■掲示板に戻る■

農薬業界再編

1 名前: 百壱式 投稿日:2001/05/20(日) 22:56
はじめまして。
最近、外資を中心として農薬業界の再編が進んでるようですが
この業界、どうなるんでしょうねぇ〜(タケダとか)

2 名前: まぁ。 投稿日:2001/05/21(月) 23:50
ほんとに気になりますね。
外資系は巨大化する一方で、国内メーカーは取り残されている感じがしますね。
国内原体は、住友と三井が合併するけど、あと表面にでてきている話はなさそうですね。
国内で、少ない牌を争っているより合併して外人軍団に対抗してもらいたいものですね。

3 名前: HUMI 投稿日:2001/05/27(日) 00:54
いやいや国内メ−カもがんばっていますよ。

少ない投資でユニ−クな商品も開発中です。

大手でなくてもがんばっているところもありますし、特に菌関係が発売されれば、世界的に注目されるでしょうね?。

4 名前: たてき 投稿日:2001/05/27(日) 01:37
まぁ、私は参加できないスレですが(^_^;)
日本の会社がこのまま生き残れるとは思えないですよね。それぐらいしかいえない・・・

5 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/05/29(火) 19:13
この業界に再び、あのビッグネーム「イーゲーファルベン」が形を変えて復活の兆しがあります。6月には発表になると思います。

6 名前: たてき 投稿日:2001/05/30(水) 12:15
「イーゲーファルベン」とはなんでしょうか?

7 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/05/31(木) 11:37
あれれ、センセご存知ありませんでした?イーゲーファルベンとは第二次世界大戦後に財閥解体にあったドイツの連合化学会社です。財閥解体後にBASF

8 名前: たてき 投稿日:2001/05/31(木) 12:04
 そういえば先週のヤフーにACCがまた売りに出されるとかあったような気がしますけど、
この話(BASF)と連動してるのかな?
 しっかし、くっつけばいいってもんでもないような気がするんですけどね・・・

9 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/05/31(木) 17:40
そんな話をしている内に塩野義がアヴェンティスに買われちゃいました。今日の話です。

10 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/05/31(木) 17:45
外資系以外のメーカーサイドの人間でこのコーナーをご覧になっている方は、今日からジオスかイーオンに通うことをお勧め致します。外資系には英語は必須科目と言うよりサバイバルの最低条件ですから。

11 名前: たてき 投稿日:2001/06/01(金) 23:24
 シオノギのこと私も今日聞きました。
 塩野義の農薬も逝ってしまいましたね(^_^;)名門だったのに・・・

 おとなり韓国では主な農薬会社は全部外資に食われたらしいですね。

 あたしも英会話教室を予約しよ♪

12 名前: さり 投稿日:2001/06/03(日) 13:05
初カキコ。
そいえば5月25日くらいには、住友化学がアヴェンティスの家庭防疫薬部門を買収!という発表がありましたね(住友化学のHP参照)。

それから、零細農薬卸売業者さんの10の発言で、私は該当者(外資以外のメーカの人間)で、かつNOVAに通っています。ジオスかイーオンですか。NOVAはダメ? まあ、英会話スクールに関する激論(中傷?)はあっちこっちのHPであるのでここではやめますか。

13 名前: たてき 投稿日:2001/06/03(日) 23:38
 カキコありがとうございます。もしや、3月ぐらいに某所で会った人かな?

 なんか業界内で英会話スクールが大流行のきざしですね。
私の場合、ドイツ語もやっといた方が良いかな(笑)

 もう、どことどこがくっついてなんという名前になったか追っかけきれないですよ。
どっかにまとめとかなあきませんね。ページ立ち上げっよかな。

14 名前: やま 投稿日:2001/06/04(月) 17:10
ども、初カキコです。

さりさん、私は外資系メーカーですがNOVAに通ってます。
全然OKですよ。
それから「就職関係の話題はこちらへ」の中で地方訛りの話題がありましたが、英語にも当然あるんでさらに大変ですよ。
ドイツ訛り、フランス訛り・・・・難しいなぁ。

15 名前: たてき 投稿日:2001/06/05(火) 20:36
 やまさん外資系ですか・・・なんか噂によると人使いが荒いとも聞きますが、
どうなんでしょうか?私も外資系興味あるんですが(^_^;)怖くて行けません(^_^;)

16 名前: マールブルグ 投稿日:2001/06/07(木) 07:26
地中海で取れた大きなマグロがドイツ人の胃袋へ今月末入るでしょう。
すでに一部切り身で売られてしまって身の一部が無いけれど。

17 名前: やま 投稿日:2001/06/07(木) 17:53
人使いが荒いか・・・うーーん、どうだろう。
僕の持ってる外資のイメージは「馬の鼻先にニンジンぶら下げて走らせる」
って感じですかね。ニンジンが欲しくてみんな一生懸命走りますわな。
でもそれは走ってるんだけど、走らされてるとも言える。走らされる=使われる。
あっ、やっぱり人使いが荒いみたいです。
でもそれなりに見返りもあるので、自分の仕事っぷりに自信のある方には
オススメします。

18 名前: たてき 投稿日:2001/06/09(土) 00:14
 う〜む、あたしは自分の仕事ぶりに自信がもてないから外資はやめておこう(^_^;)
ぬるま湯体質に慣れちゃたかな(^_^;)

19 名前: さり 投稿日:2001/06/10(日) 09:37
いえ、たてきさんとはまだお会いしたことないです。<発言13へのレス
3月? 農薬学会のことかな・・・。私は行きませんでした。

マールブルグさんの隠語は何を意味しているんでしょうね。ドイツの会社といってもいろいろありますけど。まあ、今月末を楽しみに(?)します。

ドイツの会社といえば、BASFアグロの研究員(日本人)と先日話す機会がありました。日本の研究所における実験内容や予算が細かくドイツの本体で管理されているとのこと。大変そう。私も外資は避けたいです。探索研究をやっていると、自分の仕事っぷりになかなか自信が持てませんね。あたるもハッケ、あたらぬもハッケってところがありますから。

20 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/06/11(月) 09:08

さりさんへ。ノバでも何処でも良いと思います。もっと安く英会話を学ぶ方法が田舎ではあります。それは全国の中学校、高校に文部省(今は科学が付いていますね)から、あるいは都道府県市町村が独自で招聘しているALT(アシスタントラングエッジティーチャー=外国語指導助手)という存在があります。彼等と仲良くなると著しく早く外国語が習得出来ます。その代わり温泉に連れて行ったり、つぼ八や、むらさき、白木屋といった極安居酒屋で奢ったりしてます。それでプライベートレッスンが無限大に出来ますので費用対効果は莫大です。私は零細農薬卸業者ですが、ここ5年くらい英語が同業他社には話せる方が殆ど居ないので、外資トップの訪問を受ける機会が増えております。今年もはや四名の外資トップの訪問を受けました。その度に国旗を掲げ、美味しい食事を共にして楽しくやっております。零細農薬卸業者にも来て下さるのは英語(といったても、そんなに上手ではありませんが)、特にオーラルコミュニケーション能力をALTの友人達の御蔭と感謝しております。

21 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/06/11(月) 09:16
前項最後の行、「特にオーラルコミュニケーション能力を高めるのに貢献してくれたALTの、、、」に置き換えて下さい。そうでないと英語を勉強する前に日本語を勉強しなければ、、、という話になっちゃいます。どうも見ただけ、聞いただけで外国語が習得できると誤解している方が多いと思います。文献を読んだりして研究に役立てるというならOKでしょうがオーラルコミュニケーション能力向上にはつながりません。音読し耳から入って初めて向上につながると思います、

22 名前: さり 投稿日:2001/06/12(火) 00:24
なるほどALTですか。私が中高生のときも英語を教えてもらいましたね(授業で)。今となってはどうやって知り合いになってよいものやらわかりませんね。自分の子供が世話になっていたりすれば「どうもお世話んなってます」って感じで切り込んでいけるのでしょうけど、あいにく私は独身ですしね。

まあ、要するにネイティブの友人を作るということなら、ALTでなくてもいいのでは(田舎においてはネイティブはALTくらいしかいない、ということ?)。そこそこの都会ならALT以外にも、英会話学校の先生と個人的に仲良くなるとか・・・。安いクラブ(踊るところ)の中には英語を母国語とする人々であふれているところもあるのでそういうところに行くとか。

ところで、「同業者間で英語ができるのがまれ」ってのはかなりのビジネスチャンスのようですね。いっぽう、メーカの中では、合併買収(M&A)を抜きにしても、英語はできて当然という風潮があります(私の会社だけかな・・)。そこそこ名の知れたメーカなら、例えば研究部門の課長クラス(あるいはそれ以下でも)は仕事における英語は不自由なくつかえるのが当然なので(海外向けのビジネスをしてる会社だけかも:他メーカさんのご意見求む)、「英語(会話)は必須」という意識はM&Aを待つまでもなく私は持っているのですが。

23 名前: さり 投稿日:2001/06/12(火) 01:06
つまり、零細農薬卸業者さんの「非外資メーカの人間は英会話を学びましょう」論にはまったくもって同感なのですが、「英語は当然できることが要求されるので、それ以外にどういう能力を身につければいいだろう」という意識がすでにあります。もっとも私は英会話能力自体かなりたいしたことないので勉強中ですが、語学能力にしても英語だけではダメだと思っている、ということです。

このところ考えているのは(考えているだけ)、フランス語、ドイツ語、(またはスペイン語)のどれかを学びたいってことですね。巨大外資はフランス語圏、ドイツ語圏にまたがっているのが結構ありますし。また、欧州市場を対象に農薬を開発するにしても、英語だけでは限界を感じることがよくあります。欧州最大の農薬市場フランス、欧州全域(東欧含む)を平均すれば最もよく通じる(と何かで読んだ)ドイツ語。欧州は北米とは作目がかなり異なりますので、北米の農薬科学の文献はあまり参考にならないことも多いです。そんなわけでフランス語、ドイツ語の文献にひーこら言ってます(欧州の農業においてはイギリスの存在感はあまり大きくないんですね)。

釈迦に説法しちゃってたらごめんなさい。

24 名前: たてき 投稿日:2001/06/12(火) 12:06
 なんと!英語は出来て当たり前でそれ以外になにが出来るかというところまで
さりさんは行き着いてるってことですか。

 私の場合は、英語は一人で海外旅行に行って帰ってくることが出来る程度。
ドイツ語、フランス語は聞けばおそらくこれはドイツ語だろうと思う程度(^_^;)
私はすでに置き去りにされるのが決定的ですね。こりゃ、こまった。業界からアシ洗うか・・・

25 名前: さり 投稿日:2001/06/12(火) 12:58
いやいや、誤解しないで下さいね。私も英語自体かなり不自由してまして、たてきさんと同等以下くらいかと。
ただ、回りを見渡して思うに、「英会話能力をそなえても、特に特長にならない」という危機感があるということです。

26 名前: ラッサ 投稿日:2001/06/12(火) 22:10
語学ができるのは基本でビジネスの嗅覚が優れているかどうかが問われる時です。
語学ができてもビジネスが作れなければ唯の人。さりさんの言うとおりです。
たとえ語学ができなくてもコンスタントの年間10億円稼ぐ人間には通訳を付けでも企業は採用しますよ。
でも、そう言う人は言葉もしゃべれるけど。

27 名前: たてき 投稿日:2001/06/12(火) 23:55
 う〜〜む、もともとがぬるま湯体質の農薬業界。そこに一気に外資の洗礼となれば
落伍者多数ですね(-_-;) まぁ、ようやく他の業種並になったともいえるのかもしれませんが、
一方でもっともべたべたな田舎のじいちゃんを相手にしながら、片方ではフランス語を仕入れる必要もある
となればかなりの負担です。その割には業績や給与はしょぼいし。

28 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/06/13(水) 17:22
ははははははダンダン面白くなってきました。英語は出来て当然です。はい。しかし無理にフランス語やドイツ語に走らなくても良いと思います。フランスの農家に直接笑顔で、自社製品をPRしたりドイツに行って農家の生の声をビールでもやりながら語り合うのなら挑戦し勉強していて損はないと思います。しかし研究者同士で話したり、話をするなら英語だけでOKです。たとえばBASFは元々ドイツの会社ですが、今は本社もアメリカにあって社内公用語は英語です。他業界ですが今、フランスの自動車会社プジョーでも英語教育に20億円程投資しています。日産自動車は1.5億円だそうですが、、ちなみに。バイエル、アベンティスCS、幹部の皆さんとお話する機会は零細にもかかわらずありますが、誰もフランス語もドイツ語も使わず(都合の悪いことを話すときのみ使う傾向あり、、、洒落になってない)全て英語です。要は英語プラス、スポーツ、音楽、料理等、何でもいいからワールドワイドの共通話題についていけるだけの知識と語彙、表現力があれば私の場合は(というより皆さんも)商売=「良い人間関係の構築」につながると思います。

29 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/06/13(水) 17:26
そうそうもう一つ、ネイティブの友人から英語を学ぶコツですが、出来るだけたくさんの人と付き合うことです。ホント友人となると言語を超越して理解出来るようになり、その事で英語が身に付いたと誤解してしまうことが多いのです。誰と話しても、というより電話で話せるようになったら本物です。

30 名前: さり 投稿日:2001/06/13(水) 22:36
 ええと。独仏語の勉強の必要性を感じている第一の要因は、独仏語の文献(農薬使用方法のハンドブックなど)を解読する必要があるからなんです。私も独仏のユーザ様と会話をする必要性はあまり感じてません。
 もっとも、独仏系の外資に買われちゃったとすれば、たとえ独仏ユーザと会話する場面がなくとも、独仏会話ができて損はないかなとも思います(秘密の会話も聞けますしね(笑))。実際のとこ、例えば、ローヌプーラン(Aventisだけど)のフランスの研究所で、英語会話人口は100%はいかないだろうと想像したりします(案外少ないかも)。実際私のいる研究所で英語ができる(ことが要求される)のは、Researcher、Research Assistant、派遣社員、パートタイマーのうち、Researcherだけですからね。そのフランスの研究所が親会社の研究所になっちゃったとしたら、日本からそこに転勤や長期出張とかで勤務するには、向こうの非英会話人口ともコミュニケーションできることが要求されるのでは…と。もちろん、仏語ができなくても、フランス勤務がなくなるだけのことで特に問題ないのでしょうけど、自由度はぜんぜん違うなと。日本で卸をやる業者さんの立場では独仏語能力を身につけるコストにベネフィットは追いつきにくいでしょうが、研究者にはそれなりのベネフィットがあるのではと思います(独仏外資に買われるとしたときの話)。
 いっそのことDuPontとかMonsantoとかに買われたらこんなことを考えなくてもいいのに…。と、ここまで書いて、うちは外資にとって購買欲をそそるほどの会社なのだろうかと不安になってきました。

31 名前: さり 投稿日:2001/06/14(木) 00:49
英語を学ぶコツは、なるほど参考になりますね。よく似た話をひとつ。英会話学校の講師陣は日本人のひどい発音になれてしまっていて、自分の英語は通じると思ってた日本人が海外行って現地人に英語で話しかけたところ、「え?今、英語しゃべったの? 日本語しゃべったのかと思った」って言われた話(実話:相手は米国南部の黒人農夫だったそうです)。日本人観光客があふれているところならこんなことはないらしいですけど。そういえばトルシエ監督の英語ってフランス語に聞こえますね。

32 名前: さり 投稿日:2001/07/07(土) 23:54
ちょっと古くなったスレですがageます。「IG(イーゲー)復活の兆」、「地中海のマグロがドイツ人の胃袋へ」との噂でしたが、結局正式な発表ってあったんでしょうか。もう7月ですが。私が最近聞いた噂では、フランスの会社(の農薬部門)がドイツの会社(複数)に「切り売り」されるということでした。塩野義はどうなるんだろう。

33 名前: たてき 投稿日:2001/07/08(日) 12:58
"http://biznews.biglobe.ne.jp/news/world2.html

 まぁ切り売りされることは発表されていますが売り先はまだ決定していないようです。 "

34 名前: たてき 投稿日:2001/07/08(日) 13:05
 アベンティスがBASFかバイエルに行くとして日本に縁の深い殺虫剤であるプリンスが
そうなるのか興味あるところです。

35 名前: TJ 投稿日:2001/07/09(月) 22:50
初めて投稿します。M&Aの話に花が咲いていますが、何か傍観者的な意見が多いよう
です。私は日本の状況を非常に深刻に受け止めています。外資の寡占化は、導入品
の製剤化を主に行っている日本の製剤メーカーにとって導入先が限定されることを
意味します。新規成分の開発も前途多難です。R&Hのようにユニークな品物を出して
きた企業でもダウに買収されてしまいました。日本の農薬企業が生き残る方策は果た
してあるのでしょうか?創薬の共同研究か、又は新規関連分野への進出しかないよう
に思えるのですが。

36 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/07/10(火) 17:28
昨日はNBAの60周年記念パーティーに行ってきました。真にご同慶の至りでございました。今朝は晴海方面のトリトンにシンジェンタを訪問してきました。農薬会社というより科学特捜隊みたいですね。業界再編成はまず川上から。川下はどうなるんでしょうね。水が流れてくると思っていたら川上は自分専用の運河を創り水が流れてこなかったりして。「水はいつでも必ず川上から流れてくるもの」という認識で井戸を掘ることを忘れていたのかもしれませんね。零細としては水溜りの泥水でもすするしかない状況になるのかもしれませんね。その前は洪水の様に水が流れてきて皆アップアップしていたんですがね。21世紀になったら本当にあっという間に変わっちゃいましたね。巨大外資軍団 対 日の丸軍団、、、べトコンの戦術を学ぶのが良いと思います。クチのトンネルですね。ひゃ〜!!

37 名前: ラッサ 投稿日:2001/07/10(火) 21:08
日本メーカーの経営者は何をしているのでしょうかね。
将来に見こみのないビジネスならば会社の資産が十分あるうちに会社を解散して
株主に金を返せと言いたいですね。特に数年前までトップだった某社は無借金で
財務内容が非常に良い会社なので今の株価は実力を現していないようです。(将来性が
暗いから株が安いのは当然だが)速く手を打たないと会社の資産がどんどん減って
行ってしまいますよ。

38 名前: たてき 投稿日:2001/07/13(金) 00:32
">>35

 日本の農薬専業メーカーが生き残れるか?これは当分は生き残れると思います。
理由は全農があることと財務体質がよい(=貯金がある)という点です。
 しかし、そんなものはすぐに食いつぶしてしまうかもしれませんから長い目で見れば
生き残れないかでしょうね。

 やはり日本の農薬メーカーで大同団結して「新日本農薬」とかいう会社でも出来て欲しいですね。
私も日本のメーカーに勤めているので外資に負けてたまるかという意気込みはあります。
それに製薬会社や総合化学会社や商社などとは違って、農薬だけで食っていくことに難しさと
プライドを感じます。なんとか、日本に農薬専業メーカーが残って欲しいですね。 "

39 名前: HUMI 投稿日:2001/07/14(土) 01:21
生きのこるには原体(中間生産物)からの生産が要求されます。

ただ単に混ぜ合わせていくらは無いでしょう?。

さらに、全農が安心はかなりあやしいと思います、下部の合併推進はアブナイのでやっているのが事実です。

40 名前: たぬき 投稿日:2001/07/14(土) 10:07
どんどん外資が巨大化、直販に移行していますが、
農家への技術的なサポートはどうなるんですかね?

41 名前: TJ 投稿日:2001/07/14(土) 23:11
7月10日付きのCNNニュースによると、バイエルがアベンテイス(以下A社)
を買収すべくA社及び大株主のシェーリングと本格的な交渉を始めたそう
です。買収額は60〜80億ユーロ(約6400〜8600億円)で、A社が抱えて
いるスターリンクコーン訴訟の結果によっては、300億円程度の変動があ
り得るとのこと。2002年中には最終合意に漕ぎ着けたいとしています。
A社は現在、120カ国に15@`300人の従業員を擁し、2000年度売上げは40億
ユーロ、一方バイエルは25億ユーロなので買収が成立すると、年商約7000
億円の巨大企業が誕生することになります。当然のことながら、両社合併
後のリストラにより多くの拠点が整理統合されるでしょう。

このような巨大再編劇は、日本の農薬市場にも大きなインパクトを与え
るのは必至です。日本企業の経営陣は、どのような対応策を考えている
のでしょうか?

42 名前: たてき 投稿日:2001/07/14(土) 23:42
 バイエルがアベンティスと交渉中というニュースは私もおとといインターネットで見ました。
バイエルとアベンティスは外資の中でも日本と縁の深い会社ですからね。影響は非常に大きいでしょうね。
 特に水稲殺虫剤はバイエルがアドマイヤーで、アベンティスがプリンスですからね。
これがくっついちゃって独占されるようなことになれば、水稲農薬への影響は特大ですね。

 なんとなく私の予感ですが、日本の農薬専業メーカーはまだ特段動きはないわけですが、
バイエルがキーを握っているような気がしてきましたね。日本バイエルアグロケムだけで
バイエルは満足しますかね・・・

43 名前: HA 投稿日:2001/07/14(土) 23:46
初めて書き込みします。最近の業界の動きは特に加速度を増しているような
状態ですね。6月になって、アベンティスとシオノギ、ダウとRHの合併。そして
バイエルとアベンティス。やはり日本の農薬メーカーが生き残るのは自社原体
(もちろん世界で通用する)をいくつ持っているのかがキーポイントでは
ないでしょうか?前の書き込みに全農の話がでていましたけど、もう全農とメーカー
の時代は終息に向かっているような気がします。・・・・また書き込みします。

44 名前: おろおろし 投稿日:2001/07/16(月) 11:52
久々に失礼します。
業界再編に関して言えば、外資・国内メーカー問わず、どんなビジョンを持って「農薬ビジネス」に
取り組んでいるかということだと思います。
自社開発の製品にいかに付加価値をつけ、消費者(農家)に提供するか、そしてその時の販売チャンネル
をどうするか・・・。
川下から見ていると、どうも自信のないメーカーと自信過剰なメーカーとに分類されるようです。そう
言った意味では、外資は一般的には、自信満々のように見えますが、実態はどうなんでしょう。
カラ元気のようにも見えます。
どうなろうと「おろおろ」しつつも、得意先・顧客の支持をどのように持続的に得るか、基本はメーカー
も流通も一緒だと思います。

45 名前: バイジェンタダモンポン 投稿日:2001/07/16(月) 18:52
初めましてバイジェンタダモンポンです。
おろおろしさんの言うとおり表面上は外資系は強気に見えますが実際のところこの十年の売上金額は軒並み減少しているのが現実です。
ウッドマッケンジー社のデータを見るとまさに総て右肩下がりのストップ安状態になっています。
世界的に農薬の商売自体相当な曲がり角に来ているのではないでしょうか。皆さんのご意見は如何ですか。

46 名前: TJ 投稿日:2001/07/16(月) 22:47
農薬市場が世界的に伸び悩み傾向にあるのは事実です。それ故に、世界のビッグ
企業は吸収と合併を繰り返して研究開発の効率アップを狙っているのだと思いま
す。バイエルのアベンテイス買収が成功すると年商は約7000億円で、研究開発費
は数百億円になるでしょう。これは日本の全農薬企業が束になっても追いつけな
い数字です。HAさんがいわれる通り、独創的な新製品があれば生き残りは可能で
す。しかし、1社でそれを行うのは困難です。そこで、2

47 名前: たてき 投稿日:2001/07/17(火) 17:46
 全農経済連の取り扱いは年々下がっていますが、これがゼロになることあるんでしょうか?
今4割ぐらいとして、これが半減しても系統の農薬メーカーはなんとかなりそうな気もしますが・・・

 それとも自社原体を製剤メーカーに渡さない動きが高まって、自社原体のないところは
切り捨てられるんでしょうか。そうなれば系統は非常に苦しいですよね。

 日本で商売しようと思ったら水稲用除草剤とイモチ剤の日本向け原体を持ってる
メーカーじゃないとダメだから、核になれる企業は限られていますよね。

 バイエル+アベンティスでも水稲除草剤が弱いのが痛いかな?って
思ったりしますが・・・・エトキシスルフロン+NBA061とかメフェナ?

48 名前: HA 投稿日:2001/07/19(木) 00:56
全農の売上が0になる事はないでしょう。意思がうまく伝わらずに失礼しました。
しかし、約3400億〜3600億(多く見積もって)の市場の2割を系統組織が
取るとして、はたして系統メーカーは生き残れるでしょうか?更に系統メーカー
は製剤メーカーが多いので、原体の引き上げを外資が決めたらそれだけで会社
存続に危機になろうかと思います。・・・・・非常に危機感を持っています。
意見の相違が色々あろうかと思いますが、実際現場で営業をしている身からすると
原体メーカーの台頭が著しいのを感じます。自社原体として必要なのは水稲剤ではなく
園芸剤のような気もします。水稲関連の薬剤の使用に関しては日本、アジアに限られますし
世界に原体輸出するにはやはり、園芸、畑作剤のような感じがしますが・・・・?

49 名前: TJ 投稿日:2001/07/22(日) 23:05
バイエル、アベンテイス両社が一緒になった場合、殺菌剤はいもち剤、うどんこ
病剤、アゾール系など、殺虫剤はネオニコチノイド系、フィプロニル系、合ピレ
剤など、除草剤はテトラゾリノン系、SU剤などが揃い、商品構成面では補完的で
よい組み合わせと思います。また、バイエルにとっては、今まで手薄だったGM
事業を手に入れることができます。スターリンクの後始末はありますが。
日本のメーカーは何をターゲットにすべきか、次回に意見を述べたいと思います。

50 名前: yn-nak 投稿日:2001/07/26(木) 22:02
私の場合、農業2年生なのですが、親父の買った旧社名の農薬等があります。
名前の通ったものならいいんですが、そうでない場合、社名が変わってると調べるのも結構厄介なんです。
そこで、業界関係の方で、負担にならない方に最近の農薬会社の吸収・合併等による社名の変遷なんかをレポートしていただくと非常に助かるんですが。
ちょっと甘いですか?

51 名前: まぁ。 投稿日:2001/07/27(金) 00:50
ノバルティス+ゼネカ→シンジェンタ
アグレボ+ローヌプーラン→アベンティス
BASF+ACC(日本サイアナミッド)→BASF

最近ではこんな所かな?

52 名前: TJ 投稿日:2001/07/27(金) 09:33
補足しますと、
アボット ラボラトリーズ(生物農薬)→住友化学(2000年)
アグロス→住友化学(2001年) 
ローム&ハース(農薬)→ダウアグロ(2001年) 
シオノギ(農薬)→アベンテイス(2001年)
トーメン+ニチメン→アリスタ・ライフサイエンス(2001年)
サーモトリロジー(生物農薬)→三井物産(2001年)
三井化学+住友化学(2004年)

53 名前: たてき 投稿日:2001/07/27(金) 09:40
 今週末に農薬会社の変遷をまとめてHPに公開します。
しばし、おまちを。

54 名前: yn-nak 投稿日:2001/07/27(金) 12:57
まぁさん、TJさん、たてきさんありがとうございます。
私の理解を超えた合従連衡が行われているようですね。
たてきさんの件は、楽しみにお待ちしています。

55 名前: たてき 投稿日:2001/07/30(月) 09:01
"http://nouyaku.net/tishiki/SIRYOU/kaisya.html

とりあえず農薬企業の動向を書いたHPを作ってみました。
未完成部分がありますのでおいおい足していきます。

また、国内農薬メーカーの売り上げ最新データ(2000年)をお持ちの方、
データを教えてください。 "

56 名前: やま 投稿日:2001/07/30(月) 11:54
>55
表の一番下、トモノアグリカはアベンティスではなく、シンジェンタの子会社です。

57 名前: たてき 投稿日:2001/07/30(月) 12:03
 そうですね。すいません。さっそく変更しときました。
他にも色々間違いがありそうな・・・・

58 名前: SN 投稿日:2001/07/30(月) 19:38
たてきさん、新企画の「農薬企業の動向」みせていただきました。
3と4、よくまとまっていて見やすいですね。
ただ、4で 三井と三菱を少し混同されているところがあるのが気になりました。

59 名前: たてき 投稿日:2001/07/31(火) 00:43
 修正しました。ビール飲みながら作ったHPはやっぱりボケまくり(^_^;)

60 名前: たてき 投稿日:2001/07/31(火) 00:46
 あと、国内の農薬売り上げランキング(2000年版)が欲しいのですが、
見つかりません。ぜひ資料をご提供いただければと思います。
 メールだとありがたいです。

61 名前: テスト 投稿日:2001/08/02(木) 17:26
テスト

62 名前: HA 投稿日:2001/08/05(日) 10:30
三菱化学は再編ではなく化学と油化の合併ですよね。

63 名前: HA 投稿日:2001/08/05(日) 10:31
日本曹達は化学品は切り離してないと思います。

64 名前: HA 投稿日:2001/08/05(日) 10:32
BASF+ACC・・・BASFアグロですよね

65 名前: たてき 投稿日:2001/08/05(日) 17:42
別の方からメールもいただきました。不完全だなぁ、情けない。
またまた大幅になおしました。完成はいつのことやら(^_^;)

ニッソーが化学品を切り離すというの違うのでしょうか?新聞で見たような・・・

66 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/08/08(水) 18:27
まあ、あんまり急がんと。どおせ外資の話しやし。それより酒でも飲みましょ。

67 名前: たてき 投稿日:2001/08/09(木) 12:10
いや〜〜すいません。ついムキになってしまって。
焼き肉ビールでちょっと一息つくことにします。

68 名前: たてき 投稿日:2001/10/13(土) 23:59
え〜と、バイエルがアベンティスを買収することが決まったんですよね。
世界一大きな農薬会社の誕生でしょうか?

69 名前: 名無しです 投稿日:2001/10/14(日) 19:32
どうやらバイエルによる買収が行なわれるようです。
またまた大きな農薬会社が誕生することで、水稲の箱処理殺虫剤(プリンス・アドマイヤー・バリアード)の原体を外資系に好き勝手放題にされてしまう可能性が生じてきたと思います。
国内の農薬メーカーはますます厳しくなってくるように思う今日この頃です。

70 名前: TJ 投稿日:2001/10/14(日) 22:57
買収が本決まりになったようですね。バイエルは、コレステロール低下剤
バイコールが副作用問題で市場撤退を余儀なくされ、体制の建て直しを早
める必要が出てきたようです。以前も書きましたが、この合併によりバイ
エルは殺虫剤と除草剤、及びバイオ部門を大幅に強化することができます。
バイエルにとっては、「お買い得」に見えます。国内でも、外資系の寡占
化がすすむと、農薬メーカーも再編を含めてそれなりの対応を迫られるの
は必至です。今回の買収で非常に気になることは、両社合わせてかなりの
規模のリストラが避けられないであろうということです。

71 名前: たてき 投稿日:2001/10/25(木) 23:31
 え〜と、これは予定通りですが、10/1に旧ニチメンと旧トーメンの合弁が
進んで「アリスタ ライフサイエンス」ができました。一応、かいときます。

72 名前: KAZU 投稿日:2001/10/29(月) 12:10
農薬業界再編の話で持ちきりですが、流通を含めて同じ農薬業界にいる者として大変身につまされる話ですね。ただ、この問題、単にメーカーの方が路頭に迷う話ばかりでなく、農薬を使用する農家にも長期的には負の影響が出てくる可能性があります。すなわち、日本の農薬が外資系へ過度に傾斜すると、日本特有ともいえる「いもち剤」や「水稲除草剤」等に対する開発意欲が削がれる可能性はないのかということです。

というのも、食糧庁が24日に米の計画流通制度の廃止を謳い、14年度以降の米政策の不透明さがさらに加速する気配です。そのため生産現場でも、減反制度の維持が可能か、価格保障はどうなるのか。大きな問題になりそうです。

将来的に言えば、水稲農薬の大きな伸びは考えられない以上、外資の開発予算が水稲に振り向けられにくくなるように思われるのですが、いかがですか。

73 名前: TJ 投稿日:2001/10/29(月) 21:36
日本の農薬企業は、水稲対象だけでなく、新農薬全体の開発意欲がそがれる
ことになるかもしれません。研究開発費で外資にとうてい太刀打ちできない
からです。一方、外資にとっては、水稲農薬は有力なターゲットの一つであ
ることは変わりないので今後も新規いもち剤や除草剤を開発してくるでしょ
う。このままでは、日本企業は韓国や中国のメーカーにも追い付かれるかも
知れません。

日本メーカーの対応策は、共同で新農薬開発を行うこと、病虫害・雑草診断、
製剤開発、防除業への進出、周辺分野の開拓などが考えられます。

74 名前: 自由競争志願 投稿日:2001/10/30(火) 21:11
外資メーカーの積極参入により、日本の農薬市場は「ボーダーレス化」しており、今後この情勢に歯止めをかけるのは困難と思われます。
プライス・リーダーとして全農が君臨している以上、更なる「ボーダーレス化」という事態に日本の農薬メーカーだけでなく、日本の農家の競争力というものも世界市場の中で衰退していくと思われます。
「ボーダーレス化」という波への対応としては行政によるてこ入れで、プライス・リーダーという現在の全農のあり方を変えていかなくてはならないと思います。
完全な自由競争市場を目指すことが、「ボーダーレス化」への対応策と思うし、この実現こそが行政の使命であると思います。

75 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/11/05(月) 14:06
厳しい厳しいと言い続けて早何年たちますやろ。先日、業界の会議パーティーがありましたが帝国ホテル、フォーシーズンズ、川奈ホテル等など、とても厳しい業界とは思えない一流ホテルばっかりで、、、、。本当は厳しくなかったりして。

76 名前: KAZU 投稿日:2001/11/05(月) 19:09
川上の農薬業界の再編にともない、川下の流通面でも、メーカー→全農→(経済連)→単協と、メーカー→卸→小売という2つの流れに対して新たな地殻変動が起きるのでしょうか。上流で大雨が降ると、流木や濁流が川下に押し寄せてきます。
昨今の巨大ホームセンターの台頭で、今後は、メーカー→小売といったことも起こり得ますよね。また、卸も医薬のように、農薬の広域巨大卸が登場するのでしょうか。祭りは終わったのかもしれません。(とっくに終わっていたという話もありますが・・・) 20兆の売上高を誇る世界最大の小売業のウォルマート社ではありませんが、「Changing Company」のみが生き残れるのかもしれませんね。いずれにしろ気になるところです。

77 名前: たてき 投稿日:2001/11/06(火) 21:02
">>75
 大物農薬卸売業者にはそれにふさわしい場所を提供しようというメーカーの
心遣いでしょう。武士はくわねど〜といいますし。会社によってはそれすらできなく
なっているようですが。
 これが、勝ち組・負け組というやつでしょうか。

 厳しいのは一部のメーカーで、その他は大阪弁で言うところのボチボチということ
でしょうか。しょぼい会社で仕事していると実感できませんが。 "

78 名前: TJ 投稿日:2001/11/06(火) 22:48
75@`77>>そうです。祭りはとっくに終わっています。
国内メーカーは全農を旗艦とする護送船団に加わって、遅れずについていけば
よかったのですが、その方式は音を立てて崩れつつあります。今までのやり方
を踏襲するだけでは、とても勝ち残れないでしょう。

79 名前: あぼーん 投稿日:2001/11/08(木) 23:40
あぼーん

80 名前: たてき 投稿日:2001/11/08(木) 23:40
79の書き込みは「就職関係の話題はこちらへ 」へ移動しました。

81 名前: NT 投稿日:2001/11/30(金) 09:43
三共が農薬事業から撤退だそうです。今朝の日経新聞に出てました。
農水省が資材費低減を目標に掲げるなど、厳しい状況とは思いますが、
国内メーカーにはがんばってほしいです。

82 名前: KAZU 投稿日:2001/11/30(金) 12:04
三共が撤退ですか。独立事業部制でやっていくと昨日営業の方から話を聞いたばかりでしたが・・・医薬系の農薬部門が切り離しになるのは仕方ないでしょうね。限られた経営資源を医薬に集中することは経営サイドとしては当然の選択だと思います。アベンティスでさえそうしましたから。一方、総合化学系の石原、日曹、DIC、日産等は最後まで踏ん張ってほしいです。しかし、農薬専業系の日農、クミ化、八洲、北興などは決断を迫られるでしょうね。

83 名前: TJ 投稿日:2001/11/30(金) 19:50
">>81@`82正しくは「三共が農薬生産から撤退、野洲川工場を2003年3月に閉鎖」
です。農薬事業から撤退したわけではありません。今後は、研究開発と営業に
特化し、生産は関係会社の工場で行うことになると思います。もっとも、現在
でもかなりの量を関係会社で生産しているようですが。
医薬品企業での農薬事業は、もし切り離されれば単体としてはやっていけな
いでしょう。その点、総合化学系の企業は、農薬事業が苦しい時でも他の事
業でカバーできるのが強みです。尚、北興化学は農薬専業とはいえないと思
います。電子材料、樹脂、合成中間体などの事業が好調のようです。 "

84 名前: yn-nak 投稿日:2001/11/30(金) 21:09
">>83 TJさん、いつもお世話様です。
総合化学企業でも、内部的には独立採算的に運用しているところが多いので、
他事業で黒字だから少々赤字でも・・・っていうのは、なかなか難しいみたいですよ。

他業界にいた私にしてみると、北興化学って紫外線吸収剤の会社だと思ってました。 "

85 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2001/11/30(金) 22:24
「就職関係の話題」スレッドでお世話になっている農薬業界志望学生です。
さすがにみなさん、三共のニュースに詳しいですね。
私もHPで情報を得て、ここにくればきっと話題になっているものと
思っていましたが、案の定。

ちょうど三共に研究職でエントリーシートなど書類を提出せんと
していたときにこのニュースは正直痛いです。
農薬部門の見直しそのものはこちらの情報で知っていましたが・・・
三共の農業科学研究所の扱いがこれからどうなるか判然としないし、
締め切りが来月五日なので一応提出はしますが心配になってきました。
みなさんどう思われますか?

86 名前: たてき 投稿日:2001/11/30(金) 23:56
 東京のホテルからモバイル通信中です。

 研究部門はすぐには無くならないと思いますよ(根拠ナシ)
三共は名門だし、スタートとしては良い選択だと思いますよ。入るの難しそうだけど(^_^;)

87 名前: TJ 投稿日:2001/12/01(土) 09:36
">>85 応募してもよいでしょう。今はどの企業も大変です。三共だけでが困難
に直面しているわけではありません。ただ、試験を突破するのは並大抵ではな
いようですよ。幸いに入社できたとして、万一農薬事業をリストラすることが
あるとしても、三共は医薬の名門ですし、他にいろいろな事業も手がけている
ので若くて優秀な研究者を手放すことはあり得ないでしょう。 "

88 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/12/01(土) 17:40
バイエル本社の様に優秀な研究者=ノーベル賞受賞者位になれば、なかなか手放されないでしょうが、、、。バイエル本社あたりだとノーベル賞を貰った人を使いこなす、というかノーベル賞受賞者以上にIQの高い人が実際存在します。ほとんど宇宙人に近い方々ですよ。一度お会いした方などは13カ国語(だったかな)を自由に操り、というより、その国の文化に精通しあらゆる分野で本国人と同等以上のボキャブラリーを有し、なおかつ趣味でいえばほとんどのスポーツ(2、3は玄人はだし、できなくてもルール等は全部頭に入っている)芸術(音楽でいえばスポーツ同様、2、3の楽器は玄人はだし、作曲家から楽団名、コンサートホールの音響の具合、クラシック、ジャズ、ロック以外に各国の民謡まで)はおろか料理もこなし、相手のIQおよび知的レベルに合わせ、失礼の無いような言い回しでその場の雰囲気を盛り上げ、1時間もしないうちに打解け、いる人全員笑顔になってしまう、、、そんな人が実在します。よく働き、よく学び、よく遊んでいらっしゃいます。なんか本筋の話から離れてしまいましたが、外資の直販による品目剥奪で変化を余儀なくされている我が業界ですが、外国みたいに一ヶ月のバカンスなんてのは無理にしても3週間以上会社の業務を離れて頭をリセットしてから再度業界を見つめ直すことが今の業界トップには必要だと思うのですが、、、。切符が安いんだからファーストクラスでヨーロッパにでも行ってアルプスの山々を眺めたり、地中海でクルージングを楽しみ、ギリシャ、ローマの時代に遊んでみたり、、、をやっていいんじゃないかしら。僕みたいな零細稼業ではなく一部上場企業なんだもん。行ってこ〜い。

89 名前: たてき 投稿日:2001/12/03(月) 00:34
 いや〜農薬業界志望学生さんをあまりビビらせないでください(笑)
普通の農薬研究者は普通ですからね。でも、英語文献はスラスラ読んでね。
(私はスラスラ読めませんが。。。。)

 研究に限ったことではないですが、人間性は大事です。それと意志の強さかな。
あと、自分の研究以外にも興味を持つこと。ねっ。

90 名前: たてき 投稿日:2001/12/03(月) 00:36
 再編の話に行きますと、農薬専業メーカーの再編早くやって欲しいです。
どう考えてもこのままでは立ち行かないんだから、共倒れする前になんとかしてほしい。
 日本は研究はうまいが開発が外国企業に比べると規模が小さく弱すぎる。これもなん
とかして欲しい。

91 名前: TJ 投稿日:2001/12/04(火) 13:12
そうはいっても、再編にはリストラ(=人員整理)が必至です。それに対する
対応策を考えておく必要がありますよ。

92 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2001/12/04(火) 14:11
三井と住友が合併するようですが、住友はスミチオンとか
ピレスロイド系殺虫剤に強いものの殺菌剤の製品については
寡聞にして知りません。病理の人間からすると、殺菌剤の
開発にも力を入れていてくれるのなら、志望するにしても
心強いものがあるのですが・・・殺菌剤の開発って盛んにして
いるんでしょうか、住友では。

93 名前: さり 投稿日:2001/12/04(火) 15:59
あれれ?就職スレにおいてたてきさんが、
>日本の会社の中では住友化学が最も積極的に再編に取り組み、農薬開発を会社の
>重点項目としています。90年代にもデラウスやリンバーといった独自の殺菌剤を
>開発しており、殺菌剤研究の充実ぶりを伺わせます。
とおっしゃった通りです。あと古い剤ですがスミレックスなどもこの掲示板には
でてきておりましたね(新農薬スレ)。

三井も植物病理学には造詣が深いように見えます。
糸状菌Drechsleraを感染させて水田のヒエを枯らす生物除草剤
なんかも開発しつつあります。

ところで、この2社が統合しても農薬ビジネスの規模は巨大外資
には遠く及びません。数値的には日本の農薬会社全部あわせて
ようやく外資1社と対等くらいでしょうか・・・。

94 名前: たてき 投稿日:2001/12/04(火) 22:02
 住友化学はスミレックス抵抗性の菌に効く剤を発明するという技もありましたからね。
除草剤もありますし、まぁバランスよくやってるってとこでしょうか。
 でも殺虫剤のイメージが強いことは強いですね。

95 名前: 農薬業界志望学生 投稿日:2001/12/04(火) 22:09
これはしたり。
全部読んだつもりでしたが、たてき様が書かれたように
住友=殺虫剤のイメージが強かったもので・・・
ご指摘ありがとうございます。

にしても、マックがフリーズして別のマックから書き込もうとしたら
ちょうどたてき様の書き込みが。どうもすいません。

96 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/12/07(金) 08:46
住友、アグロスいっしょになっちゃいました。今後は流通を良く監視するそうです。
水より安い農薬(液剤や乳剤)や土より安い農薬(粉粒剤)の流通に業界は疲れ果てております。実際の使用量を大幅に上回る生産からこんな風になっているのです。足りない位で丁度良いのにね。

97 名前: おろおろし 投稿日:2001/12/27(木) 00:38
この話題も、100件が目の前になって関心が高いことがわかります。

農薬業界として、必要なコンセプトが何か、そしてそれを共有できるグループ
化が再編につながってくれればと思います。
戦後の業界発展の当時は、食糧増産に寄与するという使命感があったと思うの
ですが、先進国での農薬にかせられた使命はなんでしょう?
メーカー・流通業者(卸・JA・小売店)・農家・消費者で、共通する認識を
持たない限り、この業界は、氷河期を迎えた「マンモス」そのものです。
私は、化学ではなく、科学といった視点が必要ではと思います。

そうすれば、資本(規模)の力に対抗できると思いますが・・・。
Co-Drink(?)も時に必要ですが、Co-Working出来る相手が、この業界で
一人でも多く持ちたいと思います。

98 名前: 名無しです 投稿日:2001/12/27(木) 21:12
この業界で最近情けなく思うのは、業界内を転職して歩いている人の中に、転職前の会社の看板を引っさげて誇らしげにしている人が多いことだと思います。
転職していくのは、その人それぞれのものの考え方だから、それはそれで結構なことと思うのだが、転職した後で、転職前の過去の栄光を引きずって転職した後を過ごすことの情けなさといったら、何とも言えない。
そんな考えかたの人たちの人生そのものをリストラし、追放していかない限り、ことは前進しないと思う。

99 名前: たてき 投稿日:2001/12/28(金) 00:53
">>97
 これは「月刊農業経営者」の昆さんが言われていたことですが、農薬業界さらには日本の農業を
考える上で、「農家」というものを一律にとらえる傾向がまだ残っているのがダメなんではないかと。

 日本の農家で農業だけで1000万円の益を出しているのは数%。食えているのは1/3。
あとは自家消費中心の兼業農家。これをスパッと分けて、最初を農業経営者、次を専業農家、次を趣味の
お遊び園芸と位置づけたとしましょう。それぞれに対する農薬に対する要望は異なるはずで、
現状はそれらすべての最大公約数的な商品開発や商売をしていないか・・・

 もう一点は畑に種を植えたときから消費者が食べて出したウンコまでのすべてを
面倒みる一貫したシステムを構築すべきではないかということ。

 さらにもう一点は、日本農業は第一次産業にあらず第三次産業であるということを
政府や農薬に関わる人たちが明確に宣言して認めること。


 こういうことが進めば、新しい方向性がはっきりすると思います。 "

100 名前: たてき 投稿日:2001/12/28(金) 00:55
">>98
 なにやら具体的な書き込み。ついでに個人名も教えて欲しいぐらいです(^O^)
転職するなら農薬業界からでちゃった方がいいと思うけど・・・(‥;) "

101 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2001/12/29(土) 10:17
遂に三桁に達しましたね。まあ零細ですが何とか食わして貰ってます。去年の今頃は同級生のIT関連社長が「いや〜零細、我社も冬の賞与100万台が目白押しや。」等と息巻いておりましたが、この10月に倒産してしまいました。ゆっくりな右肩下がりの我が業界はまだまだ改善する時間的余裕があるだけでもマシやと思います。では2002年にまたお会いしましょう。

102 名前: トム 投稿日:2001/12/29(土) 20:30
>>現状はそれらすべての最大公約数的な商品開発や商売をしていないか・・・
私も、そう思います。私は、農業経営者、次を専業農家、を 行き来しています。
2001年も がんばります

103 名前: yn-nak 投稿日:2001/12/29(土) 23:08
">>98
他の業界でも変わらないと思いますよ。起業した人は別にして。前職の業界でも
結構いましたね。生え抜きの人でも、過去の業績に胡座をかく人はいるわけですし。
>>99
賛成です!
第3次産業に属してるのは、農業者だけでなくそれを取り巻く人々全てであることを
特に、公共の機関の人達には認識して貰いたいですね。
前の業界での感覚が抜けてないのかもしれませんが、全てについてスピードが遅い。
情報の流れ、量、質が悪いという気がします。
(私の立場が大幅に変わってるのでそう思うのかも)

2002年は、ちょっと冒険してみます。(詳細は内緒) "

104 名前: たてき 投稿日:2001/12/30(日) 01:03
">>102 >>103
 米に関して言えば新潟や秋田の農家ややる気がある農家など作って売れるところは
減反なんかしないでバンバン作ればいいと思うんですよね。
農薬も大型農家の仕様にあわせてしまえば良いと思う。
 一方、それ以外の人はどうせ作ったて高くは売れないんだからあきらめて、
自家消費に徹すればいいと思う。農薬もある程度割高になっても仕方ないでしょう。

 そうはいっても農薬の開発には金がかかる。普及にも金がかかる。
このあたりは国に「規制緩和」して欲しいと思います。たとえば特定の産地向けの
既存剤同士の混合剤開発などは手続きや要求データの簡略化しても良いのではないでしょうか。

 もう一点は農薬の消費者教育。私は常々言ってますが「選農薬」。「どの」農薬を
使っていれば「安心」なのか消費者を教育することです。これこそが21世紀の
農薬商売のキーワード。 "

105 名前: TJ 投稿日:2002/01/01(火) 18:07
以前にも書きましたが、日本の農薬企業にとってここ数年が正念場と思いま
す。縮小する市場、巨大化した外資の攻勢、安価なアングラ農薬の流入、研
究開発費の増大などどれをとっても大変なことばかりです。

参考になるか分かりませんが、私なりの対応策としては、1.病虫害、雑草
害の診断、予防の助言、農薬の選択・製剤、農薬処理、容器の引き取りなど
を農家の立場からケアするビジネス 2.新農薬の開発に関する企業同士の提
携、協同 3.例えば生産など特定分野のアウトソーシング 4.周辺分野へ
の進出による事業拡大などです。
よりグローバルには、5.共通データによる日米欧での同時登録申請が可能
となるように、6.又アングラ農薬に対する規制の強化を政府にはたきかける
ことなどです。4.の周辺分野の例として、農業を起業する人へのサポートな
どが考えられます。

106 名前: スモーカー 投稿日:2002/02/26(火) 22:55
日本の農薬市場は4000億円弱ですが、耕地面積の減少に伴い縮小の傾向にあります。
今後欧米の巨大農薬メーカーによる農薬の価格引き下げによるシェア争いが、この傾向
に拍車をかけることが予想されます。
昨年も一部の殺虫剤や除草剤分野で大幅な価格引き下げが、競合の中で行われました。
今後、輸入農産物の拡大、農薬の並行輸入、無登録農薬流通、農薬の内外価格差、等の
問題が、日本の「食の安全」に関する議論の中で取り上げられると、価格の引き下げを
後押しする要因となるでしょう。
「日本の農薬市場は金額ベースで現状の60〜70%の市場規模になる。」これが業界
通の見方です。
この過程では当然日本の農薬メーカーの淘汰があるでしょうが、さらにその先には外資
メーカーの日本市場からの撤退もあるのではと、最近考えています。

107 名前: TJ 投稿日:2002/02/26(火) 22:56
>>106 いよいよ始まったようですね。日本の農薬企業はJAや卸との関係が
あって、それらとのしがらみから抜け出すのは大変なのでしょうね。2

108 名前: KAZU 投稿日:2002/02/26(火) 22:57
日本国内でも農薬撒布請負業が採算ベースに乗るものなのでしょうか。作物(大豆・水稲等)によっては、有人・無人ヘリコプターを使った大規模撒布なら、可能かもしれませんが、果菜類ハウス等の小規模の場合はいかかでしょうか。動力噴霧器では難しいのでは。また大規模撒布でも公的補助がない場合には、コスト高となり、農家が利用しにくい。

また、病虫害の発生に応じた薬剤撒布タイミングと薬剤選択の難しさがあります。お金をいただく以上、効果の確認と薬害発生時の補償問題など越えるべき
ハードルは高いのではありませんか。農家の防除水準に対する要求度はさらに高いですよ。農薬会社がやっても難しい気がします。先進地のアメリカや台湾ではこの点はどうなっているのでしょうか。

109 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/02/26(火) 22:58
>>106
 スモーカーさん、はじめまして。
おっしゃられる業界の将来予測はだいたい私もその通りに思っています。
ひとつだけ農薬の販売を押し上げる要因としては、あくまで可能性ですが
日本の不景気が長期化して産業としての農業が見直されることぐらいでしょうか。

 外資の将来ですが、今現在進行中の円安がさらに進んで定着すれば、
日本マーケットでの外資は苦しくなると見ています。しかし、1ドル360円の
時代から外資の農薬は日本に入ってましたから、円安が致命傷にはならないでしょう。

 販売網の構築などに予想以上のコストがかかっているようなので、「こんなことなら
昔通り日本の製剤メーカーにやらせた方が楽だ」と思うときがくるかもしれないですね。
その時には撤退する外資もでてくるでしょうね。

110 名前: 抵抗性 投稿日:2002/02/26(火) 22:58
業界予測について全く正反対の意見です。世界市場は約27830億ドルですが、80%超のシェアを外資上位7社で占めてます。
13年度も数社の国内製剤メーカーが外資の傘下となり、医薬メーカー等は農薬部門の売却を国内外の大手メーカーに打診している
のは事実のようです。シンジェンタはグリーン関係で直販を始めたように、ほとんどの外資は直販を視野にいれています。
日本メーカーで生き残れるのはクミ化などの系統メーカーと、日農・住化ぐらいじゃないでしょうか?

111 名前: おろおろし 投稿日:2002/02/26(火) 22:59
わたしは、農薬メーカーというカテゴリー自体、変わってくるかもと思っています。
モンサント・アベンティス・シンジェンタさんは、それぞれ種苗関連の業務も行っており、住友化学さんは肥料や農業資材分野も持ち、アリスタ・三井物産さんなんかは農産物流通も当然視野に入れた展開を今後目指してくるのではと思っています。
そうした時に、農薬に限った視野で考えると間違ってしまうのではと思います。
全農さんも含め卸も、農業関連それぞれ違った分野(資材・種苗・肥料・農機もしくは農産物販売など)と複合した業務を行っており、様々な展開が考えられます。
そうした中で、KAZUさんの言われた「防除業」もしくは「農業コンサルタント業」も面白いのではと・・・。
とにかく仕事をもっと面白くしていければ、と考える毎日です。

112 名前: KAZU 投稿日:2002/03/04(月) 20:08
現在、中国経済の飛躍的な拡大に伴って、日本国内の製造業空洞化が加速されていますが、少なくとも農薬や医薬産業などのファインケミカル部門は国内に踏みとどまってほしいと念じています。こういった分野がなくなったら日本では何を作ればよいのかと・・・。農薬企業の経営者も一層の意識改革が必要でしょう。最終的に日本には国内系1社でもよいかもしれません。外資に買ってもらうばかりを考えないでほしいですね。

>>110.系統メーカーに付いては詳しく知りませんが、残存可能という根拠は開発力でしょうか、それとも全農経由の販売力によるものですか。やはり大きな傘のもとでは、農薬企業として安泰なのでし
ょうか。

これは蛇足ですが、スイスはかつてチバガイギーやサンド社などの大手化学企業やネスレのような多国籍企業を生み出しました。人口の少ない小国(米国はこういった物言いが好きですが・・)にもかかわらず、こういった革新的な企業を生み出す風土とは一体何なのでしょうか。日本の現状を見るに付け、気になっています。

113 名前: TJ 投稿日:2002/03/07(木) 11:47
スイスでは、自国の進むべき道をわきまえた優れた行政システムが機能
しています。金融システム一つを例にとっても堅実で信頼がおけるので、
世界の富豪が安心して大金を預けられるのでしょう。金融システムが満
足に働いていないどこかの国とは大違いです。規制の問題もあるでしょ
う。

日本の農薬企業再編の話を議論する場合、先ず現状を分析する必要があ
ると思います。3つのグループに分けられます。専業企業(クミ化、日農、
八洲、サンケイ、アグロカネショウ)、兼業企業(住化、三共、武田、
石原、北興、日産、SDS、三井化、三菱化、日本化薬、宇部、大塚)、外
資系です。日本の全農薬市場に占める農薬売上げ高は、それぞれ20%、70%、
10%でしょうか。私見ですが、専業企業は合理化や周辺分野への展開によ
ってそれなりにやっていけると思います。兼業企業で本体が苦しくなり、
農薬事業が赤字のところが先ず再編の対象となるでしょう。その場合、
農薬事業だけ切り離して別企業としてはとてもやっていけないので、ど
こかに(特に外資系)吸収されることになるでしょう。兼業企業でも、周
辺分野への進出など柔軟に対応できるところは生き残れるかも知れません
が、企業風土からそれができにくいところは難しいと思います。

114 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/07(木) 15:49
いつも読ませて頂いていますが、初めて書き込みます。
農薬業界再編、とても興味深い話題ですね。
日本の農薬業界の生き残りは、兼業、専業というよりも、原体をどれだけ持っているかの方が重要ではないでしょうか?
原体メーカーと製剤メーカーでは、製品の利益率も格段に違うと思います。
原体の数こそ、メーカーの強さではないでしょうか?

115 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/03/07(木) 18:51
農薬会社でもちゃんと儲かっている会社があります。イスラエルのマクテシムとアガンです。ジェネリック屋さんです。原体の数が強さですが、「原体を持たず」も強さだと思います。現在売れてる農薬の殆どは5年以内にパテントオフになっちゃいます。そうなったら、、、、。

116 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/08(金) 10:55
仮にパテントが切れたとしても、先行メーカー以下の価格で原体を生産できるか?というと実際はかなり難しいのではないでしょうか?
市場性等も考慮すると、採算がとれるベースで生産できる原体となるとかなり限られると思います。
また、仮に欧米大手メーカーのジェネリックを作ろうものなら、他の原体を引き上げられたりしないでしょうか?

117 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/03/08(金) 20:23
かかぼさん、マクテシムアガンは決算書をWebサイトで公開しております。MAKHTESHIM-AGANで検索してみて下さい。製剤屋さんってこのような規模でやれば儲かりまっせ。あまり言うと零細農薬卸業者の私は生命の危機を感じますのでこれくらいで止めておきましょう。

118 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/09(土) 01:53
零細農薬卸業者さん、Makhteshim-AganのHPさっそく見てみました。
確かに儲かっているようですね。
この儲けは、ジェネリック化合物の儲けなのではないでしょうか?
ちょっと116の発言とは矛盾しますが、ジェネリックも結局、原体の生産ってことになりますね。
やはり純粋な製剤、つまり他社から原体をもらい製剤化するというメーカーではとても儲からないのではないでしょうか?
結局製剤化技術自身には、よほどの技術でもないと付加価値はつかない訳です。
そうすると、製剤メーカーが結局得られる利潤は、加工賃相当しかないのです。
かといって海外に製剤を売れるか?というと輸送コストの問題もあり、実際は不可能だと思います。
一方、原体はどうか?と言えば、原体の薬効の指向性さえ考慮すれば大きな海外市場を狙えるわけです。
正直、頭打ちの日本市場より世界に出て行ける可能性のある原体を持つメーカーこそが生き残っていくのではないかと思います。

119 名前: KAZU 投稿日:2002/03/09(土) 20:17
>>112.に関連しますが、農薬の製造を中国にお任せした場合、驚異的安さのジェネリック製品は別として、新剤でも数年後には品質が同じものを作れるようになるのでしょうか。外資のシンジェンタが武漢に新農薬工場を作ったという話も耳にしています。もちろん深センの農薬公司など若干の国内メーカーもあるようですね。

現在、スピノサドやエマメクチン剤の海外流入品が低価格で関東や東海地区で市場流通しており、大きな問題になっていると聞きます。品質はまちまちのようで粗悪品も混入しているようですが、昨今の中国製電気製品・繊維品・日用雑貨品等のあらゆる分野で著しい品質向上している現状を見ていると、農薬製品も日本で作る必要性は薄い。むしろ開発に特化した方が賢明かとも思えてきます。採算性や日本メーカーが海外に日本仕様の完成品を作らせて輸入するユニクロ方式が可能なのかどうかはよくわからないのですが、こんなことが引き金になって厳しい再編につながったら大変です・・・まぁ、架空の話をしました。

120 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/03/09(土) 23:44
そういえば、北海道には日本で登録のない海外製農薬を並行輸入している業者がいるとかで、
問題になっているようですね。
パラコートの無登録除草剤を売っている業者もいるそうで、何でもありの世界になりつつあるのかもしれません。

121 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/10(日) 02:59
中国で原体を製造しているメーカーは既にいくつかあるようですね。
農薬製剤の生産コストを考慮すると、原体の価格がその殆どを占めていると思います。
そうすると、原体を海外生産していくメリットはあると思います。
でも製剤は、やはりその輸送コストが厳しく、消費地隣接型で生産がこれからも行われていくと思います。
現在、多くの海外農薬メーカーが日本に来ていますが、製剤工程は日本で行っています。
(私の知る限り、それが主流です。)
でも、今後、高濃度製剤が主流になれば、製剤生産についても、工場の中国への流出が始まるかも知れませんね。
もちろん、私もそうなって欲しくない一人です。

122 名前: TJ 投稿日:2002/03/10(日) 22:22
企業再編(M&A)を考える場合、忘れてならないのはTOB(Take
overbid)です。これは、M&Aレシオのことで要するにその企業買収
に要する投資コストを何年で回収できるかを示す指標です。これが小さ
いほどお買い得といえます。株価が安いほど、又キャッシュフローが潤
沢なほど指標は小さくなります。農薬事業に当てはめると、本体の経営
が厳しく、農薬事業が赤字で、且つ有望な開発品を持っている企業が一
番狙われるでしょう。従って、有望な開発品を持っているから買収され
ないとは言い切れないのです。農薬事業が堅調で、本体にとっても力強
い存在である企業は、容易には買収されないと思います(社名を出すこ
とは控えますが)。

原体生産をインドや中国で行うケースは今後も増えるでしょう。日本の
空洞化は確かに問題ですが、独創的な原体開発にエネルギーを注げばよ
いと思います。ジェネリック品の生産・販売と独創的な新薬の開発とは
相容れない面があります。デユポンやダウなどの海外大手は、ジェネリ
ック部門を切り離して別会社にしたと聞いています。マクテシム アガン
のようにジェニリックに徹すれば、それなりに経営が成り立つのでしょ
う。

123 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/11(月) 00:12
TJさんの言うとおり、ジェネリック品の生産は、すなわち工業化の研究になりますよね。
根本的に研究の手法が違いますね。

124 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/11(月) 00:23
 海外からの並行輸入(違法)についてはHPなどで堂々と宣伝しているところも
あるみたいですから、取り締まりを強化しないといけないでしょう。
それに農家の方もこれだけBSEや産地偽証が問題になっているのに、
そういう農薬を使えばいずれ自分たちが問題にされることぐらいは
予見できるはず。なぜ、そんな自分で自分の首を絞めることをするのか
私には理解できないですね。

125 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/11(月) 01:32
並行輸入のメリットは農家にとって何があるのでしょうかね?
価格、それとも日本で登録抹消された毒性が強いが薬効が強い製剤が欲しいからなのでしょうか?

126 名前: TJ 投稿日:2002/03/11(月) 11:31
農家にとって平行輸入農薬の最大のメリットは低価格でしょう。例えば
日本で登録はあるが、中国製の安い農薬をホームセンターなどから購入
して畑で使用すれば農家にとって経費節減になりますね。製剤処方が国
産の登録農薬と平行輸入品とでほとんど差がなければ、農水省は本気で
とり締まるのでしょうか。

127 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/03/18(月) 17:36
そういえば去年の8月末に中国に行ったとき「日本の皆さん、安い中国製農薬を使って生産コストを下げてはいかがでしょうか。」と中国の先生方から御提案を頂きました。曰く「品質についてはWTO加盟を目指し(当時は未だ加盟直前でした)、世界の水準で作っているので大丈夫です。現在も輸出に力を入れて頑張っておりますが日本の農水省のガードが固くてなかなか日本には売れません。どうぞ皆様の御支援をお願い申し上げます。」とのことでした。一緒に行った他の零細やら中小は「今に農薬もユニクロ化するな」等と語りあいました。零細から中小に生まれ変わる商材としてやってみようかな。ははははは。

128 名前: かかぽ 投稿日:2002/03/20(水) 01:40
ジャンボ剤のように生産に手間がかかり、かつ高濃度の製剤は中国生産が向くのでは、と思います。
最初は、結構伸びたジャンボ剤も最近は、その高価格から頭打ちと聞きますが...
ところで、輸入製剤は、法的にはどの辺に問題があるのでしょうか?
やはり、輸入製剤も当然、登録が必要ですよね。
どこかの商社さんあたりが、輸入製剤をバシッと登録申請してみたらどうなるんでしょう?
申請に必要な書類をそろえることは可能と思うのですが....

129 名前: TJ 投稿日:2002/03/20(水) 10:41
ジャンボ剤、ゾル剤、MC剤などの高付加価値製剤はほとんど特許化され
ていますので、開発企業自体が中国企業に生産を委託しないと難しいで
しょう。特許侵害問題が発生します。商社が、日本で特許化されてない
製剤の輸入・販売を農水省に申請する場合、効力や毒性試験パッケージ
が必要になります。国内企業と提携して、データを提供して貰わないと
無理でしょう。
問題は、>>126のケースです。これは、農家にとってもメリットがありま
すから、国内農業を保護する立場の農水省が本気で取り締まるのかどう
か対応が難しいと思います。米国や英国など海外諸国でも同じような問題
が起きているようです。

130 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/23(土) 08:07
>>127
 農薬のユニクロ化というのはありなのかな?いまんとこは日本の登録制度の中では
難しい部がありますよね。しかし、この規制もいつかは緩和される・・・?
 そうなると零細様が経営されている零細農薬卸売業も中小へと生まれ変わり、
たてきと縁の深い元大企業現中小企業はますます没落してあぼーんされるかもしれないですね。
それでは困るので、今後も零細様が零細様であり続けることが平和のためには良いんじゃないでしょうか(^^?

131 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/03/23(土) 08:12
>>126
 BSEなどで痛い目にあった農水省ですから、違法農薬の取り締まりは
その反省を生かして厳しめに取り締まるべきだと思います。
 しかし、いちいち末端の小売店やネット売買まで監視できるかというと??

 こういう需要と供給の間にねじれが生じている場合、そこにビジネスチャンスアリ・・・なのかな?

 農家はしばらくはそういうの使うのやめといた方が良いと思いますけどね。
これだけ食品の信頼性が揺らいでるときに強烈な逆風をふかせる
種を作らなくてもいいんじゃないでしょうか。

132 名前: 瀕死の肥料屋さん 投稿日:2002/04/10(水) 20:07
こちら、地元の農協では 農薬でもある石灰窒素という肥料を、農薬登録の取れていない中国品に置き換えて一割引で一生懸命売っています。
昔「石灰窒素と言うものは農薬登録を取らなきゃダメなんだって」と言われてすったもんだしたこともあり、
「そんなことして、大丈夫かいな」と思いきや、
農協では「成分は国産と同じ、ただ登録とっていないから農薬ではなく肥料として使うよう指導しているので大丈夫」
なんか、変ですがどうやら違法ではないようなんです。(いつから議論が変わったのやら・・・?)

とは言うものの、自分でもあのべらぼうに安いグリホ剤を大量に販売してます。
なんと利益率30%(但し、金額では100円/本)単価減を量でカバーできるのは事実で事実です。
当然、農家には「成分はラウンド・・と似たようなもんだけど農耕地に使っちゃダメだよ」と説得してますのでお上のお咎めは一切ありません。
(ただ、自分で食べる野菜は「R」と登録の取れている輸入石灰窒素を使って作ってます)

農家と直接触れるわが身としては、
「中国農産物に脅かされる農家」が あぼーん されないようにするためにはコストの引き下げが絶対。
最近の朝日新聞によれば対岸の渥美半島では、安すぎて収穫をあきらめたキャベツのお花畑が出来ているとか。

いつでも安心しておいしい物を食べるためには、目に見えないコストがかかっている。
(仮に、中国野菜の全数チェックをやって、その人件費を値段に上乗せしたらものすごく高くなるでしょうね←税金で負担?)
農家と流通と消費者が本音でぶつかって議論しない限り、監視を厳しくしても永久に「もぐらたたき」を繰り返すだけでは。

この掲示板大好きです。
もっと、消費者の立場・農家の立場 それぞれの本音が戦わされる場となれば、もっと面白くなるかも。

「ビジネスチャンス」等と大それたことでなく、農家もわれわれも明日のご飯を食っていきたいな・・・・・・。
の世界。
(違法行為はいたしません。ただ後ろめたさを持ちながら商売を続けることに少々疲れてきました)
皆様のご批判をお待ちします。

133 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/12(金) 00:04
 肥料屋さん、初めまして。
この掲示板に来られている方は不景気な人が多いですね(笑)

 最近は無理な減農薬やコストダウンで、農薬取締法をすり抜けては
いるけれど・・・・って話が多いですね。法律も悪いんでしょうけど、
そこまでしないといけなくなっちゃってる事情もあるんでしょうね。

 しかし、雪印やBSEを見るまでもなく、最後に笑うのはちゃんと
やった農家。そのことを農家が自戒していれば変なことは起こらない
でしょうけどね。中国野菜の値段に押しつぶされる前に、変なことが
発覚して自爆しないように願ってます。

134 名前: アミテージ 投稿日:2002/04/12(金) 00:13
ゴルフ場では農薬卸業者が芝への登録のない農薬を平気で売りつけることが多々あります。
主成分が同じでもゴルフ場等芝生用農薬と農耕地用農薬とでは単価に差があるから…
不況の打撃をモロに受けているゴルフ場ではいかに安く経費を削るかしか考えてないから
違法農薬でも安い方を買わざるをえない状態です。
はて一体どうすればよいのでしょう?

135 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/13(土) 23:06
実際問題、ゴルフ場農薬と農業用の薬剤の中身は原体が同じなら中身はほとんど変わらないでしょう。
だから、適用外使用をしても現実的な害はないと思われます。
だからといって容認して良いのか?というとやはり容認できないとしか言いようがないですね。

それにしてもなぜゴルフ場農薬は値段が高いのでしょうか。わかりませんが、
やはり農業は人類になくてはならない物。ゴルフはあってもなくても良い物と
いう価値観がどこかにあるんだと思います。実は私自身もそう思っています。

136 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/13(土) 23:11
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200204/08/01602_0000.html

日本農薬が工場部門を切り離しました。
三共も来年には農薬工場分野の切り離しを実施すると発表しています。
厳しさは増すばかりと言って良いでしょう。

137 名前: 名無しさん 投稿日:2002/04/15(月) 21:24


138 名前: アミテージ 投稿日:2002/04/16(火) 00:43
>>135
そのように感じられるのも致し方ないことです。ゴルフ場は環境破壊のイメージがどうしてもつきまといますから。
日本には諸外国に比べ芝が身近にないのも一つの理由でしょう。
しかしゴルフ場と切り離して考えれば芝もれっきとした作物。
園芸作物等と同等のものと私は考えています。ほっとけば雑草・害虫・病気だらけになる芝の管理は大変です。
ゴルフ場に限らず公園やサッカーグラウンドなどきっちりメンテナンスされた一面の芝は非常に奇麗です。
苦労して奇麗な花を咲かせるのと何も違いません。
こうして考えてみると主成分が同じでも登録作物の違いで別物になってしまうのはやはりおかしい気がします。
登録外農薬・横流し品の横行の問題が解決するのはまだ先のようです。

139 名前: HUMI 投稿日:2002/04/16(火) 01:14
う〜〜ん。

ゴルフ場は使用農薬の状況を県に報告義務がある(私のところですが)ので登録農薬以外は使えないと思いますが現場ではいかなるものか?。

140 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/16(火) 01:39
>>137 は 「就職関係の話題はこちら」スレッドに移動させました。

141 名前: 瀕死の肥料屋さん 投稿日:2002/04/19(金) 19:42
たてきさん、こんにちは。前回は少々、立腹状態だったものでご挨拶なく失礼しました。

132の発言に県内同業者から、いくつか情報が寄せられました。(特定されちゃった・ドキッ)
中国石灰窒素のことでは、くだんの渥美半島から、
「お前のところは、まだ、いいよこっちの農協は3割引だぞ!」だとか。
その同業者は、とっくに中国品に切り替えているそうです。
(地元農協が、一生懸命売る理由がわかりました。「こりゃ儲けてる」)
同時に、先を読むと「やはり俺もやらねば、あぼーん かなあ」と考える次第。

ちなみに、グリホサート剤については「黙ってたほうがいいよ」との、訳の分からんご忠告をいただきました。

もし農水省の人が読んでたら確認したいのですが。
石灰窒素は農薬登録はほんとにいらないのでしょうか。
だとしたら、昔のドイツ品でのすったもんだは何だったのでしょうか。
登録不要ならば、今扱っているものももっと安くなるはずです。
(石灰窒素のLD50をみたら、やはり農薬登録で管理すべきだ。とは思うのですが。)

併せて
「農家のコストダウン」と「食の安心」 本音の議論はこのHPの場には似合わないかな? 
 ウ−ン。  と考え込む「肥料屋さん」でした。

142 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2002/04/21(日) 00:16
面白そうなので、書き込まさせていただきます。

#日農・三共の工場切り離し

1つの会社が工場を切り離すと、受託生産がそっちに流れて
いってしまったりので、他社も右にならえ..という最悪の
ドミノ倒しですね..。

ただ思ったのですが、農家にとっては、
「安くて効果が高くて安全なもの」が手に入れば良いワケで、
そういうニーズを満たせる国内企業があるかというと..
って考えてしまうのです。

#無登録農薬

無登録農薬は「無保証だが、農耕地に使ってもかまわない」
という悪徳業者もいますし、
無登録農薬を平気で使う確信犯な農家さんもいることでしょう。
決して肯定はしませんが、それが今の、
我々日本国民の姿だと認識すべきだと思うんです。

だったらどうするか?となると、やはり、
「安くて効果が高くて安全なもの」を提供できる
企業が生まれないとダメなような気がします。

道徳論を書くだけじゃ困る、といわれればそれまでなんですが..。

143 名前: かかぽ 投稿日:2002/04/21(日) 00:31
私の解釈
生産工場の切り離しの目的はコストダウンにあると思います。
切り離し後に、農薬業者より更に安い人件費で人を使うわけです。
そう考えると、生産工場の切り離しは、必ずしも農薬メーカー(いいバルクを持つメーカー)や、農家にとってはそれほど悲観すべき出来事ではないと思います。

144 名前: "たてき ●oFOPzirc" 投稿日:2002/04/23(火) 00:00
 農薬メーカーの工場切り離しの流れは続いていますが、そこで働いてる人にとっては
給料も下がるし良いことはないんですよね。しかし、時代の流れに乗り遅れると、
工場あるいは会社ごとあぼーんということもありうるわけで痛しかゆしってとこでしょうか。

 近い将来には韓国などから高濃度製剤は入ってくる可能性もあるでしょうし、
日本の製材技術と思われていた粒剤も実際問題外国でも製造できちゃうようなので
外国との生産コスト競争もあり得るかもしれないとすればますます苦しいところ。

145 名前: TJ 投稿日:2002/04/23(火) 09:24
当面、伸びが期待できない日本の農薬市場では、最新の設備を備えた農薬
製剤工場はもはや割の合わないものになってきたと思います。高く売れない
ので作れば作るほど赤字が増えるという状況でしょう。生産を人件費の安い
子会社に移すのは時代の流れです。その内、付加価値の高い農薬製剤も中国
や東南アジアで生産するようになるでしょう。

原体に関しては、特許でノーハウを守れますが、製剤は極めて困難です。
ジャンボ剤やゾル剤をみれば明らかなように、どの企業も同じような製
品を出してきています。

146 名前: かかぽ 投稿日:2002/04/23(火) 23:07
ジャンボ剤やフロアブル剤の特許で実質無意味になっているのは、あまりに防衛出願が多すぎること、
そして、仮に特許侵害で訴えるとしても、結果得られる利益が僅かであるからではないですか?
他の企業を特許侵害で訴えるのは、訴える側も相当なリスクを背負うわけですから。
その点、バルクの場合、侵害の証明も確実、かつ利益も大きいので、結果として特許保護がうまくされているように見えます。
もっとも、いずれの剤形の製剤も、よくよく見てみると、露骨な特許侵害はしていないものです。
製剤の外観性状が同一でも、その構成は各社、特許を巧く避けています。

147 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/04/24(水) 18:38
まあ、あんまり悩んでもしかたないですよ。「費用対効果」を国内マーケットだけでしか考えてこなかったんだから。剤形は化粧方法みたいなもんで素顔が大事です。さてカンパニーになっている大手製薬メーカーの農薬部部門じゃなくてカンパニーの様々な噂が聞こえ始めた今日この頃であります。

148 名前: かかぽ 投稿日:2002/04/25(木) 00:18
製剤の剤型は実はメーカーが自由に選べない...と思うのですが。

149 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2002/04/27(土) 11:19
ううむ、剤形では差がつかない昨今、
原体開発力がモノをいいそうですね。
たとえば水稲用除草剤だと、
「水稲用除草剤=ソルネットorエリジャン(\500円前後)」
なんて地域もあるらしいし..。プレチラっていい原体だよなぁ..。
あの価格じゃ勝ち目ないって(泣)。

150 名前: YONA 投稿日:2002/04/27(土) 13:45
さすがは世界一のシンジェンタという感じがしますね<プレチラ
もともと、チバガイギー時代に開発したわけでしょうが。
中国などではブタクロール(モンサント)のほうがメジャーなのは
なぜなんでしょうかね。性能的な違いがわからない…。

151 名前: YONA 投稿日:2002/04/27(土) 13:52
なぜか、業界再編の話ではなくなっておりますので、軌道修正。
BayerのAventis買収に際して、独禁法の関係で両社の大型原体が
売りに出たりするようで。フィプロニル(プリンス)などもその例ですね。

152 名前: 零細農薬卸業者 投稿日:2002/04/30(火) 09:44
どこで何がどのくらい売れているかが選択の基準だと思います。不良債権化しそうな南米や共産圏(古い言葉です。死語に近いですね。)で売れてても駄目ですね。EUも安い価格の国に合わせざるを得なくなってきているし、それにもましてジェネリックの台頭に頭が痛いのです。アドバンテージ(FMCの殺虫剤じゃなくて)という犬、猫のノミ取り薬がありますが、中身はアドマイヤーです。ペットブームに支えられて売れてます。アドマイヤーの原体開発グループ以上にバイエル社内ではノミ取り薬を開発したチームに高い評価を与えております。そんだけ利益貢献しているということですね。

153 名前: Mockingbird 投稿日:2002/04/30(火) 20:20
>>48農薬業界が外資主導による寡占化へと向かいつつあるのは事実ですが、外資系メーカーが営業拠点や営業人員を強化すると、もはや国内メーカーを頼る必要がなくなるものでしょうか。ここに来て国内メーカーの持つ強みとは一体何でしょうか。やはり少ない資金で優秀な原体を見つけ出すカミカゼ戦法ですか。(確かに日本の農薬開発者のオリジナル度は高いものがありますね。)

>>151 イミダクロプリド+フィプロニル+カルプロパミドなら日本
制覇も夢ではなかったのに、やはりこの結婚には無理がありますか。

154 名前: YON 投稿日:2002/05/15(水) 00:57
住友化学 イタリアのイサグロイタリアに資本参加 だそうです。
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/20020509.pdf

155 名前: 名無しのゴンベ 投稿日:2002/05/27(月) 23:03
再編はメーカーだけでなく、流通においても系統の二段階化やJA合併、そして大手卸同士の業務提携も発表されたりしています。
どうもメーカーもマルチナショナル(国際企業)の統合が進むのと同様に、流通も広域流通同士の統合の方が先行していくのでしょうか?

そう言えば、銀行も都市銀行は合併し、地銀にはあまりその動きが目立たなかったり、ホームセンターも大手同士の提携話の方が進んでいるように思います。
過去に、韓国ではウォン危機の時には、一般的に大手企業の方が経営危機が表面化したように思いますが、日本ではどうでしょう?

農家にとっては、従来型の地域JAなり農薬販売店と、増えつつある大型JAなり農業資材スーパーとどちらの方が良いのでしょうか?
それぞれの長所・欠点は??
最終的には、農薬の顧客である農家にとって、より望ましい流通とメーカーが残るように思うのですが…。
ちょっとこのコーナーのテーマから、ずれたかも?

156 名前: あるく 投稿日:2002/05/27(月) 23:51
はじめまして「あるく」です。
よろしくお願いします。
日本の農業にとって、大型JAと農業資材スーパーどっちも付き合いにくい面が多いと思いますね。
どちらもマス(組織)の理論で押してこられると、土地を動かせない農業経営者にとって必ずしも必要な情報を得られない場面が増えてくると思いますし。
価格?地域にあった情報?対応の迅速さ?
人それぞれ望むものは違うわけでこのテーマの正解を持っている人が、農薬業界の勝利者足り得る、のですが‥
農薬の流通に期待することって何だろう?

157 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/05/28(火) 00:18
 そうですね、流通はドンドン大きくなる方向ですね。確かに効率化は進むし、
力は付くでしょう。でもそれだけでは価格競争に勝ったように見えても、さらなる
新たなより厳しい価格競争を招いただけとも見えます。さらに苦しい競争を強いられ
一部を除いてアウトということもあり得そうですね。他業種はそうなっています。

 農薬を販売する相手を農家だけだと思っていてはダメではないでしょうか。
日本においては消費者にアピールする農薬およびその使用方法を売らないと行けないんじゃないでしょうか。

158 名前: あるく 投稿日:2002/05/30(木) 23:41
いやーびっくりしましたね!
日産化学がモンサントの日本国内での農薬販売権をもらったようですね。
詳しく知っている方いたら教えてください。
今まで国内メーカーは、外資系巨大企業に剤を取り上げられるだけだったのにねえ。
これは、日本の農薬業界としては痛快な出来事に入るんでしょうか?
今後日本の流通に愛想をつかした外資メーカーが、次々と日本市場から撤退!なんてあるわけないか。

159 名前: "名無しさん" 投稿日:2002/05/31(金) 05:57
日本の流通に愛想をつかした外資メーカーの日本市場からの撤退、あるかもしれないと思います。
外資メーカーにしてみれば、日本の流通は契約に対する責任感がない・資金繰りの問題から金払いが悪いといったことから本当に愛想をつかす可能性があるように思います。
そこで考えられるのが、外資メーカーの大規模農家等への直販という選択肢ではないでしょうか。

160 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/05/31(金) 07:19
名無し様、日本程美味しい農薬市場は世界にありません。ヽГ舛磴鵑閥發鯤ГΝ▲献Д優螢奪市場が小さい7戚鵑垢襪鳩觜戎燭房けて買ってくれる。しかし浮気する。
今度の件は「僕達の失敗」^0^です。遺伝子組み替え種子(ラウンドアップレディー)がらみまで日産化学が取得したのかどうかが、大きな話題です。

161 名前: のらいも 投稿日:2002/05/31(金) 15:03
モンサントは農薬屋を止めて本格的に種屋さんになるようですね。
農薬の商売は魅力がないのでしょうかね。

162 名前: あるく 投稿日:2002/05/31(金) 21:34
零細農薬卸さんの言う通り、外資メーカーにとって日本での農薬商売はオイシイでしょう。
なんたって、価格は世界標準と比べてグンと高いだろうし、国内製剤メーカーが汗と涙で作り上げた安定した「売れ筋」商品を抱えているし。
利益率からいったらそりゃもう!ってな感じでしょうね。
今回の日産のニュースで今後注目すべき点は、これにショックを受けた(自称大手と意地を張り合っていた)日本の製剤メーカー各社の整理、統合、業務提携が本格的に始動するだろうと言うこと。
やっと重い腰が上がりますよ。
いよいよ本当の業界再編の時代が来たって感じですね!
生き残るのはどこだ?当り前の事を当り前にできる会社が勝つ事だけは分かっています。
でも基本的な事も出来ていない会社が多すぎるんだよね。

163 名前: "名無しさん" 投稿日:2002/05/31(金) 22:32
某外資メーカーは「ある市場」において直販体制を整えつつあります。
ちなみに東日本においては完全に直販。
おまけに有能な人材をメーカー・卸業者を力技で引抜きしたので
各メーカー・業者から反感を買っている始末。
市場は狭いですがそういう事実もあります。

164 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/01(土) 01:03
>>160
 ビックリするニュースでしたね〜〜。
日本モンサントの日本での農薬販売権とその組織の一部を買ったということみたいですよ。
というわけで、ラウンドアップは全部日産になる??

 ちゅうわけなんで日産以外の農薬会社はぼやぼやしてないでなんかやってください。

165 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/01(土) 01:14
 さて、誰も書かないので書いておきましょか。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=23767

 カネコ種苗と岩渕農薬が業務提携・・・・
これはある意味日産がモンサントを買ったことよりインパクトがあるかも?

166 名前: グリホサート 投稿日:2002/06/01(土) 17:48
ラウンドアップは日産ブランドになるようですが、どうやら日産は日本モンサントの人間も一緒に買ったらしく、その人たちをラウンドアップ販売の専門と位置づけていくようです。
しかし、日産は現場段階での販売政策は大して他社との差はないのにトップ段階での行動力には他を突出しているように思えます。
他の国内メーカーは上から下までどこも差はなく、何かしらアクションがなければ確実に滅びるように思えます。

167 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/06/02(日) 02:19
165の話はインパクトありましたが日産+ラウンドアップの話が出て早、過去の話になりました。^0^しかし川上も川下も再編の時代だという事を身近に感じる出来事でしたね。川上といえばヤマハの中興の祖、川上源一さんが亡くなりましたね。ご冥福をお祈りします。昔大変お世話になりましたので、、、。合掌。
さて来週はいよいよTとSの話かな。

168 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/06/02(日) 09:13
日産がラウンドアップをやるのなら、バスタはアベンティス直販になるのでしょうか?

169 名前: YON 投稿日:2002/06/02(日) 10:00
バスタは日農でも売ってますが…

170 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/02(日) 13:51
>>168
 みんな仲良くジェネリックということで(^_^;)

171 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/02(日) 13:54
>>167
 TとSねぇ・・・・なんとなくアレとアレかって気もしますが、
まぁよくわかんない。

172 名前: やまし 投稿日:2002/06/06(木) 00:16
日産がラウンドアップを買ったということは、バスタは取り上げ
られるのでしょうかね?
ところで、バスタとラウンドアップは、どこが違いなのでしょう
か?ジェネリックがでているグリフォサートより、バスタの方が
手堅い商売のように見えるのですが。
効果の違いを御存じなら教えて下さい。スギナへの効果さだけで
すか?

173 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/06(木) 18:25
>>172
 ラウンドアップもバスタも植物がアミノ酸を生合成するところを阻害します。
ラウンドアップはアミノ酸の生合成阻害だけですが、バスタは生合成阻害した際に副産物として
植物体内にアンモニアが蓄積するという話だったと思います。
そのアンモニアの毒性でラウンドアップより早くかれさせる力があるということだったと思います。

 じゃぁバスタが優れているのかといえばそれはわかりません。あんまり変わらないかも(゚.゚)

 なお、ラウンドアップとラウンドアップハイロードは原体が異なります。
理屈から言えばハイロードの方が少し効くはずです。

174 名前: グリホサート 投稿日:2002/06/06(木) 19:08
グリホサート系の除草剤は一般的に効果が出るのが遅いとされていますが、肥料の尿素と混ぜて使用すると雑草も早く枯れ始めます。
ちなみに、ラウンドアップ等のグリホサート系除草剤は根まで枯らしますが、バスタは根まで枯れていかないけれどもスギナへの効果は高いという違いもあります。

175 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/06/08(土) 08:22
バスタの無登録ジェネリックは存在するはずです。
それどころか、グラモキソン(パラコート24%の毒物、1986年登録失効)の無登録品も出回っています。
おーこわ。

176 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/18(火) 00:57
>>175
 グラモキソンは日本以外の国ではよく使用されていますからね。
特に韓国では人気があるとか。
 まぁ、それにしても無登録農薬で事故が起こる日は近いですね。

177 名前: のらいも 投稿日:2002/06/18(火) 07:20
ラウンドアップを買った日産化学がバスタの販売権を9月末失うとのうわさを聞きましたが、これってやっぱりラウンドアップとのからみで召し上げになったのですかね。
日産のもっていたバスタの製造に関連する特許はアベンティスに売ったのでですかね。
その金をラウンドアップに充当ししたりして。

178 名前: TJ 投稿日:2002/06/21(金) 11:26
知名度が高い「ラウンドアップ」という商標が使えること、「ラウンド
アップ ウルトラ」など製剤改良品のノーハウを入手できること、近く日
本市場に導入が予想されるGMイネへの適用が可能になると予想される
こと、などを考慮すると、たとえバスタを手放してもこの買い物は日産
化学にとって有利と考えられますね。

179 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/06/22(土) 19:33
 ラウンドアップウルトラですか。次々出てきますね(^_^;)
新製品出すより確実に保守的なお客をつかんでおいた方がいいような気もしますが(^_^;)

 GMイネはどうですかね?私は日本では全く受け入れられないと思うんです。
イメージ的にも味覚的にもブランド的にも良いところはないし、
水田除草剤の値段はラウンドアップ+種子料+技術料に負けてないと思うんですけど・・・

180 名前: LET IT BE 投稿日:2002/06/23(日) 04:01
GMイネについては、私も日本では必要性が少ないし、受け入れられない
と思いますね。食糧増産の発展途上国においては、必要かもしれませんが。
日本の稲作は、もはや経済活動といより芸術、文化の領域とおもわれます。
今のコシヒカリで十分です。
棚田などは世界遺産として、今のまま「天然」のままであってほしいです
ね。科学的議論ではありませんが。

181 名前: トロ 投稿日:2002/06/26(水) 13:49
そういえば、かの有名な愛知県農総試のラウンドアップ耐性稲の研究は
どうなったんでしょうかね。
確か、求めるところは、たてきさんのいわれる値段ー農家の人件費だったと
思うんですけど。
私も、食べたいとは思いませんが…。

182 名前: 名無しさん@魚毒性D 投稿日:2002/06/28(金) 20:13
ラウンドアップを水田に散布しても、土壌処理効果は全くないので複数回散布する必要があり、全く省力的でありません。
ということはラウンドアップ耐性イネの商業ベース開発はないのでは?

それと、GM技術はラウンドアップ耐性植物をつくることだけでないですよね。
もし、コシヒカリクラスの食味を持ちいもち病耐性のイネが開発されたら反響は大きいと思いますよ。
外資農薬メーカーはいもち剤が手薄なので、躊躇無く開発できるでしょうし。

と思いつつ、イネのゲノムを解読したS社はピロキロン持っているしどうすんだろうか?

183 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/07/01(月) 00:24
>>182

 イモチ耐性の良食味イネができたとしても、
それが普及するかといえば・・・現時点では?マークじゃないですか。
今のコシヒカリブームはコシヒカリという名前を買っているのであって
味なんかほとんどの人がわかってないでしょう・・・って思うんですけど。

 イネのGM目標ってなにかなぁ?思いつきません。

184 名前: ポン太郎 投稿日:2002/07/01(月) 06:42
ラウンドアップレディ稲はラウンドアップを究極の後期一発処理剤するのが目的と思います。
したがって省力化には非常に貢献できる可能性があるようには思えますが。
もう一つの目的は医食同源ではないでしょうか。

185 名前: PENNY LANE 投稿日:2002/07/03(水) 21:57
184番さん 医食同源の意味がわからないのですが、お教え願います。

186 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/07/03(水) 22:25
結局バスタは、アベンティスの単独取り扱いになるそうです。(古い話で恐縮ですが)
あと、名無しさん@魚毒性Bsと名無しさん@魚毒性Dさんは同一人物ではありませんので、ご注意ください。
お名前を使っていただくのは、一向に構いませんが。

187 名前: YON 投稿日:2002/07/04(木) 01:26
>185
私も不思議に思っておりました。医食同源…。

それはそうと、後期一発処理というのは、たしかにラウンドアップの
性能によくフィットしたものだと思います。もっとも、そうした場合にも
問題があると思います。まず、後期一発処理まで雑草を放置するので、
競合によるイネの減収をもたらすリスクがあること。もう1つは土壌処理
活性のないランドアップはスプレーせざるを得ないため、せっかく省力的な
水田除草剤の処理システム(希釈なし・散布機なし)に逆行するように思います。
どうなんでしょうね。

188 名前: "たてき ◆" 投稿日:2002/07/04(木) 07:55
>>187
 医食同源は遺伝子組換えによるコメの栄養改良とかアレルゲン除去とか
高機能生理活性物質(ワクチンとかビタミンとか)の組み込みなんかを指すんでしょう。
ちょっと本来の医食同源とは意味が違うようですけど、世間ではそういわれているみたいですし。

>>184
 安い初中期一発剤で最初叩いちゃって、取りこぼしをラウンドアップでやっちゃうって
ことですかね。後期剤の需要は今でもありますしね。
ラウンドアップのスプレーは無人ヘリならあっという間に終わると思うし。
抵抗性除草剤が今以上にはびこればあるいはGMイネにも勝機はあるとふんでるのかもしれませんね。

189 名前: ★たてき 投稿日:2002/07/30(火) 00:54
 最近、ネタないですか?

190 名前: あぼーん 投稿日:2002/07/30(火) 16:44
あぼーん

191 名前: あぼーん 投稿日:2002/07/30(火) 19:40
あぼーん

192 名前: あぼーん 投稿日:2002/07/30(火) 22:11
あぼーん

193 名前: たてき 投稿日:2002/07/30(火) 23:16
 わかる人には思いっきり分かる話ですね(^_^;)
>>190から>>192を残しといても大丈夫かな(^_^;) どうしよう、あぼーんしようかな・・・
風説の流布とかなったら掲示板の管理者が責任追わされるしねぇ・・・
う〜〜ん、、、、

194 名前: たてき 投稿日:2002/07/30(火) 23:21
>>190 >>191 >>192
 すごいネタありがとうございました。
あまりに生々しい噂ですのであぼーんさせてもらいました。
まぁ、私はこわくてレスできませんね(笑)

195 名前: SU 投稿日:2002/07/31(水) 00:27
初めて発言します。
惜しいところでおもしろそうなネタを見逃してしまったようです。
内容を知る方法はないのですか?

196 名前: たてき 投稿日:2002/07/31(水) 07:56
>>195
 内容を知れたらあぼーんした意味がないですね(笑)
ネット上の情報は閲覧した人のHDDにキャッシュとして残るばあいもありますから、
そのキャッシュの中身を見ればわかりますけどね。

197 名前: 名無しさん 投稿日:2002/07/31(水) 08:43
武田薬品が農薬事業を売却
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20020731ATAHI221030072002.html

198 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/07/31(水) 08:48
やっと国内が再編に入りましたね。外資から送れること10年。失われた10年です。ニッチ商品で生き残りを掛けると言っておりましたが、いよいよニッチもサッチも行かなくなってきたかな。

199 名前: YON 投稿日:2002/07/31(水) 09:02
日経は情報が早いですね。新聞発表は明日になるかなと思ってましたが。。

200 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/07/31(水) 22:03
ちょうど200目にて167でのTとSが本当になりましたね。約二ヶ月かかりましたね。お疲れ様でした。というよりこれからが疲れそうですね。TもSも一流中の一流なのですから頑張ってください。零細方面も再編開始ですね。さあどうすんべ。おろおろしさんあたりと飲みながら業界話でもしましょうか。どないでっか?たてきはん?

201 名前: たてき 投稿日:2002/07/31(水) 22:24
 そうかぁ、あんときのtとsってこれだったんですね。
わからなかった(^_^;) sはシンジェンタだと思ってました(^_^;)
 190から192はあぼーんしちゃったけど、そういう書き方をすれば、
TとNが怪しいってことになりますね。これは当たるかな。

 おろおろしさんとは1月以来、零細様とは約2年前以来おあいしておりませんが、
私もいろいろ考えないといけないので(^_^;)いろいろ教えてもらえる機会をください。


202 名前: たてき 投稿日:2002/07/31(水) 23:19
 まぁ、それにしても三井+住友+武田というのは日本の農薬メーカーの一つの夢を実現しましたね。
それは外資の原体に頼らず一社で水田分野を全てカバーすること。日本人としてはうれしいですね。
 デラウスにリンバー、スタークルにトレボンにスミチオンにベストガードにダントツにパダン・・・・
イマゾスルフロンにブロモブチドに・・・・ヒエ剤がないか、カフェンストロール?
いいなぁ、この品揃え。外資にも勝てそう。

203 名前: HUMI 投稿日:2002/07/31(水) 23:54
農薬業界本当に大変ですよね。

なにしろ、新規農薬開発費が無いのですから生き残れません。
Nも外資導入予定だそうです(合併かな)。

水田農薬に頼りっきりの現状は?マ−クです、なにしろ面積が減る一方です。

国内メ−カ−もODEに頼らない体力が欲しいものです。



204 名前: 名無し 投稿日:2002/08/01(木) 06:07
怪しいTとNってもう具体的に噂はあります。
あくまでも噂であって、真相ははっきりしておりませんが。

205 名前: たてき 投稿日:2002/08/01(木) 17:50
 零細方面の再編となりますと、見当もつきませんが、ホームセンターが伸びれば
零細方面もやばいですよね。それとメーカーが再編されれば特約店の再編が不可欠だから、
多くのメーカーの特約店になって手広くやるような商売はむつかしくなるかも
しれないですね。

206 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/01(木) 21:56
どうもはじめまして。

非農耕地分野はどうすんだろうか?
レインボーにタケダ園芸、自前設立のグリーン&ガーデン、
農業分野の余波でこっちの再編もすすむのかなぁ?

似たような会社を複数もってもしょうがないから
近い将来、一つにするのだろうね、きっと。
(家庭園芸の分野でタケダ+レインボーのブランド・販売網に
三井+住化+武田の原体・肥料・資材供給能力はでかいよー、
脅威っす。)

207 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/01(木) 22:28
住友と武田の合弁会社の話が両社のHPにニュースリリースとして出ています。
(内容は同じです。)
http://www.takeda.co.jp/press/02073101j.htm
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/20020731.pdf
農薬業界もモーニング娘。のように再編が続きそうですね。
数年後には、今の日本の農薬会社のうち、何社が残っているのでしょう。
ところで、保田が卒業すると、たてきさんもファン卒業ですか?
一層低年齢層向けグループへのシフトが強まった再編のような気がします。
農薬と関係ない話ですみません。(^^;)


208 名前: たてき 投稿日:2002/08/01(木) 23:26
 保田が卒業した限りはたてきもモー娘。卒業です。悲しすぎ。
っていうか、にいがきとか小川みたいなクソが入った時点でだいぶ冷めましたが。
ヨッシー肥えすぎ、石川はケバ過ぎ・・・
一応、次期アイドル候補としてはソニンちゃんを考えています。アイドル依存症のたてきには
アイドル無しの生活は考えられません。

 それはともかく、「住化武田農薬」っていう社名はダサくないですか?直接的すぎ。
「トマト農薬」とか「STJ農薬」とか銀行の合従連衡を参考にすれば良かったのに。

 まぁ、それにしてもまずは合弁子会社っていうのが将来のつらさを予見させますね。
要するに5年間で住化が武田を好きなように作り替えて、おいしいところだけ取り込むってことですよね。
大丈夫か>住化武田農薬の社員。ホントがんばってください。


209 名前: おろおろし 投稿日:2002/08/02(金) 12:56
昨日、弊社主催の農薬説明会を某JA様で行いました。
参集いただいたメーカー様に、たまたま(!)武田薬品・住友化学そして三井化学の方もおられました。
他のメーカーの方も、いつ我が身にふりかかってくることかという思いのように感じました。

外資に限らず、日本メーカーも勝ち残りのための動きが加速していっているみたいで、「おろおろし」ながらも、振り落とされないように、必死でついて行こうと思っています。
20年前頃には、「商系大手5社」という言葉がありましたが、もう死語になってしまったかもわかりません。
知らない人もいるかもわかりせんので、50音順で紹介しますと、三共・武田・特農・日農・日産です。
その当時、系統メーカーとしては、クミ化・北興・八洲・三笠・大日本除虫菊とあったと記憶しています。

ところで、おとなりの韓国では、業界再編や流通変革がどうなっているか知っている人がおられたら教えてください。
日本での動きとは別なんでしょうか?

210 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/02(金) 22:36
よく考えると、「住化武田農薬」という会社は、日農以外では久しぶりに「農薬」という言葉が入っている社名ですね。
このことが例えば求人などにどう影響するか気になります。(日農さんはどうなのでしょう。)
大日本除虫菊が農薬を手広くやっていたのは聞いていましたが、系統メーカーだったとは知りませんでした。
三笠・特農も今はなき会社ですね。


211 名前: たてき 投稿日:2002/08/03(土) 00:16
>>210
 そういえばそうですね。○○農薬という会社は意外と少ないですもんね。
アグリカとかバイオサイエンスとかアグロとか・・・
 ○○農薬っていうのは求人的には有利だと思いますよ。なんだかんだ言っても
「農薬」というものは有名ですからね。なにやってるかわかるのはいいですよ。


212 名前: たてき 投稿日:2002/08/03(土) 00:20
>>209
 昔はそんな時代もあったんですね〜〜って思いました。

 ところで、韓国。おおざっぱな話ですが、韓国では製剤メーカーが
日本ほどは育たず、自社での原体開発力も遅れてしまったことから、地場の
農薬会社の主だったところは全て外資の傘下に入ったと聞いたことがあります。
いまはどうかわかりません。数年前に聞いた話の記憶です。

 水田の除草は日本同様一発剤が主流で、ピラゾスルフロン混剤が強いと
聞いたような記憶が。でもって、乱売がひどく、1袋1000円切るような状態とか
聞いたような記憶が。あやふやですいません。

213 名前: YON 投稿日:2002/08/03(土) 01:00
LG ChemicalとDongbu Hannong Chemical
ってたまに聞きますね。外資の傘下なのかどうかは知りませんが。

Doungbu HannongのHPで商品ラインナップが見れます。結構数は多いですね。
http://www.dongbuchem.com/english/product/pro1_index.html
Doungbu Hannongは最近独自にmetamifopという除草剤を開発した
と聞いてます。クリンチャーなどと同様の使い方が予想されます。
(構造はむしろfenoxaprop-P-ethylに近い)

214 名前: たてき 投稿日:2002/08/03(土) 09:25
 関係ないけど韓国のHPはきれいですねぇ。ITに関してはやはり進んでますねぇ。

215 名前: かかぽ 投稿日:2002/08/03(土) 10:08
てっきり武田は何処か外資と合弁かと思っておりました。
意外な合弁です。
合弁子会社の間に、住友に対し、よほどの存在感ある成果を与えないと、武田の筑波の研究所は吸収されてしまいそうですね。
住友も欲しいのは、武田の原体特許と国内販売網くらいではないでしょうか。




216 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/04(日) 09:11
>>215
つくばの研究所は2年後に消滅することがもう決まってます。
>住友も欲しいのは、武田の原体特許と国内販売網くらいではないでしょうか。
まあ、そんなところでしょう。



217 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/04(日) 10:18
>>216
 がぼ〜ん、、マジですか。で、研究員はどうなるんですか?

218 名前: かかぽ 投稿日:2002/08/04(日) 10:33
研究員の動向も去ることながら、工場(原体、製剤)はどうなるのでしょう?

武田園芸なんかの動向も興味ありますね。
武田園芸、国内園芸用農薬市場では相当のシェアを占めてませんでしたっけ?
そのブランド力を考えると、武田園芸の名前がいきなり変えることにメリットがあるとも思えませんが。



219 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/04(日) 17:57
住化武田農薬の農薬は、どんなブランドで売られるか気になります。
すでに定着している「武田」ブランドをなくすのは、もったいない気がしますが、
住友はそんなことは気にしないのでしょうか。
あと、住友って武田の下松、郡山工場のような製剤設備を持っていましたっけ?

220 名前: 抵抗性 投稿日:2002/08/04(日) 23:55
広島に西部化成という製剤子会社がありますね。

221 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/05(月) 00:14
>>220
 そのほかにも外注先はあるみたいですね。
アグロスも去年統合していますし。


222 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/05(月) 01:30
 農薬ネットの業界再編をまとめたページもちょくちょくアップさせてます。
頭の中ごちゃごちゃになった方はどうぞ。
http://www.nouyaku.net/tishiki/SIRYOU/kaisya.html

223 名前: 216 投稿日:2002/08/06(火) 10:53
>>217
まじっす。研究員は住化の研究所に移ることになるようですが
詳しいことは未定です。
減退、製剤は今後10年間武田の設備を借りる形で、
光工場などでの生産を続る予定ですが、その後は未定。
ほんとにどうなるのでしょうか?


224 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/06(火) 21:06

製剤工場
住友の製剤子会社は西部化成。
だが、三井にも2つばかし製剤子会社(三中・三東)がある。
それらの兼ね合いはどうするのか?
製剤工場は2つで充分のように思えるが。

合併後
合弁期間5年においては住化武田の社員は出向扱い、
その後は住化に転籍だろう。
5年間に自然減(定年)で80人弱は減るとみても
ちと、人数は多い。
しかしながら住化のやり方は、山本農薬+中外=アグロス
の時も表立ったリストラはしなかった。
最近のアグロス吸収時もしかり。そのへんの流れを見ると
早期退職募集ぐらいはやるだろうが
表立ったリストラ策はしないのではないか?
・・・ただし、今回は規模がでかいから過去は参考にならない
かもしれない。
(ところで武田には若手の社員はいるのだろうか?)

家庭園芸分野
レインボーの売上は大体40億強
タケダ園芸の売上は80億強
(レインボーは除草剤に強く、タケダは殺菌・殺虫に強い)
家庭園芸での農薬の売りが全体で確か200億強だったと思うが。
タケダ・レインボーあわせて140億、独禁法には触れないのか?

販売網、
武田の卸会と住友の卸会ではダブる卸が多い。
さらに住友はアグロス吸収時に卸の選定をしたと聞く。
だから販売網の拡充よりは、
主要卸の店内シェアアップが主目的ではないか?
(あとは系統売り?)



225 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/08/06(火) 22:18
ついに看板では食えない時代に入りました。昔は良い看板の会社に入ると看板のお陰で一生が保障されました。外資系は看板に胡座はかけません。日々の努力と勉強と成果に運です。そういう意味ではむしろ従来型日本式上場企業系大会社よりは零細に近くなります。つまり今月給料が貰えても来月はわからない。業績が悪ければボーナスなんてありえない。そういう点では零細農薬卸の弊社は外資並ですね。えっ「害し?」

226 名前: かかぽ 投稿日:2002/08/06(火) 23:13
圃場なんかも無くなってしまうのでしょうかね???

227 名前: Mockingbird 投稿日:2002/08/07(水) 18:30
小生の知っている某外資系の開発兼営業職の方は、すでに6つの外資系農薬会社を経て(といっても自分とは無関係に、勝手に名前が変わった)、いよいよ7つめのバイエルに落ち着くようです。農薬業界再編の荒波を越え「勝ち組」になるのでしょうか。真の能力がものをいう時代になりました。

228 名前: 名無し 投稿日:2002/08/07(水) 20:51
外資系のメーカーの営業職の人たちはホームセンターの農薬の価格調査と宿泊先のホテルでパソコンを開いてメールのやり取りに明け暮れているというどうしようもない人がいました。
とてもじゃないけれど、農家の人たちのことを考えて仕事をしているようには思えない。
まさに、零細農薬卸さんの「害し」という言葉が当てはまるような状況でした。

229 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/07(水) 23:02
ホームセンターなどの流通は分からない処でしょうか?<害し

230 名前: SU 投稿日:2002/08/08(木) 01:25
>>201
TとNって、○モ○と○ノウという噂を小耳にはさんだのですが…

231 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/08(木) 12:25
>>230
新聞に出てたりして
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/index.html

232 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/08(木) 12:29
↑まちがい
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200208/07/01601_0000.html

233 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/08(木) 22:35
>>231-232
実はソースはこの掲示板だったりして。

234 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/08(木) 22:43
>>233

 新聞の記事を読んでみました。
トモノアグリカが品目として有機銅とマシン油を売りに出しているとも
読めました。島田工場というのがあるそうですが、閉める方向?みたいな記事の内容でした。

235 名前: HUMI 投稿日:2002/08/09(金) 00:01
島田は閉めないでしょう。
シンジェンタに特化する可能性はありますが。

236 名前: Ag 投稿日:2002/08/09(金) 22:09
>>235
島田工場は年内で閉鎖のようです。

237 名前: 抵抗性 投稿日:2002/08/09(金) 22:47
住化と武田の売り上げを合わせると、国内主要卸100社のうち
約1/4で店内シェアトップになるようです。三共や日農の動向
によっては、商系は住化武田連合の独壇場になるかもしれません

238 名前: HUMI 投稿日:2002/08/10(土) 01:33
ありゃりゃ。島田閉鎖ですか。

先月行きましたが、そんなこと一言もなしでした。
シンジェンタの商品で倉庫一杯でしたし約40名の方々はどこへ?、

日農はいかに?。


239 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/10(土) 07:11
>>238
http://www.nichino.co.jp/info/20020809.htm
 ↑日農の公式発表

 トモノを買うわけではなく、トモノの品目をいくつか買うということのようです。
ですから島田工場については日農はノータッチみたいです。


240 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/08/10(土) 10:38
まあどちらさんも大変ですね。皆さん暑さで発狂寸前じゃないんですか。上場企業の皆さんなんですから気持ち良く軽井沢ででも1週間位ゆったりした気分で善後策を考えた方が宜しいと思います。秋口にはまたまた何やらありそうです。早まったことをしてから「あれれれれれ〜」なんてことにならぬように、、、。日農さんから「Zボルドー」ですか、、、。
下らない話ですが我社では農薬屋ということで泥棒のことを「ボルドー」と言います。例えば「下着ボルドー」とか。すいません。まあ夏ですから。

241 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/11(日) 00:24
>>240
 う〜む、意味深なお告げ。ますます発狂寸前です。

242 名前: おろおろし 投稿日:2002/08/11(日) 20:02
週刊ダイヤモンドの8/10・17合併号に「武田薬品から農薬事業を買収した住友化学の真意」という記事が載っていることを新聞広告で知り、
近くの本屋に行くと田舎のせいか売ってなくて、図書館に行って読んできました。
・・・内容は、立ち読みできる程度ですので、読んでみてのお楽しみという事で。
経済誌に、農薬業界のニュースが載ることの方が興味深いと思いました。

243 名前: HUMI 投稿日:2002/08/13(火) 02:28
日農、240みたいなことありますかね?

秋口(9月)より11月のほうが可能性大かな?。


244 名前: 名無しさん 投稿日:2002/08/13(火) 22:13
トモノは会社自体なくなるとのうわさもあります。

245 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/14(水) 09:29
>>244
 東京行きの新幹線に乗っていると静岡駅をすぎてすぐのところに
トモノアグリカの目立つ美しい社屋が見えますよね。立派な会社だと
思うんですが、うわさの真意はともかく大変なんですね。

246 名前: Ag 投稿日:2002/08/14(水) 20:06
>>244
工場が閉鎖予定らしいので、会社自体なくなるんじゃないでしょうか?
工場閉鎖 → 売るものがない → 営業も必要ない → 会社閉鎖。
となると思うのですが、どうでしょう?

247 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/08/14(水) 22:59
トモノの社員はどうなるのでしょうか。
シンジェンタか日農に移籍ってことでしょうかね。

248 名前: ピーチ姫 投稿日:2002/08/15(木) 09:16
>>247
数日前の化学工業日報に、記事が出ていたと思います。
再就職先を斡旋したり、退職優遇制度があるみたいです。

まあメーカーに限らず、JA組織も二段階やら合併という名前でのリストラ再編中ですから・・・。

249 名前: おろおろし 投稿日:2002/08/15(木) 09:48
>>247,248

関係する記事が出ていました。

http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news/02081403.html



250 名前: HUMI 投稿日:2002/08/15(木) 22:54
この業界外では外資導入により大変な事になってるところ多いですよね。

アメリカ発の株価低下が原因でしょうが、売れるものは損を承知でも早く現金化しダメなら民事再生法に移行。
少し前、日本がしたことと同じですが潰しはしませんでした。
やはり外資はシビアですね?。


251 名前: ありゃりゃ 投稿日:2002/08/20(火) 17:25
再編最新ニュースですね-。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=29497
日経プレです。
日農さん、リストラの後に買収ですか?
うーん、どんな経営を目指しておられるのでしょうか??

252 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/20(火) 18:49
>>251
 がび〜〜ん。三菱化学の農薬がどっかに行くのは予想通りだけど
日本農薬とは思わなかった。こりゃ、大きなニュース。

253 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/08/20(火) 18:59
そして240の話に行くのです。しかし、外資の再編に比べて小さいですね。

254 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/20(火) 19:15
http://www.nichino.co.jp/
 日本農薬のHPにも情報出てました。三菱化学のHPにはまだ出てなかったです。
三菱化学の農薬といえば除草剤のインダノファンや殺虫剤のピラニカ・ハチハチなどが思いつきますね。
ハチハチは大塚化学との共同開発じゃなかったかな。
いろいろうわさを拾ってみると大塚化学もこのあとちょっと気になりますね。

255 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/22(木) 00:30
 イマイチ、レスが伸びませんね、でかい話題だとは思いますが。
実はあまりでかくなかったりして(~_~メ)

 なんか、発表を見てると日本農薬は三菱の事業をそっくり引き継ぐようで、
三菱が原体供給してた契約もそのまま継続だとか。つまり、この再編で
三菱以外の会社の品目が変わることはなさそうですね。だと、
イマイチインパクトがないことになるのかな。
 業界再編に後れをとっていたように見えた日本農薬がそうじゃないよってことを
見せたことに最大の意義があると感じておりますが。

256 名前: ピーチ姫 投稿日:2002/08/22(木) 07:16
三菱化学の農薬事業について、いわゆる原体メーカーだったため、
メーカー以外の人には、価値がいまひとつわからないこともあるの
でしょう。

話は変わりますが、
「マルゼン化工」さんが、9月に社名を「株式会社SDSグリーン」
に変更されるとのことです。
はっきりわかっていいですね。

257 名前: TJ 投稿日:2002/08/22(木) 10:33
三井化学と住化の合併が発表された時に、三菱化学の農薬事業の
今後がどうなるか気になっていました。三菱には優れた農薬合成
研究者が多いので、すべて日本農薬に移籍すれば日農の創薬力は
格段に強化されるでしょう。

遅れていた日本の農薬企業再編も急展開し始めましたが、残された
他企業の動向が気になりますね。


258 名前: 寅ちゃん 投稿日:2002/08/22(木) 16:49
三菱化学が農薬部門を日本農薬に譲渡するというニュースはびっくりしました!新薬がなかなか出せずに業績も右肩下がりの日本農薬....、今後の巻き返しに大きな期待と関心をよせています。しかし、農薬メーカーというのはなぜこんなに株価が低いんでしょうかね?このニュースがあった日ですらマーケットはまったく無反応でしたが....

259 名前: むむ 投稿日:2002/08/22(木) 17:17
日農は医薬にも開発の手を伸ばしてるって聞いたんですが、
そちらの方はどうなんですかねえ・・・。縮少でしょうか?
そちらで巻き返すなんてことはないのかな

260 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/08/22(木) 18:37
ちょっと無理だべ〈と急に東北弁になりますが〉。

261 名前: どんちゃん 投稿日:2002/08/22(木) 20:13
(問題部分だけ あぼーん)

それから皆さん、バナークリックを忘れずにね。
1日1回1バナー運動!

262 名前: tea-farm 投稿日:2002/08/22(木) 21:33
>>261
これって、マズくない?判る人には判るはずですが。
といいつつ私も、ホントの所は知りませんが、商用で伺ったことはあります。>あそこ

263 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/22(木) 22:16
>>261

 どんちゃーーん、たてきの身分ばらしはこの掲示板では御法度なのだ。

 なんと!新掲示板になってから書き込みの一部だけをあぼーんすることも
できるようになったのさ。

264 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/22(木) 22:32
>>258
 株価が安いのは将来性が乏しいと判断されてるとか、事業を進める上で潜在的にいろんなリスクがあるってこと
とか、あるのかもしれませんね。でも、一番思うのは、上場してる農薬会社はみな売上高や利益の割に資本金や発行株式が
多いからじゃないでしょうか。農薬専業三社の中では北興化学が他の3倍ぐらいの株価ですが、
株式発行数は半分以下ですもんね。株式時価で見るとそんなにかわらんような。

>>259
 日本農薬の医薬部門の売り上げは5億円ぐらいで会社の売り上げ全体の2%にもなりませんね。
縮小されるかどうかはわかりませんね。

265 名前: どんちゃん 投稿日:2002/08/23(金) 08:20
タテキさん。皆さん。御法度破りをお許しください。カキコしてから「シマッタひょっとして」と思ったのですが、時既に遅し・・・。知らなかったとはいえ、本当にゴメンナサイ。ところで再編の話ですが、近頃は探索研究をやめてしまい、今ある原体商売のみを継続するという道を選択するメーカーも多いですよね。それだけ、農薬に対する事業性が疑問視されているということでしょう。こんな風潮の中、日農の三菱買収は国内メーカーのR&Dを活性化させる意味でも、英断だったと評価してもいいと個人的には思います。だって、新しいモノを出さなければ10年、20年後には必ず終わりはやってくるわけですから。。。

266 名前: 寅ちゃん 投稿日:2002/08/23(金) 11:29
ニチノーは数ある農薬メーカーの中でも研究開発志向の強いメーカーさんだなという感じがあります。新農薬の開発で会社の未来を切り開こうとする企業精神は尊敬に値するのではないでしょうか?世界のニチノーへと飛躍していって欲しいですね〜

267 名前: ★たてき 投稿日:2002/08/28(水) 01:25
 一応、このスレも上げておこう。
みなさまご存じですが、このスレには記録という意味もありますので(^_^;)

 10/1(予定) 日本バイエルアグロケム+アベンティスクロップサイエンスシオノギ → バイエルクロップサイエンス
 9/1(予定) 大塚化学→大塚化学ホールディングスという持ち株会社、農薬はその傘下の大塚化学に。

268 名前: おろおろし 投稿日:2002/09/01(日) 20:48
4日間投稿が空いてしまうと、ずいぶんランク(?)が下がってしまいますね。
9月になって、また新しい話が飛び込んでくるんでしょうか?

業界再編の動きの中で、
おろおろしの勤める会社でも、次年度のメーカーカレンダーを申し込む時期となりました。
今年度再編の動きのあったメーカーでは、どんなカレンダーを、準備しているのでしょうか?


269 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/01(日) 20:57
 このスレが空ageされると業界再編が起こるという伝説(?)ができつつありますが・・・
明日あたりなんか起こったりして(^_^;)

270 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/09/01(日) 22:15
>>268
ちなみに我が家には、今年限りと思われる「アベンティスクロップサイエンスシオノギ株式会社」の
カレンダーを貼ってあります。

271 名前: 業界通? 投稿日:2002/09/07(土) 23:53
日経ブレスリリースに出ていました。
メーカーだけでなく、流通も・・・再編中で、影響を受ける所は大変です。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=30795

272 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/08(日) 00:30
 カネコ種苗ってHPをみるととっても儲かってる会社なんですね。
うらまやしい・・・
 それにしても積極的な会社ですね。岩渕農薬ともなんかやってたし。
いよいよ、商系流通も勝ち組とまけ組に別れてくるんでしょうか
私、その方面うといので、的はずれならごめんなさい。

 それと、このスレは記録の意味もあるので古い話もかいときますが、
アグロカネショウの生物農薬+三井物産→セルティスジャパン
http://www.dljdirect-sfg.co.jp/DLJJapan/CompDisc/V_DBK_CompDisc_20020722/20020722_0/495501.html

273 名前: 農薬卸 投稿日:2002/09/08(日) 07:40
メーカーも卸も合併・再編等々の話題がここには数多くありますが、何もない(中身がない)のは系統組織だけのような気がしてなりません。二段階組織への移行ということで努力はしているとのことですが、全然中身のないことばかりでこの先系統組織って大丈夫なのでしょうか?早いとこ解体までした方がいいように思います。

274 名前: 業界通? 投稿日:2002/09/08(日) 10:30
(一部あぼ〜ん)

>>273
たしかに系統組織はリストラ続きで、現場になるほど元気がないように
思いますが、本部の頭のよさと税金を使える強み(?)で、したたかで
す。
卸も、商社機能だけなら、資金力とメーカー交渉力で、分が悪くて、
小売部門を持つJA・量販店に服従する道しか残らないのでは?

275 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/08(日) 11:39
>>274
 ごめんなさい、前半部分は風説の流布に当たる可能性もあるので削除させてもらいました。


276 名前: 名無しさん 投稿日:2002/09/08(日) 21:04
やはりメーカーサイドとしては、主要卸に資本参加するのがてっとり早いと考えついてるみたいですね。
合併や原体買収に金使うより、簡単に店内シェアあげれますもんね。


277 名前: どんちゃん 投稿日:2002/09/09(月) 20:08
先日はじめて知ったのですが、系統3大メーカーのうち、2社は全農よりも○○化学からの出資金額のほうが多いようですね。商系・系統問わず、○○化学主体の再編がまだまだ続きそ〜。

278 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/09(月) 23:25
>>277
 ○○=住友 ですが、三井住友武田が合体して、そこに系統メーカーもがちゃんこすると
すごいことになりますが、そんなことあるのかな?一寸先は闇or光の最近の農薬業界だから
なにがあっても不思議ではありませんが・・・

279 名前: どんちゃん 投稿日:2002/09/10(火) 08:19
>>278
確かに、現在のところは流通確保のための出資とみるべきでしょうね。それにしても、業界への影響力は絶大ですよね。やはり住友は日本の(いや、世界の)ジャイアンツに確実に歩み始めてますね。

280 名前: 業界通? 投稿日:2002/09/15(日) 10:22
>>271
詳しい解説付で、なぜか農業協同組合新聞に記事として載っていました。

http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news/02091001.html
これによると、まだあるのでは?

>>277,278,279
系統メーカーの全農出資分を、系統メーカーは自己株で取得
した方が、本当の意味で自立できるように思います。
全農さんは、出資先メーカーよりも、開発力・資本力のある
外資の方になびいているように見えますから・・・。
全農に影響力のある間に、対等な関係を樹立する必要がある
のでは。
頑張れ、国内の系統メーカー!!

281 名前: Ag 投稿日:2002/09/18(水) 18:08
農業協同組合新聞に次のような記事が出ていました。
シンジェンタ(トモノアグリカ)がカワイ農産資材(株)の発行
済株式を日産アグリ(株)に譲渡するそうです。

http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news/02091803.html

282 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/19(木) 08:04
 トモノビルも売却されちゃってたんですね。
農薬業界で一番カッコイイビルだったのに・・・

283 名前: ★たてき 投稿日:2002/09/19(木) 22:21
 そんなに大したことでもなさそうですが一応・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020919-00000101-rtp-biz

石原産業 <4028> は19日、アルゼンチンの農薬販売子会社「石原アルゼンチナ社」の事業を縮小と発表した。農薬の輸入販売業務を停止し、今後は石原産業の農薬の開発や登録業務などに特化するとしている。(H.K)(ラジオたんぱ)

284 名前: 名無しさん 投稿日:2002/09/19(木) 23:55
科研製薬もついに農薬の研究開発から撤退ですか・・。
ペントキサゾンはいい薬ですがねぇ。


285 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/02(水) 21:06
日経新聞見ると、住化の社長が記者会見で「企業買収などにより農業化学事業の一段の規模拡大を目指す」といったそうです。
「買収案件を探す」ともいってますが、武田の次はどこになるんですかね?

286 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/04(金) 11:29
企業買収よりは「剤」の買収を目指すほうがいいのでは?

287 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/04(金) 11:50
 住友化学はベンレートを買ったりもしてますしね。
三井住友武田+系統メーカー、これ最強。

288 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/04(金) 20:03
確かに「三井住友武田」+系統メーカーという組合せは強そうに見えますが
これ以上人を抱え込むのは難しいのでしょうね。

289 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/04(金) 21:40
系統組織自体、この業界にとって役立たずなものだし…
規模が大きいだけで何とかの大木になりかねないだけ。
三井住友武田自体、そんな無意味なことしたくないはず。

290 名前: AtoZ 投稿日:2002/10/04(金) 23:07
ベンレートを住友が買ったので、将来有ったかも知れない「無登録農薬事件」が未然に防がれ、大変良かったと思います。

291 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/04(金) 23:59
三井住友武田八洲化学ってウワサも・・・

292 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/10/05(土) 11:31
自社製品での一作物フルカバレージが可能でなければ、剤の話でいくと、もはや、あまり合併の意味はありませんね。「他社のこの剤を弊社のこの剤に」の時代から「その作物なら弊社の剤で全部防除が可能です。古い剤も入っていますが効果的にはまだ大丈夫です。減か償却はとうの昔に終っておりますので単品でというわけには参りませんがトータルコストで勉強します。面積に見合う量を伝票だけはお好きな小売を通してお届致します。栽培履歴記載にお役立て下さい。」てな具合に。それと農協でさえ合併後は人員整理を実施しているのに、わが業界では合併後の社員数の多いこと多いこと。そんなに余裕があるのなら少し川下にも還元して下さい。おねげ〜しますだ。

293 名前: TJ 投稿日:2002/10/05(土) 22:07
>>284 研究開発を止めたわけではなくて、研究開発要員を減らして営業を
強化したようです。

294 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/06(日) 01:04
>>292

零細農薬卸さんが本当の意味で零細だとは思いませんが、流通の
全体像から見たら、余分なのは川上の社員数よりも、本当の意味での
零細農薬卸さんのほうじゃないかと思います。川上の方は
一時的には本来やるべき仕事がありますので。もっとも残った川上の
人間が、残った後に本来やるべき仕事をやるかどうかは
組織とその人間の資質に大いに因るとは思いますが。

295 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/06(日) 17:00
全くその通り!最近の農薬の流通業者(卸・経済連・全農県本部等々)ってただ川下に見積りを出すだけの仕事になっているケースが多々あって、農薬メーカーがそのための資金的援助をしてくれるだろうという風な雰囲気しか感じられず、農薬メーカー・農家のことなどお構いなし。
こんなことだったら流通業者の再編こそもっと劇的に行われるべきで、川上の人間ばかりが削られていくというのはおかしな話。
業界再編はメーカーばかりでなく、流通・農家に至るまで部分的であってはならないような気がします。

296 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/10/06(日) 17:30
249、295の大メーカー担当者各位様、日頃は大変お世話になっております。おかげさまで何とか食べております。川下に安い見積もりを出す原資がどこから流れてくるかといえば、川上からであります。「多々ある農薬メーカーが資金援助をしてくれるだろう組」はご隆盛ですし我々零細はさらに零細街道まっしぐらであります。今現在大農薬卸の1%はわれわれ零細卸の10%以上に匹敵する数字となっております。つまり大手の数字を伸ばすにはとんでもない原資をつぎ込まないと不可能になってきた訳でして、つぎ込む原資を人員整理にも求めざるを得ない状況になってきているち思います。たった3500億前後(しかも在庫まで入れて!!)しかない当業界にいったい何人がぶら下がっているのでしょうか。そのぶら下がっている内の何人が必要なのでしょうか。295の名無しさんおっしゃるとおり、メーカーのみならずあらゆる段階での再編がなければ一部に一方的に皺寄せは行き続けるのでしょうね。294さんご存知でしょうが弊社の様に社長が馬鹿面下げて軍手に前掛け姿で毎日配達に汗をかいている会社を零細と言わず何と呼んだらいいのでしょうか?寅さんの隣のタコ社長の会社は「朝日印刷」だったと思います。弊社も社名を「朝日農薬」とでもしようかしら。「参った参った、こう不景気じゃ首くくんなきゃならね〜よ。いいな〜寅ちゃんは。心配事なんてひとつもないんだろ〜。」の世界です。話はかわりますが寅さんがタコ社長に言う台詞で大好きなのが「よっタコ社長、相変わらず営業は不振かい?」ってのがありますが、昔は笑って聞くことが出来ましたが、最近は笑えなくなった今日この頃であります。まあ大メーカー社員各位様におかれましては、気持ちを大きくもって、たかが零細卸の言うことにいちいち気にせず明日の業界をリードすべく奮闘努力してくださいね。

297 名前: おろおろし 投稿日:2002/10/06(日) 20:19
>>295
人のふり見てわがふり直せという言葉がありますが、流通業者を直さないのは
メーカーと農家かもわかりませんよ。
メーカーも、流通も、農家も、自らの経営を見直す時期でしょう。
ただ目的は、利益最大だけではないことも知っておかないと大変なことになり
ます。

サプライチェーンという流行言葉がありますが、メーカーも自らの効率化だけ
でなく、トータルでの効率化を図っているかどうかでしょう。

流通も、見積りや低価格だけで利益を出そうと考えたら、人はいらなくて、
倉庫業・運送業のプロにならないとダメですね。
わたしは、別の道を行きたいと思いますが・・・。

農家は、自ら販売・加工が出来るように脱皮していかないと、後継者は作れない
でしょう。

削られて成果があがるということは、付加価値がなかったという厳しい見方もなり
たつと思いますし、中抜きされるということは中味がなかったということでしょう。
メーカーと農家・消費者の橋渡しが出来てこそ、プロの流通業者だと思います。

道半ばと反省することが多い最近の「おろおろし」です。
と言う意味は・・・
ある総合商社の方が言われていました。
「商社の機能は、FILMです。Fはファイナンス、Iはインテリジェンス
・インフォメーション、Lはロジスティクス、Mはマーケティングのそれぞれ
頭文字です。」
この業界、FILMがバラバラに切れているように思います。

298 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/07(月) 22:12
>>297 総合商社が介在する業界というのは「FILM」を総合商社によってバラバラにされているところばかりでしょう。商社自体がそういうことを恥ずかしげも無く他人に言える、というのは、農薬業界に総合商社があまり入りこんでないだけじゃないかと。ま、総合商社にとって魅力ある上がりが得られる業界でないだけでしょうけど。これだけ儲からない業界で商社があの給料貰いながら商売できるというからくりは一体なんなのか心の底から不思議に思います。

299 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/08(火) 00:30
 農薬業界というのはなんだかんだ言っても儲かる業界なんでしょう。
他の業界はみなデフレや赤字であっぷあっぷですけど、この業界はましな方ですよ。
企業決算だって他の業種と比べればましな方だし。

300 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/08(火) 18:01
たてきさん、それは完全にメーカーの理屈ですよ。
農薬メーカーはうまく新薬を出せれば、医薬品まではいかなくとも
それなりの利益を出せます(もちろん先行投資は莫大だし、リスクも
大きいのですが)。
しかしながら卸の皆さん、小売店の皆さんは縮小するマーケットの
中で日々価格競争にさらされています。
これはどの業界においても、卸・小売店の皆さんには変わらない
状況ではないでしょうか?
しかも困ったことに、対面販売による適正な使用方法、効果的な
使用方法を提供される卸・小売店の皆さんが存在するなかで、
これにタダ乗りする販売業者、ノウハウだけ学んでは他の販売業者
から農薬を買う農家が存在するのです。
この状態は、とてもましな業界の姿とは思えません。

301 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/08(火) 22:05
 卸も小売店も系統組織もみんなアップアップだし、つぶれてるところもある。
他の業界、例えば車とか食品とか電器屋とかガソリンスタンドとかあるいは
商店街とかはどうでしょうか。


302 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/09(水) 17:28
295のメーカー担当者様。そこまで中間流通業者の仕事に異議があるのなら
メーカーが直接農協に販売することは出来ないのでしょうか?
そのほうが農家が買う農薬の値段が安くなるのでしたら農家は
大喜びだと思いますが。なぜメーカーが流通業者を使うのか本当の理由は
何でしょうか?JAや小売店にしてみると流通業者がいるから安く手に入る
競争していろんな情報も手にははいるから流通業者の存在が必要なのだと思いますが・・
でも、個人的には流通業者の数は多すぎるとは思いますがね。

303 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/09(水) 20:53
メーカーの長期的戦略としては、中間流通の削減にあることは間違いありません。
特に外資系は直販指向を鮮明にしています。
全てのメーカーが農家直販というのは不可能ですが、農協直取引きなら可能でしょう。
1県1農協かそれに近い数になれば、それも可能です。
現に系統メーカーは全農県支所すっとばして、各農協に盛んにアプローチしています。
将来は単協とホームセンター直取引が主流になってもおかしくないですね。


304 名前: おろおろし 投稿日:2002/10/09(水) 21:09
>>301
むかし農薬メーカーN社が取引していたお店は、ガソリンスタンドも
経営されていましたが、先月末で閉店されました。
我が社も取引が少しありましたが、売掛債権はなく、逆に油代の
支払いが残っていただけでした。
先日、管財人から、自己破産通知が届きました。
2〜3年前から、こんな話は日常茶飯事とは言いませんが、年数回は
あたりまえです。

今日、家内が、K市にある大手ショッピングスーパー(ダイエーでは
ありません)に行ったところ、専門店がなくなって、商品陳列も寂しい感じ
で、あれだったら近々店を閉めるのではと言う話で、後利用はなにがいいか
という話で盛り上がりました。
駐車場が広いので市役所の分室、葬儀屋、シネコン映画館、ビッグカメラ・・・。

305 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/10/09(水) 22:07
>>304
ヤ○ダ電器とかド○キ○ーテとかどうですか?
農薬関係なら、ホームセンターとか。

306 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/09(水) 22:52
>>303
 農協離れが進んで農薬メーカーと食品流通や製造が組んで優良産地を囲い込み。
農協に残ったのは零細農家ばっか・・・ということが近未来に起こるかも?

>>304
 そういったお店達と農薬業界を比べた場合いかがでしょうか。

307 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/10(木) 06:28
農協直取引は十分に考えられます。
農家直取引は、支払面さえクリアすれば可能かとも思います。
系統メーカーの農協直取引指向というのは現実に現れてきております。
ただし、この中ではサンプルの大量ばら撒き(リベート代わりで数百万単位)等の贈与といった行為がなされているのも事実。
公取にはこの辺の調査を厳しくしてもらいたい…

308 名前: おろおろし 投稿日:2002/10/11(金) 08:16
>>306
業界を括って、一概には言えないでしょう。

昨日、知合いの公認会計士と850円のカレーの昼食をしながら
雑談しましたが、
その方は、「国際会計基準」くそくらえという持論を持たれて
いました。
この基準で考えれば、株・土地などの資産を購入することは
リスクが大きいことと判断され、当面、株価も地価も下がる一方
でしょうと見通しを立てられていました。

となると業界を問わず、いままでに株・土地など資産を抱えて
しまった会社ほど大変だということでしょう。
ずいぶん、この掲示板のタイトルと違った話になってしまいました。

となるとシンジェンタのコアでない事業関連の資産売却路線は、
正しいということになります・・・。

309 名前: 新参者 投稿日:2002/10/13(日) 22:41
再編といえば最近大手医薬系メーカーと大手系統メーカーとの噂があるそうです。何があっても不思議ではありませんがそれにしても・・・。

310 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/14(月) 21:54
 武田もシオノギも中外もアレしちゃったので、大手医薬系メーカーって
アソコしかもう残ってないよ〜〜だから匿名にならないよ(^_^;)

311 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/14(月) 23:22
確かに・・・会社のロゴを変えたメーカーですね。
では、大手系統メーカーとは??

312 名前: TJ 投稿日:2002/10/15(火) 09:05
今までの関係から、提携相手の「大手系統メーカー」は2社に絞ら
れそうですね。

313 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/15(火) 12:03
前にも議論があったと思いますが・・・?
二元メーカーと系統メーカーが一緒になるメリットって
あるのでしょうか?
それぞれ存在意義がなくなるような気がしますが。


314 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/15(火) 20:59
この噂って実現困難なんじゃないかと思えるんですが…
片一方の医薬系メーカーは本体から切り離される噂が絶えないけれど結構しぶといし、
系統メーカーの方は全農がそう簡単にそのような再編などさせてくれないだろうし…

そもそもこの2社の間の給与体系は雲泥の差…



315 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/16(水) 00:49
でもその某医薬はたしか別会社化して分離する予定じゃ?
系統はそのほとんどが経営が苦しく、将来的に単独の生き残りは不可能なので
系統・商系問わずに合併が必要でしょう。

316 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/16(水) 08:17
 流通サイドから見れば系統商系輸出の3つがあってどれがどうくっついて
どう売るのがいいかって感じになるんですけど、企業の規模拡大にむけた再編は
主に研究開発費の高騰をいかに吸収して今後の新剤を出すかって部分が大きいと思うんですよね。
あとコストダウン。だから系統商系っていうのは二の次っていうかそういうイメージ。

317 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/16(水) 08:54
「経営が苦しいから合併」「研究開発費の捻出のために合併」
という理屈が分かりませんね。僕には。
販売減少・人余りの会社同士がくっつくなら、相当ドラスティック
に人員削減・工場閉鎖などをしないとメリットどかろか共倒れに
なると僕は思います。
まだ販売網を充分構築できていない外資に身売りするならば
話は分かりますが・・・。どうでしょう。

318 名前: 新参者 投稿日:2002/10/16(水) 21:41
ジェネリック大手のマクテシマムアガン社の日本法人が設立されましたが、それを伝えたのが系統よりの媒体だったのが気になりますネ。生産資材の低減という錦の旗を掲げてたとえば全農さんの音頭とりで大同合併・・原体の供給はマクテシマムアガン・・・なんて考えられませんか?ついでに農水が登録要件を緩和・・・なんてことになるとすごいですよネ。おーコワ。

319 名前: かかぽ 投稿日:2002/10/16(水) 22:06
系統、商系の合併、コスト削減メリットは十分あると思いますが。
もっとも、この2系統が一つになってくれるのが一番のコスト削減です。
商系、系統に別の品揃えをする不思議な商習慣があるのです。
同じような製剤が多数出てくる要因です。


農水省の登録要件、最近の傾向を見る限り、規制強化ばかりです。
まあ、今後も厳しくなることはあっても、緩和はないでしょう。



320 名前: たまには名無しなたてき 投稿日:2002/10/17(木) 01:08
>>318
 マガンねぇ。良いビジネスを展開していると思うし、興味あるんだけど
イスラエルが本社っていうのがどうもねぇ、、、、好感もてない。。

321 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/17(木) 11:00
別に拘る必要はないのですが、系統・二元メーカーが合併してどうして
コスト削減になるのか、メカニズムを教えてください。
合併すれば自然と系統メーカーではなくなるわけで、存在としては
二元メーカーになるわけでしょう。
系統メーカーだから意義があったのでしょうから、価値ある独自商品を
持っていなければ、人があふれる二元メーカーが出来るだけでは
ないですか?
独自商品があり、それが補完関係にあればそれなりのメリットは
あるでしょうが、現状そうは思えません。

322 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/17(木) 11:03
今後ジェネリックは確実に増えていくのでしょうから、系統メーカーや二元メーカーと
組むよりも、ジェネリックメーカーと組んで、自社ルートで販売するほうが
メリットがあるような気がします。
どこか日本の大手でジェネリックメーカーを子会社として設立するような
ところはないんですかねエ。

323 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/17(木) 23:30
>>321
残念ながら系統メーカーはいまや「メーカー」とはいえず
ただのJA専用卸業者です。
二元メーカーというより、原体メーカーとの合併によって
補完メリットがあるというのは、JAに圧倒的影響力がある
卸機能の取り込みといったところでしょう。
もちろん人があふれますが、これらは他事業に当然振り分
けられますね。出向・転籍も当たり前の時代なんですよ。
ドライステックに人員整理・設備廃棄するのは驚きにあた
いしません。

324 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/18(金) 05:42
そこに来てJAそのものは農薬の販売に力を入れているのが見せかけという現状だから、系統メーカーとか系統組織というのが慈善事業団体化してきているのが実態なんじゃないかと思います。

325 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/18(金) 08:55
ここで更に質問を。
JAに圧倒的に影響力があった?として、彼らの人的パワーが
そうさせたのか?組織がそうさせたのか?を考えたとき、
個人的には後者が大きいと思っています。もちろん素晴らしい
営業マンを見る事も多いのですが・・・。
後者であったとき、二元メーカーになることにより、その強みは
消されるでしょう。
前者であったとき、ドラスティックな人員削減はその強みを自ら
振り落とす事にもなるでしょうし、モティベーションも低下する
でしょう。
二元メーカーではなく、純然とした原体メーカー(ある?)との
合併であれば、強みは維持できるのだと思います。
そういう事で私が疑問なのは、国内メーカー同士が合併して
今のそれぞれの強みを維持したまま、その他のメリットを享受
するのは難しいのではないか、という事なのです。
人員削減が驚きに値するとかそういう事ではありません。

326 名前: あぼーん 投稿日:2002/10/27(日) 00:34
あぼーん

327 名前: あぼーん 投稿日:2002/10/27(日) 17:19
あぼーん

328 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/27(日) 19:13
>>326
 ソース無しの中傷書き込みは削除します。327は道連れになっちゃってすいません。
「自分が情報ソースだ」という場合は名無しさんじゃなくて名前とメールアドレスの
公開を義務づけます。

329 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/28(月) 00:07
>>328
誹謗、中傷の定義はなんですか?
事実を公開しなければ被害が拡大するだけだと思いますが?
あなたは、被害者をふやしたいのですか?

330 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/28(月) 00:12
>>329
 そんなに正義感と自信があるなら、名乗って連絡先も書いてから書いてください。
名無しさんが名指しで組織をソース無しで批判すればそれは立派な
中傷でしょ、違いますか?それも公的機関や政治家など公人批判なら
やぶさかではありませんが。

 この手の無記名掲示板では名無しさんの書き込みは管理者に責任があるという
裁判事例もあるんです。管理する身にもなって欲しいですね。


331 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/28(月) 00:23
>>330
失礼しました。

332 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/28(月) 12:07
>>331
 名前を義務づけといいましたが本名じゃなくてもいいですよ。
ハンドル名でも良いです。でも、メール宛先は書いてね。

333 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/28(月) 19:56
この板を荒らしたい訳ではないので、どうしたらよいか
もう少し考えます。

334 名前: 業界通? 投稿日:2002/10/29(火) 16:51
日経.comより

独バイエル、殺虫・殺菌剤事業をBASFに売却 
 【フランクフルト=池上輝彦】独化学・医薬大手バイエルは28日、殺虫・殺菌剤事業を
独化学最大手BASFに売却すると発表した。
  仏アベンティスから買収した農薬子会社クロップサイエンスの一部で、売却額は
11億8500万ユーロ(約1460億円)。欧州連合(EU)の独禁法令に抵触するなどとして
当局から売却を命じられていた。

 独化学業界の両雄であるバイエルとBASFによる事業売買は珍しい。BASFは
クロップサイエンスが持つ仏工場も買収する。買収対象事業の売り上げは2001年で
5億ユーロと、クロップサイエンスの売上高の約8%に相当する。

 バイエルは巨額の現金収入を財務体質の改善に役立てる。
事業売却後は遺伝子工学によるバイオ関連や穀物向け農薬など主力事業に投資を絞り込む。
化学専業のBASFは農業化学分野の業容拡大を狙う。 (14:00) 


335 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/10/29(火) 17:30
とりあえず国内での話題はプリンスでしたが、やっとはっきりしました。Bayer、BASF共海外のHPでは昨日(10月28日付け)からちゃんと出ております。東北地方では昨夜から今朝にかけて民事再生法がらみの台風が吹き荒れました。卸もいよいよ再編ですね。

336 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/29(火) 17:47
BASFは殺虫殺菌箱処理剤分野で台風の目となりそうですね。
オリサストロビンの実力やいかに!?

337 名前: 新参者 投稿日:2002/10/29(火) 21:34
>>335
福島ですか?社員も取引先も大変です。

338 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/10/29(火) 23:03
ここに記事が出ていました。
http://www.bayercropscience.com/Bayer/CropScience/CSCMS.nsf/id/PressRelease28102002
BASFに売却される農薬は、Fipronil, Ethiprole, Prochloraz, Iprodione, Triticonazole, Fluquinconazole, Pyrimethanil
といったところだそうです。

339 名前: ★たてき 投稿日:2002/10/29(火) 23:55
>>333
 一種の内部告発だと思いますけど、そういうことでしたら
外部に内部告発する前に社内で型つけて欲しいですね。

340 名前: 名無しさん 投稿日:2002/10/30(水) 19:43
福島については取引先は大変ですが、社員の皆さんは新会社に
移るという事で、比較的悲壮感はないようですよ。

341 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/03(日) 14:19
>>340
新会社が、関係先にどう評価されるかで決まるように思います。
悲壮感がないというのが、ちょっとひっかかります。

違う業界ですが、先週48歳の知人が会社を倒産させてしまい、焼身自殺
しました。奥さんと母親と4人の子供を残して・・・。
・・・言葉もありませんでした。

会社を潰すのは自己責任だし、死ぬのは卑怯だ、と言うことは簡単ですが
そう簡単には思えませんでした。

342 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/03(日) 17:46
年間の自殺者が交通事故死1万人に対し3万人。それも40
、50代の男性が急増しているとか。倒産、リストラ、病気
住宅ローン、、、逃避の場合もあるし、死んでお詫び、生命
保険で返却もあるでしょう。一方で厚顔無恥な銀行の経営者
、天くだり、、、、怒りがこみ上げますね。
正直者がバカをみるような今の社会。
命より重いものはありません。どうか、死んだつもりで生き
てほしいですね。

343 名前: 名前なし 投稿日:2002/11/03(日) 21:14
この業界も卸店倒産の裏側には、農協取引(特に広域合併農協)から排除されて卸店の売上規模が小さくなり倒産または経営難になるケースが目立っているように思えます。
何にもしていない、楽ばかりしている、農協職員や系統組織の人間がぬくぬくとして仕事をしているふりだけという業界の構造をすぐにでも何とかしていかないと生き残りを懸けている民間企業の人間や農家は潰れていくだけ…なんて思う今日この頃。

344 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/03(日) 23:36
>>343
明らかに民業を圧迫している公的機関は即刻廃止するしかない
と思います。

345 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/11/04(月) 22:52
>>343>>344
農協は、公的機関ではありません。
農協職員だって、自分の業務と直接関係ない共済の推進などで忙しいはず。
「何にもしていない」、「楽ばかりしている」、「ぬくぬくとして仕事をしているふりだけ」とは失礼では?
確かに倒産しないから危機感がないというのは当たっているかもしれませんが。

346 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/05(火) 19:23
岡山の大原町農協が出鱈目かつ危機意識0農協の極端な事例であります。

347 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/05(火) 21:22
>>346
以前より、組合長がJAを私物化しているという噂が、地元ではあった
そうです。
この事例で、JA全体をでたらめかつ危機管理意識ゼロと言われるのは
真っ平ごめんです。

組合員は、下記の記事によれば、お隣のJAに加入することになるのでしょう。

日経ネット 2002.11.3より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大原町農協公的管理、受け皿機関に勝英農協決定

 岡山県の勝英農業協同組合(美作町、山本雄一郎組合長)は
2日、県が財産保護などを求める管理命令を出した大原町農業協同組合(大原町、土居保和組合長)
の受け皿機関になることを決めた。勝英農協は5日から貯金の払い戻しに対応する。
 石井正弘岡山県知事が5日、勝英農協に対し債務引き受けの適格性認定をする。
同農協は大原町農協の管理人団と契約を結び、正式に受け皿機関となる。

 大原町農協は2日までに19人の理事・監事のうち15人が辞表を出した。
土居組合長は提出を拒否している。管理人団は3日にも裁判所に申請し、土居組合長
の解任手続きを取る方針だ。 (07:00)

348 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/11/05(火) 22:22
まあ、JA職員は全国に30万人もいるそうですから、いろんな人がいるのでしょう。
大半の人はまじめにやっていると思うけど。

349 名前: 業界通? 投稿日:2002/11/06(水) 22:50
また営業譲渡の動きです。
単に売上が大きい方がいいようにも思えませんが・・・。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=34587


350 名前: ★たてき 投稿日:2002/11/08(金) 00:18
>>349
 福島の話といい、この話といい、私はなぜそうなるのかという本質を
つかんではいません。この掲示板で勉強させてもらってはいますけど。
いわゆる卸の淘汰・再編ですが、原因はマーケットの縮小だけなんでしょうか。
それとも何か他の要因もあるんでしょうか。

351 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/08(金) 06:05
銀行の貸し渋りもあると思います。

352 名前: ミニ卸 投稿日:2002/11/08(金) 18:44
過当競争が原因です。卸も累進リベート時代の夢を追いかけ販売量に儲けがついてくるとまだ思っている方々がおります。そして安売り攻勢をかけて侵攻をします。やられた方もスカッドミサイル?パトリオット?迎撃ミサイルやバズーカ、迫撃砲など手持ちの武器で反撃します。時々敵の戦略上重要地点と間違えて病院や学校に命中し非戦闘員が死傷しますが遺憾表明などしません。平和に暮らしていた非戦闘員、あるいは平和だった地域でも身内に死傷者が出るとレジスタンス活動を開始し、しだいに戦闘モードになり泥沼化していきます。かくして業界は国際法的には被害者あって加害者なしの状況が続いております。戦争は疲弊し、させられるものです。長期化すればする程、体力勝負になります。連合軍化するか超大国になるかしか勝ち目はないのです。今外資系は国連みたいに紛争解決に努力しながら戦後(紛争解決後)の経済援助もしくは人道上援助のイニシアティブをいかに取るかを模索しているようなものです。ミニ卸としてはスイス=中立国を目指しております。

353 名前: とおりすがり 投稿日:2002/11/08(金) 23:26
ミニ卸=永世中立国論そのとおりだと思います。
トレーサビリティの導入となれば、農薬はただ安ければいいと
いう時代ではなくなるのでは。広域合併JAに対し、農家の縁
側に上がりこんで、高齢化した農家に、きちんと技術指導がで
き代わりの栽培履歴を書いてあげる、、そういう優良な、農家
に密着した小売店をつかんでいる卸さんは、これからプレセン
スが上がるのでは。きめ細かい小売店の経営指導、技術指導を
するためには、1ないし数県のテリトリーがいいのでは。
全国的な大手広域卸店は、わかりませんが、中途半端は、あぶ
ないのでは。自分の庭の見える範囲で、借金をせず堅実やって
いけば、マーカーからも魅力のある卸になるのでは、、甘いで
すか?

354 名前: とおりすがり 投稿日:2002/11/08(金) 23:29
代わりの栽培履歴を書いてあげる  ではなく替わりに、、
訂正します。(栽培履歴の様式、フォーマットを作ってあげ
農家に替わりに正確に書いてあげるとうことです。)

355 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/09(土) 08:41
ミニ卸さんのおっしゃる通りであります。とおりすがりさんの言うことももっともであります。零細としては以前ここに書いた通りクロップソルーションのお手伝い=「簡単でしかも確実な証明可能なトレーサビリティー」と考えその方向を来年から取り組んでみようと思っております。卸も価格勝負の時代は終わり「もうひとひねり」や裏技がないと生き残り不可能であります。

356 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/09(土) 08:44
ミニ卸さんスイスですか?いいですね。うちあたりは最近ベルギーあたりを目指そうとしております。でも世間からは「北朝鮮」などと思われていたりして!!!

357 名前: ★たてき 投稿日:2002/11/09(土) 10:03
>>356
 鎖国、対外排除政策?? 拉致事件は起こしませんように。

358 名前: おろおろし 投稿日:2002/11/17(日) 11:55
>>352
>今外資系は国連みたいに紛争解決に努力しながら戦後(紛争解決後)の経済援助もしくは
>人道上援助のイニシアティブをいかに取るかを模索しているようなものです。
なるほど…。

>ミニ卸としてはスイス=中立国を目指しております。
オサマビンラディン氏がスイスに逃げ込んだら、どうするのでしょうか?

先日、北朝鮮の見える統一展望台に行って来ました。
そのバスの中で、案内された韓国の人の話を聞きました。
太平洋戦争後の38度線をめぐる争いの中で、アメリカ・ソ連・中国それぞれ
自国の論理により、半島内で、現地の人がどれだけの血を流されたかを知りました。

話がズレて申し訳ありません。
テロ攻撃に対しては、国連の理解も取りつつ、報復攻撃も必要ではと思います。

359 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/20(水) 09:13
テロ攻撃には報復攻撃をしてから話合いの席を設けるのが妥当でしょうね。しかし再三にわたる話合いの席への出席、あるいは「核開発疑惑」やら「大量殺戮兵器開発疑惑」への査察を求めても「知らん振り」をするのが彼等テロ国家のテロ国家たる所以です。よほどの「脅し」をかけないとサダム・フセインみたいに神妙な顔で査察は受けないでしょう。フセインや金正日みたいな社長の企業の戦士の士気は高いですね。特攻も辞さない強さがあります。ある意味では弊社も見習わないといけないかも、、、。「だからいつまでたっても零細のままなのかもしれない」と思う反面、当面零細のままの方がやっぱり良いのかもしれないと思う今日この頃であります。

360 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/20(水) 18:01
兎に角、農薬の性格上技術指導のできる流通業者の方に
残ってもらいたいものです。
これには購入者のモラルが大いに関係するのではないでしょうか?
適切な技術指導&サービスを提供する業者から、妥当な価格で
農薬を購入されることを切にお願いします。
それが農薬業界の発展、とまではいかなくとも継続に導いてくれる
ことと思います。

361 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/28(木) 08:36
三共、来春に農薬部門を分社化へ
http://www.chemicaldaily.co.jp/news/200211/27/01101_0000.html

362 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/28(木) 23:50
関係各位の皆様それでは明晩、日比谷のTホテルでお会いしましょう。

363 名前: ★たてき 投稿日:2002/11/29(金) 00:42
 これで農薬を取り扱っている日本の医薬品会社は全滅ですかね。
中外、シオノギ、武田、三共がなくなりましたからね。


364 名前: 名無しさん 投稿日:2002/11/29(金) 07:48
零細農薬卸さんは本日参加されるのですね。
たてきさん全滅という表現は辛辣ですね。
それぞれ人間は継続して働いているわけですから・・・。
とは言え、医薬品・農薬という特殊な業種で経営面を比較しながら
同居するのには無理がありますかね。

365 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/29(金) 08:58
目立つようにネームプレートに「零細農薬卸」と入れてもらいましょうか。受けね〜かな。洒落にならずにイの一番に切られたりして。となれば今日が飲み納めだ。死ぬほど飲んでこようっと。

366 名前: 娘。 投稿日:2002/11/29(金) 10:20
>363
大塚や科研製薬や明治製菓は、どうですか?


367 名前: 七誌さん 投稿日:2002/11/29(金) 21:20
静岡県にあるT亜具理科の商権売却が決まったようですが。
 これでこの会社も消滅です。
外資と提携したことが、こんなことになってしまいました。


368 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/11/29(金) 22:58
>>366
>>284によると、科研製薬は農薬の研究開発から撤退したようです。
大塚、明治はまだ残っているでしょう。医薬メーカーというよりは、医薬もやってる会社という感じですが。

369 名前: TJ 投稿日:2002/11/30(土) 10:22
明治製菓はオリゼメート、大塚はオンコルというブロックバスターを持って
います。それで当分はOKでしょう。科研は水田除草剤を開発しましたが、
市場が縮小しつつあるので、数十億円の開発費をリカバーするのは無理と
判断したのでしょう。尚、三共の農薬事業は親会社の100%子会社「三共アグロ」
となったもので、武田(住化に譲渡)とは違います。

さて各社はこれからどうやって生き残るか?。数年後には今使われている農薬の
95%がジェネリック化するし、新農薬の骨格は限られてきているので、バイエル
やBASF、シンジェンタのように巨大化しないと膨大な研究開発費をもはや負担でき
なくなりました。新しいビジネスチャンスを見つけることができた企業が生き残る
ことになるでしょう。

370 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/11/30(土) 16:41
ここ何年かで国内市場は3000億を切る状況になるでしょうね。2010年の市場は2600億と試算されたこともあったと記憶しております。豆腐業界、楽器業界位の大きさでしょうか。農薬を売るのじゃなく「防除システム販売の一部としての農薬」といった位置付けでの販売を模索する今日この頃です。住化武田農薬さん昨日はご馳走様でした。今年最後の贅沢をさせてもらいました。感謝。

371 名前: いなかの小さな農業集団の一員 投稿日:2002/11/30(土) 19:32
いろんな意味で由々しき問題・・・
日本人が使うお豆腐代、楽器代と同じくらいのお金を農薬に
使っている、という捉え方でいいんですかね。
これで、単位面積当りの農薬使用量が世界一なんですか?
うーん、どう考えていいのか混乱しますが、少なくとも
産業としてはほとんど成立し難い市場規模のような・・・。

372 名前: ★たてき 投稿日:2002/11/30(土) 23:08
>>367
 トモノアグリカの件は8月にこの板でも話題になりましたね。
トモノアグリカの大部分はシンジェンタに、有機銅など一部は日本農薬に、
工場と本社ビルは売却と相成ったようです。残念なことです。

 >>364
 いや、まぁ、全滅でしょう。三共はHPによると農薬事業としては売り上げが220億円で
赤字が18億円・・・・これでは事業として成り立たないですよね。
 そこで規模と経費を農薬業界として標準的な物にするとのことです。
決して医薬の研究者・販売者・製造者>農薬の研究者・販売者・製造者ということは
ないはずなんですが・・・悲しいです。


373 名前: とおりすがり 投稿日:2002/11/30(土) 23:39
武田薬品は、単体でも売り上げ7792億円、経常利益2675
億円、三共は、4132億円、同866億円、、、、、、
医薬を売るのにイメージの悪い農薬、しかも利益が出なければを
切り離すのは、当然ですね。
今まで日本の農薬業界がもっていたのは、全農のおかげです。
全農が、農薬の価格を決めていたからです。
その偉大な全農も、世の流れ、低コスト農業、デフレ、、、、、、
ジェネリック、、、価格維持機能を保持できなくなった。
靴や衣料と同じような状態に突入です。

374 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/01(日) 12:56
農水で議論されている農協改革のテーマでは
自由競争阻害組織である全農をいくつかに分割して互いに競わせるといった意見の委員もいるそうな。
世界的にも時代錯誤な日本の系統組織は、早晩解体されていく運命なんでしょうね

375 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/01(日) 23:43
農薬ではないのですが。
WTOで議論されてるエイズetc治療薬のコピー薬の発展途上国への輸出は、
医薬品メーカーの経営に大きな打撃になるでしょうね。開発意欲も落ちるでしょうし。
農医薬品を扱ってる兼業メーカーは、医薬品で儲けて、農薬で赤字という型になるんでしょうか?
三菱化学の儲けは、医薬品が稼いでいるらしいですし。


376 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/03(火) 00:01
金曜日のTホテル、潜入してきました。
社長の挨拶では、住友化学と武田薬品が外資の手に掛からず純国産の会社を作った事、明確に農薬を志向している事、などから敢えて漢字ばかりの誰が見ても理解できる社名にしたとか話をしておりました。その後の様子はよく分かりませんでしたが、派手すぎず地味すぎず、そこそこ好感触のパーティーでした。料理は中々良かったですよ。

377 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/03(火) 11:05
tomonoみたいないい会社がなくなるのに、どうしようもない
○○○○化学工業みたいな会社が系統というだけで生き残る。
無借金っていばっているけど、自分とこの商売で借金返した
わけじゃないでしょ?なにか、納得いかない。

378 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/03(火) 22:12
377さんは農薬業界にお詳しそうですね。
なぜトモノがいい会社で、○○○○化学工業がどうしようもないと思うか、
日本の農薬会社はどうなるべきか、外資に吸収されるべきか、系統メーカーは潰れるべきか、
など具体的に聞かせていただければ幸いです。

379 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/04(水) 00:00
 ○○○○化学工業っていっても、つまりクミ化ですけど(^_^;)
クミ化の悪口がこの板では継続的に書き込まれるんですが、同じ人じゃないのかな?
もし、社員さんならまずは社内で解決していただきたい。外部告発より内部告発が先でしょう。


380 名前: AI 投稿日:2002/12/04(水) 00:10
>378 〜@魚毒性Bsさん、私も同感です。
377さん、ぜひ御意見を伺わせてください。
これからどうすべきで、どうなっていくか…。
私はその辺全く判りませんので、本心から知りたいです。

381 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/04(水) 00:54
日経にありましたが、市場が縮小する中で生き残るのは「大手3社以内への集約」だそうです。
紙パルプ・鉄鋼・自動車と、好調な業界はいずれも業界再編による
1社あたりのシェア拡大で国際競争力さえつけつつあるといいます。

これを農薬業界に当てはめてみると、バイエル・シンジェンタの外資2社と、
住友+三井+武田の合わせて3社ということになるんでしょうか。
系統メーカーの牙城は崩せないとの意見もありますが、これら3社が系統メーカーを買収するのに
資金的にはなんの造作もないレベルです。
いずれはこれら3社が系統メーカーを買収した再編がおこると思っています。


382 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/04(水) 06:42
 農薬の場合、他の業界と異なりそれぞれの会社の手持ち原体というのがあるので
鉄やパルプや自動車のようなことはそのまま当てはまらないと私は思います。

 どちらかというと医薬業界と同じ方向性で研究開発費の増大や登録維持コストの増大が
会社規模を大きくしていかなければならない主因であると思います。
ですから、研究開発型の大会社と、製剤特化型の小会社に二分化して、それぞれ生き残っていくと
思います。ただ、そこにジェネリックが絡んでくるとどうなるのかがイマイチ読めません。

383 名前: 亀の子 投稿日:2002/12/04(水) 16:46
著名な農薬原体を開発しているメーカーを国を見ると、ドイツ、スイス、英国、米国、日本、フランスぐらいですか

いってみれば、いわゆる「一流先進国」です。
結城のバイエル研究所で日本人が開発したのが国産か外国産かは悩ましいところですが、国産メーカには、石にかじりついてもがんばってほしいですね。

殺菌剤系でいうと、オリゼメート、一連の抗生物質群、担子菌類対象薬群(紋枯病対象など)、いもちのメラニン生合成阻害剤群、土壌病害用の剤など、日本がリーダー的な分野は結構ありましたね。どちらかというとニッチェをねらったのが多そうにも思います。
こういうのを見るとアメリカ人も脅威をおぼえているようでした。


384 名前: Ag 投稿日:2002/12/04(水) 18:44
D社が合併先を探してるみたいです。
相手はB社???
また巨大外資の誕生か???

385 名前: 業界通? 投稿日:2002/12/04(水) 20:34
>>376
パーティーの様子は、下記に。
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news/02120201.html

もう一つ、住友化学の前副社長が、デュポンジャパンの社長に
という記事は、
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news/02120202.html

>>384
D社も2つありますが、本社がインディアナポリスの方で、
B社も2つありますが、日本の事務所が六本木の方ですね。
B社でなく、もう一つのD社がという可能性も??

386 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/04(水) 22:33
>>379
新しい話題が入ってしまったので書きにくいのですが、、2chにもクミ化を叩くスレが立っていましたね。
どちらも「続きは農薬掲示板で」となっていたので、こちらに移ったのかもしれませんが。
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/991977516/
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/agri/1033619304/l50
どうせ告発するなら、自分でHPを立ち上げたらどうですか?
ここで書いても、同調者は出て来ないと思いますよ。

387 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/05(木) 00:39
>379、内部告発というのは、社内の人間が、公に対し告発する
わけで、このケースはたぶん元社員の人事がらみで会社上司に対す
る怨恨でしょう。最近の企業の不祥事は、内部告発からわかったこ
とでしょう。内部告発は、社会の利益にとっては、大切な行為で、
本来そういう社員は、保護されるべきです。
不況、リストラで社内で不平を持つ人が多くなっており、正義の社
内告発か怨恨わかりにくいのも確かですね。
社員、元社員からにしてもその会社に不利益な情報が出るというこ
とは、やはり問題のある会社なんでしょうね。
特に農薬会社は、たった一人の反乱でも大変なことになりますね。
該当する会社は、思いあたる人と早く和解しないと。最悪、業界全
体の問題に発展しかねます。一人くらい該当会社の関係者見ている
のでしょうからなんとかしてください。

388 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/05(木) 02:50
個別の企業のことを避難することの是非は別として、商系だけ
じゃ無く系統の話題がもっとあってもいいのではないでしょう
か?深刻なのはむしろそちらの方で、みんながどうなるか不安
になっていると思うし。

389 名前: AI 投稿日:2002/12/05(木) 08:30
>387さん
>社員、元社員からにしてもその会社に不利益な情報が出るというこ
とは、やはり問題のある会社なんでしょうね。

わたしも全くその通りと思います。でも、

>特に農薬会社は、たった一人の反乱でも大変なことになりますね。

ということは、農薬会社が「問題がある」という事なのでしょうか?
それとも、農薬バッシングがいまだに続いているこの状況下だから、
気を付けねばいけないと、言う事なのでしょうか?
私としては後者(であって欲しい)と思いますが、文章の流れでは…。

もしそうなら、農薬会社って、社会的な信用が物すごく低いって事ですね。
これは大問題ですな……。(>_<;)

390 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/05(木) 11:17
>>387
こっそり裏で当該会社が社印と示談しておわりというのは解決
方法としては前向きではないんじゃないでしょうか?むしろ
怨恨だとしたら思うつぼじゃないですか?くさいものに蓋では
また同じことのくり返しです。
 この板の主義はよくわかりませんが、意見を書き込み続けて
もらえばいいんじゃないですか?2chのほうも含めて(同一
人物かはわからないけど)あまり「トンデモさん」には見受けら
と思いますが。



391 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/06(金) 02:20
>>389 もちろん後者です。リスクはどんな企業でもあると
思いますが、自動車会社などは規模も大きいし、不祥事が
あってもつぶれることはないでしょうが、農薬会社は、財
務体質も弱く、もろいという面はあるかもしれません。


392 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/06(金) 05:13
農薬会社って財務体質弱いのですか?マーケットで喧伝されて
ることは全く逆なんですが?

393 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/06(金) 06:07
安全なモノを食したいという一般消費者の自然な要求とか、そ
の要求にできるだけ従おうという生産者の自然な努力をバッシ
ングときめてかかるのは被害妄想ですよね。
「たばこはどうなんだ!?」というピントの外れた議論がここ
ではおおでを振るってますし。

>>386-388の煽りへの対応をみてると抜本的な再編とそうとうの意識改革が必要だと思いますねえ。ビジネスなめてない?
ここの人たちはみんな開発のヒト?

394 名前: 名前なし 投稿日:2002/12/06(金) 06:42
開発の人だろうとどこの部署の人だろうとここに書き込まれていることが本当の話ならば犯罪でしょう。
罪を清算する然るべき手段が講じられるべきだと思うのですが・・・

395 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/06(金) 07:13
>>394
 書き込まれていることっていいますが、どの部分をさしているんでしょうか。
それから、何回も同じ人が同じことを書いていると思うんですが、
その都度言ってますけど、いろいろ特定の会社の批判を書くのは止めませんが、その場合は
名前(ハンドル名可)と連絡先(必須)は書けと。
 ごちゃごちゃ言う前に名乗らずにあること無いこと垂れ流すような人間が説得力を持てるのか
よく考えるべき。何回も同じことを言わせないでくださいよ。

396 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/06(金) 14:17
匿名性、情報ソースの非開示は、ある場合たいせつなことです。
現社員は、所属会社の内部告発をする場合は、合法的解雇、左遷
ボーナスダウン等、不利益を被ることがおおでしょう。
ですから、そうれはある程度守ってやらないと。テレビだって、
モザイクいれたり、声かえるでしょう、、、
名前と連絡先を必ず書けといえば、、、言いたいことかけなくなる。
このネットのよさは、許容度とういか、アロワンスがあるということ。
たてきさんの見識とバランス感覚で、とても自由な雰囲気になって
います。農薬会社のひとが、農薬もこういうリスクがあると言ってみたり
有機栽培農家が、実は、、農薬を使わないと大変なもあるとか、、
ポロリと本音もでる。それが大切なんです。
もちろん最低限、個人の実名攻撃や、特定会社の事実を確認できない
「犯罪」などは、このネットでは、書くべきでないし、たてき氏が、
アボーンするでしょう。しかし人間、覗き見根性がありあぼーん内容
は、気になりますね。ですから頻繁にアクセスしてます。
大事なことは、清濁あわせもち、大人の対応をすべきという
ことでしょう。真に犯罪、悪があれは、それは、そのその筋で糾弾
すればいいので、陰湿な怨恨みたいのは、読んでいる人もわかるし
共感はえられないでしょう。
まあ、これだけ農薬関連で自由な発言ができる場所はないので、
農薬工業会、農林水産省、関係団体、このネット表彰すべきですね。

397 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/12/06(金) 20:34
そろそろ零細農薬卸も誰なのか知っている人が増えてきたので、名前を変えようかと思っています。アポーン内容こそ公開すべきかもしれませんね。危ね〜けど。

398 名前: 山野熊五郎 投稿日:2002/12/06(金) 22:32
今すぐ会社を解散して清算すれば現在の株価よりも多くお金が戻ってくることに財務諸表から読み取れる会社もありますよ。


399 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 22:47
ここ数日の書き込みについて、少し書かせていただきます。
377さんは特定の(伏せ字にしてもわかる)農薬企業を批判する書き込みをしました。
それに対し、私はなぜそう思うか質問しましたが、答えは出ていません。
こういうネット掲示板では、他人の質問や意見に答える義務があると思っています。
それを放棄するようなことは、これだけ注目を集めている掲示板にふさわしくないのではないでしょうか。
もし答えていただければ、農薬業界がこれからどうあるべきかいろいろ議論できると思います。
今からでも遅くないですから、ご発言いただきたいと思います。

さて、私を含めた書き込みを批判する方がいらっしゃるようなので、答える義務を果たそうと思います。
私は>>386で、
>どうせ告発するなら、自分でHPを立ち上げたらどうですか?
>ここで書いても、同調者は出て来ないと思いますよ。
と書きましたが、こんなことを書いたのも上記のような私に対する無視があったからです。
質問に答えられないような人に同調できますか?



400 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 22:49
(続き)
あと、>>393では、
>安全なモノを食したいという一般消費者の自然な要求とか、その要求にできるだけ従おうという生産者の自然な努力を
>バッシングときめてかかるのは被害妄想ですよね。
>「たばこはどうなんだ!?」というピントの外れた議論がここではおおでを振るってますし。
とありますが、そういう要求や努力は、「農薬をやめろ」ではなく、「もっと安全な農薬がほしい」
「農薬の散布が減らせるような技術を開発してほしい」という形で出てくるものではないでしょうか。
「農薬を全てやめてほしい」という形ならば、農業は成り立ちません。
ですから、農薬バッシングではありえないのです。
レイチェル・カーソンだって、農薬バッシングはしていませんよね。
また、たばこの件については、他のスレッドにも同じような書き込みがありましたが、
農薬業界人は他の物質より危険でないからいいのだという発想はしませんよ。
科学的な根拠に基づき、様々な観点から安全性を追求しているのです。そうしないと生き残れませんから。

401 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 22:50
ところで、たてきさんには管理人の立場があるので、名前と
連絡先を書いてほしいという気持ちもわかりますが、私は395さんと
同じように、名無しさんで書いても許していただきたいと思います。
やはり、告発者に何らかの被害が生じるのは耐えがたいですから。
ただ、こういう話を書く場合は、できればどの名無しさんかわかるように
してほしいです。2chでよく見られるように、発言番号を名乗るとか。
どの発言を同じ人が書いているのかわからないと、混乱します。
ちなみに、名無しさん@魚毒性Bsはコテハンですので、全て同一人物です。
長文で失礼いたしました。

402 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 22:55
395さん→396さんの間違いでした。すみません。

403 名前: 377 投稿日:2002/12/06(金) 23:22
魚毒性 様

私は某農薬関連の仕事をしていたモノですと述べさせて頂きま
す。
前述の農薬会社については、外から見た印象と中から見た印象
が違いすぎたので今の評価は的を得ていないのではないかと思
いました。私がみたのは会社の中の一部のヒトたちでしたが、
そのヒト達の仕事に対する真剣さがわたしには伝わって来ませ
んでした。なにか自分で自分のやっていることが意味がないと
はじめからあきらめているような、、、
抽象的ですいませんがレスさせて頂きました。

404 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/06(金) 23:50
>>377
早速のお返事ありがとうございました。
さきほどの書き込みはちょっときつすぎたかもしれませんね。
気を悪くしていたら申し訳ありません。
私も農薬メーカーの方々を何人か知っていますが、外側から見る限りは
仕事に真剣みがないようには見えません。まあ、当たり前かもしれませんが。
でもどの会社にもまじめに仕事をする人とそうでない人はいるものです。
ですから、377さんのように思うのも無理はないことです。
それでも多くの人はまじめに会社や業界、引いては農薬を使う農家のことを
考えて仕事をしているから、会社が成り立っているのではないでしょうか。
意味のない仕事もあるかもしれませんが、それだけではないはずと信じたいものです。

405 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/07(土) 01:01
 この掲示板は内部告発などを目的としたものではありません。
そういうことは他でやってください。
どうしてもここでやりたければ、連絡先を書いてやってください。
この方針について議論はしません。無記名だからといって
なんでも認めるわけではないです。
 無記名掲示板の書き込みは個人を特定できない場合は管理者に責任があるという
裁判事例がありますのでその点よろしく。

406 名前: 名無しさん@魚毒性Bs 投稿日:2002/12/07(土) 09:25
まあ、ここはたてきさんの方針に従うべきでしょうね。
2chでも無記名の書き込みでひろゆきさん(2chの管理人)が訴えられたこともあるらしいですし。
ここが閉鎖なんてことになったら、それこそ大問題です。

407 名前: AI 投稿日:2002/12/08(日) 00:34
私も魚毒性Bsさんと同様、管理者の方針を尊重すべきだと思います。
やはり「管理責任」を負っておられるのですし、
個人的にはたてきさんの方針は、決して非難されるようなものではなく、
常識的なものと思います。

それに内部告発というものは、その組織がやる気がある無いの問題ではなく、
社会的に許されない行為を行っている場合に、それを公表する事によって
社会への不利益を減ずるものと思いますので、377,403さん
(他にも同じ方の発言があるのかも知れませんが、判りません。
ハンドルネームはやっぱり必要では?)の発言は、これにあたらないと思います。
あ、これについては「議論しません」もたてきさんの方針でしたっけ?スミマセン。

408 名前: AI 投稿日:2002/12/08(日) 01:03
>393の名無しさん
389で私が「農薬バッシング」と書きましたが、正確な言葉使いではありませんでした。
誤解を受け、議論の対象にもなり、申し訳ありません。m(_ _)m

正確には、「農薬が色々と誤解を受けている事が多く、つい最近までもしくは今でも、
マスコミ等からスケープゴートとしての役割を受けている」と言いたかったのですが、
この認識はおかしいでしょうか?

私は農薬関連のお仕事でご飯を食べていますが、私だって安全、安心で、
出来れば安価な食事を取りたいと思う、消費者のひとりです。
ですから、「安全なモノを食したいという一般消費者の自然な要求とか、
その要求にできるだけ従おうという生産者の自然な努力」は、
当然だと思いますし、それに貢献するのが、自分の仕事における理想、
気概でもあります。ただし、それが「農薬を全く使わない」という事ではなく、
400で魚毒性Bsさんも言うような、「安全な農薬」「よりよい農業技術」と
言った方向でですが。
と、詳しく説明したつもりですが、それでもなお「被害妄想」と
おっしゃられるのであれば、その理由を説明していただけると、ありがたいです。
私自身、余り才気のある方ではないので、すみませんが判り易くお願いします。_(._.)_




409 名前: AI 投稿日:2002/12/08(日) 01:17
>393名無しさん(続き)

あともう一つ、教えてください。
>煽りへの対応をみてると抜本的な再編とそうとうの意識改革が必要だと思いますねえ。
との事ですが、具体的にはどの様な対応(発言内容?)をさしての事でしょうか?
詳しく教えていただけると、今後の参考になると思いますので、よろしくおねがいします。

蛇足?:ついでに「煽り」のネットにおける意味はどのような事でしょう?
なんとなく「あらし」と似たようなものかな?等と思ったりしますが、
実は「あらし」も良く判ってません。ネット初心者な者で。どなたか教えてください。

410 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/08(日) 15:52
 煽りは火がくすぶっているところに風を送るような行為。
まぁ、普通の言葉で言うとけしかけるって感じ。

 あらしは自分自身が暴言はきまくりって感じですか。
自分自身がケンカの当事者になります。あるいは、無意味な言葉なんかを
出しまくって掲示板自体を破壊するような行為。

 他の言葉も含めて2典を参照ください。
http://freezone.kakiko.com/jiten/top.html

411 名前: AI 投稿日:2002/12/08(日) 23:25
> 410 たてき様

参照HPご紹介ありがとうございます。m(_ _)m
よく判りました。今後判らない事はこのHPで引いてみます。

412 名前: 377 投稿日:2002/12/10(火) 13:09
AIさま
私がしてることが内部告発にあたるのかどうかはともかくとして
中にいるヒトのやる気は大事な要素だと思います。やる気がなけ
れば、上司の命令に思考停止状態で従わざるを得ず、その局面
を脱却するために自分をブラッシュアップするための勉強もやる気
がなければやれません。こういうのを全部個人の責任にするのは
酷のような気もしますが、全部が組織の責任というわけではないでしょう?
個人の怠惰の積み重ねが食品業界の一連の不祥事のようなものに
つながっていると実感として感じます。

413 名前: AI 投稿日:2002/12/10(火) 23:25
>412(377)さん
名指しですのでお答えしないわけにはいきませんが、私はネット初心者である事と、別のところでも書きましたが、
あまり才気のあるほうではないので、もし判りにくかったら、その旨また書き込みお願いします。

中にいるヒトのやる気は大事な要素だと思います。

それはそのとおりですね。どんな組織でも。

やる気がなければ(中略)勉強もやる気がなければやれません。

そうかもしれません。

こういうのを全部個人の責任にするのは酷のような気もしますが、全部が組織の責任というわけではないでしょう?

それはそうですが。

「個人の怠惰の積み重ねが食品業界の一連の不祥事のようなものにつながっていると実感として感じます。」

これが結論ですか?


414 名前: AI 投稿日:2002/12/10(火) 23:52
>413 続き

不祥事を起こす企業は、淘汰されますね。それでいいのでは?突き放して見た場合。
その過程で何らかの社会への不利益(例えばみ○り十○の薬害とか)が
予想されるのであれば、それは声を大にして(但し、それについて、具体的に)
言う事が「正義」かも知れません。

しかし、これまでの書き込みを見ていると、そのような「社会のために」といった、
義憤、理想といったものが見えてこないように思います。
もちろん「匿名さん」で書いていらっしゃるので、そうでなくとも、私には判りません。
 
もし、自分の発言が本当に「建設的」、「社会正義に基づいて居る」というのであれば、
せめてハンドルネーム位は入れて、自分の発言に対する「意見や反論など」を、
正面から受け止めるべきではないでしょうか? 
(わ、あらしに狙われそうな発言…?(^_^;))
と、ちょっと偉そうになってしまいましたが、どうでしょう?
(あ、このスレの主旨とちがってきましたね?
どうも私は横道にそれることが多いです。_(._.)_)


415 名前: AI 投稿日:2002/12/11(水) 00:16
>414(長くてすみません。最後です)
つまり私の言いたかった事は、ネットの掲示板はある程度公共性のある所なので、
そこで特定の集団の批判を、その根拠も示さずに行うのは、どんなもんでしょう?
もちろん「売れればいい」「裁判沙汰になってなんぼじゃ」と頭から割り切っている、
一部のマスコミは別として(それって、正常じゃないですよね)。
でも、その手の記事でも、例え(の話です)捏造であっても、根拠は述べますよね?
それに実害が少ない(今の日本では名誉毀損の賠償は低いから)とは言え、
一応裁判ざたでも責任はとりますよね。それなりに。

やはり、発言には「責任」が伴うのでは?
何があったか判りませんが、○○株式会社が良くないと思えば、
就職活動をしている人には「アドバイスとして」意見を言ったらいいかも知れませんが、
ただ「良くない」「悪い」「やる気が無い」ではどうも…。

377の時点では、「これからこうなるんじゃないか」、「こうだったら良い」
「こうすべきだろう」と言った書き込みが来ると期待しておりました。(T_T)

416 名前: 377 投稿日:2002/12/11(水) 01:55
どうすべきかということをいうには今の問題点を指摘すること
は不可避だとおもうので述べますが、、、
現場で働くヒトに対する評価とかインセンティブが適切に行な
われていないのが問題だと思いますよ。営業だったら自分のと
ころの薬だけでなく、他社の剤と組み合わせた防除を推しても
いいわけですが、それが許されなかったりとか。開発だと、真
面目に薬害データを出しているひとが認められない一方で、バ
ブルを今どきひきずって、いい加減なデータを出しているヒト
が社内で評価されたりとか。他の業界から5〜10年遅れて
いると思います。

417 名前: 377 投稿日:2002/12/11(水) 02:00
根拠を示せといわれても、個人名をあげて、この人が実際に
こういうことをしてましたと言う訳には行かないので困ります
が、、
話しを戻すと、業界再編というのが現場で働くヒトの環境をか
える切っ掛けになればすばらしいことだなと思います。会社
を合併しても同じことをしていたら、日本の農薬業界に未来は
ないと思います。

418 名前: うーん 投稿日:2002/12/11(水) 02:00
>377さん気持ちはわかるけど、やはりこういう場で、個人
攻撃や特定企業、団体批判はなじまないですね。
インターネットは世界に配信されるので、また影響も大きいで
すね。多少の噂話や、マルヒ情報は、ご愛嬌でいいとおもいま
が、こう深刻になるとちょつとね。たてきさんも悩むところで
しょう。ぎりぎりをこえたかな?話題を替えたほうがいいです
ね。

419 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/11(水) 02:00
>>416
 それは基本的にどこの業界でも同じじゃないかな。
農薬業界や377さんがいう特定の会社の固有の問題ではないと思いますよ。

420 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/11(水) 02:02
 まぁ、この話は別に続けてもらってもかまわないですが、何度もいいますとおり
377さんは連絡先を明示して進めてください。私に責任を負わせないでください。
それが出来ないんならここから先は私としては容認できません。
YAHOO掲示板の当該会社の板でやることをお勧めいたします。

421 名前: 377 投稿日:2002/12/11(水) 02:06
わたしとしてはマイルドに表現したつもりですが、、、
しばらくはカキコやめます。

422 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/14(土) 04:02
最近、日経新聞に三井物産がヨローッパの農薬会社を買収という記事が載っていたと思うんですが
商社が農薬メーカーを持つということは、どういうことなのでしょうか?
また、これも業界再編の流れなのでしょうか?


423 名前: おろおろし 投稿日:2002/12/15(日) 10:37
>>422
業界再編のとらえかた次第だろうと思いますが、
狭い範囲では、農薬メーカー同士の横の再編でしょうし、
三井物産さんは、商社不要論が、昔から言われる中での、川上もしくは
川下を組み入れる上下再編と思います。
もっと広く考えると、農薬業界を超えた、例えば肥料業界・種苗業界・農機
業界といった農業資材業界間での再編もあるでしょうし、
農産物流通業者まで巻き込んだ再編も、可能性としてはあるのでしょう。

ただこの農薬ネットの掲示板で、どこまで包含するかは管理人のたてきさんの
判断にまかせたいと思います。

系統の二段階化も、業界再編の一部だと思いますが、今のところ、
二段階のコンセプトが、コスト低減だけになっているようで、ちょっと
競合関係者としては、期待ハズレ(?)です。
まあ、地域JAそのものの機能と方向性が、極めて多様化しているだけに
一律にまとめることは、困難だと思います。
コスト低減だけに的を絞ることが、結果的に逆にJAの組織力を弱めるのではと
地域JAを得意先としている立場として懸念しています。

424 名前: 名前なし 投稿日:2002/12/15(日) 20:47
系統二段階化のコンセプトがコスト低減?そんなのとんでもない。各経済レンガ全農に統合され、残された経済連が残り少なくなっているのに、JAグループでの農薬の末端価格は全然変わっていない!!
生産者にしてみれば、名ばかりの業界再編に過ぎないのではないでしょうか?
むしろ、系統ニ段階性への移行で農薬価格の引下げを強要されているのは農薬メーカー。毎年毎年農薬価格が引下げられているのに末端価格になんらの反映も無い。
これって、どう説明すればいいのですか?

425 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/15(日) 21:07
>>423
 これが業界再編だと思った人が思ったことを書いていただければ結構です。
あえて定義付けはしません。

426 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/16(月) 18:40
>>424
それがいやなら、直接農薬メーカーが農家に販売すればいいじゃ
ないですか?

427 名前: tea-farm 投稿日:2002/12/16(月) 20:20
>424
農薬業界って、バブル期から何も変わってないようですね。
他業界にいた人間からすれば、系統も含め時代錯誤も甚だしいと思ってしまいます。
キツい書き方かもしれませんが、真面目にそう思うのです。

428 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/16(月) 23:12
>>427
 それはないんじゃないかなぁ。
バブル期には全ての農薬会社が黒字でしたが、今は半数以上が赤字で
半数の会社が事業としては維持できなくなったんですよ。私の冬のボーナスだって94年頃が最高で
今は8年もとしくってるのにそのころの2/3なんだから。
リストラはかなり進んでますよ。
 商習慣などが変わらないのはそうかも知れないけど。
 
 経済連とかはともかく、いまでもJAの農家支配率は圧倒的じゃないかなぁ。
多数の農家にとってやっぱり最後に頼りになる組織だと思うし、ある程度の維持費用は
必要経費ではないのでしょうか?

429 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/16(月) 23:18
ところで農薬の末端単価はホントに下がってないんですか?

430 名前: ギョウカイビト 投稿日:2002/12/16(月) 23:41
>427最近の農薬業界の激動は、すざましいものでしょう。
バブルの崩壊とは、「無縁」だっかかもしれませんが、外資の
参入、直接販売は、開発力、財務体質の弱い国内メーカーにと
っては、終焉を意味します。今までは、楽な業界だったかもし
れませんね。その最大の貢献者は、全農です。全農は、少しず
つ価格ダウンはあったにせよ、標準価格を設定し、メーカーは
ほぼ横並の価格をまもってきたわけです。護送船団方式。今、
全農は、系統組織の存続をかけ、組織のスリム化、リストラ、
(全農も100人希望退職を募ったとか、、、)に励んでいま
す。一番の問題は、系統組織防衛のため「本来自由競争すれば
海外の農産物に勝てないのに、低コスト運動という誇大宣伝も
よひとつの武器に、日本の農産物生産の維持を図ろうとしてい
るわけです。」全農は、たぶん農薬でもうけよう、事業として
成立させようとは、思っていないでしょう。低コスト運動の実
績ができればいいのです。
かって全農は、農薬のテレビCMは禁止だっし、派手な宣伝や
ラベルも規制がありました。過激な外資や商系メーカーのやり
方には批判的でした。最近の広告はチョツト見ただけでは、系
統品か商系品かわかりません。系統も派手になりました。
言いたいことは、今まで、業界を守ってくれてほんとありがと
う。でも今は、背に腹はかえられないとうことでしょうね。な
んでもありの世界に突入です。でも系統は、優先地位の乱用と
いう独禁法に抵触しやすい体質があります。目立てば、商系の
卸がチクルという健全なチェツク機能も働きます。
今回の無登録農薬問題は、アウトサイダーの業者のしたことで
あり、基本的には、大変まじめな業界と思いますが。
そして、今もう一度、農薬商売の特性である技術普及の重要性
にめざめなければいけません。




431 名前: tea-farm 投稿日:2002/12/17(火) 20:20
>>428
>>430
427では経営状態を言っているわけではありません。どの業界も似た様なものです。
超大口のベンダが、不景気の中で仕切の値下げを要求するのは当然の話でしょう。
#大抵のJAはバブルのツケが、いろんな意味でかなり残っているはずですし余計にそうでしょう。

コモディティケミカルズのメーカーでは、1銭/kgの単位での商戦がずっと続いているわけですし、
メーカーに不利な価格後決めのルールも少なからず残っています。
直接取引でこれなのですから、ベンダ経由でものを売っている以上、メーカーが不利なのは
当然な事だと思います。

JAの件ですが、
生産者としては、同じ農薬なら"どこで買っても同じもの"なんですから、JAであろうが、ホームセンターであろうが
ちゃんとしたものなら、安いところで買いますよ。
また、技術普及の面で見ても、その辺に転がってる内容なら直ぐに教えてくれますが、
更に上を目指そうとすると、途端に情報不足。
#あちこち当たってみて貰ったそうですが、ネットで手に入る情報ばかり。
結局、JAって何?って事になってる様に思います。

メーカーにしても技術普及をベンダや公の機関に任せていていいのでしょうか?
購買者はベンダではなく、生産者なんですよ。
型通りの広告はうんざりですし、何も見えませんしね。

スレタイトルからすると脱線していますが、こんな訳でバブル期から変わって無いと
見えるのですが、如何でしょう?

432 名前: 新参者 投稿日:2002/12/17(火) 21:07
無登録農薬に端を発して今まで以上に「登録」に忠実な情報しか提供できなくなっています。(当然ながら情報は画一的です)
従来は自前の試験で得た知見を「裏技」として紹介できたのですが・・。
日本の農薬業界の再編には「農薬登録制度」のあり方も大きく影響するな・・と改めて感じ入っています。

433 名前: ギョウカイビト 投稿日:2002/12/17(火) 23:29
>431さん、、、すいません。ベンダってなんですか?
今、農家の平均年齢は60歳ぐらいだそうですね。
高齢化社会の職業として農業は、小規模にやるなら健康的
だし経営不安もすくないでしょう。
しかし、tea−farmさんのように知識のある人ばか
りでなく、除草剤と殺虫剤を同じ1キロだからって散布す
す人もいます。今後、使用者罰則ができるわけですから、
多少高くても、最低限説明のできるJAや小売店が必要な
んじゃないでしょうか。プロや知識のある人は、ホームセ
ンターで買うのは当然でしょう。
話は、飛びますが、今、折りたたみのおしゃれな携帯傘が
500円ですね。100円ショップで、結構いいもの買え
ますよね。みかんなんかも安くなった。
デフレ傾向悪いことばかりじゃないですね。
農薬も、この傾向避けてはとうれないでしょう。




434 名前: ギョウカイビト 投稿日:2002/12/18(水) 00:02
>431さん、、、確かに農業関係新聞の農薬の広告を見ていると
バブル期と内容かわっていませんね。今、広告の多いのは、健康食
品と農薬ですね。機械、肥料、生産資材は少なくなっていますね。
健康食品は、値段が高いほどききそうなイメージがある変な商品で
すね。農薬は、利益率はバブル期とくらべれば、利益率はさがって
おり広告する余裕は少なくなっているんですが、各社競争がはげし
いのでやらざるをえないんでしょうね。


435 名前: 名無し君 投稿日:2002/12/18(水) 00:52
全て安くなっていないのが現実。
もちろん、定価を下げたりパッケ−ジを変えたのは別です。

機械、肥料、資材はインフレ状態(輸入物は少し違いますが)です。
原因は販売の不振じゃないかな?。価格を下げれば潰れてしまうのでは?。

農薬業界の利益率、かなり下がっているみたいですね、統合したりしたところはなんとかみたいですが他は経営が厳しい状態みたいです。
農薬取り扱い業者によると高価格の商品でも利益が少ないものが多いで困っているそうです。

436 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/18(水) 01:30
農薬業界も資本主義経済の自由競争の波に飲み込まれたという
ことでしょうか?今までは、全農様という神様に守られた統制
経済、、、これからは、限りなく利益を吐き出し続けるしかな
いでしょう。バブル時、ファインケミカルの旗頭としてほとん
どの総合化学メーカーが農薬に参入しましたが、今撤退が相次いで
います。
農取法も改正になり、リスクも大きい。法人の最高罰金は1億円!!
「甘い汁の吸える業界」では、もはやないですね。


437 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/18(水) 02:03
それでいい加減な企業が消えて過当競争が解消されれば
だいぶマシになるでしょう。素人の意見です。

438 名前: 名無しさん 投稿日:2002/12/18(水) 02:12
>>433
指導をしていても問題は起こっているわけですよ。これは、単
純に農家の勉強不足とか情報不足が原因ではないと思います。
いままで消費者の側に安全性に対する観る眼が甘かったという
点があったということが大きいと思います。言うなれば消費者
がなめられていたということです。これからはそうはいきません。

439 名前: ★たてき 投稿日:2002/12/23(月) 22:58
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021223-00000312-yom-bus_all

住友化学工業と三井化学は23日、来年10月に持ち株会社を設立して経営統合したうえで、2004年3月末に合併するとした当初計画を半年前倒しして、来年10月に合併する方向で検討に入ったことを明らかにした。

440 名前: 零細農薬卸 投稿日:2002/12/24(火) 22:41
みんな大きくな〜れ!!メリークリスマス。飲もうぜ今夜は!!

441 名前: おろおろし 投稿日:2003/01/08(水) 22:09
日経プレスリリースより

昭和電工の子会社(SDSバイオテック)、宇部興産から農薬事業を譲り受け 
-------------------------------------------------------------
農薬事業の譲渡・譲受について
 昭和電工株式会社(本社:東京都港区、大橋光夫社長)は、本日、連結子会社である
株式会社エス・ディー・エス バイオテック(本社:東京都港区、白井孝社長 昭和電工
100%出資:以下SDS)が宇部興産株式会社(本社:山口県宇部市、常見和正社長)
より農薬事業を譲受けましたのでお知らせいたします。

1.譲渡・譲受の内容
 SDSは、宇部興産が開発・上市している以下3剤の農薬(殺菌剤)事業を譲受ける。

2.SDSが譲受ける剤
(1) ぺフラゾエート (商品名:ヘルシード) 1989年農薬登録取得
   イネ、小麦等の種子消毒用殺菌剤

(2) オキスポコナゾール (商品名:オーシャイン) 2000年農薬登録取得
   黄桃、なし、もも、ぶどう、りんご、柑橘等の果樹用殺菌剤

(3) ジフルメトリム (商品名:ピリカット) 1997年農薬登録取得
   菊、ばら等の花卉用殺菌剤

* 上記3剤に係わる農薬登録、安全性試験データ、営業、製造、特許、商標等に関する宇部興産の保有する全ての権利を譲受ける。

3.事業譲渡日:2003年1月8日
 今回の事業譲渡・譲受は、SDSの原体メーカーとしての地位を確固たるものとする昭和電工の農薬事業戦略と、経営資源を医薬・機能性材料部門に集中する宇部興産の事業方針が合致したものです。
 SDSは、広範囲の作物に効果を発揮する殺菌剤「ダコニール(R)」および高いシェアを有する水稲用除草剤を中核に、国内および今後大きな成長が見込めるアジア地区マーケットをターゲットとし、この地域の特色である野菜・果樹、水稲分野に注力した農薬事業を展開してまいります。
 今回譲受けた3剤の中で、ヘルシードはイネ用種子消毒剤として国内市場で高いシェアを有する基幹剤であり、箱育苗で使用される「ダコニール(R)」との種子〜育苗の体系防除の普及、あるいは既存の水稲用除草剤「ダイムロン」、「カフェンストール」、「ベンゾビシクロン」との営業上の相乗効果が期待できます。
 昭和電工グループの農薬関連事業の売上規模は、3年後には230億円を見込みます。(2002年見込み:180億円)

以上

442 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/08(水) 23:06
大きなM&Aもありますが、SDSのように中小規模の原体を買い集める
のもいい方法ですね。SDSは永光化成から、除草剤カフェンストロール
も買いましたね。

443 名前: ★たてき 投稿日:2003/01/17(金) 23:56
たまにはあげときます、このスレ。
このスレが空アゲされると何かがおこるという伝説(?)が
ありますが、果たして・・・


444 名前: 新参者 投稿日:2003/01/26(日) 08:21
大規模農業を営む全国の農業法人40社が集まって、コメ・野菜・畜産物などを共同で販売する
協同組合を設立するそうです。(仮称「日本ブランド農業事業協同組合」)
将来的には農業機械のリースや肥料・農薬の共同購入も視野に。
農畜産の販売は農協に依存せず、直接スーパー・コンビニへの販売を行うそうです。
既存農協に対抗する組織の設立は農薬業界にも影響を与えるのでは?

445 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/01/26(日) 10:13
それぞれの経営状態によります。今の時代、少々量がまとまったとしても不良債権候補生には誰も売りません。内容の良い40社でしたら弊社にも見積もり依頼お願いします。^0^。

446 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/01/26(日) 22:12
業界再編と関連するかどうかわかりませんが、JAグループでは、職員の1割に当たる3万人の要員削減を行うとのこと。
また全農では、県本部とあわせ1万3千人いる職員を1万人に削減するらしいです。
>>444のような動きによって、系統組織はさらに厳しい時代を迎えるのでしょうかね。

447 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/26(日) 22:42
日本植物防疫協会の農薬要覧によれば、全農のシェアは、平成
8年38%から平成12年34%と漸減、JA(総合農協)のシ
ェアも同70%から68%と少なくとも増えていませんね。
社会構造の変化、規制緩和の国の方針からも農協組織の必要性
も問われているわけです。昨今の不正表示事件は、さらに国民
のJA不信を強めるものでした。全農、系統は、肥料農薬にして
もその取り扱い商品には、「JAマーク」を義務付けしているわ
けですが、こう事件が続くと、農薬のJAマークも安心できない
わけですね。

448 名前: 名無しさん 投稿日:2003/01/26(日) 23:22
>446さん全農の統合による人員削減は、折込済みだったのでは
ないでしょうか。統合によるメリットは、リストラによる人件
費削減ではないでしょうか。しかし20%強の人員削減は、相
当なリスクをともなうでしょうね。内部告発も多くなるでしょ
うね。県レベルの人は、JAに行くのか?JAもリストラですよね。
地方においては、JAは公務員とおなじように少ない働き口です
よね。いずれにしても大変な時代ですね。

449 名前: 名前なし 投稿日:2003/01/27(月) 06:41
全農の人員削減が図られた場合、子会社や関連会社への出向、
といった手段が講じられるのであって、真のリストラにはならない
のが予想されます。
人員を受ける方も受ける方だが、人員を押し付ける全農も全農であって、
一時社会的な問題となった「天下り」のような感覚で人員削減を行うだけで
全然緊張感のないリストラになるのでしょう。

450 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/01/27(月) 10:06
「誰のお陰で3食にありついているか」と言う事を常勤理事から末端職員まできちんと浸透している農協は大丈夫生き残ります。会社と同じで、他社に負けない商品開発、技術、財務、顧客満足度の高いサービスと顧客管理、経営実態に合わせた職員数、きちんとしているところはきちんとしています。相変わらず同組織ということで同率リストラなどしたらとんでもないことになります。余剰人員を抱えたJAが今回の措置で、いわば外圧でリストラ出来るとしたら、良い機会でしょう。

451 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/01/27(月) 10:09
きちんとしているJAも存在しております。今回の措置で義理人情で今までリストラが出来なかったJAにとってはリストラがいわば外圧によって可能になるので、そう言う点では朗報じゃないでしょうか。天下りしてきたところで「いたたまれない状況」に辞めていくでしょうね。

452 名前: 業界通? 投稿日:2003/01/27(月) 20:19
ちょっと小粒の話題ですが・・・、
アグロカネショウさんの株価はもっと上がっても良いと思います。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=39343

453 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/04(火) 19:24
クミアイ化学の決算書を見ていたら株主構成のところで1位が全能で2位が静岡経済連になっています。
静岡経済連は統合して全能になったら全能は33%以上のかなりの影響力を持った株主になるのですね。

454 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/05(水) 00:23
静岡経済連は、全農と統合しなようですね。何故なんでしょうか。

455 名前: 名前なし 投稿日:2003/02/05(水) 06:39
静岡経済連だけでなく、ホクレンも全農とは統合しないつもりです。
理由のひとつには、静岡経済連が統合しないのは、茶・ミカンなどの販売事業が単独でも
そこそこ上手くいっていることが挙げられるでしょう。
全農ブランドになったら悪影響が生じることを懸念してのこともあるでしょう。

456 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/06(木) 03:23
>>450
前半の「誰のおかげで〜」の部分と後半部分の整合性がない
と思います。職印ががんばってるんだったら、職印のおかげ
でJAが食わせてもらってるのでは?

457 名前: ある県では 投稿日:2003/02/06(木) 07:06
今年の仕事始めの1月6日に、JA組合長がそろって、全農県本部へ
挨拶に見えていました。
全農県本部の幹部としては気分がいいのかも知れませんが、こんなJA
からは、組合員の気持ちが離れていくのは当然でしょう。

>>456,450
誰のおかげかと言えば、組合員であり、もっと言えば農産物の購入者(市場・
スーパー・消費者)でしょう。

JA組合長は、JAの窓口に立つか、窓口職員の激励にまわるか、して欲しい・・・。

いくら霞ヶ関で、JA改革の議論をしても、現場の意識が変わっていないので(逆に
組織中心・・・上?を見る・・・の意識が強くなっているのは、上を解体するしかないのでは
と思います。
議会で不信任され、県民に信任された知事さんも同じ気持ちでは??
(ちなみに最初と最後でふれた県は違います。)

458 名前: はたまたある所では 投稿日:2003/02/06(木) 20:47
JA組合長って結構内部告発されたら・・・、っていうようなスキャンダルが多いんです。
それも都道府県でも結構有力なJA組合長にこのような噂がつきまとっているのです。

まあJA組合長なんてただの農家の代表者で、この国の農業を滅ぼすために存在しているような
人ばかりだから。JAを離れていく農家っていうのは真面目な人たちでしょう。
とてもじゃないけれどJA組合長のスキャンダルネタはここでは書けません。


459 名前: エルコス239 投稿日:2003/02/06(木) 21:41
合併しない経済連にはかなりの理由があります。たとえば某県の5連会長になるのには選挙で2億円ぐらい投資します。
でもそのリターンは5連会長としてそれぞれの会から年間数千万円の報酬をもらい
関連会社の社長を兼務しそこから数百万円の報酬を得て年収が億になります。それを回収しなければ統合とか死んでもやるなんて言いませんよね。


460 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/02/06(木) 23:32
誰のお陰かと言えば勿論組合員のおかげであります。組合員あってのJAです。「はたまたある所では」さん「エルコス239」さんの話は別スレッド立ち上げた方が良いかもしれません。冗談にも二億は凄いですね。その十分の一位ならわかりますけど。二億ね〜。

461 名前: 名無しさん 投稿日:2003/02/07(金) 02:38
JA良くするなら、全能本部を解体!

462 名前: ★たてき 投稿日:2003/02/07(金) 06:37
 JA,全農などの内部の話題などについてはこの掲示板の趣旨から言えば
本筋の話題ではないかと思います。一応、農薬と関連付けるか、JA再編の話題に近づけることは
意識してね。
 なんだかんだ言ってもJA抜きでは日本の農業は成り立たないと思いますけど。

463 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/01(土) 09:07
いよいよ3月になりました。
この業界の中には決算を迎えられるところも多々あるかと思います。
業界再編に関する話題もそろそろ表面化してくるものもあるのではないでしょうか?

464 名前: 業界通? 投稿日:2003/03/04(火) 14:24
久々のニュースです。

3月1日付け 三菱化学アグリ株式会社と菱化農芸株式会社が合併。
       名称は、三菱化学アグリ株式会社。

4月1日予定 株式会社日本グリーンアンドガーデンが保土谷アグロス株式会社と
       合併し、前社が後社の権利義務の一切を継承して、後社は解散の予定。
       株主は、住友化学工業65%と保土谷化学工業35%。

465 名前: 業界通? 投稿日:2003/03/05(水) 20:11
>>464
たてき様、変に改行して読みにくくなっていたものを修正いただき
ありがとうございます。

466 名前: 業界通? 投稿日:2003/03/22(土) 21:31
「プリンス」剤が、日本でも、バイエルクロップサイエンスから、
BASFに移管されるという話が決定したという噂を聞きましたが、
正式な情報は出ているのでしょうか?

467 名前: 零細 投稿日:2003/03/22(土) 23:50
月曜日に。

468 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/24(月) 00:05
なにがあるんだよ〜〜〜、気になる。
>>466
 そうなんですか?もちろん、私には知る由もありません。
どうなることやら・・・

469 名前: 業界通? 投稿日:2003/03/26(水) 20:57
>>466
バイエルもBASFも、ホームページには掲示していませんが、
噂が、事実でした。
「プリンス」剤は、バイエルからBASFに売却され、
日本でも、バイエル(旧アベンティスルート)で販売していた商品も
24日以降、BASFアグロの販売になるとのことです。
バイエル以外のメーカーが販売している混合剤は、現状のメーカーが
販売されるみたいです。
バイエルは、「アドマイヤー」があるので困らないのでしょう。

470 名前: ★たてき 投稿日:2003/03/26(水) 22:01
そうですか、外国での処置が日本にも影響したわけですね。
今後、ますます混合剤の種類が増えるかな。。。
何がなんだか分からないなんてことにならなければいいけど。

471 名前: 名無しさん-3 投稿日:2003/03/27(木) 06:31
混合剤の種類が増えすぎてもうすでに混乱しています。
これも、何でもかんでも混ぜればいいという農薬メーカーの発想が現場のニーズにフィットしていないことによるものではないでしょうか?

472 名前: 通りすがりの人 投稿日:2003/03/27(木) 14:01
日経新聞のニュースリリースです。
プリンス関連の記事が載っていました。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=43163

473 名前: 名無しさん 投稿日:2003/03/31(月) 15:00
三井化学と住友化学工業は31日、今年10月に予定していた合併を白紙撤回することを発表した。合併比率などに関する調整がまとまらなかったうえ、アジアなど海外事業の成長により自力でも国際競争に生き残れるとの判断が、それぞれの社内で浮上してきたとみられる。化学業界では1994年の三菱化学誕生以来の大型合併案件だった。
 両社は2000年11月に経営統合を発表した。当初は2003年10月に持ち株会社を設立し、2004年春に持ち株会社に事業会社を吸収する形で完全統合する二段階方式をとる計画だったが、その後、統合効果をより早く出すため、2003年10月に一気に合併する方式も検討していた。 

474 名前: 業界通? 投稿日:2003/03/31(月) 19:39
>>473
日経プレスリリースより
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=43624

475 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/01(火) 00:39
 さすがにビックリしました。三井住友武田連合という巨大な
農薬勢力が出来なかったのは残念でもありますが、ホッとする部分もあります。
 それにしても何があるかわからんですね、世の中。

476 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/01(火) 07:17
対等合併,というのは日本だけの風習みたいですね。だから今回みたいなことも起きる。

477 名前: uko 投稿日:2003/04/01(火) 07:36
カメムシラインナップ、スミチオン・トレボン・ダントツが
消えてしまった・・・。

478 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/01(火) 22:13
カメムシラインナップ−S:スミチオン・ダントツ
カメムシラインナップ−M:トレボン・アルバリン(スタークル)
カメムシラインナップ−B:バイジット・アドマイヤー

479 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/01(火) 22:25
カメムシラインナップのMr.ジョーカーを忘れてはいませんか?

480 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/04/01(火) 23:26
カメムシについては、国内未登録ですが、バイエルからBASFに行った
エチプロールが最強らしいですよ。

481 名前: ★たてき 投稿日:2003/04/02(水) 00:02
>>480
 う〜ん、それはどうかな?と言ってみたりして(^^ゞ

482 名前: 名無しさん 投稿日:2003/04/06(日) 17:27
業界再編ではないのですが、
4月1日に、三共から農薬部門が分離独立して、三共アグロ株式会社が
発足していますね。
そのホームページは、
http://www.sankyo-agro.com/
です。
全農薬ホームページのリンク先に入ってました。

483 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/05/14(水) 18:36
「〈武田薬品工業)諸手当全廃、定期昇給廃止、賃金は成果のみで決める制度導入」と言う記事皆さんもご覧になったと思います。「リストラの後、去って行った皆さんの分で昇給原資は確保〈ゲット)」とは思ってはいなかったにしろ、働いている方々は大変だと思います。家のローンとか、、、、。国内医薬品最大手のこの判断は飛び火しそうですね。我が家は飛び火どころか火の車に近いですが、、、^0^。

484 名前: uko 投稿日:2003/05/15(木) 11:50
安定した将来設計は出来ませんね。

485 名前: 名無しさん 投稿日:2003/05/21(水) 07:25
農薬の仕事であろうが医薬の仕事であろうが,個人単位で見れば大変なことには変わらないんですよね。会社が儲かる=社員が儲かる,ってわけではない。‘寄らば大樹’は確かだけれど,それだけじゃないですからね,今は。

486 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/04(金) 13:40
最近、静かですね?
ところで、
某外資系メーカーが大幅な流通再編するみたいですね。
くわばらくわばら。

487 名前: 業界通? 投稿日:2003/07/06(日) 09:07
>>486
B社のことですか?
それとも???

系統組織内の足並みのバラツキも大きいですね。

488 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/07/15(火) 08:42
卸先の見直しでしょうね。弊社のような零細農薬卸は淘汰されていくのでしょうね。自然淘汰です。はい。

489 名前: ま〜ぼ〜 投稿日:2003/07/16(水) 23:43
初めての参加です。

B社?
ん〜……。

490 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/18(金) 17:30
B社ですか。B社はカオスですね。

491 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/07/18(金) 23:33
B社って..2つありますよね。どっちだ?
アッチのほうだとウチもヤバいな(笑)。


492 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/19(土) 08:28
六本木じゃないほうのB社のことです。

493 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/07/19(土) 12:22
なるほど。やはりそっちのほうですか(苦笑)

494 名前: ★たてき 投稿日:2003/07/19(土) 21:57
 うんで、どんな流通再編?

495 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/19(土) 22:30
流通再編というより合理化強化でしょう。今までは合併合併の掛け声のもと、自ら去っていく方々は別にして「何人切ります」みたいな事は無かったでしょうが、だからと言っていつまでも「今まで通り」と言う訳には行かなくなると思います。EU参加国の増加で水は低きに流れ、それに対応すべくジェネリックスの台頭でヨーロッパ市場は今後利益率低下となるでしょうし、南米はもはや回収のことを考えたら販売どころの話じゃないし、ロシアだって?アジアは通貨危機後小康状態といっても未だ?。で、どこで儲けるかといったら日本市場でしょう。日本での利益率向上が言われ始めるのは必至だと思います。ってことは合理化でしょうね。

496 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/19(土) 22:35
ややこしいなあ・・・。

”弊遏А。蔵B+A←B+R+A←B+R+H+・・・
∀史槎據В蔵B+A←B+S

、△防別椶皸榮阿靴燭蠅靴・・・。

497 名前: ★たてき 投稿日:2003/07/19(土) 23:05
http://www.nouyaku.net/tishiki/SIRYOU/kaisya.html
 これみたらわかるブラ

498 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/20(日) 09:52
品目といっしょに人も移動したみたいです。

499 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/20(日) 15:40
移動した際、退職金は貰って行ったのでしょうね。いいなあ大会社は。でも全農さんにはかなわないでしょう。全農本部の早期退職志願者の皆さんは「特別措置」とかで、なんでも53歳平均で5000万円以上だそうです。平均ですよ平均。凄いですね。

500 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/20(日) 21:12
>>499
これって、全農本部だけ?
地域農協でも、同様のことがあるのかな?
銀行もそうだけど、農協も羨ましいですね。
ここの掲示板でも、仕事がすばらしいとはあまりかかれない程度の仕事をして、
そんなにもらえるなんて。
コネでなければ入社(入協?、入農?)できないかもしれませんが、大学生のみなさんよくよんでおきましょうね!

501 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/20(日) 23:59
>>500
全農は別にして、地域農協ではそんなに貰えません。夢のような話です。
私はマジで農協職員は勤まりません。昼間の仕事は何とかなっても、夜間推進と言う曲者があります。
これには降参します。共済、貯金、購買他の推進と、年間どれだけ働けば良いのでしょうか。
ノルマ達成までやらねばならない。できなければ降格、昇格すればノルマが増える。
定年は一応60歳となっているが、56-57歳で役職定年になり、職場を去らなければならない状況にある。
こんな農協職員を見ていると、とても羨ましいとは思わない。




502 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/21(月) 11:06
全農本部だけらしいです。農協はそんなにはもらえません。定年まで勤め上げて良くて2000万円位だと聞いております。でも県によっては農協職員退職共済の運用をアルゼンチン債でしていたところもあって「今後はもらえなくなるんじゃないか」と考えて「貰える内に」と早期退職する人もいるようです。いずれにせよ全農本部の話が本当だとしたら系統組織内では突出していると思います。

503 名前: 500です。 投稿日:2003/07/21(月) 17:43
>>501,502
 農協は同じかと思ってました。
 現場の末端の方々の苦労の上に、全農本部があるのですね。

504 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/23(水) 17:14
今話題の道路公団藤井総裁が建設省退任の際貰った退職金が8000万円だったと平気で(当たり前だけど)言ってましたが、全農さんも建設省(国土交通省)並ですね。羨ましいな〜。農協は同じかと私も思っていましたが、違うんですね。たいしたもんです。

505 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/23(水) 19:45
ご参考までに。

http://www.nodanro.or.jp/

現場の人の苦労の上に、中央があぐらをかいているという構図でしょうか?

506 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/23(水) 21:02
ひえ〜本当に5000万円なんですね。農団連の皆さんじゃなくても、こりゃあ切れるよね。「僕達は貰うのが当たり前です」ってな態度だもんね。こんなこと続く訳ないから、利口な人から辞めてるんでしょうね。7000万貰えるんだったら、誰でも辞めるよね。

507 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/23(水) 21:10
>>505

 なかなかの内容でした。

508 名前: 名無しさん 投稿日:2003/07/24(木) 09:07
昔、不在地主、今全農だね。ネット上で公開されたということはオープンな資料ですね。オープンになった事で非難の声は強くなり、制度が見直される前に辞めようとする職員が増えるでしょう。農協の職員の皆さんも、「我等が組織の為」と夜打ち朝掛けで推進してきた肥料、農薬、背広、宝石は結局農協の為にも、農家の為でもなく、ただただ東京で机上の空論を繰り返し、自らは推進している背広さえ
売るどころか着ることもない彼等の退職金の為にしてきたんですね。農団労の皆様、勇気あるというか怒りの公開有難うございました。

509 名前: 名無しさん 投稿日:2003/09/10(水) 09:16
久々です。
今日(9/10)の日経新聞に
「日用品メーカー白元がキング化学の買収の方針」
と出ていました。
老舗メーカーの買収、複雑ですね。


510 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/09/11(木) 09:03
箪笥の中でお世話になっている白元さんですか。防虫剤の中身はキングさんが供給していて、その御縁でかな?
さて業界は、早くもパーティーの季節ですね。関係者の皆様、明日Hオークラでお会いしましょう。

511 名前: haru 投稿日:2003/09/29(月) 22:11
こんなニュースありました。

農薬業界、巨大外資の直販攻勢で再編加速 
http://www.asahi.com/money/topics/TKY200309290058.html

何でもかんでも外資ですな。

512 名前: おろおろし 投稿日:2003/09/30(火) 06:56
>>511
昨日、新聞で見て、asahi.comで検索した時点では、アップされてませんでした。
今日、記事を確認したら次の時間でした。
2003/09/29 08:52

内容的には、目新しくないと思いますが、マネー欄に紹介されているのが、
朝日新聞らしい?のでしょうか。


513 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/09/30(火) 16:34
昨日、伊豆方面での会議の際も話題に出てました。「焦点は○共」の見出しはなかなかですね。この辺の話は、やはり、ゆかりの深い、おろおろしさんですかね。

514 名前: おろおろし 投稿日:2003/09/30(火) 22:24
もう一度読み返しました。
「手切れ金」
「進む集約化」そして、零細さんご紹介の見出しですね。
・・・岡目八目?でしょう。

だいぶ前、某メーカーのトップの人が、売上高でトップを維持する
ことで勝ち残ると言われましたが、その後売上高を維持しようとして
いろいろとかえって苦労されたように思います。

記事の売上高ランキングでなく、利益高ランキングで見た方が正しい
のではと思います。

話は違いますが、来年から、社名を変える会社もありますね。

また農薬ではありませんが、農業資材分野では、三井化学と三菱化学の
その部門が来年4月に統合するという話にも驚かされました。

515 名前: ななし 投稿日:2003/10/01(水) 08:16
おろおろしさんの利益高ランキングで比較するのは大賛成。
けど上場企業なら利益額の比較ができますが、外資系の
日本法人や、化学メーカーのなかの農薬部門の利益は、
調べる方法があるのでようか。教えてください。
ちなみに従業員の年収の比較とかあるとおもしろいけどな。


516 名前: 新人 投稿日:2003/10/01(水) 13:59
メーカーの再編は進みますが、現場はいっこうに変わっていく雰囲気がありません。
負担がどんどん流通の下部段階に移っていくだけなんでしょうね?

517 名前: 名無しさん 投稿日:2003/10/01(水) 18:15
利益にしろ売上高にしろ、同じ土俵の上での比較が可能なのは上場企業だけ。
外資系や上場していない企業は同じ土俵の上での比較にはなりません。
特に、上場していない某社は「出荷=売上」となっており、これに付随した格好で利益も出てくるため、比較の対象にならない。

518 名前: uko 投稿日:2003/10/02(木) 07:35
出荷=売上でない会社ってあるんですか?


519 名前: 名無しさん 投稿日:2003/10/02(木) 08:57

ディーイーエス菱商 → 来年からアグロパートナーズに会社名変更
http://www.dowagro.com/webapps/lit/litorder.asp?filepath=jp/pdfs/noreg/012-20123.pdf&pdf=true

520 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/10/02(木) 18:36
アグロパートナーズですか。ん〜Mを足すと「マグロパートナーズ」、鮪専門の寿司屋でもいけますね。こんなこと書いたから陶農会除名かな?

521 名前: 名無しさん 投稿日:2003/10/03(金) 06:04
系統の場合、SPという場所への出荷がありここへの出荷は売上ではないということがあります。

522 名前: uko 投稿日:2003/10/03(金) 07:37
SP在庫はどの会社も同じじゃないですか?
同じ倉庫でも自社在庫と、一次流通の在庫も隣り合わせである
というのは系統・商系も同じだと思いますが・・・。

523 名前: AtoZ 投稿日:2003/10/03(金) 19:41
>521
「SP」というのはstock pointで「製品出荷拠点」のことですね
だったら、そこに移しても「出荷」ではなく
「移庫」ですね。
同じ倉庫でも自社から流通に移るのは「ハイカエ」というのですか?
それとも「預かり品」なんでしょうか

私にとってトレビアが増えました。


524 名前: AtoZ 投稿日:2003/10/03(金) 23:26

自己レスです。
「出荷」というのは必ずしも注文先の倉庫への商品の移動
という訳ではなさそうです。

かつ、売上計上基準としては
出荷基準、検収基準、使用高基準などの基準が使い分けられるので、
「出荷」=「売り上げ」とはなかなか行かないみたいですね。

「押し込み出荷」とか、いろいろ有りそうですね。

525 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/10/06(月) 09:41
昔に比べ、メーカー各社様から弊社への所謂「空売り」は随分少なくなりました。
昔は「顔を立てる」ように「売りを立てる」ことがありました。
外資系の台頭で是正された、というか伝統(我が国特有の商慣習)が、実は因習だったってことでしょうね。

526 名前: 名無しさん 投稿日:2003/10/06(月) 22:20
「空売り」に対しては、公認会計士の監査も厳しく目を光らせていることもあり、昔ほど簡単にはできなくなってきているようでもあります。

527 名前: 業界通? 投稿日:2003/10/08(水) 07:10
業界再編の話から、ずれてますが、

売上に関連して、
農薬工業会(地域単位)やクミ協の県別実績数字は、
正しいのでしょうか?
今年なんか、ずいぶん感覚と違うように思うのですが、
信頼性について、疑問を持ちます。

数字に困って、SP(ストックボイント)在庫や、売上計画を
実績として報告しいるところもあるのではと、心配します。

528 名前: uko 投稿日:2003/10/08(水) 07:40
会社業績と対外的な見栄?とは別でしょう。
困って・・・というのはあたらないと思います。
ただ信頼性があるかという面では同感ですね。

529 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/10/08(水) 08:36
日本語の表現としての「当たらずとも遠からじ」といったところでしょうか。
まあ、傾向はみえますから、それで良いでしょう。

530 名前: uko 投稿日:2003/10/08(水) 12:24
業績が悪いから工業会の数字を水増ししても、業績には影響
しませんよね。あたりまえですが。
困って水増しする事はないという意味で〜す。


531 名前: AtoZ 投稿日:2003/10/08(水) 12:46
「農薬要覧」に載っている「県別出荷数量表」
に出ている数字は「蔵出し」時点だと聞いたことがありますが、
実際には、どのタイミングで、
どこからどこへにが動いた数字なんでしょうか?

あの数字にはいつも注目しています。

532 名前: AtoZ 投稿日:2003/10/08(水) 12:49
>530
自分で調べてみてもよいのですが、
見栄でも業績上でも「水増し」などすると
農薬取締法とかには引っかからないでしょうかね。



533 名前: uko 投稿日:2003/10/08(水) 17:25
農薬要覧の出荷数量は日植防へメーカーからの連絡数量に
よるものだったでしょうか?
これを水増しする事はないと思いますが、クミ協とか工業会の
出荷金額はどうなんでしょうね。鉛筆をペロリという事もある
のではないかとは思いますが・・・。
業績を水増しすれば税法上の問題があるでしょうね。
これもあたり前でしょうが。

534 名前: ROM人 投稿日:2003/10/08(水) 17:53
工業会のには輸出が含まれているのでは?
この売上高によって、工業会への会費が違うと聞いたような
気がします。



535 名前: ★たてき 投稿日:2003/10/28(火) 00:25
さてと、定期あげっと。

536 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/10/31(金) 23:08
アグロカネショウの子会社が設立され、BASFの土壌消毒剤(ダゾメット、D-D)事業が
この会社に譲渡されるそうです。大型商品なので、影響が大きいでしょうね。
http://www.agrokanesho.co.jp/pdf/AK20031029.pdf


537 名前: 業界通? 投稿日:2003/11/02(日) 09:00
>>536
プレスリリースでは、下記の通りです。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=58324

538 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/11/02(日) 14:48
へ〜そうですか。まあそんなもんでしょう。何も子会社にする必要なんか無いはずなんですけどね。

539 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/03(月) 10:31
へーbasfがいつ取り上げるのかと思っていたら、
逆にカネショウが買うなんてね、ちょっと意外でした。
なんか裏があるのじゃないかなと深読みするのはいけないかしら。


540 名前: uko 投稿日:2003/11/04(火) 08:08
巨大メーカーは膨れ上がった製品群を整理する。
整理対象となった剤を中小メーカーが買い取って自社剤のラインに
加えるという単純な構図では。
特別な裏?はないのではないでしょうか。
巨大メーカーの低利益品目でも、売り方次第では化けることも
あるでしょうから双方賢い選択だと思います。

541 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/04(火) 22:27
さすがカネショウといいたいですね。マイナー商品を手堅く販売する手法はなんと言ってもカネショウがぴか一ですからね。


542 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/04(火) 23:51
>>540
 裏はないか・・・・そりゃあるんじゃないかな・・・・
欧州を主戦場にしている会社にとっては土壌処理剤とか有機リン剤とかは
もはやリスク要因であって売上や利益を期待する存在ではないでしょう。
それに古い農薬はジェネリックの攻勢もあるし。
しかし、発展途上国や極東地区などではまだまだ商売が出来ますし、欧米でも
数年は商売できるでしょうから買収費用は回収できるんでしょう、たぶん。
そんな感じじゃないのかなって想像します。

543 名前: uko 投稿日:2003/11/05(水) 07:42
>>542
それが裏だと言われるのなら・・・
至極普通じゃないですか?

544 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/05(水) 08:00
>>543
 至極普通でしたか、すいません(笑)

545 名前: uko 投稿日:2003/11/05(水) 12:42
>>544
こちらこそ失礼しました。(泣)

日本の製剤会社はうまく拾おう!
外資原体のジェネリックも作ろう!・・・なんて・・・悲しい。

546 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/11/07(金) 21:30
みずほコーポレート銀行のHPに、「Mizuho Industry Focus」というレポートがありますが、
その中に「世界の農薬業界の潮流と日本の行方―我が国農薬メーカーの今後のビジネスモデルを探る―」
http://www.mizuhocbk.co.jp/fin_info/industry/mif.html
http://www.mizuhocbk.co.jp/pdf/industry/mif_09.pdf
というのがありましたので、紹介します。本年7月28日にアップされたようです。

547 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/08(土) 02:03
>>546
 知りませんでした。ものすごいボリュームですね。
とりあえずダウンロードしましたが、全部読むには時間がかかりそうです。

548 名前: 業界通? 投稿日:2003/11/08(土) 21:17
>>546
フム、フム・・・。
ところで、みずほが株を持ったり、取引のある農薬メーカーは
どこでしょう?

549 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/09(日) 01:15
>>547
 大体読みました。印象深かったことを列記しておくと

4頁下のほう:農薬マーケットの減少分にGM作物分を足せばマーケットは横ばいになる。
7頁:世界の農薬企業を4つのカテゴリーに分けていること
12頁下:マルチナショナルのポートフォリオ整備には登録コストの増大なども理由になる。
14頁上:4の日本の消費者の嗜好のところ。こんなにうまい表現ははじめてみた。
18頁中:第三の最後のほうの日本農薬に関する記述。
21頁最後のほうから22頁最初のほうのところの記述。
26頁全部。

 それにしてもすばらしい文章力と内容でした。
なんだかんだいっても銀行とかはレベルが高い。
農薬業界からの発信文章でこれだけのものは見たことがない。
業界自体のレベルが他業界と比べて低いといわざるを得ない。

550 名前: 名無しですみません 投稿日:2003/11/09(日) 09:14
某メーカの人間ですが、うちの会社ではこのレポートがリリースされるや、
各位読んでおくようにとの通達がありましたよ。

551 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/09(日) 10:25
>>550
 良い会社です。

552 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/11/09(日) 18:09
遭難だけはしたくないです。はい。

553 名前: uko 投稿日:2003/11/10(月) 08:11
確かに「この業界の分析」は「業界の人間の分析」よりも優れている
ように感じられました。
何度も読み返したいですね。
「目の前にある」課題と「先にある」課題、、、
ちっぽけな私にはどう考えていけば良いか・・・。


554 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/11/11(火) 08:45
業界のみんなが思ったり口にしている事をまとめると、こうなるってことです。これは日本語ですけど、英語バージョンもあるんでしょうね。暇つぶしに作ろうかな。

555 名前: AtoZ 投稿日:2003/11/11(火) 12:53

と思いました。
メーカーでも開発関係の方や
経営にタッチしている方なら少なくともほぼ同程度の
ことは考えているのではありませんでしたか?
(同じでは困るんですが)

ここ何年かにおきたM&Aであるとかの出来事を
それなりに、「なぜおきたか」という解説はほぼその通りでしょうが、
いかにも、後知恵というか評論家的ですね。
対する将来へ向かっての処方箋もありきたりというか、、

あったとしても、企業秘密で言わないか?
あるいは、
「ここまでは銀行も知っているから、これ以上の斬新な提案がないと融資しませんよ」
と言うことか?


556 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/11(火) 13:15
ここまでは情報をオープンにしているということであって,
分析結果をなんでも全公開していたら銀行なんてやっていけないんじゃない?

ここから先の,だから銀行としてはこう考えて,こう行動するというのは
理由がない限りオープンにするわけがないと思うのですが。

557 名前: TJ 投稿日:2003/11/12(水) 10:47
一読してよくできた情報と思います。気になった点をいくつか。

・グローバル市場の将来予測を特定の市場調査会社だけの情報に基づいて
いるためにやや楽観的と思える。第2世代の遺伝子組み換え作物の導入により、
合成農薬市場は非常にタイトになるとの見方もある。
・既存のりん剤、カーバメート剤などは規制の強化によりその多くが市場から
姿を消していくと予想されている。それが考慮されていない。
・第3テイアーの国内企業が提携してお互いに得意な分野で新薬を開発していく
ことによりリスク分散を図ることも考えられるが、それが考慮されていない。

558 名前: 新人 投稿日:2003/11/12(水) 16:03
ところで、シンジェンタ ジャパンの前社長ターディー氏は、どうなったんですか?
知らないうちに変わってました。


559 名前: 業界通? 投稿日:2003/11/12(水) 20:55
>>558
確か、シンジェンタ・フランスの責任者に9月に転任されたと思います。
日本的に言えば、「栄転」じゃあないでしょうか?
ちなみに後任社長は、アルゼンチンから着任されたオランダ人の方では
なかったでしょうか。

560 名前: 業界通? 投稿日:2003/11/12(水) 21:16
後任の社長、マイケル・ケスターさんについては、
インタビュー記事が出ていました。
48歳です。

http://www.jacom.or.jp/kataru00/kono101n03110701.html

561 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/11/14(金) 15:52
昨夜、楽しく飲んできました。経験豊富な方です。

562 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/11/14(金) 22:45
11/14の日経産業新聞に、農薬業界のM&Aなどに関する情報があります。
これによると、住友化学が中国の化学会社と合弁企業を設立し、2005年春を
めどに除草剤などの原料の生産を始めるそうです。
あと、農薬の出荷額が減少しているグラフも掲載されています。
なお、同新聞や日本農業新聞には、農薬工業会が発表した15農薬年度の
出荷量、金額が出ており、ともに昨年より減少しているとのことです。

563 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/11/14(金) 22:47
>>561
マイケル・ケスター社長は日本語が話せるのですか?
B社の社長はペラペラでしたね。
別のB社の社長は英語で挨拶していました。

564 名前: 名無しさん 投稿日:2003/11/15(土) 22:06
>>563
話せませんよ。

565 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2003/11/15(土) 23:21
>>564
ってことは、零細農薬卸さんは英語で社長と飲みながらお話されてたんですか。
かっこいい!

566 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/16(日) 00:47
 シンジェンタって会社の運営といい農薬に対する理念といい、
実際に働いている人といい、農薬会社で最も尊敬したいのですが、
肝心の売っているものがアレだったりアレだったりするから、
そのギャップが個人的には好きになれない・・・

567 名前: 零細農薬卸 投稿日:2003/11/16(日) 10:42
最低レベルですが、零細の代表として、一応英語らしきもので話しました。

568 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/22(土) 22:32
 山之内製薬と藤沢薬品が経営統合の検討開始というのも
気になるニュースです。
 直接農薬とは関係ないともいえますが、関係者の心理に与える影響は
あるかもしれませんね。

569 名前: おろおろし 投稿日:2003/11/24(月) 12:47
ちょっと古いですが、社長が日本人ではなくなったことでもありますし。
アリスタがトーメンの連結決算対象から外れたことになるそうです。
よく読むと韓国の会社も少し株を取得してました。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=56009

570 名前: ★たてき 投稿日:2003/11/25(火) 00:49
 先週の話ですがバイエル本社が医薬・農薬・高分子の3つをコア事業として残し
それ以外の事業は新会社のニューコに移管するという記事が出てましたね。
新生バイエルの売上高は約220億ユーロ(約2兆5千億円)で、内、
農薬などクロップサイエンスが67億ユーロ(約7500億円)とのことです。

571 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/12/09(火) 23:48
今回のデータギャップの件でわかったこと。
農水省が厚労省に何も言えない現状、
農薬メーカーにシワヨセが来て、それが再編への
さらなる動きになることは間違いない。
この流れについていけないメーカーは滅び、
流れを読んでいたメーカーだけが生き残るだろう。
それもいいのかもしれない。
これまでこの業界はアマかった部分もあるし。

消費者やお役人にとって、農薬メーカーが
淘汰されることは大したことじゃないんだし。
消費者は毎日の食生活がそれで安心ならオッケーだし、
お役人は自己の保身が確定されればオッケーなんだし。

ただ、農薬メーカーが淘汰されて、登録農薬が
少なくなったり、メーカーが適用拡大を渋ったり
しはじめたら、農家は苦労するんだろうな。
ますます日本の農家人口の減少を招くだろうね。


572 名前: Seimei 投稿日:2003/12/11(木) 23:19
>>571 業界のはしくれ さん
>お役人は自己の保身が確定されればオッケーなんだし。
保身、というのもなかなか難しいものですよ。
後段の論理に従えば農政役人の保身は確定されないのでは?
(農家人口減→農政役人の必要減)

573 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/12/12(金) 06:57
>>572
すんません。この時期イライラしがちなもので(笑)。
ただ、厚労省に突っつかれる前に
「私らで対応しようとしたけど、
 どうも無理そうだから、
 各メーカーで対応してくれ」
ってな感じで、もっと前から手を打ってくれれば
良かったのに、と思うんですがね。


574 名前: Seimei 投稿日:2003/12/13(土) 14:06
>>573 業界のはしくれ さん
いや、よくわかりますよ。
無難な道を選択し続けることがちっとも無難で無い事を管理層に
理解していただきたい今日この頃(苦笑)


575 名前: 名無しさん 投稿日:2003/12/13(土) 16:29
またまた、とあるメーカーの立場から言わせてもらえば、
行政だけでなく、メーカーの役員なんかも役人と何ら変わりない
人たちもいますね。
見方によっては、自分の地位やプライドだけで農家のことなどとてもとても
考えているようには見えない「将軍様」のようなメーカーのトップ…
こういう人たちにつける薬ってないのでしょうか?
自分の地位やプライドが完全崩壊するのが最良の薬なのでしょうか?

576 名前: Seimei 投稿日:2003/12/14(日) 00:39
>>575
その薬が見つかったら是非連絡をください。
でも、見つかったら、まず、自分も服用してみないといけないね。
この手の病気は自覚症状が無い、ってことが一番怖いわけだから。

真面目な話としては、経済的な淘汰しかないんでしょうね。

577 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/12/15(月) 23:57

正直、会社の規模の割に薬持ちすぎな傾向にあります。
しかも、いつ廃棄にしたところで
農家にとって大して損にならないような薬とか...
(製剤にしろ原体にしろ)

今回のデータギャップ関連の流れは、そういう意味で
「いらない薬・会社にとって金食うだけの薬」を捨てる
いいチャンスでもあると
思うんだけど、そういうことに全く気づかないね。
(確かに短い目でみりゃ一部の農家の信用失うことに
なるのかもしれないけどさぁ..)

このままだと、本当に経済的な淘汰がおきるでしょう。

まぁ、メンテのできない会社が減って、メンテができる
力(経済力・マンパワー)のある会社だけが
残るほうが、確かに役所としても仕事が楽になるから
都合がいいんだろうけど。

...って、厚労省や農水省がそこまで読んでて
今回の動きを起こしていたら....
いや、わからんな、
そういうことに関しては役人ってアタマが働きそうだしw


578 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2003/12/21(日) 12:29
ただ、もうちょっと考えると、役人もバカじゃないから、
「データが無いものに関してはすぐに試験して出しなさい」
とはいいづらい。
(何気に、各メーカーが「うちじゃ維持できないから、
 この原体廃棄します」ってことゾロゾロ言い出したら、 
 自分達の首しめちゃうことになるし。)
かといって、外国からも圧力かかっているから、
このままというわけにも行かないだろうし。

メーカーを生かさず殺さず、少しずつデータ量を
増やすように段階的に指示してくる可能性は高いわな。




579 名前: これも業界再編? 投稿日:2003/12/22(月) 19:59
別に法律の専門家という訳ではないのですが、
訳ありまして、以下のサイトを見ておりましてところ、
この業界で思い当たる節の多いことを痛感しました。

http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/dtgl/2-5.htm

例えば、JAの共済、JAや販売店の年末の物品販売、協賛金支出等々
これって、メーカーの担当者だけでなく農薬流通関連の方々にも思い当たる
ものがあるのではないでしょうか?

580 名前: 金曜日の男 投稿日:2003/12/22(月) 23:51
JAはコンプライアンス宣言をしています。
これに抵触するようなことをするわけがないのでは・・・

581 名前: 名無しさん 投稿日:2003/12/23(火) 07:28
コンプライアンスなんて宣言すればいいってものじゃないと思います。
暮れになると、日本全国これだけJAがあれば、どこかのJAでは
共済や貯金の強要が実際にあります。
メーカーや流通関係者に1時間も2時間にも及んで共済に加入するの
しないのという問答があったなんて話もあります。

582 名前: YON 投稿日:2003/12/23(火) 08:08
スレの本題のトピックがあります

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031222-00000174-jij-biz
クボタ、農薬事業から撤退=住化に一部製品の開発・販売権売却

*クボタは22日、菌類を用いて土壌中の細菌を駆除する
生物農薬事業の子会社を解散し、同事業から撤退すると発表した。
一部製品は住友化学工業に開発・販売権を売却する。
売却額は非公表。クボタは農業機械とのシナジー効果を狙って
事業参入したが、業績が低迷していた。(時事通信)

http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/20031222.pdf
住友化学のリリース

583 名前: ★たてき 投稿日:2003/12/24(水) 00:43
>>582
 なぜクボタが生物農薬をやっているのか私の中の不思議でしたが、
農業機械とのコラボレを考えていたんですね。
 しかし、こういう形でなくなるのは残念ですね。
他にもなぜにこの会社が?というのはまだあると思いますので、
それらの動向も心配です。
 それにしても農薬メーカー減ってきましたね・・・

584 名前: 名無しさん 投稿日:2003/12/24(水) 21:50
余談ですが、クボタはその昔コンピュータの事業にも手を出して大失敗をしています。
クボタコンピュータという子会社を作って山梨にかなり立派な工場を作ったのですが、
敢え無く撤退しました。当時業界人だったので大変な目にあいました。
関係ない話で申し訳ありません。

585 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/06(火) 18:16
この間、ネットサーフィン(死語ですねえ)していたら、
住友化学のHPでこんな情報を見つけました!
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/3invest/ye2003/ag_strategy_j.pdf
↑「農業化学部門の事業戦略説明会資料」だそうです。
おととしの資料なので、大分古いんですが、たいしたもんですねえ。
これ見てると農薬ってもうかるんだと思いますよね。
本当にこんなにもうかるんですかねえ?
他にもIR情報で動画があったり↓して、すごいと思います。
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/3invest/3in_4_event.html
いやあここまで公表する時代になったんですねえ。
感心、感心!

586 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/12(月) 19:34
クミアイ化学・北興化学・八洲化学ってどんな存在なんでしょう。系統三社って言われてますけど。

587 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/12(月) 20:10
 >>586
 文字通り系統にしか販売していない会社ですね。
系統とはJAおよびその上に位置する全農との取引を指します。
三社には全農も株主という形で出資していますよ。

588 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/12(月) 22:09
今の人たちは系統三社って言うんですね。私が業界に入った頃は「御三家」と言われておりました。御三家の皆様は誇り高く、颯爽としておりました。

589 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/12(月) 22:11
勿論、今も誇り高く、颯爽としておられます。

590 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/13(火) 09:10
だから駄目なんだよね・・・

591 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/13(火) 17:41
取引がございませんのでコメントできません。お取引のある皆様の声をお寄せ下さい。


592 名前: TJ 投稿日:2004/01/15(木) 10:29
昨日の農業協同組合新聞に八洲化学のトップが念頭のあいさつ文を
載せています。中々よいことを言っていますよ。

http://www.jacom.or.jp/others/2004/toku129n04011404.html

593 名前: 新人 投稿日:2004/01/15(木) 12:56
BASFが、除草剤事業を売却しましたね。何が狙いでしょうか?

594 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/15(木) 17:17
>>593
http://www.basf.com
のプレスリリースを見ればわかることですね。
プロダクトポートフォリオ戦略の一環でしょう。

595 名前: おろおろし 投稿日:2004/01/15(木) 21:43
>>593
こちらの方が、私にはありがたい…。
http://www.basf-japan.co.jp/news/2004.html

ついでに社長の年頭挨拶もありました。

596 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/16(金) 01:05
>>593
 従来はどこの農薬会社も自社の品揃えですべての農家と作物が
必要とする農薬をまかねえるようにするというのが理想であり
目標でした。そのためには利益製の低い品目でも導入したり
開発してたりしていましたが、時代は変わりました。得意な分野
あるいは得意な剤に経営資源を集中する方が儲かりますし、
農家にとってもメリットはあります。

597 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/16(金) 08:21
アイテム数の削減ですね。上位20品目で売り上げの80%位は普通じゃないでしょうか。もっとかな。

598 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2004/01/17(土) 01:15
>>595
>>596
>>597

正論です。
でも、それが理解できない(あるいはそういう
意見があっても通らない)体質の企業もある、
というのも事実です。
入る企業を間違えたかな..。
書いていてイヤになってきた...。




599 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/17(土) 23:06
>>598
 マイナー作物対応なんかやらないで、儲かる分野で儲かる品目だけ
やっていれば農薬というのは儲かる商売でしょう(人員削減必要ですが)
 しかし、それではマイナー対応や新規剤開発などは誰がやるんでしょうか。
企業には利潤追求と社会貢献のバランスが常に求められます。
どちらにどれぐらい原資を割くか、あるいは割かされるか、簡単な問題では
ないと思います。
 郵政民営化にしても高速道の問題にしても、結局は不採算な地方をどうするかという
議論で一筋縄ではいかない。農薬も同じでマイナー作物やマイナー害虫なんかが、
ここでいう「地方」にあたります。

600 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/18(日) 07:37
社会貢献も良いのですが、「衣食足りて礼節を知る」という言葉もございます。
赤字経営で、社会貢献といっても厳しいものがあります。
儲かる体質にしてから考えないと、、、、。
弊社も儲けから言えば、株式会社の看板は恥ずかしいようなもんです。
「安い資材で農家に貢献する社団法人の方が名前としてはふさわしいかも」
財団法人にはなれません。だって基本財産がね〜もん。^0^

601 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/01/18(日) 09:51
>>600
同感で,大変重みのある内容と拝読。
最近では「衣食足りてコンプライアンス確保」かな?
理由があって、一次的な赤字ならいざ知らず、
体質的な(本業での)赤字企業に社会貢献はない。
社会貢献は、黒字会社では歓迎しますが、
本業で赤字の会社では無恥・無能な経営者の
一つの弁解にすぎないように思う。
>>599
首切りして利益を出しての社会貢献では、
これまた懺悔みたいだな。


602 名前: やっさん 投稿日:2004/01/18(日) 12:17
現実的に社会貢献は会社経営ではリスクを生じると思います。
リスクとメリットはよく考えないと責任は会社経営者にかえっていきます。
しかし、マイナー作物の農家は使える農薬が少なければ
これから廃業する人が増えていくでしょう。彼らもリストラされることとなります。
大量生産できない農作物は私たちの食卓から消えていくことが予想されます。
また、これらすべてではないですが、マイナー作物は適用外使用を行うケースが
多く、農薬の残留量もADIから考えバカにならないケースもあると聞いています。
国民(一部かもしれません)の健康被害と日本農家の信頼性向上、農薬残留に対する
風評被害を考えると、農薬メーカーの社会的貢献もできる範囲の必要性はあると考えます。
国民が農薬アレルギーになって農薬メーカーも困るはずですが・・・
また、国民の健康被害と日本の農業の信頼性は国家、地方行政にとって重要視すべきこと
と思います。
農薬メーカーだけでは経済的に不可能ですから、行政、関係団体らによる対策を
すべきです。
いまの現状では、5年から10年以内に日本の農家は衰退し、中国に市場を奪われる
でしょう。中国政府や商社などが農作物の安全性に対し、本腰を入れています。
農薬メーカーも日本の農家を相手では採算が合わなくなると思っています。



603 名前: Seimei 投稿日:2004/01/18(日) 14:42
え〜っと、「会社の利益」と「社会の利益」をどう一致させるかが、
戦略というものではないかと。
いや、完全に相反する場合は稀少なはず(反社会的組織は別にして)
むしろ、どういう切り口にするか、どうスポットを当てるか、かな。

しかし、「組織のためになって、消費者のためになって、生産者の
ためになって、業界のためになって、モチ俺様のためにもなる」
ってのを日夜目指している俺は流石に欲張りすぎか(笑)

604 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/18(日) 23:26
弊社では「生産者の笑顔のお釣り(おこぼれ?)で食べている」という意識で仕事をしています。
消費者に関して言えば「女心と秋の空だが、無視は出来ない」といったところでしょうか。
まあ、笑顔のおこぼれを頂戴し、細々と生きております。

605 名前: とある小売業者 投稿日:2004/01/19(月) 08:11
最近は生産者の笑顔のお釣りも少なくなり、細々どころか
汲々と生きているのが現状ですね。
これもいつまで続くのか、心配しながら生活しております。
まあ我々以上に生産者の生計も苦しくなっているのでしょうかね。

606 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/19(月) 08:14
消費者密着型、つまり産直なんかで、ばあちゃん、かあちゃんが毎日店舗に出て売ってる方々は元気です。税金は払わず(殆どの場合)に日銭10000円なら上々です。その方々からお釣りも頂戴しております。

607 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2004/01/19(月) 23:36
>>602
>国民が農薬アレルギーになって
>農薬メーカーも困るはずですが・・・

まぁ、農薬は使わないに越したことはないんだけど、
最低限は使わないと目標量生産できないし。

今回、マイナー対応やデータギャップ対応などで、
いくつかの農薬や作物が淘汰されるだろうとは
思いますし、
めぐりめぐって、消費者も結局は困るし、
消費者の不満がたまれば、行政も困るわけで。

まぁ、いままでこの業界が甘かった
ツケが回ってきたともいえますし、欧米の農薬の
規制の厳しさを考えると
「どこかで超えなきゃならない壁」なんだと思います。

中国に本気で対抗するには、農業を企業化するしかないと
思います。
まぁそうなると、さらに企業間での淘汰が起きると
思いますが、それが日本の農業にとって良い
(日本の食料自給率が上がる)ことなら
それはそれで仕方ないのかもしれません。






608 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/20(火) 17:23
どうせ3000億ちょっとの業界です。農薬を一年間業界挙げて売らない年を一度やってみたら良いと思うんです。
一年分の休業補償をしてもらって。
どういうことになるかを見極めて頂いた上で「農薬反対!」を唱えてもらえば良いのです。
「お〜いみんなやってみようよ。」冗談です。

609 名前: TJ 投稿日:2004/01/22(木) 09:26
住友化学、アグロ事業を再編

http://www.chemicaldaily.co.jp/news/index.html

610 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/01/22(木) 22:25
読めなくなるかもしれないので、コピペしておきます。
2004年1月22日(木)
住友化学、アグロ事業子会社を再編・統合
 住友化学は、アグロ事業グループの子会社群を再編・統合する。
農薬製剤分野では、住化武田農薬の子会社「住化武田アグロ製造」と、住友化学の子会社「西部化成」を合併、
「住化アグロ製造」とする。また非農耕地向け農薬関連事業分野では、住化武田の子会社「海和緑化」と
住友化学の子会社「日本グリーンアンドガーデン」を合併させ、「日本グリーンアンドガーデン」として
新発足する。いずれも今年4月に営業スタートする。
 [ファイン/スペシャリティ]

611 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/22(木) 23:44
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/20040121.pdf
 住化のHPに正式リリース出てます。

 >610以外に、武田が持っていた筑波研究所の農薬部門は住化の宝塚研究所に
集約され、武田の光工場の農薬原体製造は住化の大分工場に集約されるとのこと。


612 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/23(金) 22:39
いやいや参った参った。某社のゲストに見城美枝子さんが来て、「農業のサポーターです。」とか
「日本の農産物自給率を70%までもっていきましょう。」と業界に貢献して下さる意思を表明して講演を始めたのに、
数字に強い皆さんがぼろくそに言った為に見城講師が不愉快な思いでお帰りになりました。
我が業界、理系が多くて理路整然なのはいいのですが、大方の消費者は数字とかデータは解らんのです。
理性に訴えてもあかんのです。感情に訴える方法を皆で摸索しましょう。
せっかく「自給率70%目指そう」とか「国産農産物を買いたい。」とか言いに来て下さったのに、「勉強が足りない」とか逆に講師に講義したりする阿呆がいてめちゃくちゃになってしまいました。
業界の反省点は理論で解決しようとしているところです。
みんな、感情論だ。感情論。感情論でいきましょう。
竹内久美子先生(京大)の本を読みな!!理系はもてね〜ぞ。

613 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/01/23(金) 22:45
ちなみに見城美枝子さんは、なぜか全農の役員をやっているそうです。

614 名前: 壁の馬鹿 投稿日:2004/01/23(金) 22:47
そう言えば、「どんな馬鹿でも馬鹿にされたことは解る」ということを仰る方がありましたが、業界でデータ等で安全性を表明すると、感情でものを言っている方々は「馬鹿にされた」と思うのではないでしょうか。
感情論で言っている方々に対して理論的に説明しても劣等意識を煽り、逆効果かもしれませんね。


615 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/24(土) 01:06
 そんなおもしろい事件があったのか(笑)
私も参加してみたかったわ。

616 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/24(土) 09:46
いや〜酷いもんでしたよ。業界として見城美枝子先生に今一度機会を与えないと「えれ〜こと」になりそうです。
せっかく、桜井良子さんみたいな人がもう一人出てきたのに、「勉強不足」と一喝し不愉快にさせて帰してしまったのは大変残念です。
一昨日の件で「農薬業界全体」を悪く言われそうです。
マスコミを敵に廻す発言をした全員責任取れ〜!!

617 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/24(土) 15:54
>>613
見城美枝子さんの紹介がありました。
しかし私にとっては、キンキン(愛川欣也さん)とケンケンの
印象が強いです。

>>616
いっそ4月の農薬シンポジウムのパネラーとしてご案内しては??

・・・・・・・・・・・・・・
見城美枝子(けんじょう みえこ)

青森大学教授
エッセイスト・ジャーナリスト

早稲田大学大学院理工学部研究科修士修了。
1999年4月より同博士課程に在籍。
日本建築の研究を進める。
TBSアナウンサーを経て、フリーに。
海外取材を含め53ヶ国以上訪問。
現在青森大学社会学部教授。建築社会学、メディア文化論、環境保護論を講義中。
著作、対談、講演、テレビで活躍。
ニューハウス出版より『見城美枝子の本音で!リフォーム奮闘記』好評発売中。

<現在> 日本リーダー養成協会理事長
放送と青少年に関する委員会委員「放送倫理・番組向上機構」
財団法人尾瀬保護財団理事
国土審議会北海道開発審議会(国土交通省)
国土技術政策総合研究所 研究評価委員会(国土交通省)
青森県総合開発審議会
給水工事技術振興財団理事
財団法人日本青少年ペンフレンド協会評議員
社会保障審議会福祉分科会(厚生労働省)
国立国会図書館納本制度審議会委員
食料・農林漁業・環境フォーラム幹事
禁煙推進委員会(日本医師会)
医道審議会臨時委員(厚生労働省)
JA全農経営役員
その他

<経歴> 第14期中央教育審議会(文部科学省)
河川審議会(国土交通省)
国土審議会(国土交通省)
生活環境審議会(厚生労働省)
子供の未来21プラン研究会(厚生労働省)
保育問題検討委員会(厚生労働省)
児童環境づくり促進協議会(厚生労働省)
時代を担う時人材小委員会(経済企画庁)
創造的な人材の育成に関する懇談会<(社)経済団体連合会>
第22期東京都社会教育委員会
建設技術開発会議(国土交通省)
福祉機器技術政策小委員会(経済産業省)
日本ごはん党副党首
産業構造審議会臨時委員(経済産業省)
日本郵政公社設立委員(総務省)
その他多数

<著書> 「女のティータイム」「見知らぬ国のタピリオン」(集英社文庫)
「女の日曜日」「男と女の風景」「女のタイムテーブル」
「おとうさん、お元気ですか」(訳書)(文化出版社)
「旅の季節 女の季節」(日本交通公社)
「タフでなければ女でない」(講談社)
「25時のテイクオフ」(フレーベル館)
「すぐに役立つ手紙、ハガキ文実例集」(日東書院)
「女は悩んで美しくなる」(リヨン社)
「見城美枝子の本音で!リフォーム奮闘記」(ニューハウス出版)

講演演題リスト
子育て・コミュニケーション・教育・女性と仕事

男女共同参画社会をめざして
教育はパートナーシップ
変わりゆく時代と子どもたち
ワーキングマザーの日々から
一度は考えてみようパートナーシップ
親と子のパートナーシップ
出会いをすてきにするために
女性のこれからの選択
環境・水・農業・エイズ

農業教育の果たす役割り
世界の中の日本を語る
人と自然の豊かな関係
暮らしの中からみた環境問題
水と生活
日本の農業〜私の見た農業観〜
お米と日本人
世界の中の日本の農業
エイズ共存の時代
生涯学習・教育問題

現役の学生として
学び続けること
思いたったら吉日
生涯学習〜私の挑戦〜
住宅・福祉・二世帯同居

健康な暮らしと住まい
日本の福祉


講演を希望される方へ

講演を希望される方へ
講演を希望される方は下記事務局まで、お問い合わせ下さい。
折り返し、見城美枝子オフィスよりご連絡申し上げます。

日本リーダー養成協会 第2事務局
〒525-0032 滋賀県草津市大路1丁目1-1-1413
TEL&FAX 077-562-4144
E-mail info@leadership.jp


618 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/24(土) 16:51
「馬鹿とハサミは使いよう」といいますからね。

619 名前: やっさん 投稿日:2004/01/24(土) 22:37
講演に行って馬鹿よばわりされたら誰でも気分いいものではないでしょうね。
でも、これで見城美枝子さんが業界を悪く言うならそれだけの人ですね。
講演をするからにはそれなりの覚悟があったはずです。
文句を言った方々も確かに賢いですが、馬鹿ですね。そんなに賢い人なら
自分で講演会開けばいいのにね。

620 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2004/01/24(土) 22:43
>>616

怒らせてはいけない部類の人を怒らせてしまいましたね..。
マスコミ経由で農水省や農薬検査所あたりに
余計な口出しされるとやっかいなことになるかも。



621 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/24(土) 23:01
 まぁ、文句を言われてそれにちゃんと答えられなかったのなら
その程度ってことですけどね。私も講演しますけど、講演内容については
何を言われても言い返すせる自信はありますけどね。
 それはともかく、文句を言った人間の方がきちんとした知識が
あったのかどうか。聴講していないのでわかりませんけど、往々にして
業界人の方が知識が無いということがありますからね。
 まぁ、ご本人にメールでもしてみますか。
・・・・と、思ったけど、メールアドレスわからん。
大学のHPでも公開されてませんねぇ。

622 名前: 壁の馬鹿 投稿日:2004/01/24(土) 23:18
駄目です。「言い返す」という発想ではなく、「聞き流す」です。

623 名前: Seimei 投稿日:2004/01/24(土) 23:28
「聞き流す」というのはむしろ相手をバカにしているのでは?
感情論は危険だと思いますがね。。。
その場にいなかったのでわかりませんが、理路整然と数字にこだわる
は全然違います。
細かい数字をあげた感情論は良く見るでしょう?
大方の消費者には上手く使えば数字のほうが説得力を持ちます。。
代表例は田中角栄でしょうか。

624 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/24(土) 23:34
 講演者がすべてにおいて何でも一番知っているワケじゃないので、
質問者の方が正しい数字を持っていたりすることは往々にしてあります。
そんなときは、なるほどそうでしたか私の知識が古かった(あるいは間違っていた)
ようですね。でも、そのことで本公演内容が間違いとはいえません。
 といった具合に切り返すべきですけどね。で、あとは、自分の得意なステージに
相手を引き込むようにすればいいですね。
 で、終わってから、アフターディスカッションで腰を低くして
質問者から教えを請い、次の機会に生かせばOKです。それができない
講演者はレベル低い。

625 名前: やっさん 投稿日:2004/01/25(日) 00:00
「言い返す」も「聞き流す」も講演者の手法の一つですから、
どれがいいとは分かりませんが、「説明する」もいいんじゃないかな?
分からなければ「正直にわからん」「おせーて」「一緒に考えよー」なーんて〜
講演するということは極端に言えば自分の考えを押しつけるようなもの
逆に受講者からの考えを受け入れる度量がなければその反対もないでしょう。



626 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/25(日) 00:06
住友化学の株価情報。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040121-00000040-fis-biz
農薬事業小野再編が好感されて株価が上昇しているようです。

627 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/01/26(月) 08:24
住友化学様におかれましてはご同慶の至りです。やっさんの説明するもOKです。しかし講演する方に逆に講演するのは駄目です。押し付けと思わずに、「そういう観点もあるんだな」位で良いのです。
我が業界は常にフルコンタクト空手っぽくなってます。
寸止めの良さも考えましょう。


628 名前: 名無しさん 投稿日:2004/01/30(金) 17:48
ついにDICの譲渡が決まりましたね。
また1社減った・・・。

629 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/30(金) 22:21
 DIC→日本曹達へ農薬事業譲渡ですね。
正式発表されましたがまだネットには記事が見つかりません。

630 名前: ★たてき 投稿日:2004/01/30(金) 22:24

http://www.syokenshimpo.co.jp/digest/index.html?boardno=25064
 なんとか、ネットソース見つけてきました。

631 名前: YON 投稿日:2004/01/31(土) 09:29
DICはピリブチカルブの関係から水稲除草剤ビジネスを持っていましたが、
これはどこへいくのでしょうね。日曹が水稲除草剤にいまさら参入するかなー?

632 名前: 業界のはしくれ 投稿日:2004/02/01(日) 18:02
>>628-631
今後の農薬にかかるコストを考えての判断でしょうね。
私感ですが、ピリブチカルブのように性能に限界が見えていて
昔からある原体は、今後データギャップを埋めるだけ
お金の無駄ですんで、真っ先に淘汰されていきそうな
気がします。
膨大な資金を持つ外資だって、面倒見切れないくらい原体や
製剤を抱え込むアホなことはやらないでしょうし。

イミノクタジンなんかも微妙なところかな...。


633 名前: 名無し 投稿日:2004/02/04(水) 08:13
そういえば、大日本インキさんは、ダウの直売の会社(社名は?)に出資してませんでしたかね。
そんな関係はどうなるのでしょうかね?ややこしや。ややこしや。

634 名前: 名無しさん 投稿日:2004/02/04(水) 15:59
「菱商農材」改め、「DAS菱商」改め、「アグロパートナーズ」になった会社のことですか?

635 名前: ★たてき 投稿日:2004/02/04(水) 19:40
 業界再編と言えるかどうかはともかくとして・・・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040204-00000204-yom-soci

害虫駆除「キャッツ」社長ら4人、株価操作容疑で逮捕

 東証1部上場の大手害虫駆除会社「キャッツ」(東京都渋谷区)を巡る株価操作事件で、東京地検特捜部は4日、前社長の大友裕隆容疑者(53)と現社長の村上幸栄容疑者(49)、仕手筋ら2人の計4人を証券取引法違反(相場操縦)の疑いで逮捕した。また、証券取引等監視委員会と合同で、同社や大友容疑者の自宅(世田谷区)など関係個所の捜索に乗り出した。

(以下略)

636 名前: おろおろし 投稿日:2004/02/09(月) 22:48
>>612
見城美枝子さんに、聴講者の一人として、お詫びのメールを出しておきました。

今日、ご本人より、お礼の葉書が届きました。
その内容をここに勝手に転載するわけにはいかないですが、

「今後も勉強致します。」との文字が、最後にありました。
・・・この謙虚な気持ちに、私は、答えたいと思います。

637 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/02/10(火) 13:40
おろおろし様、有難うございました。
見城さん立派です。謙譲さんという名を献上したいです。健常じゃないのは堅城とは言い難い弊社です。
失礼しました。

638 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/02/10(火) 13:41
キャッツの社長はドンキホーテの社長ともお友達だったとか。

639 名前: ★たてき 投稿日:2004/02/12(木) 23:13
 全農とかそういう組織から農薬企業の役員就任とかが
この冬は目立ったような気がするんですが、気のせいでしょうか?
なんかの前触れですかね?

640 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/02/14(土) 11:06
>>639
結構前からある話ですよ。
でも、全農も今リストラをやっているそうですので、高給取りの整理をしているのかも。


641 名前: 名無しさん 投稿日:2004/02/23(月) 17:28
速報 キャッツ倒産 民事再生法の適用申請、負債総額186億円

642 名前: 名無しさん 投稿日:2004/02/23(月) 22:20
やっぱりいんちき商売は続きませんでしたね。

643 名前: YON 投稿日:2004/02/25(水) 06:26
農薬業界ではないですが・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040225-00000072-mai-bus_all
<合併>山之内製薬と藤沢薬品が合意 売上高2位へ

国内製薬会社3位の山之内製薬と同5位の藤沢薬品工業は24日、
来年4月1日に合併することで基本合意したと発表した。両社の
連結売上高の合計は9160億円(04年3月期見通し)で、
2位の三共を抜き、1位の武田薬品工業に迫る。国内の製薬企業
では初の大型再編で、主力の医療用医薬品に限れば、国内シェア
1位になる。巨額の研究開発投資が必要な製薬業界は世界的に
再編が進んでいるうえ、世界的な医療費抑制傾向が続いている
ことから、合併によって競争力確保を目指す。―略― 

お隣の医薬業界でも立ち遅れていた再編が本格スタート?
(2005年問題スレに誤爆しました。マルチポストになってすみません)

644 名前: 名無しさん 投稿日:2004/02/25(水) 07:07
製薬業界も合従連衡が本格化してきましたね。
農薬業界の先行例、アリスタさん(トーメン+
ニチメン)はその後どうなっているのでしょう。
外資が入って、日本の会社ではなくなったので
すか?

645 名前: ★たてき 投稿日:2004/02/26(木) 00:11
>>644
 とりあえず経営陣は外国人の方々になってますが・・・
中身はどうなんでしょうね。まぁ、取引先なのでノーコメントに
させてもらおうかな(哀) 一応、私の心の中では外資という区分になってますが・・・

646 名前: uko 投稿日:2004/02/26(木) 16:13
個人的にはどちらでもいい問題と思いますが、外資が入っている
といっても現時点で12%(今後増加)ですし、そういう意味では
どう見ても国内の会社だと思います。
たださすがに商社!世界レベルで商売されてます。すごいダイナミック
な商売と思います。感心。

647 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/02/28(土) 07:30
戦略のない業界再編は無駄のように思います。
農薬業界再編の方向は、本当に発展的なのかな?
現在を凌ぐだけの消極策では、僅かな延命として
時間を引き伸ばすだけで、かえって痛手が大きくなる事も
あるのではないでしょうか?だとすれば、
生態学的単純解ですね。

648 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/02/28(土) 23:10
僅かな延命とは、ひょっとして今の経営陣が
退任して退任慰労金を貰うまでの事だとしたら、
実に寂しいですよね。

649 名前: 業界人 投稿日:2004/02/29(日) 12:21
農薬企業は、R&Dから生産・販売、そして
使用、更には消費者の安心までに対して
懸命に努力していますよ。
きっと、業界再編も前向きでしょう。

650 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/02/29(日) 20:43
業界再編が良い意味であれば嬉しいです。

業績が好調な会社でも、生産拠点を人件費の安い
中国や東南アジアに移していたりして、
日本国を空洞化しているのはどう考えるべきか?

651 名前: やっさん 投稿日:2004/02/29(日) 21:16
これからは中国などを市場にしていけばいいのでは?

652 名前: ★たてき 投稿日:2004/02/29(日) 23:56
>>651
 中国の農薬価格はとっても安くて、日本製品の輸出は
最近の円高と相まってなかなか困難ですよ。
また、パチモンもすぐに出回るし、コンプライアンスの意識が
低いですね。

 これからはそういうのが高まっていくと思いますので、
有望でしょうけど、それにしても価格が安くて困りますね。

653 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/01(月) 18:17
中国は既に農薬輸出国です。2年前中国に行った折、「我が国も農薬を輸出しています。日本の皆さんも中国の安い農薬で生産者に貢献してもらえませんか。」とお誘いを受けました。
農薬もユニクロ化するかも。セカンドリテーリングを設立しようかな。

654 名前: やっさん 投稿日:2004/03/02(火) 23:38
日本では農薬の残留試験や毒性実験などでお金がかかりますが、
中国はそれをし始めているかな?って感じで、しなくても使用できる
ようですよ・・・
つまり、中国の農薬を日本に輸入する場合は、リスクが大きいような
気がします。どちらにしても日本で使用する場合、日本で登録をうけるのに
お金がかかりますから、安く入るのかな?

655 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/03(水) 00:39
>>654
 中国でしか登録がないような原体や製剤を日本で売ることはないでしょう。
日本で登録があるものの中国製ジェネリックを日本で売るということです。
ですから、安全性の問題は不純物の問題さえクリアすれば大丈夫なはず。
でも、日本の登録制度の壁があるから簡単には登録できないですよね。
ただ、10年単位で考えてみると現在の日本の登録制度がジェネリックに対しても
今と同じように運用されるかは疑問だと思います。いずれは解放されそうに感じています。

656 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/26(金) 13:51
昨日のフォーブス誌によると、世界2000社ランキング中
 97位ダウ・ケミカル
111位BASF
123位BAYER
562位住友化学
593位シンジェンタ
987位モンサント
等が出ておりました。頑張れ住友、日の丸日本!!


657 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/27(土) 21:37
補足情報

Forbesのランキングでは、日本の農薬会社のトップは信越化学(389位)ですね。
また農薬から撤退した三菱化学と武田薬品が住友化学よりランクが上という皮肉。
ま、これらの4会社も非農薬部門がランキングに大きく貢献してるのでしょうけど。

658 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/03/27(土) 23:33
>>656>>657
これって売上のランキングですか?それとも利益ですか。
ダウがバイエルやBASFより上だったり、シンジェンタより住友がちょっと上だったり、
その上に三菱化学や武田薬品がいたりして面白いですね。
それにしても、信越化学がこんなに上位にいるとは思いませんでした。

659 名前: 657 投稿日:2004/03/28(日) 08:44
世界のあらゆる業種の企業を、売り上げや利益や市場価値やらで
総合ランク(comprehensive ranking)したものだそうです。

ダウがドイツ列強に勝つのは、ダウアグロサイエンスではなく、親のダウケミカルの評価ですし
住友化学がシンジェンタにより上なのも、住友化学が総合化学メーカとしての評価
されているからでしょう(けして住友の農薬部門だけでシンジェンタに勝るということでなく)。

信越化学は、別の経済誌でも化学会社ランキングで日本一の評価を受けた
ことがあります。売り上げはそこそこですが、利益率の高さが特筆に価します。
これも農薬会社ではなく総合的な化学会社としての評価なわけです。

下記URLでいろいろ検索できますよ。
http://www.forbes.com/lists/2004/03/24/04f2000land.html

660 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/28(日) 09:24
ついでに上記のURLからたどり着くのはCEOの年俸です。
日本がいかに社会主義国家か判ります。
どこかに出てましたが、アメリカ上位365社のCEO年俸はストック
オプション含め11億7千万円です。
ちなみにトヨタの奥田さんが50万ドルだったと思います。
一兆円も利益を誇る会社の奥田さんが6000万円、それから
換算すると零細農薬卸社長の年俸は5万円です。^0^
一日136円で暮らさなきゃ!!!

661 名前: おろおろし 投稿日:2004/03/28(日) 21:08
>>660
と言うことは、8億3333万円の利益?・・・とはすごい。

利益か売上か、わかんなくなっちゃった・・・。
失礼しました。

662 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/28(日) 23:08
 >>660 その計算で行けば某社の社長なら罰金ですな。

663 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/03/28(日) 23:21
皆さん、よくわかりました。ありがとうございました。
企業としての強さからいけば、農薬専門会社と総合化学会社を同系列に
並べて話をするのには無理があるでしょうね。

664 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/29(月) 08:24
あれっ?じゃあ年俸500円かな?一日1円37銭か。ひえ〜。
零細農薬卸じゃなくて最強農薬卸でも8億3333万円は出ないと思います。
663〉
分離されたら厳しいですね。分離されていないということは
まだまだ儲かっていることの裏返しです。

665 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/30(火) 22:56
え〜、久々に再編の話です。
(株)アグリサポート(寺脇重幸社長、本社:熊本県下益城郡松橋町)、(株)安達博商店(安達勝社長、本社:大分県大分市)、(株)宮崎温仙堂商店(宮崎到社長、本社:長崎県諫早市)の3社はこのほど、農薬および農業資材卸会社の協業体『しんようフォレスト九州』を設立するとともに、業務提携した。
 現在、農薬および農業資材市場は未曾有の転換期を迎えている。農薬市場の引き続く縮小に加え、農業政策の転換、改正農薬取締法の施行、食の安全に端を発したトレーサビリティの要請、系統組織の再編、農薬メーカーの合併統合など、農薬および農業資材卸会社を取り巻く環境は急激に、かつ広範囲で変化し、これらの変化に対する適時適切な対応が求められている。
 このような環境変化の中、3社は地域密着型の顧客重視の農薬卸会社を目指し、協業体「しんようフォレスト九州」を設立した。事務局は、(株)宮崎温仙堂商店内におかれ、「営業・普及活動」、「物流・仕入」、「経営」、「情報機能」の4検討会を設けた。(株)アグリサポートと(株)宮崎温仙堂商店は、資本提携に向けて協議している。
 九州管内における農薬卸の再編は、時の流れを的確に捉え機敏だった。その結実として、グリーンテック九薬(株)および(株)ベルデ九州などが紆余曲折の中で誕生した。農薬卸の再編は、医薬卸の再編が根底にある。
 昨年末には、(株)白井(栃木県黒磯市)と第一アグリ(栃木県栃木市)が統合、本年10月には中澤氏家薬業(株)(高知県高知市)と(株)よんやく(愛媛県伊予郡砥部町)が統合し「四国薬業(株)」が発足する予定だ。農薬卸の再編が、加速を付けていよいよ本格化する。
ソースは
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news04/agur101n04032906.html

666 名前: ★たてき 投稿日:2004/03/31(水) 00:56
>>666
 医薬品卸といいますか、小売りも兼ねたような商業体がいくつか
連合して持ち株会社を作り、仕入れの共通化などでコスト削減を図るような
試みが他業種では盛んに行われています。
 農薬卸業界でもそういうのが行われはじめたと言うことですね。
財務体質が最悪状態になる前に緩やかな連合を組むのは大事なことでしょうね。


667 名前: 名無しさん 投稿日:2004/03/31(水) 10:11
九州ばっかり大きな卸さんができましたね。
医薬みたいに卸のほうがメーカーより大きくなる可能性が
この業界にはあるのかしら?
地域密着というのは県域で判断されるのか、地方で判断されるのか、
産地で判断されるのかな?

668 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/03/31(水) 17:58
弊社もそろそろ、どこかと合併を考えないと。
今なら対等合併可能だけど五年後だと吸収合併だったりして。
勿論される方で。

669 名前: 名無しさん 投稿日:2004/04/01(木) 08:42
今の時代業務提携や合併の話がないところは、自然に倒れるのを意外と待っているのかも知れませんね。
医薬の卸はすでに規模の小さいところはそんな状態みたいですね。

670 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/04/01(木) 14:30
「普通にやっていれば自然死。何か一念発起して変わったことをすると
突然死。変に頑張り続けると過労死。うわの空で経営していると事故死」
とあるコンサルタントが申しておりました。我々零細は何をどうしても
死あるのみ、みたいですね。^0^

671 名前: おろおろし 投稿日:2004/04/01(木) 20:56
>>670
かの有名な「マツモトキヨシ」さんも、農薬卸をしていた時代も
あったとのこと。
いっそ新しい業態に生まれ変わるという選択もあるかも・・・。

たてきさんも「旅立ち」と聞き、季節の変わり目と感じます。

672 名前: 名無しさん 投稿日:2004/04/01(木) 21:20
エイプリルフールの戯言でしょうか。それとも本心でしょうか。
たてきさんがこの業界を去ること決意されたというのは。
論客のグレガリナさんも最近は、HPの更新が滞っておられる
よう。農薬関係のネットも再編が望まれますね。

673 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/01(木) 21:58
 新・雑談するスレッド参照

674 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/02(金) 00:37
これも一種の業界再編ですかね↓

================
栽培ねっと会員の皆様へ

拝啓 早春の候、会員の皆様方におかれましては、
ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
いつも栽培ねっとをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

さて、突然ではございますが、栽培ねっとコンテンツ事業部は、
明日2004年4月1日もちまして全事業を三井物産株式会社
アグリサイエンス事業部へ営業譲渡致します。
==============

675 名前: おせっかい 投稿日:2004/04/02(金) 10:30
>>674
農業業界というよりも、IT業界領域の再編ですかね。
関係者の一人としては、今後も、頑張って欲しい!!

グリーンジャパン、農薬インデックスも、それぞれに。
アビネスは、オープン性に欠けるんで今一つ・・・。

流れのちょっと違う、日本農業システムはどうでしょう?

676 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/03(土) 01:59
>>675
 私の勝手な印象を・・・・

グリーンジャパン・・・サイトが充実しているし営利目的じゃないので長く生き残る
農薬インデックス・・・スポンサーやスポンサーとの関係が脆弱な気がする
アピネス・・・母体から考えて無くなることはないが、伸びシロもないような気がする
日本農業システム・・・仮に商社が撤退しても農家の店しんしんのネット店として生き残る。
栽培ネット・・・新機軸次第では?このままではまずいと思う。


677 名前: グリーンネット会長 投稿日:2004/04/05(月) 15:58
光栄に存じます。派手ではありませんが、微力ながら少しでも日本農業に貢献出来ればと考えて運営しております。
営利目的じゃないので貧乏です。はい。^0^

678 名前: マーちゃん 投稿日:2004/04/07(水) 00:01
キット多くの情報網や応援があるのだと思いますが、
とても素晴らしい内容とスピードで、非常に
感心しています。

679 名前: 生協商務 投稿日:2004/04/07(水) 08:07
グリーンネットのHPはいつも参考にさせていただき、また仲間や消費者にもここの閲覧を奨めています。
リスクコミュニケーションをするためのスタートラインに立つことができるんですよね。
農薬など資材屋さんたちを中心に作成しているHPです、というと今までの消費者イメージからしてびっくりされるようです。
これからも、有意義な情報提供をお願いします。

680 名前: 名無しさん 投稿日:2004/04/12(月) 19:33
たてき様
農薬企業の動向(随時アップデート)を久しぶりに拝見しましたが、だいぶセピア色になっているようです。
最新の情報にアップデートしていただけますと大変ありがたいのですが。
よろしくお願いいたします。

681 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/12(月) 21:26
>>680
 それなりに更新はしているんですが、古くなってますか?
私も把握してない再編もあるので、改めて見直してみますが、
指摘点があれば教えてください。助かります。

682 名前: おろおろし 投稿日:2004/04/12(月) 22:32
>>679
グリーンネット・・・懐かしい名称で商系の「農薬VAN」でしたが
利用がともなわず、何年か前に廃止になってしまいました。
正確には、「グリーンジャパン」のことですね。

683 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/04/12(月) 23:27
ちょっとレトロしてみました。あまり受けませんでしたね。


684 名前: 生協商務 投稿日:2004/04/13(火) 08:28
>>682
あっっっっっ!
グリーンジャパンさん、ごめんなさい。


685 名前: 農業大好き 投稿日:2004/04/16(金) 18:41
教えて頂きたいのですが、近年の、農薬売上高のメーカー
上位10社を教えて頂きたいのですが、ちなみに日本国内
のみの売り上げでですが。

686 名前: ★たてき 投稿日:2004/04/23(金) 01:41
>>685
答えるの忘れてました、すいません。
集計によって数字が違うので何とも言えないのですが、
2002年の国内農薬売り上げは(出典McDougall)
1:バイエル
2:住友化学
3:クミ化
3:北興
5:三共グループ
6:日産化
7:日本農薬
8:シンジェンタ
9:デュポン
10:日本曹達

687 名前: 業界通? 投稿日:2004/05/09(日) 19:31
>>660
下記のメルマガより、無断転載です。
農薬業界でも、ダイヤマークは富士山マークになりましたが・・・。

                  2004年4月9日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMM [Japan Mail Media]    No.269 Extra-Edition
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           http://ryumurakami.jmm.co.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・
 私はトヨタ自動車株式会社の従業員であり、またトヨタ自動車労働組合の組合員で
もあります。三菱自動車を含む同業他社の動向には常に注意を払う立場にあります。
ダイムラー・クライスラーの支援打ち切りの一連の報道も興味を持って追いかけてき
ました。この件について、JMMのレギュラー執筆陣とは少々違った視点での意見を
述べさせていただきたいと思います。

 自分の勤務先にも反省することは多々あることを棚上げにして申し上げれば、今回
のことが象徴しているのは三菱グループの“奢り”が表面化した、ということではな
いでしょうか。

 一つ目に、そもそも三菱自動車再建のための資金7千億円の負担が極めてバランス
が悪いと感じられました。ダイムラーの負担が大きすぎ、本来の三菱グループの負担
が過少に感じられたのです。後の報道によれば、破談直前、シュレンプ会長が来日し、
対株主説明責任を果たすために、このバランスの悪さを補正するため三菱側の負担を
上乗せすることを依頼したにも関わらず、三菱側がこれを断ったと報道されています。
この結果がダイムラー監査役会の最後通牒に繋がったとすれば、まさに自分で自分の
首を絞めたにも関わらず、そのことが見えていなかった、ということではないでしょ
うか。

 二つ目に、ゴールデンウィークのある朝、日経新聞の一面に“三菱自動車、トヨタ
グループに支援要請へ”と、突然報じられました。またその翌日、やはり日経新聞に
東京三菱銀行の夏のボーナスが増額、との記事が載りました。この一連の報道は、
ひょっとしたら、トヨタの経営陣には事前に話があったのかもしれませんが、我々ト
ヨタの一般従業員、組合員には寝耳に水でした。

 周知の通り、トヨタ自動車は、史上空前の連結純利益を計上するにも拘らず、今夏
のボーナスは昨年に対して減額となります。そのこと時代の是非に関しては、社内で
も、また組合無いでも喧々諤々の議論があり、また世間でも厳しい批判を含め議論を
呼びましたが、しかし、結果は対昨年で減額ということに収まりました。背景には色々
な要素がありますが、そのような結果で収まったのは、トヨタ単体では対前年減益と
なることが見込まれていたことと、それよりなにより“自動車産業なんて、今は良く
ても明日はどうなるか分からない。短期的な要求よりも長期的な継続性を維持するた
めの方策が優先”との危機感、からだと理解しております。

 しかしながら、これは従業員、組合員にとっては、自分たちの明日のために今日は
我慢をする、ということであって、ダイムラーに見捨てられた三菱自動車を支援する
ために、我々のセーブした資金をつぎ込むというのであれば、“話が違う”“順番が
違う”というのが率直な感想です。三菱自動車の大株主である東京三菱銀行が、行員
のボーナスを増額するほど余裕があるなら、同業他社である我々のグループに支援を
仰ぐ以前に、その余裕を三菱自動車の支援に振り向けるのが筋ではないでしょうか?

 以上二つのポイントから強く感じることは、三菱自動車のみならず、東京三菱銀行、
三菱商事、三菱重工からなる三菱グループの“奢り”です。人に頼る前に自分たちで
出来る最大限の努力をすべきところ、自分たちはボーナスを増やすなど既得権益を享
受しておいて、グループ内企業の支援は外様に頼る。それが当然と考えているなら、
やはりこれは“奢り”と感じざるを得ません。

 日本にはドイツ流の監査役会の仕組みはありませんが、もし日本にもそれが存在す
れば、従業員代表や組合員代表も監査役会のメンバーとなるわけです。そしてもし私
自身が組合員代表の監査役会メンバーであれば、三菱支援に対して反対票を投じると
思います。それは上記のような“順番が違うでしょう?”ということが最大の理由で
す。
                     トヨタ自動車株式会社勤務:匿名希望


688 名前: 業界通? 投稿日:2004/05/09(日) 19:36
>>687
あれ〜〜、
メルマガの日付は、5月9日のミスプリですね。
村上龍さんでも間違えることはある。

689 名前: 新人 投稿日:2004/05/14(金) 16:44
本日付 東邦薬品のHPにて栗原弁天堂(医薬部門)営業譲渡が、決定したみたいです。
10月1日付け。どうなる農薬部門???

690 名前: 名無しさん 投稿日:2004/05/14(金) 20:45
農薬部門はそのまま現社名で存続するそうです。でもよかったですね。医薬部門が売れて。この部門はハイエナに狙われている弱った羊状態でしたからね。

691 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/05/14(金) 23:36
以下のとおり、平成17年4月から三共関連の会社が再編されるそうです。
九州三共はなくなるということです。
1.三共アグロおよび九州三共の研究・開発・販売部門は三共アグロに一本化
2.宇都宮化成、九州三共の製造部門、三共アグロの生産管理部門は新会社に一本化
3.九州三共の緑化部門は三共緑化に一本化
4.北海三共はそのまま存続

692 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/05/15(土) 12:20
この発言は削除しました

693 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/05/21(金) 15:47
この発言は削除しました

694 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/05/21(金) 15:54
この発言は削除しました

695 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/05/21(金) 16:23
この発言は削除しました

696 名前: ★たてき 投稿日:2004/05/22(土) 09:52
インサイダーっぽい情報だったので削除しました。
694,695は道連れ削除です、あしからず。

697 名前: uko 投稿日:2004/05/22(土) 11:53
さすが。

698 名前: ★たてき 投稿日:2004/05/22(土) 12:40
なかなかセンスのある書き込みだったのでもったいなかったですけどね。


699 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/02(水) 23:55
 誰も書いてないので私から。

 ネット上のソースが見つからないのですが、本日の化学工業日報に
八洲化学への住友化学の出資割合アップという記事が出ていました。
 詳細は記事からはわかりませんでしたが、子会社化ではなく、あくまで
関係強化ということでした。

 これで住友化学は商系の住化武田、系統の八洲、家庭園芸の住化タケダ園芸とレインボー薬品、
を傘下に納めたことになり、日本の全ての販売チャンネルを確保したことになると思われます。

 いよいよ住化連合軍vsそれ以外のメーカー という図式でバトル開始です。


700 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/06/03(木) 06:13
この発言は削除しました

701 名前: uko 投稿日:2004/06/03(木) 07:32
どこも何も発表していないのに・・・勇み足では?

702 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/03(木) 08:23
>>701
 >>699のことですか? >>700のことですか?

703 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/03(木) 08:25
勇み足は情報化社会の常識です。
早いもの勝ち(価値?)です。
どこも発表していないのに、、、、、インサイダー情報?
早い情報はありがたいのですが、コンプライアンスに抵触しないようにしてください。

704 名前: uko 投稿日:2004/06/03(木) 12:22
699と700前半ですかね。

705 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/03(木) 16:39
インサイダーは駄目ですが内部告発は最近奨励されつつあります。
もちろん「くび」覚悟でしょうけど。

706 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/03(木) 21:00
化学工業日報?に記事が出ていたようですが。

707 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/03(木) 23:38
>>706
 そうですよ、化学工業日報にでかでかと出ていましたよね。
発表されてないことはないので、>>699を復元しました。
日刊紙に出てた記事なんだからインサイダーでも何でもないですよ。
過度の書き込み規制は掲示板の活力を失わせますからね。

>>700も復元したいのですが、技術的に出来ませんでした。あしからず。

708 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/06/03(木) 23:42
いずれにせよ、明日には明らかになるそうです。
ってこれもインサイダー情報?

709 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/04(金) 08:09
プレス発表されたものはOKです。でも、その前に情報を書き込む方がいるので
このコーナーは盛り上がっております。


710 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/04(金) 14:21
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/gnews/news_pdf/20040604_2.pdf

711 名前: uko 投稿日:2004/06/04(金) 14:22
プレスリリースでました。

712 名前: あるく 投稿日:2004/06/04(金) 15:58
これですね。

全農と住友化学が農薬事業において事業提携
両者の関連会社である八洲化学と住化武田農薬の系統事業を核とした
「協友アグリ株式会社」を設立
系統での農薬事業体制を強化及び新たな事業展開を目指す
http://www.yashima-chem.co.jp/(八洲化学HP)

さあ他の会社はどうする?

713 名前: 比較論 投稿日:2004/06/04(金) 20:30
>>712
さあこの会社はどうなる?

714 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/05(土) 01:41
 これは「きょうゆうあぐり」と読めば良いんですよね!?
農協の「協」と住友の「友」を足したような社名に見えますが・・・
なんか個人的にはあまり良いセンスだとは思わない。
もっと洒落た名前にすれば良かったのに。

 それと、これもいままで誰も書いてませんでしたけど、
10/1から「住友化学工業」→「住友化学」に社名変わります。


715 名前: マメット 投稿日:2004/06/05(土) 07:46
>>714
仰るとおりで御座います。
「八洲」は読めない人もいて個人的にいい名前と思って
いました。

しかし、出資をされる企業・団体から名戴くのは致し
方ないのでは?

書き込みをこの名前にしたのも「協友」ではピンとしな
いと思っています。

系統の再編の始まりと思います。




716 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/05(土) 08:27
系統メーカーさんも一穴主義(全農ルートオンリー)で良かった時代もありましたが
今は一穴主義の弊害の方が目立ってきましたもんね。
系統メーカーにとって今年あたりから浮気(商系ルート)も本気で考えた方が良いと
思います。商系ルートも二十年前に比べれば約半減し、与信管理的には随分心配もなくなってきていますから。

717 名前: 比較論 投稿日:2004/06/06(日) 08:57
>>716
八洲化学   → ヤシマ産業
クミアイ化学 → 理研グリーン
北興化学   → 北興産業

718 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/06(日) 16:25
比較論様
ターフ関連や趣味の園芸ではなく、商系に水稲・園芸に殺虫・殺菌・植調剤を流すという意味です。
ゴルフ場はリスク多し、全国でいうと毎週二件程度倒産しております。
「民事再生法が適用になると現金で払うようになるので良い。」と同業者が申しておりました。
「それまでには随分授業料払ったろう!」と突っ込んだら
「言わんといて下さい。」と凹んでました。^0^:。

719 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/06(日) 16:27
あれっ?商系に水稲・園芸の殺虫、、、ですね。失礼しました。

720 名前: 比較論 投稿日:2004/06/07(月) 16:31
零細農薬卸さま

言えば、親会社の商品を調達してくれる会社も、ありますよ。

逆もまた真なりで、親会社が子会社の商品を系統売りすることも
ありますし・・・。

系統でも、何でもありの世界です。(オフレコかな?)

721 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/08(火) 00:56
 協友アグリが発表されてしばらくたちましたが、
クミ化や北興が今後どうなるのかが日本の農薬業界の
鍵を握ることになったと言えるんじゃないでしょうか。
 他の主なメーカー(日産・石原・日農・日本曹達、三共アグロ など)の
動向ももちろん気になりますがけど・・・

722 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/08(火) 08:47
比較論さま

調達はして下さっても商売にならなあきまへん。
1000円で仕入れて1000円で売るんではボランティア活動です。
弊社も零細株式会社ですが、やってることはNPOに近いです。

なんでもありの世界は存じております。

723 名前: とある販売店員 投稿日:2004/06/08(火) 17:28
協友アグリって農協の協に住友の友の農薬会社だって?
なんともいえないネーミング。うーーん、どうなんだろう?
農薬の販売会社って感じではないような気がするな。
われわれには関係ないけど。

724 名前: 名無しさん 投稿日:2004/06/08(火) 17:48
協友アグリに続く業界の再編は、
過去にこの業界の1・2だったK社とN社が合併する
ことではないかと思います。
この両社の最近の品目のやりとりからすると
合併を前提としたものだったのかもしれません。

これ以外にも両社が合併する不穏な感はありますけど・・・

725 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/06/08(火) 17:48
共有アグリの方が意味がわかったりして。違うか?!

726 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/06/08(火) 22:05
協友アグリと関係しているのかどうかはっきりしませんが、住化武田農薬はオルトランをアリスタに売却するそうです。
>>721
以前住友+武田+三井+八洲+北興という大同団結があったら、
外資に負けない会社ができるかなあとも思ったのですが、今後どうなるのでしょう。
K社とN社というのも気になりますねえ。思ってもみませんでしたが。

727 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/08(火) 22:25
>>726
 そのアリスタの情報は公開して大丈夫ですか?
公表されてますか??


728 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/09(水) 00:13
 協友アグリを中心に系統農薬が展開されるとすれば、
他の系統メーカーは新たな販路を探さねばならず、
商系メーカーとの連携は必要じゃないでしょうかね。
とは、いっても自社剤がないとどの販路にも強みを発揮できない
わけですから、良い剤を持っているNとかNとかN(笑)は
今後系統メーカーとの提携の道を模索するのが自然の流れでは
ないでしょうかね。

729 名前: 業界通? 投稿日:2004/06/09(水) 06:17
>>726
売却?という表現ではありませんが、
>>727
オルトラン剤を、段階的に住化武田としての販売から、アリスタ
の直販に移行するとの案内があったとのことです。
住化武田園芸は、引き続き、販売するとのことです。
なお北興化学の販売については、触れられていないようです?

ところで、
八洲化学の他のメーカー株主は、どうされるんでしょう?
石原産業・日産化学・バイエルクロップ・アリスタ・
(三菱化学・大日本インキ)ぐらいでしたか・・・。
それ以外にも、生産を委託している株主以外のメーカーも
ありますが。

730 名前: 梨華。 投稿日:2004/06/09(水) 23:44
アリスタさんが、直販されるのですか...きっと、商社ですから、素敵なCMで魅惑的な営業活動をしてくれるのでしょう。
生物農薬を主体にしていたのに、やっぱり化学農薬にも頼るのですね。 昆虫の輸入禁止が効いたのかしら?


731 名前: ★たてき 投稿日:2004/06/10(木) 00:10
>>730
 アリスタは生物農薬を積極的にマーケティングしていますが、
主体はあくまで化学農薬ですよ。オルトランとオーソサイドが重要品目です。

 素敵なCM・・・どうなんかいな。
アリスタパンフギャラリーというHPがありますが、各人で判断してください。
http://www.agrofrontier.com/gallery/gallery_index.html

732 名前: 梨華。 投稿日:2004/06/10(木) 00:30
あら失礼。マルハナバチとオランダのイメージが強かったのでね。

733 名前: おろおろし 投稿日:2004/06/30(水) 21:34
海外ネタですが・・・。

久々に日経プレスリリースをのぞいたら、
「日産化学、北米農薬事業強化で米子会社と
           ゴーワン社が合弁会社を設立」

詳しくは、
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=75239

734 名前: ★たてき 投稿日:2004/07/01(木) 00:46
 ゴーワン社っていうのはどんな会社ですかね?
豪腕?剛腕・・・・

735 名前: YON 投稿日:2004/07/01(木) 01:31
農薬の中のニッチマーケットに特化した、アメリカの小規模メーカーですね。
製剤メーカーのイメージが強いですが、大手の古くなった原体を買収したり
もしています。最近ではMonsantoからのtriallateの買収が目を引きます。
http://www.gowanco.com/products.htm ←モンカットとか扱ってたりして

736 名前: ★たてき 投稿日:2004/07/02(金) 01:12
>>735
 ありがとうございました。

737 名前: ニコニコ現金 投稿日:2004/07/23(金) 22:27
農薬を格安で投げてくれる業者募集!

738 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/10(火) 11:25
>>737
「投げる」は「捨てる」という意味かな?(北日本方言)

739 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/10(火) 11:26
日経HPより。これによると、住化武田農薬も住友化学と協友アグリに再構築されて、
農薬業界から「武田」の名前がなくなるのでしょうか。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20040810AT1D0906T09082004.html

武田薬品、化成品や動物薬など多角化5事業撤退
 武田薬品工業は9日、三井化学や欧米企業などとそれぞれ共同展開している化成品、
動物薬など5つの多角化事業から全面撤退することを決めた。保有する各共同出資会社の
株式を2007年度までに売却。別の活性炭事業を含め、約1000人の出向社員が転籍する。
転籍者は武田本体の従業員の約13%に当たる。医薬品産業の国際競争を勝ち抜くには、
医薬品事業に従来以上に経営資源を集中する必要があると判断、好業績下で異例の
経営合理化に踏み切る。
 武田は2004年3月期まで12期連続で営業最高益を更新中。撤退する5事業はいずれも
黒字とみられ、産業界では国際優良企業が好況、好業績下でも戦略的に事業を再構築する
「攻めの合理化」が目立ってきた。武田は9日までに出向社員の転籍を労働組合に申し入れた。
条件については今後詰める。撤退するのは農薬、ビタミン、食品を含めた5事業。合計売上高は
約1500億円で、武田が得る株式の売却益は計500億円程度とみられる。武田の国内従業員
(出向含む)は、現在の7500人から約6500人に減る。

740 名前: たてき@帰着 投稿日:2004/08/13(金) 02:03
>>739
 将来的には住化武田農薬から武田の名前が抜けるものと思います。
同じく住化タケダ園芸からもタケダは抜けると思います。


741 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/17(火) 16:41
>>740
一般消費者が使う農薬だと「住化」よりも「タケダ」のネーミングの方が売れそう

742 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/18(水) 07:23
一度浸透したブランドを捨てるのは大損ですよね。

それとも‘ブランド’よりも‘値段’の方が重要かな? 

743 名前: おろおろし 投稿日:2004/08/18(水) 13:07
>>742
日本だと、生産資材でも、いまのところ
「ブランド」>「値段」でしょう。
それだけにブランドを大切にしたいですね。

>>741
そうかな??
「家庭園芸、タケダもいいけど、すみ(いい)か」な〜〜んちゃって。
いっそまったく新しいブランドというのも・・・一案かも。

「ブランド」に勝るものは、たずさわる人の「危機意識」でしょう。
あの!トヨタは(でも)、販売会社の社名(ブランド?)を変えることに
より、イメージアップを考えてます。

ビスタ→ネッツに一本化。
社名変更後一ヶ月の売上は
 ビスタ→ネッツ社 5月売上前年対比115%
 ネッツ→ネッツ社         100%
 ネッツ+ビスタ→ネッツ社(合併)  85% と聞きました。
また今後、
社名に、「レクサス」を採用して、ベンツ並み(以上?)の高級感を
狙っているらしい。

それと先日、車名も
「カローラ」という名前のイメージアンケートをインターネット上で
してました・・・。
場合によっては、変えるつもりかな〜?

744 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/19(木) 15:16
日経プレスリリースより

日産化学、シンジェンタ社から日本・韓国での除草剤原体エスプロカルブ事業など買収

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=78985

745 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/19(木) 22:52
スパークスターは、プレチラクロール以外自社原体ということになるのですね。
ラウドアップといい、結構戦略的ですね。

746 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/19(木) 22:54
もちろんラウンドアップの間違いでした。すみません。

747 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/20(金) 00:34
 クリンチャーとかマーシェットもやり始めましたし、
除草剤の巨頭になろうということかな?

 日本では頭打ちの除草剤だけど、中国韓国東南アジアなど
アジア地区では、昔の日本がそうであったように、これから
伸びてくると私は思います。ですから、アジア戦略の一環ではないかと
私は感じましたね。事実は知りませんけど。

748 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/08/20(金) 17:50
御同慶の至りでございます。


749 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/25(水) 06:22
またそろそろどこかが動きそうですね。最後の砦のマイナーチェンジか?

750 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/25(水) 23:11
 農薬ネットならではの予告発言出現。
何かあるときには前触れがこの掲示板に必ず現れるんですよね。
今回は何かいな?最後の砦とは何を意味するのか?

751 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/08/26(木) 16:50
最近は、氏素性がバレ気味なので、この手の誘導尋問には乗せられない様
努力しております。はい。

752 名前: ★たてき 投稿日:2004/08/26(木) 22:03
>>751
 答えはわかりました。
掲示板への書き込みは正式発表を待ってからにしましょう。


753 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/30(月) 12:04
でましたね。

754 名前: 名無しさん 投稿日:2004/08/30(月) 14:40
こちらもやっとプレスリリースされましたね。

http://www8.ocn.ne.jp/~maruwa/pr040830.pdf

755 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/08/30(月) 17:00
「まっ、遅ればせながら。」てなもんです。はい。

756 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/08/30(月) 17:51
そういう意味でしたか。
会社の移転も、これに関係あったんですかね。

757 名前: のうや君 投稿日:2004/09/04(土) 14:30
ガクガクブルブル

758 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/04(土) 16:50
>>757
 ??なにが、ガクブル??
まさか予告書き込みじゃないでしょうね・・・

759 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/09/04(土) 22:35
そう言えば他にも本社を移転するような・・・

760 名前: ★たてき 投稿日:2004/09/05(日) 00:00
 あ〜気になるわ・・・
そういえば、新聞に三井化学と東レが合併するかも?みたいな
記事が出てました。同じ三井グループらしいですね。その際に
三井の農薬がどうなるのかは想像もつきませんけど、まぁ、やっぱ、
アレですかね・・・・


761 名前: のうや君 投稿日:2004/09/05(日) 00:41
お騒がせしてすんません。
今回の事で、私の会社にも影響が…。ガクブル。

762 名前: YON 投稿日:2004/09/05(日) 01:03
>>760 いわゆる「大三井化学構想」ですが、噂は出ては消えるを繰り返しています。
今年の6月の段階の以下のような中西社長のインタビューを見つけました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kinyu/ekabu/ir/news/20040623org00m020015000c.html
ま、こういうのはたとえ真実でも発表までひたすら隠すものですので参考になるかどうか。

----引用ここから

−−東レとの「大三井化学」構想も以前から取り沙汰されています。

中西 全く念頭にありません。本来、なんらかの目的を達成するための
方法としてアライアンスがあります。東レと組んで目指すものが
正直いってありません。

 2004年6月23日

----引用ここまで

763 名前: 金曜日の男 投稿日:2004/09/06(月) 08:02
農薬業界再編、
再編した企業は、果たしてうまく行っているのか?、
それとも再編を進めた結果、新たな問題を抱えたのか?
はたまた中々、中身まで見えてこないのでしょうか?

764 名前: とある販売店員 投稿日:2004/09/06(月) 08:42
農薬業界再編といっても、
その企業で働く大学卒の頭のよい方の身の振り方や処遇で、ガクブルが多く、
農薬の使用者である生産者には何の関係もないってかんじかな。
でも、あまりメーカーさんがメジャーになってしまうと、
この値段でしかお分けしないですよと値上げされちゃうかしれないので、
国内のメーカーさんにもがんばってもらわないといけません。
という我々の小売業は、卸さんの出入りは名前は変わっても、数は変わらないので、
結構競争は激しいので助かりますね。

765 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/09/06(月) 18:45
その結果、私みたいな零細が増えていくのです。
そのうち、元祖零細農薬卸を名乗らないと、さまざま亜流がでてきそうです。

766 名前: 名無しさん 投稿日:2004/09/07(火) 07:22
>>764
売り手の数が減れば,それだけ売り手側の価格交渉力は強くなりますね。
>>763
再編した‘企業’がうまくいっているのか,それに属する‘社員’がうまくやっているのか,を分けて考えなくてはなりませんね。会社が生き残って社員が死んで,って状況もあるわけだから,今の再編劇で自分の会社が大きくなったからさあ安心,というわけにはいきません。

767 名前: 名無しさん 投稿日:2004/09/07(火) 08:11
視点を変えて、
プロ野球業界再編では、選手・スタッフの費用を、ここまで圧縮
しないと経営がもたないってことを、選手・ファンが理解してい
ないことも原因だと思います。
例えば、年俸を半分にするから球団を残してくれ!と選手が声を
あげないと、ストになっても解決はされないでしょう。
企業合併で、社員が反対ってストをうつことがなんでないんでし
ょう?

768 名前: 0歳農薬卸店 投稿日:2004/09/07(火) 08:57
再編以前から、外資系に勤務している方々は自分の価値を給料に見合っているかをチェックし続けながら
、価値以下だと価値に見合う収入の得られる会社に移籍する人生を歩んでおられます。
一方、ある日突然再編によって外資系に移動された方々は前職同様、一生居続ける判断で移籍してきております。
農耕民族と狩猟民族はなかなか相容れない部分がございます。
人員整理は農耕民族に狩猟をさせ、狩猟民族に農耕をさせれば進みます。
今、この方向に進んでいる会社はリストラ進行中でございます。
狩猟民族に狩をさせ、農耕民族に栽培をさせている会社は元気です。

769 名前: 名無しさん 投稿日:2004/09/07(火) 10:43
>>766
確かにそうですね。
古い体質がこびりついてる人は、再編後の社内の新しい流れ
についていけず脱落していってるのは良く洩れ伝え聞きます。
何故自分の会社が吸収合併されたのか?あるいは再編に組み
込まれたのか、その意味を良く考えなければそういった企業
や従業員が生き残るのは難しいのかも・・・

770 名前: 某メーカー勤務 投稿日:2004/09/07(火) 11:40
ううむ、耳の痛い話ですね。

771 名前: tea-farm 投稿日:2004/09/08(水) 00:04
スレタイからは逸れてしまいますが、
油粕(圧抽)メーカーが2社に再編されたらしいですね。
証明取ろうとしたら、現物と書類の製品名/製造者名が違ってて慌ててしまいました。


772 名前: しの 投稿日:2004/10/06(水) 14:16
「農薬業界再編」はっきりいて恐怖です。
身元がバレないように祈りながら・・・
某外資メーカーはリストラにより人材不足の模様。
またB社は順次リストラ中、これによりもう一つのB社は
あまった?人材補強中だそうです。
10月になり各外資系メーカーは求人募集に動きが出始めています。
国内メーカーはどうなっているのでしょう?
住友と三井の話はどこへ?三井化学の研究員は派遣で補う方針のようです。


773 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/06(水) 16:33
そういえば、外資系農薬メーカーは、以前よく業界紙などで営業担当者を募集していましたね。
S社の営業担当はK社とN社の出身者が多いそうですね。
って、匿名になっていないか。

774 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/13(水) 23:30
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news04/agur101n04101203.html

BASFアグロの社長が替わるという話。
若いなぁ、私とそんなに変わらない・・・

775 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/23(土) 12:41
>774
外資系の社長はみんな若いですよね(少なくとも若く見える)。

776 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/23(土) 22:10
もうひとつのB社の社長さんとはお会いしたことがありますが、確かに若いです。
実際40代だそうですが。

777 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/10/24(日) 16:13
外資系の日本法人は基本的にブランチですから若い人が居ても全く不思議ではありません。
支店や営業所の所長さんで40歳代のメーカーもありますよね。
それから考えれば全く不思議ではないですよね。

778 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/10/24(日) 18:30
ちなみに小中学校の先生で言うところの「僻地勤務手当て」の付いていますし。

779 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/25(月) 00:52
>>777
 なるほど、言われてみればその通り。
日本の農薬メーカーも40代で社長とか出てくれば活気づきそうですけどね。


780 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/10/25(月) 01:13
農薬メーカーで40台社長はよほどの会社の危機的な状況など劇的なことが起こらないと出てこないでしょうね。
世の中ではいいものを作ってあたり前それをどのようにして売っていくかということに凌ぎを削らなければならない状況になっている時代に、高度成長期のような経営感覚やっている経営者が多いと感じるのは私だけ。。。このような人たちが某政党の幹部ように若い人の任せようなんて思うのでしょうかね。。。。私だけ

781 名前: ★たてき 投稿日:2004/10/25(月) 01:23
>>780
 みんなそう思ってるでしょ。農薬メーカーはなんだかんだ言っても
まだまだ危機感は薄いんでしょう。
 まぁ、新剤を出せば会社が良くなるとか思ってるようではダメでしょうね。
もしそうなら、新剤を出さない限り会社が良くならない。
新剤を出さなくても会社をよくするぐらいじゃないとだめでしょう。
売り方のパラダイム変化を感じ取らないとね。農業を知るべきでしょう。
 しかし、日本の会社の社長さんって農薬会社に限らず資金繰りや株価対策や
業界団体のつきあいなどが本業になってるしならざるえないですからね、
やりたいことが出来ないストレスを感じてるだろうなとは思いますけどね。

782 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/10/25(月) 10:16
大メーカーさんと違って私の様な零細稼業では40代というか30代の
社長もおります。事業の規模は違ってもストレスは同じですし
家屋敷は全部担保に入っている関係で「まさか」の時は無一文になりますので
傍から見ているより真剣にやってます。まあふざけて社長をやってる人はいないでしょうけど。

783 名前: とある販売店員 投稿日:2004/10/27(水) 14:38
われわれ小売業もそれなりに真剣にやってますよ。
でも冬の時期はまわりからみるととっても暇そうにみえるのでしょうね。
大小関係なくトップは大変ですね。
特に中小零細は簡単に社長交代や、オーナー辞任で解決できませんからね。
替わりもいないし、認めてくれないし。
やめるときは自分が棺桶はいるときかな?

784 名前: しの 投稿日:2004/10/27(水) 20:28
昔話として聞いたことですが
外資系農薬メーカーの日本の位置付けはヨーロッパ・北米に次ぐ巨大市場であり世界規模のメーカーとしてはおいしい市場であるそうです。
外資系メーカーの社長が若いのは、将来の幹部候補が日本のマーケットで数字を挙げて白をつけるという意味合いがあったそうです。
事実、日本の社長を経験した人は本社に帰って皆良いポストについていました。
ただし、現在は日本のマーケットがいまいちなのでこれから派遣される人は苦戦しそうですが・・・

785 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/10/28(木) 10:56
巨大市場ですが、それ以上に最も利益が上がる市場です。
「箔を付ける場合」と「ご苦労さんでした。」の場合が主でしたが、
最近は「一つの会社に作り変え変化に対応する組織を作る」が加わったようです。
来週から、その辺を再確認する会議が続きます。

786 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/10/29(金) 07:18
外資と民族系では厳しさが違いますね。
零細農薬卸様のおっしゃるように外資は生き残りための変革に常に腐心していますよね。
民族系は自分の任期をいかにに大過なく過ごすかがテーマでしょ。
なんとも情けない。

787 名前: rangu 投稿日:2004/10/29(金) 17:26
今日、K社の株価が近年に無い動きをし、びっくり、予感が。

788 名前: 名無しさん 投稿日:2004/10/29(金) 17:42
九州の卸も動きがある様ですね
でもあまり影響はないかな

789 名前: 中部エリア 投稿日:2004/10/31(日) 18:36
初めまして、外資メーカーに勤めています。
農薬業界に入って何年かたちますが、吸収合併が多く、
生活の安定ということで、30年ローンで 住居もかえず、
借家住まいです。

790 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/10/31(日) 21:37
お金で持ってた方が良いと思います。
家は建ったその日が資産価値最高で、あとは下がる一方です。
金で持ってれば、そうは下がりません。
昔はキャッシュ・有価証券・不動産の3分割と言われておりましたが
キャッシュ以外はバブルの崩壊でピークの30%程度になっちゃいました。
お金です。お金。しかもドル・ユーロ・円の3分割が良いのでは。

791 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/10/31(日) 21:49
そういえば、明日から協友アグリがスタートですね。

792 名前: 地野邪鬼 投稿日:2004/10/31(日) 23:41
>>790
話がそれますが、金などの貴金属はどうでしょね?
動乱の時期には必ず上がると聞きましたが。
価値がインフレにはあまり影響されず、有事の際にも持ち出し可能
ということが(現物は)人気らしい?とのことですがね。
宝石類と違って鑑定も科学的で安心できそうだし・・・。
って完全に掲示板違いですね。


793 名前: Seimei 投稿日:2004/11/01(月) 03:14
>>789
はじめまして。メーカーというと研究系の方ですか?
借家も子供の成長などに合わせて自由が利いて良い所もあります。

>>792
リスク管理という意味では共通点も多いけどね。

794 名前: やっさん 投稿日:2004/11/01(月) 10:54
>>792
最近は空き巣も多いですので、持ち出されて足のつかない
ものはそういうリスクもありませんか?
実はうち昔空き巣の被害にあったもので・・
ってこれもちょっと話違いますね。
失礼。

795 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/11/01(月) 13:47
現金が一番。宝石はいけません。金の延べ棒も良いけど重いです。
ドルと円とユーロで。もう止めましょう。

796 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/11/02(火) 00:17
零細様の言うとおり現金が一番です。私も10年前ある土地でマンションを購入し数年住んで転勤しました。
買った家には住めず価値はすでに半分に下がり売っても借金しか残らこのことを考えると地獄の日々でございます。
転勤の可能性のある方は持ち家などとおっしゃらずに借家住まいがベストかと存じます。


797 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/11/02(火) 13:00
川出様
同情致します。阪神淡路・今回でも新築の家で壊滅状態になった方がいらっしゃると思います。
お気の毒を通り越しています。借金は棒引きにならず壊れた家の修繕費が上乗せされます。
また新たな借金であります。川出さん、住めてるだけ幸せと思ってローン残を御支払い下さいね。
業界再編とは話題が違いますが。


798 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/03(水) 22:29
http://www.kyoyu-agri.co.jp/
11/1に発足の協友アグリのHPです。
農薬業界のIT対応のお粗末さがここにも現れています。
新会社発足にあたって中途半端なHPを立ち上げるなんて問題外。


799 名前: 中部エリア 投稿日:2004/11/04(木) 05:53
現金、株、土地はなくとも、REIT 不動産株など検討してみます。
職種ですが、営業管理職です。

11月から各メーカーが特約店を集めて、会議、Partyを開催します。
自社の状況しかわからないのですが、メーカーによって、特色があるんでしょうか?
VISIONなどの発表で、多少M&Aにふれるんですかね?

800 名前: パーティー大好き。 投稿日:2004/11/05(金) 15:01
ついに800番目となりました。
協友アグリのHPなんか気の毒ですね。誰か居ないんですかね。
あるいはたった一人居る方が、古いHPビルダーで夜鍋仕事で作ったんですかね。
ご苦労様です。

パーティーの話ですか?
パーティーってのは美味しかった楽しかったが基本です。
安くあげるのが会社への忠誠と思ったら大間違いです。
談合して皆で安くあげれば結構ですが、美味しく楽しかったパーティー
と、いかにも「一人5000円で仕上げた。」様なパーティーでは
お客さんの気持ちが違います。
大昔(二昔前)みたいに旅費日当付きでのご招待ならいざしらず、
皆自費で新幹線や飛行機で、はせ参じているのに大した御馳走も出さずに
自分勝手な来年度予算を発表し、御賛同を得たいなんて虫が良すぎます。
「ああ、今日は本当に美味しくて楽しかったな〜。」と言わせるのが
パーティーの基本であります。そこをケチる位だったら止めたら良いと思います。

801 名前: 今回は特命で 投稿日:2004/11/07(日) 18:35
やるときはやりますね。やられると思っていたところがやっちゃいますね。
ヒントは下記です。
2100117503A10423C4020423900D1012173032383

802 名前: 判らん(>_<) 投稿日:2004/11/07(日) 19:43
>>801
せめていつ頃発表される事なのか、教えて欲しいナーm(__)m

803 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/07(日) 19:51
農薬ネットならでは予告書き込み来ましたね〜〜
いや、おもろい掲示板だ。

804 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/11/07(日) 20:57
「窮鼠猫を噛む」と言ったら叱られますか?怒るだろうね。
超失礼しました。

805 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/08(月) 23:50
 窮鼠はもしかして・・・と思い当たる節もあるんですが、
ネコがさっぱりわからん。

806 名前: 今回も匿名で 投稿日:2004/11/09(火) 05:51
窮鼠は免税店が開店してその辺に居た関係のないあまりない猫噛んだ?

807 名前: uko 投稿日:2004/11/09(火) 13:07
暗号のお好きな方。
解読されて分かっちゃうんだったら言ってしまえ〜。

808 名前: (・_・?) 投稿日:2004/11/09(火) 14:28
全然分からない
夜眠れないぢゃないか

(;゚ロ゚)ハッ まさかうちの会社か?

809 名前: 同類?(ーー;) 投稿日:2004/11/09(火) 22:39
>>808 ワロタ………………………その後ゾットシタ(;_;)

810 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/11/09(火) 22:58
ちなみに>>801の暗号って、正確には
210012750301A385A1(以下同じ)
じゃないですか?間違っていたらすみません。

811 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/10(水) 08:21
つっこみすぎるとやばいので、このあたりでヒントは終了。
あとは発表を待ちましょう。

812 名前: 名無しさん 投稿日:2004/11/10(水) 08:29
>>801-811
では発表されましたら、どなたか謎解きをして下さい。
本当に判りません(?_?;) なさけなー

813 名前: 判らない。 投稿日:2004/11/11(木) 22:48
本当に判りません。誰かそろそろゲロして下さい。
これじゃ「窮鼠猫を噛む」じゃなくて「蛇の生殺し」です。
眠れね〜。

814 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/12(金) 00:09
>>813
 インサイダー情報はだめ。

815 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/11/12(金) 13:17
この発言は削除しました

816 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/11/12(金) 14:58
この発言は削除しました

817 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/11/12(金) 18:06
管理人様、タッチの差で815、816を見逃してしまいました。
流石、Mrコンプライアンスでございます。見たかった〜。

818 名前: 農や君 投稿日:2004/11/13(土) 21:53
ガクガクブルブル。おそらくウチだな・・・。

819 名前: rangu 投稿日:2004/11/16(火) 10:10
猫との表現は、適切ですか?

820 名前: uko 投稿日:2004/11/17(水) 16:28
情報が出てから依然として発表されませんね。
一部中枢関係者のリークですな。

821 名前: 名無しさん 投稿日:2004/11/17(水) 17:33
それにしては手の込んだ暗号文ですよね。流通系か、外資系か、日本系か?
免税店もよくわかりませんね。DFSかな?

822 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/11/17(水) 17:54
確かに免税店の意味がわからん。

823 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/11/17(水) 17:55
と思ったらわかった。でも主役との関係がわからない。

824 名前: JRA 投稿日:2004/11/17(水) 18:15
Nさんなんて文字が踊ってましたね。
Kさんも株価急上昇してたし。なんかあるのかな?

825 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/11/17(水) 18:16
昨日までのパーティーでは確かな話は何も出ておりません。
ただ、この話題でもちきりでした。「ところで、、、。」という
ひそひそ話が多ございました。来週からのパーティーでも出ない
とすると意外に唯のガセネタだったりして。

826 名前: SAP 投稿日:2004/11/17(水) 18:18
16進法で翻訳すると…

827 名前: れいな娘。 投稿日:2004/11/17(水) 19:00
>826
よくわかりませんが、

828 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/19(金) 00:06
 っていうか、これ以上の詮索はストップと言うことで。

829 名前: 農や君 投稿日:2004/11/22(月) 00:49
で結局、いつ頃発表なんでしょうかね?

830 名前: YON 投稿日:2004/11/22(月) 07:46
あせらないことです。
>>167の予告から>>197の発表まで2ヶ月近くかかった事例もあります。

831 名前: ★たてき 投稿日:2004/11/25(木) 20:44
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041125-00000659-jij-bus_all
農薬と関係ないけど大日本製薬と住友製薬が合併

832 名前: 農や君 投稿日:2004/12/12(日) 15:58
ガクガクブルブル…

833 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/12(日) 19:40
>832
明日発表?ということ?

834 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/13(月) 23:03
あれまだなの?

835 名前: かぶはマイナー? 投稿日:2004/12/13(月) 23:13
日農薬(4997)249円(前日比22円)、年初来高値(276円)を更新。
何が材料だったのかな?先般のクミ化の株価の動きといい何か関係有るのかな?

836 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/13(月) 23:16
>>835
 なんかエルニーニョ関連(笑)なんて記事も出てましたよ。
地球が温暖化すると儲かる業種なんだってさ(株式新聞)
 まぁ、そういうきっかけがあればマネーゲームが始まるってことみたいです。

837 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/15(水) 23:34
>835
日本農薬さんは、「研究開発型企業を鮮明に」という記事が農業協同組合新聞にでてますね。
12/21で大幅な人事異動があるのでしょうか?

http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news04/agur101n04120905.html

838 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/12/16(木) 17:37
人事異動ありました。
http://www.jacom.or.jp/jinji04/jinj101n04120903.html
http://www.jacom.or.jp/jinji04/jinj101n04120902.html

839 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/12/16(木) 17:45
>>838
皆さん肩書き長いですねえ。

840 名前: 業界カラス 投稿日:2004/12/17(金) 08:25
ジャンプ競技で言うところの「最長不倒距離」ですね。
名前だけ聞くと大したもんです。

841 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/18(土) 01:49
名刺に書ききれなかったりして。


842 名前: 川出土左衛門 投稿日:2004/12/18(土) 06:34
少し前の話ですが。地味なニュースだったか?
モンサント社の農薬事業の切り売りとアリスタの積極展開の話でした。
http://www.arysta-ls.com/cgi-bin/public/topics.cgi?no=14

843 名前: 魚毒性Bs 投稿日:2004/12/18(土) 15:40
>>842
モンサントは日本の事業については日産化学、チリの事業はアリスタに売るということですか。
こういうのも一種の戦略なんでしょうね。

844 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/20(月) 22:49
アリスタさんは、商社としてうまく財テク(剤テク)しているのではないでしょうか?
所詮、商社ですから、残念! というのは、浅はかな見解でしょうか?

845 名前: みわにて 投稿日:2004/12/20(月) 23:16
アリスタさん絡みでこんな記事も有りました。

クロチアニジンの独占販売権アリスタが北米で取得
http://www.jacom.or.jp/agrbis00/news04/agur101n04121704.html

クロチアニジン……国内では“ダントツ”ですね。


846 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/21(火) 00:11
 アリスタの原資ってなんなんですかね。
そんなに儲かっているのかな。

847 名前: 新人 投稿日:2004/12/21(火) 17:12
やっぱり オルトランでしょう。そろそろヤバそうですけども。

848 名前: uko 投稿日:2004/12/21(火) 17:53
アリスタって世界中に販路を持っていて、かなり手広く農薬
ビジネスに取り組んでいますよね。
特定の剤と言うよりは、農薬といううまくいけば利益率の高い
分野で、幅広く上手に展開しているというところではないですか。

849 名前: この発言は削除しました 投稿日:2004/12/25(土) 11:11
この発言は削除しました

850 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/25(土) 18:12
>>849
 面白かったけど念のため消しました。あしからず。

851 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/28(火) 18:39

 k化学工業蠅婆魄異動が発表になりましたが。

 内容を見ると??? 

852 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/28(火) 18:41
http://www.jacom.or.jp/jinji04/jinj101n04122402.html



853 名前: 業界カラス 投稿日:2004/12/29(水) 10:19
真に御同慶の至りでございます。
世界に冠たるK化学万歳!!

854 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/29(水) 12:47
K化学の経営陣は全農,農協関係者が多いんですね.
資本関係があれば当然役員派遣あるのは当然だけど,なんかねえ.農協関係を介して農水省の天下り先になっていることはないでしょうね.

855 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/29(水) 14:28
>>854
 そういうことはないんじゃないですか?

 全農の人事異動に略歴が書いてあったりしますけど
http://www.jacom.or.jp/jinji04/jinj101s04120807.html

856 名前: 業界とんび 投稿日:2004/12/29(水) 17:23
854の名無しさんはK化学の事を言っております。
昔は某JA組合長ご子息なんてのも多かったやに聞いておりますが、
昨今の就職氷河期にあっては縁故入社など無いと思います。

857 名前: 零細農薬卸 投稿日:2004/12/29(水) 18:53
本年も終わりですね。来年は酉年ですね。
業界全体が鳥の如く飛躍できる事を祈念し、散々だった
猿年に別れを告げます。それじゃあ皆さん、また来年お会いしましょう。

858 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/29(水) 20:45

M常務退任で何か起きそうな気配が。

 ZN万歳!

859 名前: rangu 投稿日:2004/12/29(水) 22:43
頭がこけたら、皆こけた。

860 名前: LEE 投稿日:2004/12/30(木) 00:54
852-859>
K化学独自の問題なのでしょうね。


861 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/30(木) 16:31

ZN主導の、新たな業界再編なるか?
 
 

862 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/30(木) 17:26
無理だべ。

863 名前: 名無しさん 投稿日:2004/12/30(木) 23:27

1月28日 こうご期待あれ?


864 名前: ★たてき 投稿日:2004/12/30(木) 23:52
おわぁ、また予告か??
そういえば>>801がまだ実現していないようですが。

865 名前: uko 投稿日:2004/12/31(金) 17:44
こういうのって外野としては面白いけど、ひとつ間違えば犯罪行為につながる
って・・・
あまり意識してないから株とか買ってたりしてね。
注意ですよ、これは。
外野だからいろいろ想像して株買っちゃおうかなあ。

866 名前: ガイヤ 投稿日:2005/01/03(月) 17:44
>>865uko様 同意です・・・

>こういうのって外野としては面白いけど、ひとつ間違えば犯罪行為につながる
って・・・
内部情報の漏洩は立派な犯罪ですね(^o^)丿
企業コンプライスのやかましい昨今、たとえ法的処罰(訴訟など)
は控えても、社内での処罰はありえるのでは?(^。^)

>あまり意識してないから株とか買ってたりしてね。
>注意ですよ、これは。
そうですね〜。
家族に「俺が開発した新製品が出そうだよ」と漏らした一言から
親族が該当社株を買った場合も、「インサイダー」でタイーホされるのと
違いますか?その辺りの基準は厳しそうですが、実際はどうなんでしょね。
自分は株の売買に関係ないので気楽に書いちゃってますが。

867 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/03(月) 22:31
 日付だけじゃなんかわからないですし、まぁいいんじゃないでしょうか。
(日付みただけでアレかなとかわかる場合もありますが)
インサイダーといっても良いことがおこるのか悪いことがおこるのかさえわかりませんし。

868 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/04(火) 05:22
クミカは相変わらず、情実人事ばっかりみたいですねえ。
これでは、他のところからも合併話は持ちかけられない
でしょう。一番困るのは、クミカで働いている人達でし
ょうが、組合も会社の言いなりで弱腰なんでしょうねえ。
だけど、中執はオルグあることないことぶちまけていたり
とか最悪な状態だったり

869 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/04(火) 08:19
>868
 これは内部の人間の書き込みですよね?
3行目ぐらいまではいいけど、そこから下はやばいかな。
レスごと全部削除って事でいいですか?>名無しさん

870 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/04(火) 17:00
農薬会社の労組の話はどこかでしたいですね。


871 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/04(火) 18:35
農薬専業でないメーカーでは,農薬部門の組合員は労組の中でも肩身が狭いです.儲かっている所は違うだろうけど.

872 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/04(火) 20:20
組合の話は農薬と関係ないので打ち止めでお願いします。

873 名前: rangu 投稿日:2005/01/04(火) 23:21
怨念こそが(?)、最大やる気?

874 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/05(水) 00:18
 まぁ、気分転換にここらでこのスレは打ち止めにして
新スレ 「続・農薬業界再編 」に移行しましょうか。
よろしく。

875 名前: 名無しさん 投稿日:2005/01/05(水) 05:50
プロ野球の事例を持ち出すまでもなく、従業員の
意向を会社経営に反映させていく手法って労組抜き
であるんでしょうか?そういう話を、今まで放棄
してたから事ここにいたるって感がますます日本
を多い尽くすのが今年でしょう。この波は農薬業界
へは前倒しで既にやってきてますよね>当事者の方

876 名前: uko 投稿日:2005/01/05(水) 08:51
打ち止めなのに書き込みしてすみません。
クミカさんの取締役会は1月28日?
(取締役関係の人事通報が1月28日付だったので・・・
 ちゃんと調べれば分かるんですけど面倒で)
こないだの予告が1月28日でしたね。
何か関係があるのかな???

877 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/06(木) 00:08
>>876
 ukoさんは>>865でこういう書き込みに懸念を表明されたのでは?
私が>>867に書いたとおり、日付を見ただけでわかる人にはわかるのです。
それで十分じゃないですか。>>876こそ私は懸念を抱きますよ。
こういう書き込みはわかる人だけがわかることを狙っているんだから
種明かしをしないように。

>>875
 労組の話はこの掲示板にふさわしくないと思うので打ち止めで。

878 名前: uko 投稿日:2005/01/06(木) 08:23
これで止めます。
外野がアレコレ推測することは迷惑ではあるかもしれませんが、
内部の人が情報を漏らすことがいけないと言いたかったのです。
(876は単なる想像の世界です。種明かしではありませんよ)
ウチの会社あるいは関係者にもそういう人がいたようです。
マル秘は訳あってマル秘なのだから、それを守りましょうと。
知っているものにとっては不愉快極まりないと思います。

879 名前: ★たてき 投稿日:2005/01/07(金) 00:54
 以降は新スレへ以降ということで。

「続・農薬業界再編 」をよろしく


農薬ネットへ戻る