだけ、全農の影響力(指導力)が強くなったということと、
各地区の営業の頑張りとかで配分が決まるんでしょうかね?
遠い昔のことですので、わからない部分も多いのですが・・・

111 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/21(月) 03:58
>>109
三共が別会社にしたのは、農薬事業を医薬事業から切り離すのが目的でしたが、医薬事業の合併が目的だったではなかったと思います。
結果的に、「準備」では有るが、今回のことで、切り離しが加速されませんか?
完全に切り離して独立採算にうつれるとたてきさんは想像しているのですか?

112 名前: ★たてき 投稿日:2005/02/21(月) 23:37
>>110 どうですかね、単純に人が減ったからっていうのが正解かも?

>>111 すいません、そのとおりです。>>109は本業の医薬以外の事業を切り離さないと
こういう医薬の合従連衡に乗り遅れていたかも?ぐらいの意味のつもりでした。

113 名前: 教えてください 投稿日:2005/02/25(金) 16:58
住化が、BASFから買った殺菌剤は?

114 名前: 業界通? 投稿日:2005/02/25(金) 21:47
>>113
住友化学ではなくて、住友商事ですね。
薬剤は、サプロールとのことでした。

それと、
>>106
は、どうもすっぱ抜きみたいで、正式には今日プレスリリース
されたとのこと。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=94325&lindID=4

115 名前: uko 投稿日:2005/02/26(土) 12:49
いよいよ薬品業界の再編はどでかくなってきましたね〜。
どうする武田薬品!
どうするその他中堅多数!!

116 名前: uko 投稿日:2005/02/26(土) 12:54
>>99
あまり話題になりませんでしたが・・・
海外展開では結構頑張っていてそれなりの販売網を持っていると思って
いた住友化学が、自社開発品の販売権をシンジェンタに供与するって
不思議だなと思いましたら、記事を読むとシンジェンタの除草剤販売
シェアってすごいんですね。納得です。
原体切り売りは活況ですね。次はなんだろう??

117 名前: 名無しさん 投稿日:2005/02/27(日) 10:13
>>116

ざっと思いつくだけで、「売れている成分」がツラツラ
でてきますな。。。。

トリアジン系
プレチラクロール
メトラクロール
メソトリオン
ピリフタリド



118 名前: YON 投稿日:2005/02/27(日) 11:59
おおざっぱには、世界の農薬売上は3兆円、うち除草剤が1.5兆円(50%)と言われています。
記事ではシンジェンタの農薬売上のうち42%が除草剤とのこと。これだけを見ると、
この社内シェアは平均的なのかなとも思えます。

ま、モンサントのような除草剤90%超の会社が世界平均を吊り上げているわけで、
この例外を除けば42%は高いといえるのでしょうかね。

独り言のようですみません。

119 名前: 新川太郎 投稿日:2005/03/01(火) 20:39
不真面目で申し訳ありませんが、三共の関連の以前のやりとりを
見返さずに、伺いたいのですが、三共にとって、北海三共の
扱いはどうなるのですか? ご存知の方いらっしゃれば、
教えていただけませんか??



120 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/01(火) 22:39
前スレより

691 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/05/14(金) 23:36
以下のとおり、平成17年4月から三共関連の会社が再編されるそうです。
九州三共はなくなるということです。
1.三共アグロおよび九州三共の研究・開発・販売部門は三共アグロに一本化
2.宇都宮化成、九州三共の製造部門、三共アグロの生産管理部門は新会社に一本化
3.九州三共の緑化部門は三共緑化に一本化
4.北海三共はそのまま存続


121 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/09(水) 22:27
最近の農薬会社の株の動きはどうなんでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050308-00000205-rtp-biz

をみると、ホリエモンに触発されたM&Aという見方もありますが。

122 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/09(水) 23:35
記事中に下記の文がありますが、これが真相じゃないでしょうか。

>各社の株価は1株純資産を割り込んだ位置にある。M&A時代本格化の中で低PBR企業を物色する流れに乗ったと解釈される。

それにしても各社とも出来高が異常であり、一般的な株式投資ではなさそうですよ。

123 名前: YON 投稿日:2005/03/13(日) 09:39
業界再編じゃないかもしれませんが、慣例的に剤の業務提携はこのスレらしいので、、
http://www.kureha.co.jp/topics/h170308-2.html イプコナゾール
http://www.kureha.co.jp/topics/h170308-1.html メトコナゾール

124 名前: moru 投稿日:2005/03/13(日) 18:57
疑問に思ったので質問します。

完全無農薬で作った野菜が、病気や虫に食べれられたとき、
私たちはそれを食べても安全なのでしょうか?
虫食いの野菜は、食べられた部分を取り除けば大丈夫な気がしますが、
病気の野菜を食べるのは抵抗を感じます。
食べるの人は少ないかもしれませんが。。。

宜しくお願い致します。

125 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/13(日) 21:42
>>124
 以下のスレに発言移動しました

【食の安全・安心について】

126 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/16(水) 05:48
昭和電工がSDSバイオテックを分離する。みずほ系の投資会社とSDS経営陣によるマネジメントバイアウト。
http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20050315ib27.htm

127 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/03/16(水) 09:13
そういえば、以前あったあの噂は?

128 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/16(水) 23:55
昭和電工はSDSをちゃんと保持できるとは誰も思っていなかったのでは?
でも、業界再編・・・。

129 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/17(木) 00:36
>>127
以前あった噂って、業界で話題騒然となった前スレの>>801ですよね?
窮鼠はSDSでは?というのは多くの方が予想したことだったと思うのですが、
免税店の周りにいたネコっていうのがわかんない・・・

130 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/03/17(木) 14:15
免税店はわかったんですが、なぜあの会社がネコなのかがわかんない・・・。

131 名前: どらえもん 投稿日:2005/03/18(金) 03:26
免税店とネコは判りませんがいろいろな想像をかきたてて面白いですね。新聞記事に掲載されていたMBOには驚きました。経営陣と従業員だけでは一部の株を持つだけで経済的に精一杯と思います。有償?のストックオプションとしてインセンテイブを与える目的と考えるのかな。みずほは増資した株式を一般公開して捌く努力をすると思いますが、ホリエモンのIT分野の人気が羨ましいですね。

132 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/18(金) 21:54
>>130 なるほど免税店とはそういう意味だったのか・・・
てっきりジェネリックのことかと思っていた。
ネコってもしかして・・・って気がしてきた。

133 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/18(金) 23:49
>>131
 そんな金があるんならホリエモンには農薬会社を5個ぐらい買って
がちゃんがちゃんくっつけて革命を起こしてほしいもんですな。

134 名前: どらえもん 投稿日:2005/03/19(土) 00:02
経済紙は眼光紙背的集中(懐疑が正解ですが、全部否定しても大体あっているのが怖いです)で読み解く必要があります。ところで、残っている商系真打三共の現状はどうなっているのでしょうか。

135 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/19(土) 00:59
>>134
 三共のことはこのスレのFAQですよ。過去レス参照

136 名前: 名無しさん 投稿日:2005/03/19(土) 17:42
>133
たてきさんは“革命”を望みますか。どのような“革命”ですか。某メーカーとZ農がやろうとしていることもたてきさんのいう“革命”の範疇に入りますか?

137 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/03/19(土) 18:02
>>136
何それ何それ。

138 名前: どらえもん 投稿日:2005/03/20(日) 01:01
革命は時期尚早です。登録ルール変更後の参入が圧倒的に有利なので、10年かかって取り組む課題です。医薬generic(特許切れ医薬品)は数千万円の試験費用(製剤・血中濃度)で参入できます。新規参入により熾烈な競争が展開されています。今後流通が整備されれば欧米並みに半額になるので医療費抑制に大きく貢献できます。一方農薬では、外資系の特許切れ農薬だけでも毎年数百億円が農家から支払われています。日本のX社の強硬な主張により登録には4-10億円4-6年による参入障壁が温存されています。また流通業者の売上・利益追求により、15年間glyphosateの
高値放置(少なくとも農家には、この矛盾に果敢に挑戦したY社の剤を売るべし!)が目に余りました。Z社が高値で登録・商標を買わされましたが、早期の資金回収を望みます。その他たくさん言えない事がありますが、10年掛かる問題です。革命後の業界で貢献するにはどういう能力・体制が必要なのか良く見極めたいですね。また残る剤は何か?遺伝子組み替え作物による剤の消長は?土壌処理剤は?など考えると楽しいですね。

139 名前: 136です 投稿日:2005/03/20(日) 16:58
>>137
意味深なことをいってすみません。別に大したことではなくて、某メーカーがどっかの医薬品会社の一部門を買収したり、系統メーカーのひとつを仲間にひきいれたりしていることです。
と、書けばお分かりかと思います。別に“革命”でもないか・・・。

140 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/21(月) 01:01
>>136
 特に革命って言葉に意味はなかったんです、すいません(^^;)

 とはいっても革命のイメージはあります。
1つは農薬が「農業資材」から真の意味での商品になればそれは革命でしょう。
そのためには乗り越えなければならない壁が2つありますが、
生半可な力では乗り越えられません。全く新しい農薬会社かホリエモンクラスの
力って言うか強引さが必要かなって気はします。

もう1つは結局は日本農業を革新しないと農薬業界も革命出来ないっていう視点。
メーカーが直接、農家に手を入れるような施策ですね。これまたそうとう高い壁があります。

メーカー流通的にはHCの活用あるいは逆にHCを全く利用しないというのが
革命じゃないかな。医薬の医家向け医薬とOTCの関係を農薬にも持ち込めれば
革命的だと思うんだけど法律改正が必要かな。

141 名前: どらえもん 投稿日:2005/03/21(月) 19:56
140たてきさんのイメージどうりだと思います。「HCの活用あるいは逆にHCを全く利用しないというのが」の部分は素晴らしいです。農家・農協が農業資材価格低減に真摯に取り組む姿勢が大前提です。田植え機などの農業器械の年間使用頻度を考慮すると、費用・効率の悪さに愕然とします。それに引き換え農薬の労働軽減などへの費用・効率は圧倒的に良いです。有効成分が窒素・リン・カリの3個しかないうえ使用方法も簡単な肥料の価格低減も望まれます。

142 名前: ★たてき 投稿日:2005/03/23(水) 23:38
 HCの活用といいましてもいわゆる中抜きによるコストダウンが
この業界のベストだとは思っていません。やはり農薬は色々な意味で
使い方を誤ると危険であり、技術指導は必須だと思うし、それは今後も
変わらないと思います。
 一方、長年使われている農薬については技術指導の必要がないような物も
あるのは事実です。
 ですから、医薬業界のように農薬の販売は基本的に「農薬販売士」といったような
資格を持った人間が指導員の指導を受けて販売するような流れが良いと思ってます。
ただし、数年間の使用で特に問題がなかった物で、普通物・高い製品安定性など一定の
規格を作ってHCや一般小売店などで自由に販売できるように認めるような制度を
作って欲しいなと思います。医薬のOTCのようなイメージですね。
 農薬は長年使用された物でも新製品でも一様に法律がかけられていますが、
それはおかしいと思ってます。長年(20年とか)の使用実績があれば、
適用をゆるめたり再登録のスパンを3年から5年にしたりとか、そういう施策が
あっても良いと思ってます。

143 名前: どらえもん 投稿日:2005/03/25(金) 01:48
たてき様ご指導有難うございます。指導員・農薬販売士の制度は良いですね。地域特性もあるし結果責任もあるのでかなりの知識・経験が必要ですね。高収入を得られて当然だと思いますので、どうにかしたいですね。流通に40%の利益を得ても苦しい現状から見て、安売りは業界の疲弊を招くと思います。ただ外資の特許切れの年売上20億円以上の剤で原体価格(中国・印度製は欧米日の半値)の3倍以上の販売価格の剤は、日本農家からの収奪のように感じられます。外資系は原体価格(工場出値)が売値の30%を上回ると撤退も視野に入れますので、欧米と同様にgenericにまかせて撤退して欲しいです。ちなみに、農薬価格は日本10欧米7アフリカ1ぐらいの感覚ですね。それなのに外資系の日本の従業員の忙しさ・不安定さは尋常ではありません。毎年500億円の利益が農家の懐から国外に流出しているかも知れません。インサイダーではありませんので間違っていたらごめんなさい。

144 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/20(水) 08:41
現状、近所のHCに買いに行く農家がいるのも事実だ。
HC以外でもHCの利便性と販売価格を提供できればイイんだけどね。

145 名前: hh 投稿日:2005/04/23(土) 07:58
hh

146 名前: 名無しさん 投稿日:2005/04/29(金) 15:36
2005年 4月28日(木) 7時29分
日農薬が3月中間業績を大幅増額修正、最終利益は計画の3.25倍に増大

 日本農薬 <4997> が3月中間単体業績の大幅増額修正を発表した。このため、市場には「9月通期予想数字の増額修正も必至の情勢となっている」(中堅証券投資情報部)との声が浮上している。
 3月中間の単体業績については売上高182億4000万円(従来予想比0.2%増、前年同期比0.9%増)、経常利益10億7000万円(同2.7倍、同2.2倍)、税引き利益6億5000万円(同2.3倍、同2.7倍)を確保したもよう。国内で自社開発の水稲用殺菌剤「ブイゲット」の新規混合剤などが発売されたほか、国内外ともに自社品目・好採算製品が好調。さらに製造コストや経費削減が進展したためである。連結業績については「現在、集計中」(会社側)としており、9月通期予想とあわせて「増額修正は必至」(中堅証券投資情報部)と市場では見ている。


147 名前: Qing 投稿日:2005/05/01(日) 00:21
他の農薬会社はどうなのでしょうかね?

148 名前: 零細農薬卸 投稿日:2005/05/01(日) 21:21
日農さん、まことにご同慶の至りでございます。
川上の業績好調あっての卸でございます。

149 名前: どらえもん 投稿日:2005/05/01(日) 23:12
>>147
興味がありますね。できれば外資系や有価証券報告書の無い会社の業績が知りたいです。


150 名前: 業界通? 投稿日:2005/05/12(木) 20:56
まだ誰も書いてないみたいなので…

日経プレスリリースより
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=100128&lindID=4

「三井化学クロップライフ」を設立
…今年の7月1日スタートとのことです。


151 名前: ★たてき 投稿日:2005/05/12(木) 22:55
>>150
 今日が発表日でしたからね。
三井東圧農薬+三東+三中 ですね。

152 名前: どらえもん 投稿日:2005/05/12(木) 23:32
>>150
除草剤MOが不運でしたね。在庫処理は無事済んだのでしょうか。本来ならばもっと大きな組織だったと思います。昭和電工・SDSのように、三井も農薬をまとめておいてMBOをするのでしょうか。

153 名前: 名無しさん 投稿日:2005/05/13(金) 01:03
>152

 主要剤はトレボンとスタークル。それとネビジンですね。
この3剤と三東化学の受託製造が主なビジネス源になると
考えられます。
 この3剤は強力なので、研究部門と営業部門をリストラして、
3剤だけの販売に絞ればすごい優良な財務体質の会社になるかも?
 まぁ、でもそんなことはなくて、次なる再編への準備かも・・・

 スタークルってホント良い剤なんですよね。選択性が高くて
製剤もクリーンだし。私の一番好きな殺虫剤なんです。
動物薬とかでがんばって欲しいなぁ。


154 名前: 名無しさん 投稿日:2005/05/13(金) 07:55
>>152
>除草剤MOが不運でしたね。
いやいや、不運というべきとは思えません。
クロロニトロフェン(CNP)ですよね。
我が国のダイオキシン汚染の原因の筆頭ですよ。
農薬のイメージダウンに大きく貢献してくれました。^_^;
新潟の胆道癌の発生なんたらという発表は穴だらけであったにしても、
水田および近海への汚染を考えたら、もっと早くに発売中止したほうが良かったのでは?
少なくとも社会的義務として、数十年前に発表するべきっだた筈。
三井はラップ(だったかな?)の談合で起訴されたり、ダイオキシンの
発覚当初は告訴するといきまいたり、どうも信用できない会社という印象です。
もちろん私個人の見解ですが。
ダイオキシン関連記事↓
http://www.japana.org/environment/kazuaki/dioxin_ado_10.html


155 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/05/13(金) 11:05
三井化学は開発中の殺菌剤があるので、研究開発部門をやめることは考えられないと思いますが。
あと、CNP由来のダイオキシンは確かに多いですが、多くは水田土壌に吸着されているので、
環境への影響という点ではごみ処理場のほうが大きいのでは?
もっとも、ダイオキシンの環境リスクがどのくらいかという問題もありますが。

156 名前: 業界通? 投稿日:2005/05/13(金) 22:26
三井化学は、三井石油化学と三井東圧化学が一緒になった会社
ですから、企業として、事業部門の再編成をされているのかと
思います。

農業資材は、昨年4月に、三井と三菱とで既に統合されてます。
…MKVプラテック株式会社
※三菱化学MKV社と三井化学プラテック社の農業資材事業の合弁会社。

157 名前: 名無しさん 投稿日:2005/05/14(土) 01:06
>>154
>数十年前に発表するべき
こいつ馬鹿?

158 名前: どらえもん 投稿日:2005/05/14(土) 01:36
>>153
>>154
>>155
>>156
情報有難うございました。発展的な情報交換の場を維持するために、
10のうち3しか表示できないもどかしさがありますね。でも想像で補えるのが嬉しいですね。
最近まで、ppmの不純物について思い到らなかったのが原因だと思います。
塩素化されたベンゼン、塩素化されたフェノール、塩素化された安息香酸などを、
強アルカリ条件下で激しく加熱すると、ダイオキシン(ほとんど弱毒性誘導体)が副生します。
子供の頃、コンピューターの穿孔テープがPCBの油紙だったようなので、
手がベトベトして気持ち悪かったです。
カネミは食用油の加熱にPCBを熱媒体に使っていて、パイプに穴が開いたと理解しています。
車の修理の後に油で汚れた手をガソリンで洗うと、授業中に気持ち悪くなりました。
今思うと、アンチノッキング剤の4エチル鉛が原因だったような気がします。
これは%オーダーなので、確かに私個人の責任です。昔のハイオクタンガソリンで手を洗わないで下さい。

159 名前: Seimei 投稿日:2005/05/14(土) 13:00
>>155
>環境への影響という点ではごみ処理場のほうが大きいのでは?
そうでしょうか?
水田土壌に吸着されたものも多いようですが、海へ流出し近海魚への
影響もあります。また、水田土壌に吸着されっぱなしではないし、水
田で魚介類を養殖をしている人達もいます。
「今後、環境中へ新規に排出される」と言う意味では過去の話しで良
いと思いますが、現状の説明では抜きにできないでしょう。
このような事をきちんと説明できないと農薬業界の言う事は信じても
らえないと思いますね。

160 名前: どらえもん 投稿日:2005/05/14(土) 23:28
>>155
>>159
ご指摘のとうり、関係会社は現状と今後について説明した方が良いと思います。
1)強く吸着されていれば生物分解が進まないので、化学分解や光分解が無毒化に寄与すると考えられます。
2)従って、河川水・田面水・生物体内では分解が進むと思います。
3)しかし、河川から海へ出た時点の堆積層には安定な状態で存在しているかも知れません。
その場合には、年代順に層をなして蓄積していると思います。




161 名前: Seimei 投稿日:2005/05/15(日) 01:05
>>160の3
いや、推測ではなく実測されてます。
http://risk.kan.ynu.ac.jp/masunaga/wa2000.PDF
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=1684

162 名前: どらえもん 投稿日:2005/05/16(月) 00:46
>>161
優れた研究ですね。PCB、ゴミ焼却、フロン、6価クロム、タバコなど数え上げればいろいろありますね。
過去の反省は大切でがそればかりではなく、将来を考えて速やかに対処する必要があると思います。
難分解性で水系に流出するなど欧米で禁止された農薬については登録を取り下げた方が良いですね。
不純物として特定化学物質が混入している剤は注意を要します。
農薬化学の進歩によって、全農薬が易分解性の普通物に揃えられたら良いですね。
遺伝子組換え作物からのアプローチも農薬数・量・回数を減らす効果がありそうです。



163 名前: 地野邪鬼 投稿日:2005/05/16(月) 07:52
>>162
>難分解性で水系に流出するなど欧米で禁止された農薬については登録を取り下げた方が良いですね。

日本ではその手の農薬は失効していると思うんですが、まだ残っているものがありますかね?

164 名前: 山野熊五郎 投稿日:2005/05/17(火) 06:17
再編加速?食品/農薬売却で医薬に集中。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050513-00000694-jij-biz

165 名前: 業界通? 投稿日:2005/05/18(水) 20:42
>>164
こちらにも、村上ファンドが活躍ですか…。

資料をよく読むと、2007年3月末までを目標として、
「グループ外で自主独立を目指す」となってますね。

166 名前: ★たてき 投稿日:2005/05/18(水) 21:13
 第一三共っていう社名はちょっと(^^;)
第二三共、第三三共とかありそうで怖い。


167 名前: uko 投稿日:2005/05/19(木) 08:37
全く無駄な書き込みですが、縦書きしにくい社名です。

168 名前: uko 投稿日:2005/05/19(木) 08:38
農薬を無視してすみません。
個人的には武田+三共を今でも期待しています。
武田よ!TOBを。

169 名前: gujie 投稿日:2005/05/29(日) 09:03
近未来に、二極化現象?が起きませんかね。
TOB等で大型化が進む一方で、
ニッチが生まれ、小さな元気企業が誕生?
(農薬業界は小さすぎて無理かな)

すでに人材減、人材難で、
ベテラン者の業務提供などにニッチが拡大中。
企業の大型化は、成功者の影に、
不満者を生じるのが常です。
後者が奮起・独立して、業界・社会を活性化する・・・

前者に軽視され、苦汁を飲んだ後者に、案外
有能で、やる気や根性がある場合が多いらしい。

以上、あるコンサルタントの話でした。

170 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/03(金) 08:15
住友化学とバイエルクロップサイエンスが新規水稲用殺菌剤を共同開発
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/gnews/news_pdf/20050602_2.pdf

171 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/05(日) 00:19
>>169
 もう起こった後ですね。
世界的マルチ植物防疫企業以外はニッチです。
バイエル・シンジェンタ・モンサント・ダウ・BASFの5大企業
ジェネリックマルチのマクテとイサグロを加えた7社以外はニッチでは?
住化やデュポンすら私から見るとマルチナショナルメジャーといえるかどうか。

 日本の会社なんか全部ニッチメーカー。日本の農薬マーケットの
主流を占める水稲用農薬というジャンルそのものがニッチですし・・・

 以上は研究開発上の問題ですけどね。

172 名前: YON 投稿日:2005/06/06(月) 00:37
デュポンは、種子ビジネスの最大手なので、それを加味すると個人的にはまだメジャープレイヤー
という感じがします。agrochemicalだけでは確かに水をあけられていますが・・・。

「世界的に農薬の研究開発をできる会社はもはや5社しかない」という記事を見たことがありますが、
それには、モンサントが入っていませんでした。新規化合物の開発という点ではそうでしょうね。

173 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/07(火) 01:05
>>170
 ウィンとデラウスが抵抗性イモチ関連で痛い目にあってます。
その穴を埋めるべくこの2社が共同開発するのは至極真っ当と思われます。


174 名前: ユキタ 投稿日:2005/06/07(火) 21:42
わたくし農薬メーカーを志望しているものです。
今日、コーナンに行く機会がありまして、
農薬コーナーにふと目がいきました。
なんか、小麦粉の紙袋のような形で
オルトラン粉剤、除草剤などとかかれて
たくさん並んでいました。
小さなボトルに入ったものなど
私が子どものころに園芸用品のコーナーに
こんなに農薬あったかなと思いました。
農薬をコーナンなどで購入される農家さんが
いるのかなと思いました。
いろいろホームセンターを周って
どんなものがどれだけならんでいるか
調べようと思います。

175 名前: uko 投稿日:2005/06/08(水) 08:43
ホームセンターで売られているものは一部です。
販売対象も様々です。(立地によると思います)
地方のコメリとかその他農家向けのお店に行かれるのも面白いと
思いますよ。

176 名前: コジ 投稿日:2005/06/08(水) 15:07
商系農薬卸 k社が静岡に出店しましたね。だいぶ保守的な県で、系統パワーも強い県ですけど反応はいかがですか?


177 名前: tea-farm 投稿日:2005/06/08(水) 21:39
>>174
HCで農薬を買う農家って増えてるみたいですよ。
こちらのJAではたまりかねて、農薬の価格を一部下げました。
それでもHCより高いので何をしたいのか良くわかりませんが。
野菜や花卉などならHCで安いのを買いたいでしょうね。
最近は、ややこしい商品は少なくなりましたし、系統とHCで
棲み分けが始まるんじゃないでしょうか。
このあとは商系とHCの価格差が焦点になるかもね。

178 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/08(水) 23:56
>>174
 最近ホームセンターでも農家向けの農薬が出始めました。
右肩上がりで伸びていると思います。また、地方に行くと
品揃えもすごいです。
 なぜ、最近ホームセンターで農薬が売られはじめたかには
色々な理由が複雑に絡み合っていますが(笑)、究極的には
そういうニーズがあるからでしょう。魅力は値段だけだと私は思います。


179 名前: いんせ@果樹兼業農家 投稿日:2005/06/09(木) 08:02
>>174
 うちの近所のHCは、普通物の農薬しか売っていません。
 毒物劇物取締法による免許(許可?)を持っていないから
だと思います。
 果樹で使う農薬(主に殺虫剤)は、まだまだ劇物のもの
多いですからね。
 御参考までに。 

180 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/06/09(木) 12:47
>>179
毒劇物は陳列場所に鍵をかけなくてはならないので、
HCで売るのにはなじまないでしょうね。

181 名前: 湖水 投稿日:2005/06/10(金) 08:20
鍵をかけた陳列棚に毒劇物を置いているホームセンターもありますよ。
でも、そういう農薬は、農協と同じ値段か高いくらいです。
ホームセンターでは、一部の農薬は安いけれど、それ以外はあまり変わらないですね。
値段は変わらなくでも、年中無休で夜まで営業していると、近くにあれば便利な事は便利。


182 名前: 名無しさん 投稿日:2005/06/11(土) 18:47
小売業からすれば需要があるものを売るのは当然。
けど、営農指導を始めとするノウハウをつけて売ることが出来ないけど、消費者がかしこくなったり、ホームセンターが知恵・知識を付けて来たら消費者はホームセンターで買い物をするんだろうね。
現にオルトラン1kg、3kgみたいなモンはホームセンターで買うヒトのほうが多いんじゃない?
家庭園芸農薬メーカーだけじゃなく、業務農薬メーカーもホームセンター向けの商談をしはじめてるのでは?

183 名前: gujie 投稿日:2005/06/11(土) 23:28
>>181
ホームセンターは、農薬のコンビニストアーか!

>>182
一般の農薬販売店やJAが、不便で
サービスが悪いということでしょうか?


184 名前: ユキタ 投稿日:2005/06/12(日) 20:36
オルトランのCMみましたよ。
農薬のCMをはじめて見たような気がします。
むかしから、CM自体はやられているということは
ききましたが、オルトランの陳列の量が
すごく多いので、もしかしたらそういうことなのかな?
と思ってしまいました。
HCの状況は近々まとめてみようと思います。

185 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/13(月) 00:27
>>163
レス気が付くのが遅れました。tetrapionなんかどうでしょう。

186 名前: Seimei 投稿日:2005/06/14(火) 15:38
>>185
あんまり検出されたって話は聞かないんですが。
http://www.env.go.jp/info/iken/h160914a/a-11.pdf

>>162の下の部分。
>難分解性で水系に流出するなど欧米で禁止された農薬については登録を取り下げた方が良いですね。
欧米との違いとして、水田という農法があります。
水田に使用されているとダントツ(農薬名ではない)で水系に影響があります。欧米のまねをしても
この問題に関しては駄目ですね。
テトラピオンは水田への登録がないので流出が少ないんじゃないかな。

187 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/14(火) 23:52
>>186
そうですね、ご指摘のとうり山でササに使いますね。土壌移行性が無いのかな。
オーストラリアで中止になったので、ダイキンが製造を止めたと聞いていました。

188 名前: 山野熊五郎 投稿日:2005/06/25(土) 00:26
マイナーなニュースですがこんなんがありました。
三共はいよいよスピンオフ?!
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20050622c3c2200t22.html

189 名前: 業界通? 投稿日:2005/06/25(土) 13:22
旧ゼネカ商品数剤の販売流通が、秋より変わるという連絡が
ありました。
地域によっては、あまり影響がないでしょう。

いずれにしても、原体を持っているメーカーによる直販傾向は、
外資・国内メーカー問わず一緒でしょう。

190 名前: どらえもん 投稿日:2005/06/26(日) 00:13
>>188
切り売りは不思議ですね。
うん百億円で買い手が無いので、何か画策してますね。
>>189
直販が10年前から問題になっていましたが、こんなものですかね。
その後に控えている、消費者への直販(インターネット)は、
値崩れ必至です。市況対策など過去の遺物となるかも知れません。



191 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/27(月) 00:32
>>190
 切り売りではないでしょう。ホクレンの特殊性というか
農薬メーカー特に北海三共との関連性といいますか。
でも、これでホクレン通じての農薬販売に大きな影響だ出るかもしれませんね。
特に除草剤のマーケティングは各社とも再構築が必要かもしれません。

192 名前: ★たてき 投稿日:2005/06/27(月) 00:41
>>187
 オーストラリアの話は私も詳しくないんですが、
牧草に使われて牛乳に出るとかそういうことが問題に
なってるんじゃないかと推測します。

193 名前: みわにて 投稿日:2005/07/11(月) 23:46
>>150, >>151
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news05/agur101n05071107.htm
新生農薬会社が船出 農作物の安定生産に貢献
《三井化学クロップライフ》

“次の段階があるんだ”ということを強調した記事に読めました。

194 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/07/12(火) 10:05
http://www.asahi.com/business/update/0712/002.html
ホームセンター大手3社が統合へ 来年9月、業界首位に
2005年07月12日00時31分

ホームセンター大手のホーマック(札幌市)とカーマ(愛知県刈谷市)、ダイキ(松山市)は11日、共同持ち株会社を来年9月に設立して、経営統合することで合意したと発表した。3社合わせた連結売上高は約4200億円となり、売上高で業界首位のカインズ(群馬県高崎市)を抜いてトップに躍り出る。
持ち株会社名は「DCMJapanホールディングス」。社長にホーマックの前田勝敏会長兼社長が就任する。3社は来年8月下旬に上場廃止となり、代わって持ち株会社が東京証券取引所に上場する。各社と持ち株会社の株式移転比率は未定で、来年2月ごろに決める見通し。
3社の地盤はホーマックが北海道と東北、カーマが中部と北陸、ダイキが四国、中国、近畿と重なっておらず、統合によって九州を除く全国に約520店(今春時点、加盟店など含む)の店舗網を持つ。店舗名は引き続き従来のものを使う。
3社は03年に業務・資本提携を結び、共同で商品の仕入れや自社ブランド商品の開発を進めてきた。共同仕入れは売上高全体の4分の1を占めるまで増えており、いっそうの相乗効果を出すには経営の一本化に踏み込む必要があると判断した。今後は物流網や情報システム、管理業務の共通化、取引先の絞り込みを進める。
ホーマックの前田会長兼社長は都内で開いた記者会見で「売上高1兆円が現実味のある目標になる」と述べ、同業他社にも新グループへの参加を働きかける考えを示した。
ホームセンター業界は、郊外大型店中心の積極出店で成長してきたが、扱う商品の多様化で総合スーパーや家具・雑貨専門店との競合が激しくなっている。最近は有力チェーンによる出店地域のすみ分けも崩れつつあり、今回の3社のように規模拡大を狙った企業再編が活発になる可能性がある。

195 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/12(火) 21:46
>>194
 ちょっとびっくり。
北海三共のことや>>194のことはメーカーや一次卸には
ジワジワとあるいはど〜んと影響が出るでしょうね。


196 名前: ど〜んと市況 投稿日:2005/07/12(火) 22:27
試供が市況の原因と司教が言ってた。4強で詩経にうつつを抜かしては
いられない。至境となったからは、誰かに示教を仰がなければ市況は直らない。
詩興にはなっていませんが、、、。


197 名前: どらえもん 投稿日:2005/07/12(火) 23:11
>>194
市況について今日一日考えてました。100円ショップや本屋でも考えました。
ITで情報が共有されて、工場出し値に限りなく価格が下がっていく時代のようです。
でも、登録農薬は違うようです。ブランドのバッグには敵いませんが、
使用方法も含めて、これほどの知識が詰め込まれた製品ですから、
メーカー(登録保持会社)には、影響は限定的と思われます。
しかし、流通経費(--%)の削減は待った無しの気がします。
>>196さんは営業ですか?大変そうですね。


198 名前: tea-farm 投稿日:2005/07/13(水) 01:05
>>197
単純にそうでもないでしょう。
\100ショップは基本的に全量買い取り返品無しの分、買価をタタクのが基本。
一方、HCは見かけ売価を下げる分、半端物を買い付けたり、オリジナル品として
品質を下限ギリギリに下げて売価を下げるのが基本の筈です。
上の後段の商材や、これが出来にくい商材についてはスケールメリットで売価を
タタくしかないですし、こういった商材は安定した売上げを占めるている筈です
ので、規模が大きい方が良いとなるんじゃないですか。

\100ショップの売価って、全てではないにしろメーカーの標準原価は割っている
と聞いています。だから、同じ商品が常時並んでいることが少ない。

199 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/07/13(水) 09:02
\100ショップの商品は、原価ギリギリのものもあれば、原価は20円ぐらいのものもあるそうで、
トータルとして利益が出ればいいという売り方だと聞いたことがあります。
そのうち、ジェネリック中心に農薬を扱う\500ショップ(\100は無理でしょうから)ができたりして。
HCの品揃えの一つとしてなら可能かも。

200 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/14(木) 00:02
>>197 196さんはどっかの社長さんじゃないですかね(笑)

 100円ショップで農薬を売るというのは私個人の
究極目標だったりします(笑) いろいろがんばれば
不可能ではないのでは?とは思ってますけど、まぁ究極目標です。。

201 名前: 昔の名前は? 投稿日:2005/07/14(木) 21:07
>>200
「ど〜んと純情」さん?ですか。
違うかな??

202 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/14(木) 22:34
>>202
 適当に書いただけで意味はないです。すいません

203 名前: 匿名希望 投稿日:2005/07/22(金) 17:31
バイエルクロップサイエンスの社長交代だと聞きました。
外資は3年ぐらいでトップが交代するのですね。
社長も大変だけど、とりまく人たちや、会社で働く人も大変だ。

204 名前: 業界通? 投稿日:2005/07/23(土) 18:01
>>203
こちらに公表されてます。
http://www.bayercropscience.co.jp/news/index.html

205 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/24(日) 01:12
 業界内ではちょっと話題になっていますね。
ただ、3年で社長交代って言うのは外資じゃなくてもよくある話じゃないですかね。
そういえば、この前、バイエルの新本社に行きました。
まぁ、なんというか、同じ農薬業界の職場とは思えない_| ̄|○
あか抜けた感じがうらやましかった。

206 名前: 山野熊五郎 投稿日:2005/07/25(月) 07:01
外資の日本法人の社長はポジションとしては日本支店長ですから3年程度の転勤は当たり前ですよね。日本の会社も概ねそのぐらい期間で異動になることは珍しいことではないです。
転勤したくなくてたまたま会社を去るというのはありますから、今回のバイエルさんもそのような感じではないのでしょうか。


207 名前: ★たてき 投稿日:2005/07/26(火) 00:39
>>199
 近所の100円ショップ(キャンドゥ)で、蚊取り線香(医薬部外品)が
4巻が100円で売ってました。やってやれないことはなさそうですね。

208 名前: 名無しさん 投稿日:2005/07/26(火) 23:11
ローレンス・ユーさんはどこに行くのでしょうか?

209 名前: 名無しさん 投稿日:2005/07/27(水) 06:50
どっかの国内企業で大金提示して雇って欲しいな。
今の国内企業の経営者ではこの業界何の進展もないし。

210 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/07/27(水) 09:25
やっぱりドイツの本社に戻って偉くなるんでしょうね。

211 名前: みわにて 投稿日:2005/08/07(日) 08:36
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050807AT1D0300N06082005.html
三井物産、米農薬事業で伊社と合弁 (日本経済新聞社)

 三井物産はイタリアの農薬大手シプカム(ミラノ)と米国での農薬販売事業を統合、新会社を合弁で設立した。微生物などを利用した生物農薬に強い三井物産と、汎用性の高い化学農薬を持つシプカムが販売活動を一本化することで取扱商品を充実させ、世界最大の農薬市場である米国でのシェア拡大を目指す。

 設立したアドバン社の資本金は100万ドル(約1億1000万円)。三井物産の全額出資子会社で、生物農薬の製造販売を手がけるセルティスUSA(メリーランド州)と、シプカムが折半出資した。 (07:00)

212 名前: 名無しさん 投稿日:2005/08/12(金) 15:39
8月12日の化学工業日報に、 丸紅 農薬事業 07年度に3千億円への見出しがありましたが、内容がわかる方 教えてください。

213 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/08/12(金) 18:01
3千億円は無理では?
日本の農薬業界全体で3千億円でしょう。

214 名前: ★たてき@帰省中 投稿日:2005/08/13(土) 23:43
3千億ですか?もし本当ならいくつかの会社や剤を買収しないといけないけど・・・
農薬業界が3000億というのは工業会の卸値ベースの話ですから
ホームセンター取り扱いの価格とか、卸販売を行い商社口銭をとるような事業は
数字に含まれていません。よって、3000億円の農薬を取り扱うということでした
ワールドワイドでは可能かもしれませんね。
 まぁ、それにしても記事が一桁間違っているような・・・
今度、知り合いに聞いておきましょう。

215 名前: どらえもん 投稿日:2005/08/14(日) 00:07
>>212
世界規模なら、約10%占有できれば可能です。
今日は、日本の墓石(輸入を含む)の市場規模が2,800-3,000億円と、
日本経済新聞に記載されていたので、落ち込んでいます。
農薬の方が圧倒的に経済貢献しているし、高度な知識を持った仲間がまじめに取り組んでいるのに、
墓石に利益率でも負けている。農薬の輸入を止めて、墓石を輸入しようかな!

216 名前: みわにて 投稿日:2005/08/16(火) 21:31
http://www.arystalifescience.com/default.asp?V_DOC_ID=1603
アリスタライフサイエンス、南アフリカのヴォルケーノ社を買収

【2005年8月11日、フランス、ポー発】:農薬とライフサイエンスの分野で独自の事業展開を進めるアリスタライフサイエンス株式会社(本社:東京中央区、代表取締役社長兼CEO:クリストファー・リチャーズ、以下:アリスタライフサイエンス社)は12日(日本時間)、ヴォルケーノアグロサイエンス社(Volcano Agroscience(Pty) Limited)を含むカリエタグループ会社の親会社であるカリエタインベストメンツ社(Callietha Investments (Pty) Limited)の50%の株式を取得することに合意したと発表しました。ヴォルケーノ社は、アリスタライフサイエンス社の関連会社となり、フランスのポーを拠点とするヨーロッパ・アフリカ・中東事業部の管轄下に入り、「ヴォルケーノアグロサイエンス」の社名で営業を継続します。買収金額等の詳細については、開示しておりません。
  …中略…
合意内容のひとつとして、アリスタライフサイエンス社は、ヴォルケーノ社を通じてアフリカ南部での営業活動を推進するとともに、カリエタグループ会社と共同で他地域においても販売網の強化を目指します。ヴォルケーノ社とカリエタグループ会社は、穀物、トウモロコシ、サトウキビ用除草剤及びそれに関する専門知識を有し、また、殺虫剤市場でもユニークな地位を築いています。
  …後略…

217 名前: 業界通? 投稿日:2005/08/17(水) 12:41
>>212
新聞記事の切り抜きはありますが、それ以上に詳しいことは・・・。

218 名前: みわにて 投稿日:2005/09/01(木) 20:46
http://www.chemicaldaily.co.jp/
東亞合成、大塚化学に農薬事業譲渡・撤退 (化学工業日報 2005年9月1日)

 東亜合成は31日、同社の農薬事業を大塚化学に売却することで合意したと発表した。東亜合成は1982年にBT剤を上市して農薬市場に参入。その後、理化学研究所との共同開発を通じて品揃えを広げたが、事業規模が小さく、自社で継続するよりも大塚化学に譲渡した方が事業価値の最大化につながると判断した。事業譲渡は今月末を予定。譲渡金額は明らかにしていない。

 東亜合成の農薬事業は微生物農薬の1種であるBT剤の「トワロー水和剤CT」と「トワローフロアブルCT」、炭酸水素カリウムが有効成分の農園芸用病害防除剤「カリグリーン」、プロピレングリコールモノ脂肪酸エステルが有効成分の殺ダニ剤「アカリタッチ乳剤」で構成され、年間売り上げ規模は数億円。いずれの製品も環境への配慮をコンセプトにして市場での差別化を図ってきたが、国内農薬市場が縮小するなかで苦戦を強いられていた。

 一方、大塚化学はアグリテクノ事業部で農薬・肥料の製造販売、農産物の栽培システム販売など幅広い分野のアグリビジネスを展開。東亜合成から農薬事業を譲り受けることで環境に優しい農薬を製品ラインアップに加えられ、商品構成の充実と事業の拡大が図れると判断した。譲受対象は東亜合成の農薬に関する特許、商標、農薬登録、契約上の地位など。

プレスリリースはこちら。
http://chemical.otsukac.co.jp/press_release050831.pdf

219 名前: 名無しさん 投稿日:2005/09/01(木) 22:16
日本農薬の株価が急騰してますね。 なにかいいことあったのかな?

220 名前: ★たてき 投稿日:2005/09/02(金) 00:48
>>218
 ネットのソース出ましたね。
カリグリーンとかトワローとか売りにくい剤だけど、上手くやれば
まだまだ拡販できますよ。大塚化学は良いお買い物をされましたね。

>>219
2005年 9月 1日(木) 17時42分
日農薬が急反発し値上がり率2位に、1日付株式新聞1面トップ、クミアイ、イハラケミも高い

 農薬大手の日本農薬 <4997> が急反発、一時41円高の335円まで買われた。終値ベースでも値上がり率9.8%と東証1部で第2位となった。1日付株式新聞1面トップで農業関連銘柄として取り上げられており、これを好感した。ほか農薬専業のクミアイ化学工業 <4996> 、イハラケミカル工業 <4989> も高い。



221 名前: みわにて 投稿日:2005/11/14(月) 20:06
アリスタにトクチオンを売却 有効成分数整理の世界戦略で 《バイエル》
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news05/agur101n05111401.html
 バイエルクロップサイエンス社(本社:ドイツ・モンハイム)はこのほど、アリスタライフサイエンス(株)(本社:東京都中央区)に対し、汎用性の高い殺虫剤プロチオホス(Tokuthion、Toyodan、Bideron)の世界的ビジネスを売却した。
 日本では、1976(昭和51)年に粉剤で最初に農薬登録を取得している。有機りん剤ではあるものの、その特異的な作用から約30年にわたり農家から親しまれている(表参照)。
 平成15年の国内プロチオホス剤市場は、約8億4000万円となっている。売却金額など詳細は明らかにされていない。
 バイエルクロップサイエンス社にとって、今回のプロチオホスの売却は有効成分数を整理するポートフォリオマネージメントにおける世界戦略の一環。
 同社では、今回のプロチオホスの売却に先立ち、2005年までにアリスタライフサイエンス社に殺虫剤アゾシクロチン(ダニ剤「クリアマイト」)とアミトラズ(同「ダニカット」)を売却している。
 バイエルクロップサイエンス社は、約60億ユーロ(約8300億円強)の売上高を有する農薬、種子、植物バイオテクノロジーならびに防疫薬における世界の主要な研究開発型メーカー。
 一方、アリスタライフサイエンス社の世界での売上は1030億円余(2004年)となっている。同社のクリストファー・リチャーズ社長兼CEOは、「国内市場では、特にトクチオンはオルトラン、オーソサイドなどの商品群を補完するとともに商品ラインをいっそう拡充させることができる。世界的にも大きな魅力がある」と語っている。
(農業協同組合新聞 2005.11.14)

222 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/14(月) 21:56
 バイエルは偉いなぁ。利益主義が徹底している。

223 名前: gujie 投稿日:2005/11/14(月) 23:43
>>222
利益主義の徹底している会社で、
仕事している人は、面白いのかな?
それとも、不満なのかしら?

もし働いている人が面白くなければ、
偉い会社と言えないのではないでしょうか?

それでも、いっぱい給料をくれれば
それで、いいか!

224 名前: どらえもん 投稿日:2005/11/14(月) 23:56
Top3の農薬会社は、A.I.が多いため、
合併などした後では、剤が重複する場合があります。
自社の剤の競合剤にならないように、売らずに潰します。
買いに行っても売ってくれません。
また、直販をやりますが、混合剤だけは難いようです。
ポートフォリオと利益主義が徹底してますね!



225 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/17(木) 22:54
 利益主義の会社と売り上げ主義の会社の二者択一でどちらが働いていて面白いか
といえば、それはもう利益主義の方が全然おもしろいですよ。
無駄がないですもん。売り上げ主義は無駄な売り上げを上げるのに
血眼になったりして、そのことが現場の人はわかっているので
働いている人は冷めてたりしますよ。

226 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/22(火) 22:53
>>218
 大塚化学の別の記事では、農薬事業あるいは品目の買収は
今後も積極的にやっていくみたいな事が書いてましたね。
大塚の魅力はグループ内に有力な食品企業があることなんですよね。
ここと農業資材部門がコラボするとめちゃ怖い力を発揮するかもしれないので
私は注目しています。

227 名前: 山野熊五郎 投稿日:2005/11/23(水) 15:24
大塚さんは実際にコラボしているんじゃないですか。
ボンカレーのジャガイモの仕入先の地域の中では大塚さんの品物を優先的に使用しているのではないですかね。
やはりGIVE&TAKEは強い。

228 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/24(木) 00:31
>>227
 そのコラボは昔からですよね(最近はどうかな?)
私が思うのはもう一歩先のコラボなんですけど、よその会社のことだから
あまり言わないようにしよう。

229 名前: ともあき 投稿日:2005/11/24(木) 23:27
ジャガイモの生産者はボンカレーの現物支給を
受けたことはないでしょうか(笑)。
他の企業でそのような事例を聞いたことがあります。


230 名前: ★たてき 投稿日:2005/11/24(木) 23:33
>>229
 そんなことやってんですか(笑)

231 名前: gujie 投稿日:2005/11/24(木) 23:45
>>229
 たぶん、現物支給でなくて、
 ギフトでしょうね。

232 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/11/25(金) 09:27
某農薬メーカーから自社のお菓子を現物支給されたことはありますが(どこかわかりますよね)。
横レスなのでsage

233 名前: 名無しさん 投稿日:2005/12/04(日) 18:31
>>228
‘もう一歩先のコラボ’は全農がやっているような‘ビジネス’のことかな? 彼らのはビジネスからは程遠いものだけど.

234 名前: ★たてき 投稿日:2005/12/05(月) 00:29
>>233
 まぁ、そういう感じです。大塚グループは肥料・農薬・食品加工を
やっている日本で唯一の(?)製造会社グループですからね。
 商社系もそういう意味ではチャンスある。

235 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2005/12/05(月) 12:51
>>233
どんなビジネスのことを指しているのか、興味があります。

236 名前: 233 投稿日:2005/12/06(火) 18:28
>>235
1.農薬,肥料,資材,種苗の製造および販売
2.営農指導,アドバイス(を一応やっていたように思います)
3.生産物の流通
4.金融(融資,共済,預金,保険等々)
以上の事業のコラボ,という意味で発言しています。相手が農家というだけでいろいろな事業の縮図になっているように思うのは私だけでしょうか? 全部きちんと機能していたらすごいビジネスですよ。


237 名前: おろおろし 投稿日:2005/12/27(火) 20:40
業界外ですが、
ハウス食品と武田薬品、
武田食品の飲料・食品事業で提携
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=119322&lindID=4

今朝の新聞では、ちょっと表現が違ってましたが。

238 名前: 名無しさん 投稿日:2006/01/04(水) 15:36
アグロパートナーズは今年4月1日よりダウ・ケミカル日本に統合されます。

239 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/04(水) 22:21
>>238
 ふ〜む、当然そうなるんでしょうけど、複雑な気分ですね。


240 名前: 名無しさん 投稿日:2006/01/06(金) 00:13
>237
優良企業の代表格ですが,医薬以外は全部売り払ってしまうのですね.
住化武田農薬っていつまであるんでしたっけ.確か期限があると日経新聞か何かに書いてあったと思いますが.

241 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/06(金) 01:05
>>240
 2007年までじゃなかったかな・・・
それ以降は「武田」という名前を使っちゃダメっていう内容らしい。
普通に考えれば住化農薬・住化園芸になるんでしょうけど、
一般にどれだけアピールできるかなぁ・・・
一般の人は住化をあまり知らないので「じゅうかのうやく」と読んじゃうみたいですよ。

242 名前: 名無しさん 投稿日:2006/01/06(金) 07:52
>>241
一般の人には「すみともかがく」とした方がイイのではないでしょうか?
「じゅうかのうやく・えんげい」だったら住宅関連の会社みたい

243 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2006/01/06(金) 09:22
前にも書いたかもしれませんが、武田ブランドを捨てなくてはならないのはダメージ大きいですね。
武田は「農薬」のイメージを捨てたいと思っているのでしょうか。

244 名前: 業界通? 投稿日:2006/01/07(土) 17:43
>>243
>武田は「農薬」のイメージを捨てたいと思っているので
しょうか。
以前(だいぶ前)、武田の某農薬部門責任者(当時)が
「農薬業界の中で生き残ることは出来ると自信を持っているが、
武田薬品の中で生き残れるかどうかはわからない。ただDNA
は必ず残したい!!」と言われたと聞きました。

私は、武田薬品は、日本に本社のある外資メーカーの一つだと
思ってます。
そうしないと世界を相手に生き残れないのだと思います。

「農薬のイメージを捨てたい」からということではなく、
「事業の選択と集中」で該当しなかったということでしょう。

私は、武田にとっても住友化学にとっても、良い選択をされた
と思っています。

245 名前: 業界通? 投稿日:2006/01/07(土) 17:48
>>244
訂正:
日本に本社のある外資メーカーの一つ
→日本に本社があって外資的な発想が出来るメーカーの一つ

追加:
アリスタなんかもそうかな?
住友化学や三共なんかは、日本に本社があって、
外資的な考えも入れつつ、日本的な発想をするメーカーかなと
思います。

246 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/09(月) 01:00
 アリスタはオリンパスキャピタル社という外国の投資ファンドから
出資を受けて運営している立派な外資(?)です。
 たまたま本社が日本にあって、母体になった会社がトーメンやニチメンだった
っていうことです。

247 名前: 業界通? 投稿日:2006/01/09(月) 09:21
>>246
ほんとはそうですね。

考えてみれば、何を持って、外資かどうか区分するんでしょう?
株主構成から考えると、いずれの会社も海外の機関投資家が多かれ
少なかれ株主なわけですから…。
国内メーカーと思っていたら、いつのまにか外資だったということも。

また日本メーカーといっても、生産を海外に持っていくこともある
わけで。

日本的な発想とは言ったものの、
安全性ひとつでも、いろんな発想が混在しているし…。

武田薬品は、昔のコマーシャルで
「タケダ、タケダ、タケダ」のイメージがあり、
タケダによる、タケダのための、タケダ?といった
良くも悪くも、我が道を行くというカラーがあるように
思います。

248 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/09(月) 14:52
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060109-00000102-yom-bus_all

第一三共が半年前倒しで2006.10に統合とのことです。

249 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/09(月) 20:10
>>247
 外資は外国資本の略ですよね。ですから、外国の資本がメインである、
いいかえれば経営権を外国の資本が持っているかどうかで分ければいいはずです。
たとえ社長が日本人でも外資なら外資だし、逆に社長が外国人でも外資じゃなければ
外資じゃないですよね。
 われわれが通常「外資」と呼んでいるところは、正確には外資の日本法人または日本支社ですよね。
総じて言えるのは本国の本社の指示通りに行動するということでしょうか。
私は外資は主体性が乏しいような印象があります。しかし、本社には立派な主体性があるので
その指示の権限は大きく力も強いので最終的には強い主体性を発揮するという感じでしょうか。
日本支部・支社の権限が小さいような気がします。でも、だからしがらみに縛られずうまく行っているのでしょう。

250 名前: ははは 投稿日:2006/01/09(月) 21:24

ポジ化のスレッドあがっておりますが、ここで懸念点1つ。

ポジ化により暫定基準が設定され、それを残留基準値として確定させるための
食品安全委員会(農薬専門調査会)の見直しが始まります。
同時に、環境省よりちょくちょく告示されてますが、水質/水産動植物の
保留基準設定も始まっていく方向。

以上から以下の条件を複数満たす原体は...
注意してみておくべきでしょうね。
特に原体をたくさんもっている外資さんの動向には、
気をつけておいたほうがいいかも(汗)。

・古くからある原体で、なおかつ日本国内でしか登録が無い
 (あるいは欧米において登録維持を断念した経緯のある)原体
・あまり売れ行きが芳しくなさそうな原体
・化学構造式や公知の毒性から今後の登録維持が大変そうなことが
 予想される原体






251 名前: FUJISAWA 投稿日:2006/01/09(月) 23:19
>>250 はははさん、
>ポジ化により暫定基準が設定され、それを残留基準値として確定させるための
>食品安全委員会(農薬専門調査会)の見直しが始まります。
>同時に、環境省よりちょくちょく告示されてますが、水質/水産動植物の
>保留基準設定も始まっていく方向。

これって農家にとっては、想像して判断する、推測するしかないのですが、
と思うのですが。

自分の圃場の土壌を知り、水質を知り、農薬を知り、肥料を知る必要がある
くらい厳しい内容になるのでしょうか?
検査料が農家の経営を圧迫なんて事になるのでは?

ポジ化は、業界の方々にも大変かもしれませんが、農家にとっても、これから
大変になるのではないかと、心配です。

やはり、知れば知るほど聞きたいことが多くなります。


252 名前: ははは 投稿日:2006/01/10(火) 07:27
>自分の圃場の土壌を知り、水質を知り、農薬を知り、肥料を知る必要がある
くらい厳しい内容になるのでしょうか?

農家さんには負担になるようなことではないと思います。

・ポジ化による食品安全委員会の見直し:
 ポジティブリスト化にともない、これまで残留基準/保留基準しか
 設定が無かったところに、コーデックスや海外基準を持ち込んだため、
 各農薬成分のADIが破綻していないかを確認するものです。
 食品安全委員会で見直すということは、古い農薬も新しい農薬も
 同じ目線でチェックされる可能性が高いということです。
 登録が古くなおかつ欧米で登録がない農薬の場合、毒性データが
 古いまま現在まできてしまっている可能性が高く、大半の毒性データを
 更新することが要求されるかもしれません。
 そうなると、その農薬の売上や利益との天秤になりますが、特に
 外資さんのばあい用途や構造式、スペクトラムの点でかぶっている成分を持っていることも多く...
 ということです。

・水質/水産動植物の保留基準:
 これは、各農薬を適用どおりに使っても、公共用水にわるさをしないよね、
 という使用基準を設定するものです。
 各農薬の適用表から予測される公共用水への暴露量と、各農薬のADIや水産動植物への
 毒性とのにらめっこになります。


253 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/10(火) 08:20
すれ違いですよ。関連スレに移動願います。

254 名前: 農薬初心者 投稿日:2006/01/19(木) 21:59
ネット検索でこちらを知りました。
流れを止めてしまう書き込みをお許しください。m(_ _)m

過去の書き込みから少しずつ勉強させていただきましたが、
こちらの業界も何かとたいへんなご様子で驚きました。
私は微生物が専門(というほどでもありませんが)で、
農薬はど素人なのですが、よろしくお願いいたします。

現在の関心は微生物農薬で、まだ市場動向も良く理解していない
状況ですが、こちらの業界について勉強させてくださいませ。

またお邪魔させていただきます。

255 名前: みわにて 投稿日:2006/01/21(土) 01:38
日本ファインケムから農薬・シアノットの営業権を譲受 品揃えの加速で農薬事業を強化 《大塚化学》
http://www.jacom.or.jp/agrbis/news06/agur101n06011901.html
大塚化学(株)(森明平社長、本社:大阪市中央区)は18日、(株)日本ファインケム(旧日本ヒドラジン工業(株)、渡部博社長、本社:東京都千代田区)が開発・市場展開している農薬の営業権を1月1日付けで取得したと発表した。
 大塚化学(株)は、農薬製品の品揃えを加速させ農薬事業を強化する。譲受金額など条件は明らかにされていない。
 「シアノット」は球根花き・花木、桑・こうぞ・みつまた、公園・庭園などの畑地一年生雑草用除草剤。キャベツへの農薬登録が行われ、大半が群馬県で使用されている。
 今回の両社の合意は、大塚化学(株)のアグリテクノ事業部において商品構成の充実と事業拡大を図る農薬事業戦略と、(株)日本ファインケムにおける経営資源の重点事業への集中を指向する事業方針が合致したもの。
 このところ、大塚化学(株)の農薬事業強化が際だっている。2005年には東亞合成(株)の農薬事業を買収し、よりいっそう環境に優しい農薬製品のラインナップを図ったことは新しい話題。今後も、農薬製品の導入などを加速させ、農薬事業のいっそうの拡大を図っていくことにしている。
(2006.1.19 農業協同組合新聞)

256 名前: ★たてき 投稿日:2006/01/21(土) 01:40
>>255
 やっとネットのソースが出ましたね。
正直申し上げてシアノットはたいした農薬ではないと思うんですが、
大塚化学が農薬の原体を買うという姿勢を示していることが
興味深いですね。

257 名前: みわにて 投稿日:2006/01/25(水) 20:00
>>256 
 こちらの記事も大塚化学です。

大塚化学、中国で農薬会社を買収
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200601/25/01601_2121.html
 大塚化学は24日、ノルウェーのボレガード工業(本社・サルプスバーグ)が所有する太倉ボレガード化工有限公司(BTC、中国江蘇省太倉市)を譲受したと発表した。買収額は明らかにしていない。18日付で中国当局から営業許可証が交付され、太倉大塚化学有限公司としてスタートした。譲渡対象はBTCの全持分権、殺虫剤カルボフランの製造に関するノウハウ、農薬登録など。太倉大塚化学有限公司の登録資本金は1000万ドル。売上高は6600元を見込む。(化学工業日報2006.01.25)

258 名前: ボケ−茄子 投稿日:2006/01/27(金) 02:29
この記事Borreguaardは去年の11月に発表していた。www.borreguaard.com 日本での発表を随分遅らせたんですネエ。

259 名前: uko 投稿日:2006/03/03(金) 13:09
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/gnews/news_pdf/20060302_2.pdf
誰もカキコしないので。

260 名前: YON 投稿日:2006/03/05(日) 20:28
記録の意味で。BASFの製品整理。

phorate →AMVAC 2005/11/2
http://www.agro.basf.com/p02/AP-Internet/en_GB/function/conversions:/publish/content/PressReleases_Folder/news_release_2005-11-01_en.pdf

imazamethabenz →Nufarm 2005/10/21
http://www.agro.basf.com/p02/AP-Internet/en_GB/function/conversions:/publish/content/PressReleases_Folder/05_10_06_BASF_Divests_Imazamethabenz_Herbicides.pdf

topramezone →AMVAC 2005/3/22
http://amvac-chemical.com/media/pdf/news_release/2005/032205.pdf

triforine →住友商事 2005/2/24 >>113-114
http://www.agro.basf.com/p02/AP-Internet/en_GB/function/conversions:/publish/content/PressReleases_Folder/2005-02-24.pdf

フェノキシ系除草剤 →Nufarm 2004/1/14
http://www.agro.basf.com/p02/AP-Internet/en_GB/function/conversions:/publish/content/PressReleases_Folder/news_release_2004-01-14_en.pdf

261 名前: おろおろし 投稿日:2006/03/11(土) 09:53
スレのタイトルから少しずれますが、お許しを…。

物流コストを削減するために、
メーカー毎の枠を超えた共同物流や、受注センターを検討する
意味はないのでしょうか?

それぞれ外部委託するなどして、「あいのり」出来るようにしている
ようにも思うのですが、その指にとまるところが少ないようで。

メーカー単位での受注センター方式は増えてきましたが、在庫圧縮の
余波で、在庫切れであわてることが増えてきているようにも思います。

今後、油の価格も高止まりすれば、運賃の値上がりも必至だと思います。

262 名前: あるく 投稿日:2006/03/12(日) 18:10
系統:JA全農 商系:全農薬 に音頭をとって欲しい所ですね。
実際メーカーにとってもロジの効率化は結構大きな課題だと思う
のですが、検討がすすんでいないと思います。
誰かがやるのを「じっと待つ」体質の業界ですから・・・
何とかしなくちゃなりませんね。

263 名前: ★たてき 投稿日:2006/03/12(日) 22:44
>>261
 非常に辛口で申し訳ないですが、メーカーにとっても物流の
共同化や再編はコストダウンの意味で大事なことです。
しかし、それを突き詰めていったときに卸さんはどうなるのでしょうか?

264 名前: とある販売店員 投稿日:2006/03/13(月) 09:07
物流と商流は違った形で維持されるのでないでしょうか。
農薬みたいなものがすべてカタログ販売できるとは思わないので。
というかカタログ販売でよければ私の働く場所がなくなりますので。
とほほ・・・。

265 名前: ★たてき 投稿日:2006/03/14(火) 23:48
 農薬は普及をしっかりやって販売すべきものなので、
しっかり対応しないと行けないのですが、長年使われていて
メーカーも販売店も普及の努力をしていないというか必要がない
農薬もあるかと思います。そういうものが利益が薄く、物量も多く
なんとかしたいと思うものなんじゃないかなと思うんですよね。

・・・・で、このあとにもツラツラとレスを書いたんですが、
今の私の立場を知っている人は知っているので、アップするのが怖くなって
消しました(笑)ここまでで打ち止めと言うことで。

266 名前: ★たてき 投稿日:2006/03/17(金) 00:58
最近、メーカーでは目立った再編がないですね。打ち止めか??
なんか淋しいなぁ

267 名前: とある販売店員 投稿日:2006/03/17(金) 15:26
まだなんかあってもよさそうですけどね。
ところで、卸さんの再編は進まないのでしょうかね。
医薬品業界は卸の方がメーカーさんより大きくなって
大手5社ぐらいで全国網羅しているみたいですが。
農薬業界も肥料業界も卸売業は昔からの老舗さんがやられていて、
新規参入もなければ、あまり淘汰もされてないような気がしますが。
いかがなもんでしょう。

268 名前: YON 投稿日:2006/03/20(月) 19:09
>>266 国内的にインパクトのあるやつは、ぱたっとなくなりましたね。

http://www.arystalifescience.com/default.asp?V_DOC_ID=1716 2006/3/17
アリスタライフサイエンスが、BASFからMicro Floの資産の大部分を買収。

Arysta Lifescience North AmericaとBASFは、BASFの子会社である
Micro Flo社の大部分の資産の買収について最終的な合意に達した、
と本日発表ました。この買収で、アリスタライフサイエンスは
北米における販売範囲を大きく広げ、USの作物保護分野における
戦略的拠点を得ます。現在規制当局の認可を申請中で、この取引は
2006年第1四半期に完了すると予想されます。 -略-

269 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/03/24(金) 08:14
どの業種でも卸はブラックボックスがないと存在出来なくなりました。
秘密兵器作戦です。メーカー段階や小売段階では解けない謎の部分を称してブラックボックスと申します。


270 名前: ★たてき 投稿日:2006/03/24(金) 08:17
 地元人脈ってことですか??

271 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/03/24(金) 21:26
はい。部落ボックスです。
私の居住区では普通に部落という名称を使用しております。
例えば○○部落公民館とか。


272 名前: あらら 投稿日:2006/04/04(火) 16:49
アリスタライフサイエンスからニチメンとトーメン出身者がどんどん辞めているそうですが、どうなっているのかご存知の方はいらっしゃいますか。
たしかこの会社今年中に上場するとか聞いてましたが、平成17年12月度決算公告では当期純「損失」が3,370百万円にもなっています。だいじょうぶ?

273 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/04/04(火) 18:07
まあ、どうでも良いじゃないですか。
それより某ジェネリックメーカーの昨年度業績
が発表されております。日本法人も若い社長が就任され
今後の動向が気になります。以下ご覧あれ.
http://www.main.co.il/main2003/


274 名前: 業界とんび 投稿日:2006/04/04(火) 18:09
上記の社長さんについては以下ご参照の程
http://www.jacom.or.jp/manh06/index_06.html

275 名前: ★たてき 投稿日:2006/04/04(火) 21:32
>>273
 私が今一番興味がある会社なんですよね。
ヘッドハンティングしてくれないかな(笑)
 ジェネリックメーカーではもう一つイサグロって言う会社がありますが
日本には進出してないみたいですね。その際はヨロシク(ってなにを(^_^;))
 世界的な潮流から言えば日本においてもジェネリックが伸びるのは
必定でしょう。

276 名前: ★たてき 投稿日:2006/04/04(火) 21:33
>>272
 損失はM&Aに対する投資によるものですから心配しなくて良いんじゃないですか。
上場した後にどうなるかの方が心配ですけど。

277 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/04/05(水) 08:00
一度、山本新社長を囲む会でも企画しますか。

278 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2006/04/05(水) 09:46
漏れとタメだあぁ・・・。

279 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/04/05(水) 11:29
俺とためどころか零細より14歳年下でございます。
14歳年下でも年収は14倍だったりして。

280 名前: ★たてき 投稿日:2006/04/06(木) 00:08
>>277 そんなこと可能なんですか!?

>>279 ということは14億円ぐらいですか?

281 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/04/06(木) 10:15
囲む会は可能でしょう。給料の話は、まあ冗談ですけど。でも国内メーカーさんとは異質の年俸だとは推測出来ます。
2月の吉日に関係各位を招待しての社長交代お披露目パーティーがあったと某方から報告がありました。私は零細なのでご招待リストからは漏れましたが。¥(^も^)/



282 名前: 名無しさん 投稿日:2006/04/26(水) 17:20
業界再編関係の話題があまりないような気がしますが、
株価の乱高下は何かの前兆でしょうか?

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=4997.t&d=c&k=c3&t=1y&l=off&a=v&z=m&h=on&q=c&p=m65,m130,s

敵対的買収による再編でもあるのでしょうか?

283 名前: ★たてき 投稿日:2006/04/26(水) 23:08
日本農薬が急騰、2006年3月中間期の単体経常利益予想を上方修正

【4月26日 11:49 テクノバーン】日本農薬 <4997> が一時、前日比50円高(11.85%)の472円まで上昇して、前引け時点の東証1部値上がり率ランキングでも3位となる大幅高となっている。

2006年3月中間期の単体経常利益予想を従来見通しの11億円から17億円へと大きく上方修正したことが手がかりとなっている。
(テクノバーン) - 4月26日21時31分更新

284 名前: 零細農薬卸 投稿日:2006/04/27(木) 08:25
まことに御同慶の至りでございます。でも昔の株価をご存知の方にとっては
まだまだ厳しいものがございます。


285 名前: 名無しさん 投稿日:2006/04/28(金) 07:01
かつてから行方の気になっている某社を買う噂も聞こえてきていますが…

286 名前: gujie 投稿日:2006/05/06(土) 17:55
>>285
今の時期に、規模が大きくなる
メリットあり?
相乗効果がでる品目構成?

287 名前: ★たてき 投稿日:2006/05/07(日) 23:42
>>286
 合体すると売り上げが増えます。リストラすれば経費が減ります。
つまり利益が増えます。一番のメリットはこれでしょうね。
従業員一人当たりの売上・利益の向上。研究開発費を増やしつつ、
対売り上げ割合は減らす、、、このあたりがメリットです。
ただし、そのメリットは主に株主および経営者のメリットでしょうけど。

288 名前: YON 投稿日:2006/05/24(水) 23:15
日本農薬がフランスのPhilagroに出資
http://www.nichino.co.jp/info/pdf/20060524p.pdf

289 名前: ★たてき 投稿日:2006/05/24(水) 23:21
>>288
 ほぉ・・・・しらんかった(^_^;)
まぁ、がんばってください、って感じですかね。


農薬ネットへ戻る